税理士 一般企業 転職。 税理士が会計事務所から一般企業の「経理」への転職――注意点は?|税理士の転職市場・転職先|税理士・科目合格者の転職・求人なら【マイナビ税理士】

税理士の一般企業の税務室への転職

税理士 一般企業 転職

税理士事務所から経理への転職は本当に可能?• 税理士試験はあきらめた。 私自身、10年間で税理士事務所を3社経験した後、 一般企業の経理職に転職しました。 他にコンサル業界なども検討しましたが、やはり会計に直接的にたずさわる仕事がしたかったのが理由です。 以下では、私自身の経験をもとに、 税理士事務所から転職する場合におすすめの転職先について解説いたします。 実体験ベースなので私の主観が入っていますが、忖度(そんたく)なしで良いところも悪いところも書いていきます。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 原価計算の知識(転職後にゼロから勉強し直しました)をガシガシ使って管理会計のデータを経営者に提供したり、• 決算業務〜税務申告までを直属の上司(役員レベル)からほぼ全面的に任されたり、• 大手の金融機関担当者と融資交渉をしたり、• 社債の発行など特殊な方法で資金調達をしたり• 公認会計士の監査で会計士さんと会計処理の方法をめぐってやりあったり… どうでしょう?税理士事務所の職員ではなかなかできない仕事ではないでしょうか。 経理担当者としてはかなりコアな働き方をしている自覚があります(楽しいです笑) こうした仕事を任せてもらっているのも、 税理士事務所で実務経験を積んだ基礎があったからだと思っています。 税理士試験をあきらめて、事業会社の経理に転職する…というと、敗北感を感じる人もひょっとしたらいらっしゃるかもしれません。 (正直、転職したての頃は私もそうでした) しかし、経理の仕事が税理士の仕事よりレベルが低いなんてことはまったくありません。 現在、税理士事務所で働いている方には、 経理への転職をぜひ選択肢に入れて欲しいですね。 (小さな組織が多い税理士事務所で「一生働く」は不安) また、税理士事務所というのはどこも小さな組織です。 「一生働ける職場か?」というと、かなり疑問といわざるを得ません。 極端な話、所長税理士に事故や万が一があったら、その時点で事務所は解散…ということもあり得るわけですから。 もちろん、実務経験を積みながら税理士試験に合格し、独立する予定の方は別にいいかもしれません。 (私も当初はそう思っていました) 税理士事務所の職員としてしっかりとした実力のある人なら、いろんな事務所を渡り歩く…という働き方もできるでしょう。 ただ、転職の必要が出るたびに転職活動をゼロからやる…というのはなかなかしんどいものです。 大手企業の経理に転職すれば不正なことをしない限りクビになるなんてことはまず考えにくいですし、安定した給料と福利厚生で働くことが可能になりますよ。 税理士事務所から経理に転職するには具体的に何をどうしたらいい?• 転職エージェントに「 税理士事務所経験者をピンポイントで募集している求人」を探してもらうよう依頼する(無料です)• 「これだ」と思った求人に対して徹底的に対策する(応募書類の添削や面接対策はエージェントがやってくれるのでフル活用する)• エージェントに 年収交渉してもらう(リアルに年収100万円単位でアップすることがあります)• 転職活動なんてしょせんは「 自分の売り込み」です。 正直、かなり自己主張が強い人でもない限り、私たち日本人は苦手ですよね。 でも年収をあげたいならこれはしっかりやる必要があることです。 私の場合は仕事が忙しかったこともあって、こういうややこしいことはエージェントに全部任せていました。 経理への転職希望者が使うべき転職エージェント (税理士事務所から経理に転職して後悔していること) 税理士事務所から経理に転職して後悔していることとしては、やはり「 自分の事務所を持つことができなかった」という点ですね。 私は「一国一城の主」という姿にあこがれて税理士業界に入りましたから、この夢をかなえられなかったことはやはり残念な部分もあります。 一方で、 大きな組織の一員として働くことの楽しさも最近は実感するようになりました。 税理士事務所の場合、1つの事務所に入ったら何年経っても同じ顔ぶれという場合がほとんどですよね。 