異世界おじさん メイベル。 異世界おじさんとは (イセカイオジサンとは) [単語記事]

異世界おじさんの時系列と言語の考察記事

異世界おじさん メイベル

『異世界おじさん』の基本情報 まずはじめに『異世界おじさん』の基本情報について、ご紹介します! 連載開始は、2018年6月29日から! 『異世界おじさん』は、2018年6月にKADOKAWAの『ComicWalker』にて連載が始まり、現在も連載中。 単行本も4巻まで刊行されています(2020年6月時点)。 もともとは、作者である「殆ど死んでいる」先生がTwitterやPixivに投稿していたものから人気となり、連載する運びとなりました。 受賞情報 本作『異世界おじさん』は、ダ・ヴィンチとniconicoが創設したマンガ賞「次にくるマンガ大賞」2019において、WEBマンガ部門のU-NEXT特別賞を受賞しました。 ユーザー投票によって決まる参加型の賞と言うこともあり、多くのファンに支持されている証拠ですね! 『異世界おじさん』のストーリー 叔父さんが17年間の昏睡状態から目覚めた報せを聞き、病院へ迎えにいったたかふみ。 そこにいた叔父さんは、異世界の言葉を話す「頭のおかしい人」になっていて…。 叔父さん曰く、昏睡状態にあった17年間、彼は異世界グランバハマルに転送されていたとのこと。 全く信じていなかったたかふみでしたが、叔父さんが本当に魔法を操る姿を目の当たりにし、驚愕します。 結局、そんな叔父さんの力を借りて金儲けをすべく、叔父さんと同居することに決めたたかふみ。 早速たかふみは、叔父さんから異世界での冒険の話を聞き出していきます。 魔法でホログラムのような映像を投影することで、自分の異世界での記憶を再生する叔父さん。 そこに映し出されていたのは、チートを手に入れているくせに、あまりに鈍感で内向的であるがために、苦難に遭い続けている叔父さんの姿で…。 甥っ子たかふみと共同生活を始めたおじさんが語る、新感覚異世界&異文化コメディ! 登場人物 『異世界おじさん』に登場するキャラクターたちはどれもクセの強い者ばかり。 異世界あるあると、強烈すぎる個性のぶつかり合いです。 おじさん まず本作『異世界おじさん』の一番の魅力は、異世界転生モノの逆バリをいくギャグパロディ漫画としても面白さにあります。 通常、異世界転生モノといえば、現世から生まれ変わって異世界で無双するというパターンが一般的ですよね。 それがある意味、現実逃避のような爽快感があって、そこが多くのファンを惹きつけている理由の一つではないでしょうか。 しかし、本作『異世界おじさん』では現実逃避どころか、17年間昏睡していた叔父の引き受けを巡って一家が離散するなど、割とヘビーな現実から物語がスタートします。 そして、おじさんが昏睡中にいたという異世界での体験を、時折おじさんが回顧する形式で、本作は進んでいきます。 ここで重要なのは、本来チートで無双した主人公の活躍は華やかであるはずなのに、おじさんが語る異世界の記憶は辛いものばかりだということ。 まさに最初の設定から、とことん一般的な異世界転生モノの逆を突っ走ります。 