チャイコフスキー 国際 コンクール。 チャイコフスキー国際コンクール2019結果発表!【動画】で速報/ピアノ部門

驚きの1位!チャイコフスキーコンクールのピアノ部門第一回から第三回 | VOKKA [ヴォッカ]

チャイコフスキー 国際 コンクール

プロフィール [ ] 3歳からを始め、よりマスタークラスに入会。 数々のコンクールで優勝を果たし、の第12回ピアノ部門にて日本人として初めて、かつ女性として世界で初めての優勝を果たし、界のみならず各方面で話題を呼んだ。 に入学、卒業していないという、日本人ピアニストとしては異色の経歴を持つ。 以後、世界各地の著名なとの共演を重ねている。 また、日本人ピアニストとして初めてとレコード契約を結んでいる。 私生活では10月にの斎藤孝史と結婚。 2006年5月に出産。 現在は三児の母である。 来歴 [ ]• 3歳児のコースからに入会し、「幼児科」を修了の後、「ジュニア専門コース」に進む。 よりヤマハマスタークラスに在籍。 ピアノを、、に師事。 、の「第3回」A部門第1位。 、で行われた「第2回」ピアノ部門第2位入賞。 、ので行われた「第11回」のピアノ部門で、最年少セミ・ファイナリストとなる。 、第5回に参加。 ピアノアカデミーコンクールでは、アカデミー史上初のグランプリを受賞。 2000年、ので行われた「第7回」にて第2位及びピープルズ・チョイス賞、オーストラリア人作品賞、室内楽賞、ショパン賞、シューベルト賞、ドビュッシー賞、エチュード賞を受賞。 2000年、で行われた「第4回」にて第2位、及び日本人作品最優秀演奏賞を受賞。 、モスクワで行われた「第12回チャイコフスキー国際コンクール」ピアノ部門において、女性として史上初めての第1位を獲得。 日本人としてもピアノ部門での第1位は初の快挙。 、と日本ツアーを行う。 2003年、のにてデビュー。 、と日本ツアーを行う。 2004年、指揮と共演し、2004年度ベスト・ソリストに選ばれる。 、指揮と日本ツアーを行う。 日本人ピアニストとして初めてEMIクラシックスとレコード契約。 の作品を収めた「グランド・ソナタ」をワールドワイドでリリース。 2005年、指揮のとの共演によるチャイコフスキーのを収めたCDをリリース。 、ロンドンのウィグモアホールにて2度目のリサイタルを行う。 現在では、日本国内はもとより世界各地の、リサイタルの他、、、、、、、、他の指揮のもと、オーケストラのソリストとしての共演も多い。 テレビ出演等 [ ]• NHK趣味百科 「」 (、)• (、)• (、) ディスコグラフィー [ ]• 2002年チャイコフスキー国際コンクール・ライヴ• ラフマニノフ:13の前奏曲 作品32• プロコフィエフ作品集• 上原彩子のくるみ割り人形• グランド・ソナタ• 生徒の一人として第7回放送の「を弾く」に出演し、「」と「」を演奏した。 番組内での講師はヴェラ・ゴルノスタエヴァ。 なお、この番組には現在として活動しているも出演しており、こちらはの「」から「飛翔」「なぜに」を演奏した。 外部リンク [ ]•