この点、ある程度の規模の企業になると毎年新卒社員が入ってきますし、転職組としていろんなバックグラウンドを持った人たちとも出会うことができます。 また、 税理士事務所時代には経験できなかったような大きな仕事の案件に多数関わることができているのも経理の魅力です。 私の場合、独立という夢は捨てることになりましたが、今のところは現在のキャリアに大きな不満はありません。 給料相場は会社規模によってまちまちではありますが、よければ年収600万円〜スタートの求人もたくさんありますよ。 なお、税理士事務所から経理に転職するなら、必ず「 経理実務の経験者」として転職するようにしてください。 経理未経験者としての応募をしてしまうと、本当にいちから経理スタッフとして働くことになってしまいます。 この場合は年収は300万円〜なんてこともありますし、決算業務などの重要な仕事はなかなかやらせてもらえない…ということも考えられます。 (これではせっかくの税理士事務所での経験をいかせません) 「税理士事務所から経理」以外の選択肢3つ• 別の税理士事務所への転職• コンサル分野への転職• 全く別分野の仕事への転職 それぞれの転職先の選択肢について、メリットデメリットを解説いたします。 別の税理士事務所への転職 もっとも難易度が低いというか、転職が成功しやすいのが「 別の税理士事務所への転職」でしょう。 私自身、3社の税理士事務所で働いてきました。 その経験から実感するのは、 「 結局、税理士事務所職員としての経験をいちばん評価してくれるのは、税理士事務所」だということですね。 転職後は即戦力として扱ってくれますから、仕事にも適応しやすいと思います。 また、税理士事務所は小さな組織ですから、所長税理士の人格というか、性格によって雰囲気はがらっと違います。 「税理士事務所の仕事そのものは好きだけれど、今の職場や所長にはがまんがならない」と感じている人は、 別の税理士事務所への転職も検討してみると良いと思いますよ。 なお、せっかく別の税理士事務所に転職するなら、 給料面でも仕事面でもレベルアップにつながる事務所を目指すと良いですね。 資産税を扱っている事務所や、従業員数100名を超える大規模事務所などであれば、より高いレベルで仕事ができると思います。 ひとくちに税理士事務所と言っても、いろんなところがありますので、選択肢は広く持っておくと良いです。 コンサル分野への転職 コンサル分野でも税理士事務所での実務経験は生かせると思います。 私自身はコンサル業界は経験がありませんが、税理士事務所時代に一緒に働いていた元同僚がコンサル業界に転職してバリバリ働いています。 彼は税理士事務所の職員としても非常に優秀な人でしたが、顧競争の激しいコンサル業界でも活躍していますね。 もちろん、コンサルといえば高年収で有名です。 これはマジですごいです。 30代で年収1000万円なんてザラですから、「 とにかく稼ぎたい!」という人はコンサル業界はいいと思いますよ。 (コンサルは採用のされ方がかなり特殊ですので、エージェントの利用は必須です) 全く別分野の仕事への転職 (全く別分野の職種・業界に転職する場合) 最後に、「 全く別分野の仕事への転職」ですが、これは 税理士事務所の仕事が本当に嫌、向いていないと感じている方向けの選択肢です。 人生で選択を誤ることはあるものです。 自分が仕事が向いているかどうか?なんてやってみないとわかりませんからね。 重要なことは、そこからどうやって軌道修正していくか?です。 これまでのキャリアをいったんリセットして、別分野の仕事を探すのであれば、 まずは大手の転職エージェントにキャリア相談してみるのが良いです。 この場合は、専門エージェントや中小会社のエージェントではなく、必ず 大手のエージェントを使うべきです。 というのも、一からキャリアを考えるときには「 できるだけ多くの選択肢の中から、自分の志望先を決めること」が重要になるからです。 大手の転職エージェント会社は、中小会社や特定の業界に特化しているエージェント会社と比べて、 圧倒的にたくさんの種類の求人を持っているのが特徴です。 面談では「とにかくいちからキャリアを見直したいので、可能性がある求人をできるだけたくさん出してください」というスタンスで相談してください。