おじさんの異世界ライフ自体も、異世界転生モノの設定を忠実に再現しつつ、必ずどこかズレていて真逆の方向に。 例えば、しっかり無双しているおじさんや、そんなおじさんに好意を寄せるヒロイン的な女の子の存在など、一般的な異世界転生モノとの共通点は数多くあります。 しかし、性格に難があるおじさんがとる行動によって、事態がどんどんテンプレート的な展開の「逆」へと傾いていって…。 その絶妙なずらし方がまた病みつきになる面白さ! コンセプトや発想がとにかく笑える作品です。 特に他者の気持ちに超鈍感で、言葉の意味を履き違えたまま暴走してしまう傾向があり…。 異世界でチートな能力を手にしているのにも関わらず、その性格のせいで散々な目にあいます。 例えば、異世界の中で、おじさんに恋心を抱くエルフとのやり取り。 エルフは自分の恋心を素直に伝えられず、ツンデレな発言や態度をとってしまいます。 しかし、ツンデレという概念がメジャーになったのは、おじさんが昏睡状態になってからの話です。 ツンデレを知らないおじさんは、エルフの態度を「ただの嫌がらせ」と勘違い。 真剣にアタックしているエルフの気持ちを無下にし続ける始末です。 こんな性格なので、異世界でおじさんの身に降りかかることのほとんどが、自業自得。 さらに、おじさん自身は全くそのことに気付いていないところがまた哀れで…。 そもそも、34歳・独身・無職・生粋のゲーマー(元異世界の勇者)という肩書きから、悲壮感が溢れています。 現世のYouTuberとして大成できるといいのですが…! また、おじさんに逐一ツッコミを入れていく甥っ子のたかふみも、実はやばい奴だったり。 エルフからの恋心に一切気が付かないおじさんに呆れるくせに、自分へ好意を寄せている藤宮の気持ちには鈍感で。 その鈍感さは、血の繋がりを感じずにはいられません。 そして、話が進むごとに露わになるたかふみの暴力的な思考回路にも注目したいところです。 他にも藤宮や異世界に登場するキャラクターのほとんどが強烈で、常にキャラは大渋滞。 このパンチの強さが、ギャグパロディ漫画としての勢いやテンポになっていて、読んでいて爽快感すらあります。 つまりおじさんの現世での時間は、17年前の2000年で止まったままということ。 昏睡状態から目を覚ましたおじさんが、進んだ時代の波に取り残されて、戸惑う姿が描かれています。 例えば、インターネット文化(YouTube、ネットスラングなど)や、スマホの登場、「笑っていいとも!」の放送終了…などなど。 常に2000年時点での常識で物事を考えているおじさんの発言は、クスッと笑えて、とにかく懐かしい! 時代のギャップを埋めるたかふみとおじさんのやり取りは懐かしの小ネタ満載で、特に今20代後半以降の読者には刺さる内容かもしれません。 そして17年のブランクを乗り越えて、おじさんがYouTuberとしてデビューする展開は、結構アツい! 『異世界おじさん』の感想【ネタバレあり】 そんな魅力たっぷりの『異世界おじさん』は、幅広い層から人気を集めています。 ここでは、読者の方から寄せられた「つられて読みたくなる」コメントを紹介します。 近年人気の「異世界」ジャンル。 