次の

チャイコフスキー国際コンクール

チャイコフスキー 国際 コンクール

数々の素晴らしい才能との出会い 4年に一度行われる、チャイコフスキー国際音楽コンクール。 第16回は、ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、声楽部門に、金管と木管楽器部門も加わり、より一層大きな規模で開催された。 約2週間にわたる若者たちの競演の中、今回も数々のすばらしい才能との出会いがあった。 本公演には3部門の入賞者が登場し、飯森範親指揮、東京交響楽団と共演する。 ピアノ部門から出演するのは、ロシアのドミトリー・シシキン。 2015年のショパン国際ピアノコンクール入賞以来、日本でも人気上昇中の彼は、地元ロシアではすでに注目の存在だった。 今回は、幼少期から憧れていたという夢の舞台で2位に入賞。 チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番で、彼の美点である密度が濃く輝かしい音を届けてくれる。 チェロ部門からは、第2位のサンティアゴ・カニョン=ヴァレンシアが来日。 南米コロンビアからの入賞者として大いに祝福を受けた彼が、躍動感あふれる表現と豊かな音色を生かした「ロココの主題による変奏曲」を聴かせてくれるだろう。 そしてヴァイオリン部門は、ロシアのセルゲイ・ドガージン。 前々回、1位なしの2位に入賞した彼は、30歳を迎えた再挑戦で、ついに優勝という文旬なしの頂点に輝いた。 今回はさらなる確信と力強さを得た音楽で、チャイコフスキーによるヴァイオリンのマスターピースを披露する。 開催地ロシアはもちろん、ネット配信を通じて世界の聴衆を熱狂させた俊英の演奏を、ぜひみなさんの耳で確かめて欲しい。 高坂はる香 音楽ライター 私達はこのコンクールを通じて、卓越した若手演奏家たちが、これからの3~4年間、ロシア国内はもとよりヨーロッパ、北米、アジアへと羽ばたき、素晴らしいコンサートホールや音楽祭で演奏活動できるよう、できる限りの力を尽くします。 それは私達の義務であり約束です。 必ずや実現させます。 日程 10月7日 月• お問い合わせ先 問 岩手県民会館 事業課 019-624-1173• 詳細リンク• 日程 10月8日 火• お問い合わせ先 問 ジャパン・アーツぴあ 0570-00-1212• 詳細リンク• 日程 10月9日 水• お問い合わせ先 問 公財 つくば文化振興財団 029-856-7007• 詳細リンク• 日程 10月10日 木• お問い合わせ先 問 テレビ愛知事業部 052-243-8600• 詳細リンク• 日程 10月12日 土• お問い合わせ先 問 ABCチケットインフォメーション 06-6453-6000• 詳細リンク• 日程 10月13日 日• お問い合わせ先 問 山形テルサ 023-646-6677• モスクワ音楽院 エリソ・ヴィルサラーゼのクラス を卒業。 現在は、イタリアのベッリーニ音楽院で研鑽を積んでいる。 2013年ブゾーニ国際コンクール第3位 イタリア 、2016年エリザベート国際コンクール ベルギー に入賞、2018年ジュネーヴ国際コンクール第1位 スイス 、モスクワ国立交響楽団、モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団をはじめ、ロシア国内外のオーケストラと共演し、ブルガリア、ドイツ、イタリア、スペイン、フランス、イギリス、日本、オーストリア、中国、ポーランドでも演奏をしている。 セルゲイ・ドガージン Sergey Dogadin ヴァイオリン部門優勝/ロシア 30歳 ,Violin サンクトペテルブルク音楽院にてウラジミール・オヴチャレク、アンドレイ・ドガージンのクラスを卒業する。 2012年国際メニューイン音楽アカデミー IMMA でマキシム・ヴェンゲーロフに師事。 ケルン音楽舞踊大学の ミハエラ・マルティンのクラス)とグラーツ大学(ボリス・クシュニールのクラス)で修士課程を修了した。 クシュニールの指導の下、引き続きウィーン国立大学で研鑽を積んでいる。 数多くの国際コンクールで入賞を果たしており、その中には第14回チャイコフィスキー国際コンクール 1位なしの第二位及び聴衆賞 、ハノーファー・ヨーゼフ・ヨアヒム国際ヴァイオリン・コンクール 第1位 、シンガポール国際ヴァイオリン・コンクール 第1位 などがある。 演奏しているヴァイオリンはドメニコ・モンタニャーナ。 最近のデビュー公演には、ブリュッセル・フィルハーモニー管弦楽団、ハンガリー放送交響楽団、モスクワ・ソロイスツ、ワロン王立歌劇場管弦楽団、オルフェウス室内管弦楽団などとのソリストとしての共演がある。 2011年からエドムンド・エスケナージ奨学金を得ている。 また2016年にスフィンクス・オーガニゼーションからもMPower奨学金を授与された。 2017年にスポレート音楽祭にて権威あるモニーニ賞を、また2018年にヤーノシュ・シュタルケル財団賞を受賞している。 エリザベート王妃国際音楽コンクール、スフィンクス・コンクール、パブロ・カザルス国際チェロコンクール、ガスパール・カサド国際チェロ・コンクール、北京国際チェロ・コンクールでも上位入賞している。 飯森範親 Norichika Iimori 指揮者, Conductor 桐朋学園大学指揮科卒業。 ベルリンとミュンヘンで研鑽を積み、94年に東京交響楽団の専属指揮者に就任。 以来、モスクワ放送交響楽団特別客演指揮者、広島交響楽団正指揮者を歴任。 96年、東京交響楽団のヨーロッパツアーでは「今後、イイモリの名が世界で注目されるであろう」と絶賛された。 03年、NHK交響楽団定期でのマーラー:交響曲第1番は、日本人指揮者として唯一の年間ベスト10コンサートに選出された。 