次の

就職先はどんなところがある?税理士としてはたらく

税理士 一般企業 転職

税理士・会計事務所業界は超高齢化しており、平均年齢が65歳前後となっております。 国税OBの方も含んだ数字のため、比較的高めに出てしまいますが、 それを除いたとしても一般社会と比べると若い人が少なく、70代、80代で活躍している方も多いのが実情です。 転職という視点で見ると、一般企業においては、売り手市場が続いているので年齢が高い方の転職も増えているものの、40代や50代となるとなかなか転職が厳しいというケースも多くなります。 一方で、会計事務所業界で見てみると、40代、50代でも比較的転職がしやすいマーケットであり、まだまだ転職が可能な状況です。 ただ、それでも転職が出来る方、出来ない方に分かれてくる傾向にあるため、年齢による税理士の転職動向について簡単に見ていきたいと思います。 20代税理士は希少価値が高く、転職市場で超有利 はじめに20代税理士について見ていきたいと思います。 冒頭に記載した通り、税理士業界は高齢化が進んでおり、20代税理士はかなり貴重な人材となっています。 税理士有資格者は全体でおよそ7万6千人ほどいるのですが、そのうち20代はわずか0. 6%(450人前後)しかおらず、転職市場においては希少価値が非常に高い存在となっています。 そのため、希望通りの転職を実現しやすいと言えるでしょう。 逆を言うと、若手が非常に少ない業界ということもあり、採用難が続いている会計事務所が多いことから、年齢がある程度上でも十分転職できるという風に考えられます。 30代税理士もどこにでも転職できる可能性は十分にある どこにでも転職できると記載すると語弊があるかもしれませんが、30代税理士はかなり若手に位置づけられるため、会計事務所業界における転職であれば、かなり希望通りに転職ができるのではないでしょうか。 Big4税理士法人や一般企業の要職となるとなかなか厳しいケースもありますが、どこにでもチャレンジできる年齢ではあります。 気をつけて頂きたいのが、35歳を超えてくると、マネージメント経験、あるいはより深い専門性などの高度な専門スキルが求められてくる傾向にあります。 もちろん未経験分野へチャレンジすることもできるのですが、やはりある程度の即戦力性は求められてくるため、キャリアの積み方に注意が必要となってくる年齢になってきます。 なお、最近は一般企業の経理部門などへ転職する税理士も増えています。 ポジションや業務内容にもよるのですが、 以前までは公認会計士が経理へ転職するケースが多かったのですが、最近では特に監査法人に勤務する会計士においては年収で折り合いがつかず話がまとまらないケースも増えており、監査法人勤務の会計士ほど年収の高くない税理士を採用する傾向も増えています。 一般企業への転職だと、プロフェッショナル・専門家としての勤務というよりは、一社員としての勤務になるケースが多いのですが、会計事務所と比べると当然待遇も安定しており、福利厚生も良いことから割と人気は高くなっています。 一般企業でキャリアを積んでいく道も当然開かれているので、もし会計業界以外で働きたいとお考えの方がいたら、転職エージェント等に相談してみると良いでしょう。 いずれにせよ、30代から40代に向かっていくにあたり、自身がどのような分野を伸ばしたいと考えているのかしっかり考えてキャリア構築していく年齢となりますので、これまでキャリアについてあまり考えてこなかった方は一度振り返ってみると良いでしょう。 税理士の転職やキャリアについてまとめた記事がございますので、キャリアに関して興味のある方はご参照ください。 40代税理士は転職できる人出来ない人に分かれてくる 40代税理士の転職市場も活発なのですが、転職できない人はいつまでたっても出来ないというような状況になる年齢です。 2019年の税理士試験合格発表の内訳を見ると、実は40代の合格者が一番多いのです。 そして、40代で転職を実現している人はたくさんいます。 そのような中で転職できない40代税理士というのは、「適応力・柔軟性」、これに欠ける方です。 面接の場などで、前の職場のやり方、これまでのやり方に固執する人なんだと思われ、コミュニケーション能力や柔軟性に欠ける人と判断され、面接等で落とされるケースをよく見ています。 経験豊富でスキルがあったとしても、基本的にチームで仕事をしていくことが多い時代なので、うまく調整を取って働いて行けなさそうな方の採用は避ける傾向があります。 こうしたことは、自分だと気がつき難い事項で、なぜ面接で落ちるのか気が付かずに落ち続ける方がいますので要注意事項です。 スキルや実績をアピールすることは重要なのですが、それ以上に現場への適応力、変化への適応力もあることをしっかりわかってもらうように努めましょう。 40代になるとあなたより若いチームメンバーも多くなってきますが、職場が変われば当然自分より若い人に教えてもらうことも多くなってきます。 コミュニケーションが取れ、メンバーと円滑に業務を進めていける人物であることを理解してもらいましょう。 高い専門性や実績がある方は、管理職ポジションでの採用も多くありますが、やはりこのケースでも上記に記載したとおり、適応力や柔軟性があることを伝えるようにしましょう。 50台税理士の転職は可能? 50台以上の税理士の転職マーケットも需要が大きくなっています。 なお、ここでは、国税OB等のポジションは省いて考えるものとします。 人手不足の問題もあり、経験を積んでいて、一定の業務を確実にこなしてくれる経験豊富な50台税理士は意外と転職需要があります。 複雑高度な税務業務の経験を求められるポジションでの採用はもちろん、一般的な業務においても採用されるケースは多いです。 これまでの知見を活かして仕事をしてもらいたいという要望と、若手社員への指導や教育などをにらんだ採用もあります。 様々な形でこれまで積み上げてきたスキルを活かしてほしいという希望があるので、意外と採用意欲は高くなっています。 ただ、40代税理士と同様に、50台の税理士も頑固なイメージを持たれたり、説教臭い面倒な人だと思われたりするケースもあるので、面接の場では、やはり柔軟性・適応力があることをしっかりアピールできると良いかと思います。 転職先のフィールドは会計事務所のみならず、一般企業、コンサルティングファームなど様々なところへの転職実績があるので、スキルだけでなく、コミュニケーションや柔軟性が伝われば採用されるケースは高いため、転職をお考えの方は是非チャレンジしてみてください。 税理士は比較的高年齢でも転職がしやすい 税理士は年齢が高めでも比較的転職がしやすい職種なので、もし40代、50代以上でも転職したいとお考えの方がいましたら是非チャレンジしてみ頂きたいものです。 実際に50代以上で転職される方も多い状況であり、極端な言い方をすると、何歳まででも働くことはできます。 最近は一般企業の経理部門で採用需要は高くなっており、専門性を活かしたキャリアチェンジ(会計事務所業界から別の業界への転職)も多くなっていますので、まず自身の可能性について知りたいという方は転職エージェント等に相談してみても良いでしょう。 以下の記事で税理士の転職におすすめの転職エージェントを紹介しておりますので、エージェント活用をご検討の方は参考にしてみてください。