その中でもドドメ色の光を放つ今作は、知らぬ間に異世界を放浪し、そして現代に帰ってきたおじさんが主人公の、萌えもハーレムもあるにはあるけどないっちゃない、だがそれがいい異色作です。 フリーターの青年・たかふみの叔父は、17歳の時にトラックにはねられて以来、昏睡状態に陥っていました。 17年後、目を覚ましたおじさんが発した言葉は、世にも奇妙な異世界の言語。 そう、おじさんは剣と魔法が跋扈する異世界からの帰還者だったのです。 いやゲームもいいけど異世界の話が気になりすぎる!!(たかふみと読者の絶叫) 異世界の出来事を、ゲームを絡めつつ現代で愛でるという趣向の新しさもさることながら、おじさんが見せるジェネレーションギャップがとてもユニーク。 発行当時(2017年)から17年前には、ツンデレやユーチューバーの概念もなかったし「こち亀」も「笑っていいとも!」もまだあったのだなあ……。 ノスタルジーとファンタジーと生々しさが絶妙なハーモニーを奏でるゲーオタ異世界コメディー。 お菓子片手にゆるっとどうぞ。 表紙詐欺…っ! …いや、まったく騙されてないけど、なんなんだこの…強烈な「そうじゃないだろ…っ」感…!! 表紙に惹かれて購入。 …いや、裏表紙もちゃんと見たので、話の大筋は分かってたはずなんですが…。 それでも物凄い「あああああああ……っ」ってなるんですよねぇ、これ。 いやもう、とりもなおさず主人公(?)・おじさんの残念さが極まっててやりきれないったらありゃしない。 確かに、色々もったいない残念なキャラってのは微笑ましく、時には応援してしまったりするものですが、度を過ぎるともう…目も当てられない。 …一周回って芸術的だとすら思うほどに…いやいや。 異世界転生、というもはや定番のネタを更に一段進めて、異世界からの帰還者というかなりおいしい設定を盛り込んでるっていうのに、おじさんの想像を絶する残念さで全部台無しにしてるのが醍醐味ですねぇ……と思ってもいたたまれない…いたたまれないんだ…! 物語的にはエルフさんが悲劇のヒロインなんだけど、個人的にはメイベルがモスト可哀想。 いや、いくら何でもそれでいい笑顔しちゃダメだろ…ぉ。 …確かに、確かに面白いんだけど、どうしようもなくしんどいんだー。 posted. by ブクログ 異世界で17年過ごしたおじさんが17年後の現代という名の異世界に来る話。 おじさんにとって見慣れたはずの電子機器も生活様式も様々なことが17年で変化し、変わらぬ日常と思っていたこ〇亀も〇いともも終わっている。 我々が見慣れたファンタジーに飛んでくよりも、今日から17年後のこの世界はよっぽど異世界なのかもしれない。 異世界モノは色々読んだけど、この発想はなかった! どうしよう、めっちゃ面白い。 『異世界おじさん』まとめ さて、今大注目の漫画『異世界おじさん』を紹介してきました。 人気ジャンルの「異世界転生モノ」の世界観に沿いながら、逆バリの展開でコメディタッチに描いた意欲作。 思わず笑ってしまうギャグ展開は必見です。 異世界モノはもちろん、ゲーマーやTVっ子などにもウケる小ネタも散りばめられており、楽しみどころが満載。 異世界転生モノに触れていない方でも十分楽しめる作品です。 まだ読んでいないという方は、ぜひこの機会に読んでみてはいかがでしょうか!.