海外ではフランクフルト放響、ケルン放響、チェコ・フィル、プラハ響、モスクワ放響、北西ドイツ・フィル、デュッセルドルフ響、ドルトムント・フィル、バーゼル響、チェコ国立ブルノ・フィル、チェコ国立モラヴィア・フィル、ホノルル響、アルトゥール・ルービンシュタイン・フィルなど世界的なオーケストラに客演を重ね、01年よりドイツ・ヴュルテンベルク・フィルの音楽総監督 GMD に着任。 日本ツアーを成功させるとともに、ベートーヴェン交響曲全集をリリース。 同オケとは2017年5月にはミュンヘンのヘルクレスザールを始めドイツ国内のツアーにて指揮。 また、同年9月にはポーランドのオルシティン・フィルのシーズン開幕定期公演を指揮し成功を収めた。 06年度 芸術選奨文部科学大臣新人賞、06年度中島健蔵音楽賞を受賞。 07年から山形交響楽団の音楽監督に就任、次々と新機軸を打ち出してオーケストラの活動発展と水準の向上に目覚しい成果を挙げている。 08年にはアカデミー賞映画「おくりびと」にも出演するなど、「飯森&山響」コンビのエネルギッシュな活動はいま大きな注目を集め、2011年には山形県より齋藤茂吉文化賞を受賞。 2012年 東京交響楽団との《レスピーギ:交響詩「ローマの松」「ローマの噴水」「ローマの祭り」》はレコード芸術誌特選盤、2015年日本センチュリー交響楽団と収録を行った「マーラー:大地の歌」「ハイドン交響曲集vol. 1」はレコード芸術特選盤に選出。 2016年には世界的に数少ない日本初の「モーツァルト交響曲全集」を山形交響楽団と収録し第55回レコード・アカデミー賞 特別部門 企画・制作 を受賞。 また、日本初演となった東京交響楽団定期公演との「ポポーフ作曲交響曲第1番 ライブレコーディング 」は、オクタヴィアレコードよりCD発売され、レコード芸術誌、朝日新聞 for your Collection両特選盤に選出された。 現在、東京交響楽団正指揮者、いずみシンフォニエッタ大阪常任指揮者、ヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団首席客演指揮者。 2014年シーズンから日本センチュリー交響楽団首席指揮者、2019年シーズンより山形交響楽団芸術総監督に就任。 東京交響楽団 Tokyo Symphony Orchestra 1946年、第二次世界大戦によって中断された音楽文化の再建と、新しい舞台音楽の公演を目標に「東宝交響楽団」として創立。 1951年に「東京交響楽団」に改称し、現在に至る。 歴代の指揮者陣には、往年の名指揮者アルヴィド・ヤンソンス、近衛秀麿や上田仁らが名を連ね、外来音楽家が珍しかった1950年代から世界的な演奏家と数多く共演する。 指揮者ではマゼール、ヨッフム、フルネ、カザルス、独奏者ではバックハウス、オイストラフ、ケンプ、ロストロポーヴィチらを迎え、聴衆を魅了してきた。 現代音楽やオペラの初演に定評があり、主な作品には1940年代から1950年代にかけてのショスタコーヴィチ「交響曲第7番~第12番」の日本初演、武満徹「弦楽のためのレクイエム」 1957年、委嘱初演 、シェーンベルクの歌劇「モーゼとアロン」 1994年、邦人初演、演奏会形式 、ラッヘンマンのオペラ「マッチ売りの少女」 2000年、日本初演、演奏会形式 、黛敏郎のオペラ「古事記」(2001年、日本初演、演奏会形式 、アダムズ「エル・ニーニョ」 2003年、日本初演 とオペラ「フラワリングツリー*花咲く木」 2008年、日本初演、セミ・ステージ形式 、ヘンツェのオペラ「ルプパ」 2007年、日本初演、演奏会形式 、ヤナーチェク・オペラシリーズがある。 これらの活動により、文部大臣賞、音楽之友社賞、京都音楽賞大賞、毎日芸術賞、文化庁芸術作品賞、モービル音楽賞、サントリー音楽賞、中島健蔵音楽賞特別賞、ミュージックペンクラブ音楽賞等、日本の主要な音楽賞の殆どを受賞。 舞台芸術創造活動活性化事業として文化庁の助成を受け、サントリーホール、ミューザ川崎シンフォニーホール、東京オペラシティコンサートホールで主催公演を行うほか、2004年からは川崎市のフランチャイズオーケストラとして定期演奏会や特別演奏会、音楽鑑賞教室や市内施設への巡回公演などのコミュニティ活動を実施している。 これらが高く評価され、2013年に川崎市文化賞を受賞。 また、新潟市では1999年より準フランチャイズ契約のもと、定期演奏会や「わくわくキッズコンサート」、学校や病院で室内楽演奏を行い、東京都八王子市では2013年度より 公財 八王子市学園都市文化ふれあい財団と提携し、コンサートやアウトリーチなどを積極的に展開している。 これら地域に密着した活動の一方で、海外においても58都市で78公演を行い、音楽的・社会的に国際交流の実を挙げてきた。 また、新国立劇場では1997年の開館時からレギュラーオーケストラのひとつとしてオペラ・バレエ公演を担当。 東日本大震災を機に、2011年5月から楽団員によるチャリティコンサート「ConcertForSmiles」を定期的に開催。 この募金は(公財)国際開発救援財団を通じて被災地の復興に役立てられている。 映画やテレビでの演奏も数多く、中でもテレビ朝日「題名のない音楽会」は、1964年の番組開始時よりレギュラー出演している。 2012年9月には、理事長に 株 エイチ・アイ・エス会長の澤田秀雄を迎え、横川端会長、依田巽、平澤創両副理事長での体制に移行した。 2014年度シーズンより、ジョナサン・ノットが第3代音楽監督に就任。 正指揮者に飯森範親、桂冠指揮者に秋山和慶、ユベール・スダーン、名誉客演指揮者に大友直人を擁する。 2016年に創立70周年を記念し、ウィーン楽友協会を含むヨーロッパ5カ国で公演を行う。 また2018年8月には日中平和友好条約締結40周年を記念し上海・杭州にて公演を行い、日中の文化交流の役割を果たした。