次の

税理士の事業会社(一般企業)への転職について【税理士の転職事情】

税理士 一般企業 転職

税理士・会計事務所業界は超高齢化しており、平均年齢が65歳前後となっております。 国税OBの方も含んだ数字のため、比較的高めに出てしまいますが、 それを除いたとしても一般社会と比べると若い人が少なく、70代、80代で活躍している方も多いのが実情です。 転職という視点で見ると、一般企業においては、売り手市場が続いているので年齢が高い方の転職も増えているものの、40代や50代となるとなかなか転職が厳しいというケースも多くなります。 一方で、会計事務所業界で見てみると、40代、50代でも比較的転職がしやすいマーケットであり、まだまだ転職が可能な状況です。 ただ、それでも転職が出来る方、出来ない方に分かれてくる傾向にあるため、年齢による税理士の転職動向について簡単に見ていきたいと思います。 20代税理士は希少価値が高く、転職市場で超有利 はじめに20代税理士について見ていきたいと思います。 冒頭に記載した通り、税理士業界は高齢化が進んでおり、20代税理士はかなり貴重な人材となっています。 税理士有資格者は全体でおよそ7万6千人ほどいるのですが、そのうち20代はわずか0. 6%(450人前後)しかおらず、転職市場においては希少価値が非常に高い存在となっています。 そのため、希望通りの転職を実現しやすいと言えるでしょう。 逆を言うと、若手が非常に少ない業界ということもあり、採用難が続いている会計事務所が多いことから、年齢がある程度上でも十分転職できるという風に考えられます。 30代税理士もどこにでも転職できる可能性は十分にある どこにでも転職できると記載すると語弊があるかもしれませんが、30代税理士はかなり若手に位置づけられるため、会計事務所業界における転職であれば、かなり希望通りに転職ができるのではないでしょうか。 Big4税理士法人や一般企業の要職となるとなかなか厳しいケースもありますが、どこにでもチャレンジできる年齢ではあります。 気をつけて頂きたいのが、35歳を超えてくると、マネージメント経験、あるいはより深い専門性などの高度な専門スキルが求められてくる傾向にあります。 もちろん未経験分野へチャレンジすることもできるのですが、やはりある程度の即戦力性は求められてくるため、キャリアの積み方に注意が必要となってくる年齢になってきます。 なお、最近は一般企業の経理部門などへ転職する税理士も増えています。 ポジションや業務内容にもよるのですが、 以前までは公認会計士が経理へ転職するケースが多かったのですが、最近では特に監査法人に勤務する会計士においては年収で折り合いがつかず話がまとまらないケースも増えており、監査法人勤務の会計士ほど年収の高くない税理士を採用する傾向も増えています。 一般企業への転職だと、プロフェッショナル・専門家としての勤務というよりは、一社員としての勤務になるケースが多いのですが、会計事務所と比べると当然待遇も安定しており、福利厚生も良いことから割と人気は高くなっています。 一般企業でキャリアを積んでいく道も当然開かれているので、もし会計業界以外で働きたいとお考えの方がいたら、転職エージェント等に相談してみると良いでしょう。 いずれにせよ、30代から40代に向かっていくにあたり、自身がどのような分野を伸ばしたいと考えているのかしっかり考えてキャリア構築していく年齢となりますので、これまでキャリアについてあまり考えてこなかった方は一度振り返ってみると良いでしょう。 税理士の転職やキャリアについてまとめた記事がございますので、キャリアに関して興味のある方はご参照ください。 