次の

【異世界おじさん 4巻 ネタバレ注意】アリシアが勇者となった理由が描かれる

異世界おじさん メイベル

ドラゴンに助けられて礼儀を尽くしつつも、オーク顔のおじさんに対する殺意が入り混じって、ツンデレエルフが完全にぶっ壊れてる様子がとても面白かった。 パーカーのくだりではちょいエロ描写を挟みつつ、ツンデレさんが恥ずかしがる姿を思う存分に堪能させていただきました…ごちそうさまでした(おかわり) 羞恥と嫉妬に悶えろ はじめての出会いも良かったけれど、メイベルに対抗心を燃やす姿も良かったですね。 まさかオーク顔のおじさんに恋のライバルが現れるなんて…ツンデレさん的には完全に不測の事態だったことでしょう。 ベッドで体を温める言い訳をするときに見せる羞恥と、メイベルに見せる嫉妬で随分と心を乱していらっしゃいましたが、巻末エピソードにおいては無意識に剣を振り回すなど、徐々に凶暴化しているご様子も見られました。 空気を読まない天然のおじさんとの少しずれた羞恥プレイもいいけど、メイベルを絡めた嫉妬まじりのツンデレエルフも捨てがたいものがある。 とにかくツンデレエルフにはさらなる活躍(?)を期待したいところです。 グランバハマルに「ニート」という概念があるのかどうかわからないけど、メイベルは確実に「ガチニート」に分類される生物だと思う。 労働に対する拒絶反応がとにかくスゴイ…まるでブラック企業の社員みたくなってた。 まったく働いたことなんてないのに…。 おじさんにさえ出会わなければ、母親の言うように「人生糞チョロ」だったんだろうなぁ…まったく同情はできないけど。 おじさんの不適切なアドバイスにより緩やかに壊れてきている内に、徐々に小動物化のようになっていく様子はとても興味深い…あとおじさんとの距離が近すぎる。 その点についてはツンデレエルフが随分と警戒していたなぁ…と思っていたらメイベルに対する庇護欲も同時に掻き立てちゃうもんだから、なんだかややこしい三角関係になってきた感はある。 とはいえ、ツンデレエルフの嫉妬には十分気をつけておいたほうがいいと思う…。 でもそんなことはお構いなしに、メイベルは今後も社会不適合な動物化を進行させていくんだろうなぁ。 といってもこの「恋」はたかふみ次第というところが大きいんですけどね…藤宮はすでに整ってるから。 ただ、今回の第3巻ではたかふみが珍しく「嫉妬」あるいは「独占欲」のような感情を思いっきり出していました。 藤宮の弟の一件は完全に杞憂に終わったものの、藤宮の同級生からグイグイ事情聴取する様は完全に男の独占欲がむき出しになってましたからね。 藤宮的にはかなりの好感触だったんじゃないでしょうか。 おまけマンガで見せたあざとい猫ポーズはかなりのダメージを与えていたと思う…藤宮自身もダメージくらってたのが草。 あとでたかふみが自主的に記憶を消してなきゃいいけど。 藤宮には是非この調子で頑張ってほしい…可愛いから。 お前が勇者かよ 【単行本告知】アマゾンに書影来ました! 今回も表紙の塗りを担当したくださったのはTomatika先生! 2巻に続き超絶美麗に塗ってくださいました! ありがとうございます!! 実力的には明らかにおじさんよりも弱いんだけど…以前に記憶も消されてますし。 でも50年間空位だった勇者に選ばれるくらいだから、かなりの資質を持ってるんでしょうね…今のところドジっ娘としてはかなり優秀な印象はある。 あと性格の良さ。 今後おじさんとどのように絡んでいくのかはまだまだ未知数なものの「勇者」がいるからにはやっぱり「魔王」も存在するんですかね? はっきりいって、おじさんよりも強い存在なんてこの異世界にいないような気もするんだけど…いたらいたで面白い。 勇者アリシアとおじさんのコラボに期待ですね。 異世界の神から授かった「翻訳能力」で「精霊」と直接対話することにより「魔法の強さ」が増す…言われてみれば納得の裏付け。 特に光と精霊と対話してからの「光の剣」…このシーンの描写はかなりツボでしたね…おじさん、カッコよかった。 (特に「エイリアンソルジャー」が怪しい) また1巻、2巻を読み返したくなってきた。 まとめ コミック「異世界おじさん」第3巻の感想について書きました。 「異世界おじさん」も第3巻ということで、ヒロイン達のデフォルメと可愛さがパワーアップしてきている印象を受けましたね。 やっぱり恋愛要素が徐々に強くなってきているせいなんでしょうか? ゲームは相変わらずSEGA色が濃いぃ感じですが…あと異世界のおじさんの不遇さも重たい。 それだけにツンデレエルフはメイベルの存在が際立ってくるんでしょうけど…もちろん藤宮の存在も大きい。 おまけマンガのヒロイン達のあざと可愛さは相変わらず異常…これが読みたくてついつい買ってしまうんですけどね。 早くも次の巻が楽しみです。 以上、コミック「異世界おじさん」第3巻の感想でした!.