次の

ピアノコンクール・ランキング【権威の高いコンクールTOP10】

チャイコフスキー 国際 コンクール

4年に1度、ロシアのモスクワ音楽院で開催される国際音楽。 エリザベート王妃国際音楽コンクール、ショパン国際ピアノコンクールとあわせて世界3大ピアノコンクールと言われる、権威あるコンクールの一つ。 ロシアを代表する作曲家、ピョートル・チャイコフスキーの名前を冠している。 バイオリン、ピアノ、チェロ、声楽、バイオリン製作者の5部門がある。 1958年に、バイオリンとピアノのコンクールとして始まり、第2回 62年 のときにチェロ部門、第3回 66年 のときに声楽部門、第9回 90年 のときにバイオリン製作者部門が、新たに設けられた。 過去の受賞者には、ヴァン・ ピアノ部門 、ウラディミール・ ピアノ部門 などがいる。 日本人では、バイオリン部門で90年 第9回 に、2007年 第13回 に、声楽部門 女声 で1998年 第11回 に佐藤美枝子、ピアノ部門で2002年 第12回 に上原彩子が優勝している。 また、07年の第13回では、バイオリン製作者部門でが優勝。 2位に高橋明、4位に天野年員と上位を日本人が占めた。 審査は、著名なロシア人音楽家、音楽教授、音楽監督、過去のコンクール入賞者らによる国際審査員団によってなされる。 当初は申込者全員が出場できたが、02年 第12回 の開催から、事前にビデオ審査が行われることになった。 事前の審査を通過してコンクールに参加できるのは、声楽部門が80名、他の各部門は60名。 ただし、指定の国際コンクールにおいて1位入賞の経験がある人は、事前審査なしで参加資格が与えられる。 富岡亜紀子 ライター / 2009年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について.

次の