40代税理士は転職できる人出来ない人に分かれてくる 40代税理士の転職市場も活発なのですが、転職できない人はいつまでたっても出来ないというような状況になる年齢です。 2019年の税理士試験合格発表の内訳を見ると、実は40代の合格者が一番多いのです。 そして、40代で転職を実現している人はたくさんいます。 そのような中で転職できない40代税理士というのは、「適応力・柔軟性」、これに欠ける方です。 面接の場などで、前の職場のやり方、これまでのやり方に固執する人なんだと思われ、コミュニケーション能力や柔軟性に欠ける人と判断され、面接等で落とされるケースをよく見ています。 経験豊富でスキルがあったとしても、基本的にチームで仕事をしていくことが多い時代なので、うまく調整を取って働いて行けなさそうな方の採用は避ける傾向があります。 こうしたことは、自分だと気がつき難い事項で、なぜ面接で落ちるのか気が付かずに落ち続ける方がいますので要注意事項です。 スキルや実績をアピールすることは重要なのですが、それ以上に現場への適応力、変化への適応力もあることをしっかりわかってもらうように努めましょう。 40代になるとあなたより若いチームメンバーも多くなってきますが、職場が変われば当然自分より若い人に教えてもらうことも多くなってきます。 コミュニケーションが取れ、メンバーと円滑に業務を進めていける人物であることを理解してもらいましょう。 高い専門性や実績がある方は、管理職ポジションでの採用も多くありますが、やはりこのケースでも上記に記載したとおり、適応力や柔軟性があることを伝えるようにしましょう。 50台税理士の転職は可能? 50台以上の税理士の転職マーケットも需要が大きくなっています。 なお、ここでは、国税OB等のポジションは省いて考えるものとします。 人手不足の問題もあり、経験を積んでいて、一定の業務を確実にこなしてくれる経験豊富な50台税理士は意外と転職需要があります。 複雑高度な税務業務の経験を求められるポジションでの採用はもちろん、一般的な業務においても採用されるケースは多いです。 これまでの知見を活かして仕事をしてもらいたいという要望と、若手社員への指導や教育などをにらんだ採用もあります。 様々な形でこれまで積み上げてきたスキルを活かしてほしいという希望があるので、意外と採用意欲は高くなっています。 ただ、40代税理士と同様に、50台の税理士も頑固なイメージを持たれたり、説教臭い面倒な人だと思われたりするケースもあるので、面接の場では、やはり柔軟性・適応力があることをしっかりアピールできると良いかと思います。 転職先のフィールドは会計事務所のみならず、一般企業、コンサルティングファームなど様々なところへの転職実績があるので、スキルだけでなく、コミュニケーションや柔軟性が伝われば採用されるケースは高いため、転職をお考えの方は是非チャレンジしてみてください。 税理士は比較的高年齢でも転職がしやすい 税理士は年齢が高めでも比較的転職がしやすい職種なので、もし40代、50代以上でも転職したいとお考えの方がいましたら是非チャレンジしてみ頂きたいものです。 実際に50代以上で転職される方も多い状況であり、極端な言い方をすると、何歳まででも働くことはできます。 最近は一般企業の経理部門で採用需要は高くなっており、専門性を活かしたキャリアチェンジ(会計事務所業界から別の業界への転職)も多くなっていますので、まず自身の可能性について知りたいという方は転職エージェント等に相談してみても良いでしょう。 以下の記事で税理士の転職におすすめの転職エージェントを紹介しておりますので、エージェント活用をご検討の方は参考にしてみてください。

次の