次の

異世界おじさん

異世界おじさん メイベル

『異世界おじさん』の基本情報 まずはじめに『異世界おじさん』の基本情報について、ご紹介します! 連載開始は、2018年6月29日から! 『異世界おじさん』は、2018年6月にKADOKAWAの『ComicWalker』にて連載が始まり、現在も連載中。 単行本も4巻まで刊行されています(2020年6月時点)。 もともとは、作者である「殆ど死んでいる」先生がTwitterやPixivに投稿していたものから人気となり、連載する運びとなりました。 受賞情報 本作『異世界おじさん』は、ダ・ヴィンチとniconicoが創設したマンガ賞「次にくるマンガ大賞」2019において、WEBマンガ部門のU-NEXT特別賞を受賞しました。 ユーザー投票によって決まる参加型の賞と言うこともあり、多くのファンに支持されている証拠ですね! 『異世界おじさん』のストーリー 叔父さんが17年間の昏睡状態から目覚めた報せを聞き、病院へ迎えにいったたかふみ。 そこにいた叔父さんは、異世界の言葉を話す「頭のおかしい人」になっていて…。 叔父さん曰く、昏睡状態にあった17年間、彼は異世界グランバハマルに転送されていたとのこと。 全く信じていなかったたかふみでしたが、叔父さんが本当に魔法を操る姿を目の当たりにし、驚愕します。 結局、そんな叔父さんの力を借りて金儲けをすべく、叔父さんと同居することに決めたたかふみ。 早速たかふみは、叔父さんから異世界での冒険の話を聞き出していきます。 魔法でホログラムのような映像を投影することで、自分の異世界での記憶を再生する叔父さん。 そこに映し出されていたのは、チートを手に入れているくせに、あまりに鈍感で内向的であるがために、苦難に遭い続けている叔父さんの姿で…。 甥っ子たかふみと共同生活を始めたおじさんが語る、新感覚異世界&異文化コメディ! 登場人物 『異世界おじさん』に登場するキャラクターたちはどれもクセの強い者ばかり。 異世界あるあると、強烈すぎる個性のぶつかり合いです。 おじさん まず本作『異世界おじさん』の一番の魅力は、異世界転生モノの逆バリをいくギャグパロディ漫画としても面白さにあります。 通常、異世界転生モノといえば、現世から生まれ変わって異世界で無双するというパターンが一般的ですよね。 それがある意味、現実逃避のような爽快感があって、そこが多くのファンを惹きつけている理由の一つではないでしょうか。 しかし、本作『異世界おじさん』では現実逃避どころか、17年間昏睡していた叔父の引き受けを巡って一家が離散するなど、割とヘビーな現実から物語がスタートします。 そして、おじさんが昏睡中にいたという異世界での体験を、時折おじさんが回顧する形式で、本作は進んでいきます。 ここで重要なのは、本来チートで無双した主人公の活躍は華やかであるはずなのに、おじさんが語る異世界の記憶は辛いものばかりだということ。 まさに最初の設定から、とことん一般的な異世界転生モノの逆を突っ走ります。 おじさんの異世界ライフ自体も、異世界転生モノの設定を忠実に再現しつつ、必ずどこかズレていて真逆の方向に。 例えば、しっかり無双しているおじさんや、そんなおじさんに好意を寄せるヒロイン的な女の子の存在など、一般的な異世界転生モノとの共通点は数多くあります。 しかし、性格に難があるおじさんがとる行動によって、事態がどんどんテンプレート的な展開の「逆」へと傾いていって…。 その絶妙なずらし方がまた病みつきになる面白さ! コンセプトや発想がとにかく笑える作品です。 特に他者の気持ちに超鈍感で、言葉の意味を履き違えたまま暴走してしまう傾向があり…。 異世界でチートな能力を手にしているのにも関わらず、その性格のせいで散々な目にあいます。 例えば、異世界の中で、おじさんに恋心を抱くエルフとのやり取り。 エルフは自分の恋心を素直に伝えられず、ツンデレな発言や態度をとってしまいます。 しかし、ツンデレという概念がメジャーになったのは、おじさんが昏睡状態になってからの話です。 ツンデレを知らないおじさんは、エルフの態度を「ただの嫌がらせ」と勘違い。 真剣にアタックしているエルフの気持ちを無下にし続ける始末です。 こんな性格なので、異世界でおじさんの身に降りかかることのほとんどが、自業自得。 さらに、おじさん自身は全くそのことに気付いていないところがまた哀れで…。 そもそも、34歳・独身・無職・生粋のゲーマー(元異世界の勇者)という肩書きから、悲壮感が溢れています。 現世のYouTuberとして大成できるといいのですが…! また、おじさんに逐一ツッコミを入れていく甥っ子のたかふみも、実はやばい奴だったり。 エルフからの恋心に一切気が付かないおじさんに呆れるくせに、自分へ好意を寄せている藤宮の気持ちには鈍感で。 その鈍感さは、血の繋がりを感じずにはいられません。 そして、話が進むごとに露わになるたかふみの暴力的な思考回路にも注目したいところです。 他にも藤宮や異世界に登場するキャラクターのほとんどが強烈で、常にキャラは大渋滞。 このパンチの強さが、ギャグパロディ漫画としての勢いやテンポになっていて、読んでいて爽快感すらあります。 つまりおじさんの現世での時間は、17年前の2000年で止まったままということ。 昏睡状態から目を覚ましたおじさんが、進んだ時代の波に取り残されて、戸惑う姿が描かれています。 例えば、インターネット文化(YouTube、ネットスラングなど)や、スマホの登場、「笑っていいとも!」の放送終了…などなど。 常に2000年時点での常識で物事を考えているおじさんの発言は、クスッと笑えて、とにかく懐かしい! 時代のギャップを埋めるたかふみとおじさんのやり取りは懐かしの小ネタ満載で、特に今20代後半以降の読者には刺さる内容かもしれません。 そして17年のブランクを乗り越えて、おじさんがYouTuberとしてデビューする展開は、結構アツい! 『異世界おじさん』の感想【ネタバレあり】 そんな魅力たっぷりの『異世界おじさん』は、幅広い層から人気を集めています。 ここでは、読者の方から寄せられた「つられて読みたくなる」コメントを紹介します。 近年人気の「異世界」ジャンル。 その中でもドドメ色の光を放つ今作は、知らぬ間に異世界を放浪し、そして現代に帰ってきたおじさんが主人公の、萌えもハーレムもあるにはあるけどないっちゃない、だがそれがいい異色作です。 フリーターの青年・たかふみの叔父は、17歳の時にトラックにはねられて以来、昏睡状態に陥っていました。 17年後、目を覚ましたおじさんが発した言葉は、世にも奇妙な異世界の言語。 そう、おじさんは剣と魔法が跋扈する異世界からの帰還者だったのです。 いやゲームもいいけど異世界の話が気になりすぎる!!(たかふみと読者の絶叫) 異世界の出来事を、ゲームを絡めつつ現代で愛でるという趣向の新しさもさることながら、おじさんが見せるジェネレーションギャップがとてもユニーク。 発行当時(2017年)から17年前には、ツンデレやユーチューバーの概念もなかったし「こち亀」も「笑っていいとも!」もまだあったのだなあ……。 ノスタルジーとファンタジーと生々しさが絶妙なハーモニーを奏でるゲーオタ異世界コメディー。 お菓子片手にゆるっとどうぞ。 表紙詐欺…っ! …いや、まったく騙されてないけど、なんなんだこの…強烈な「そうじゃないだろ…っ」感…!! 表紙に惹かれて購入。 …いや、裏表紙もちゃんと見たので、話の大筋は分かってたはずなんですが…。 それでも物凄い「あああああああ……っ」ってなるんですよねぇ、これ。 いやもう、とりもなおさず主人公(?)・おじさんの残念さが極まっててやりきれないったらありゃしない。 確かに、色々もったいない残念なキャラってのは微笑ましく、時には応援してしまったりするものですが、度を過ぎるともう…目も当てられない。 …一周回って芸術的だとすら思うほどに…いやいや。 異世界転生、というもはや定番のネタを更に一段進めて、異世界からの帰還者というかなりおいしい設定を盛り込んでるっていうのに、おじさんの想像を絶する残念さで全部台無しにしてるのが醍醐味ですねぇ……と思ってもいたたまれない…いたたまれないんだ…! 物語的にはエルフさんが悲劇のヒロインなんだけど、個人的にはメイベルがモスト可哀想。 いや、いくら何でもそれでいい笑顔しちゃダメだろ…ぉ。 …確かに、確かに面白いんだけど、どうしようもなくしんどいんだー。 posted. by ブクログ 異世界で17年過ごしたおじさんが17年後の現代という名の異世界に来る話。 おじさんにとって見慣れたはずの電子機器も生活様式も様々なことが17年で変化し、変わらぬ日常と思っていたこ〇亀も〇いともも終わっている。 我々が見慣れたファンタジーに飛んでくよりも、今日から17年後のこの世界はよっぽど異世界なのかもしれない。 異世界モノは色々読んだけど、この発想はなかった! どうしよう、めっちゃ面白い。 『異世界おじさん』まとめ さて、今大注目の漫画『異世界おじさん』を紹介してきました。 人気ジャンルの「異世界転生モノ」の世界観に沿いながら、逆バリの展開でコメディタッチに描いた意欲作。 思わず笑ってしまうギャグ展開は必見です。 異世界モノはもちろん、ゲーマーやTVっ子などにもウケる小ネタも散りばめられており、楽しみどころが満載。 異世界転生モノに触れていない方でも十分楽しめる作品です。 まだ読んでいないという方は、ぜひこの機会に読んでみてはいかがでしょうか!.

次の