毛穴 イオン導入。 毛穴

毛穴の引き締め・美肌にはイオン導入がおすすめ。その効果とビタミンCほか導入成分一覧+市販のイオン導入はコレ!

毛穴 イオン導入

注意 イオン導入で活用できる成分は電気を通す水に溶けやすい水溶性の成分であることと、成分の分子がもともと肌に通る大きさのものでなければなりません。 そのため通常のヒアルロン酸やコラーゲンは分子が大きいのでイオン導入に適していません。 美白 ・・・ビタミンC誘導体、プラセンタ ビタミンC誘導体はメラニン色素の生成抑制作用と抗酸化作用等があるため透明感のある肌へ導きます。 また血行促進、美白、保湿に優れたプラセンタもおすすめです。 ニキビ・ニキビ跡 ・・・ビタミンC誘導体、トラネキサム酸 毛穴引き締め作用や皮脂分泌抑制作用もあるビタミンC誘導体や炎症抑制作用があるトラネキサム酸などでイオン導入を繰り返すことによって改善が期待できます。 シミ ・・・トラネキサム酸、ビタミンC誘導体 トラネキサム酸にはビタミンC誘導体と同じメラニン色素の生成抑制作用や美白効果があります。 はり ・・・プラセンタ、ビタミンC誘導体 アミノ酸が多く含まれており継続することでお肌の水分保持力が上がり、お肌のハリアップに期待ができます。 またビタミンC誘導体にはコラーゲンの生成を促す効果があります。 禁忌事項 以下に当てはまる方は施術を受けることができません。 ペースメーカーの方• 妊娠・授乳中の方• 心臓病の方• 金属類や機械類が体内にある方 エレクトロポレーションとの違い とイオン導入には電気の力を用いて肌に美容成分を浸透させるという共通点はあるものの、効果において大きな違いがあります。 その効果の違いとは肌に導入できる美容成分が異なることです。 イオン導入の場合、美容液に含まれる有効成分をイオン化してから肌に浸透させます。 そのため粒子の小さいビタミンC誘導体やプラセンタなどを導入する際には適していますが粒子の大きいヒアルロン酸やコラーゲンなどの成分はイオン化することができないため、イオン導入では肌に浸透させることができません。 また、美容成分の浸透率にも違いがあります。 エレクトロポレーションの浸透率はイオン導入と比較すると約20倍もの効果があるといわれています。 エレクトロポレーションは一時的に皮膚に通り道を作るため美容成分を肌の深部までより浸透させることが期待できるのです。 さらにイオン導入はイオン化に伴うph変化により肌への刺激が生じる恐れがありますがエレクトロポレーションはphの変化がないため、肌に優しい施術といえるでしょう。 RF美顔器 フォトプラス EX.

次の

毛穴ケア美顔器でおすすめは?毛穴のたるみや汚れ洗浄に効果的な美顔器まとめ

毛穴 イオン導入

イオン導入 CONSULTATION イオン導入とは イオン導入とはトラネキサム酸、ビタミンC、プラセンタのような皮膚からは吸収しにくい浸透性の低い水溶性の成分を微弱電流を流してイオン化することにより、皮膚の深部まで浸透させていく治療です。 有効成分をイオン導入で顔に直接導入した場合、ただ化粧水を塗るケアに比べ、肌への浸透を飛躍的に高めることができます。 その浸透力は化粧品やサプリメントで得られる効果の30倍~100倍とも言われており、しみやしわを改善したり、瑞々しい肌を取り戻すことができます。 CONSULTATION ビタミンCの効能• 抗酸化作用による肌老化の防止• ニキビ・ニキビ跡改善• 肌荒れ改善• ハリを出す• くすみ改善• 毛穴の開き改善• 皮脂分泌抑制• ターンオーバー正常化• メラニン生成抑制• コラーゲン生成促進 イオン導入でビタミンCを効率よく肌に浸透させることで、活性酸素を除去しくすみを改善。 緩んだ肌もハリ感を取り戻し、お肌を明るく元気に整えます。 CONSULTATION プラセンタの効能• キメを整える• しみ・そばかす改善• くすみ改善• 小じわ・たるみ• うるおい• 毛穴 プラセンタは、母体と赤ちゃんを繋ぐ胎盤から抽出されるエキスで、胎盤には赤ちゃんの成長に必要なあらゆる栄養物質が豊富に含まれています。 プラセンタは、元々更年期障害や、肝臓疾患の治療に使われていましたが、研究が進む中でエイジングケア治療にも効果的であるとの事がわかってきました。 プラセンタイオン導入を行うことで、肌透明感が増しキメが整い美しい肌に整えます。 CONSULTATION トラネキサム酸の効能• しみ・そばかす改善• 肝斑改善• くすみ改善• ニキビ・ニキビ跡改善• 肌荒れ改善• 保湿 トラネキサム酸はアミノ酸の一種で、メラニン生成阻害作用と抗炎症作用があります。 トラネキサム酸をイオン導入することで、今まで難しいとされていた肝斑治療も可能になりました。 透き通るような白い肌、みずみずしいしっとり肌を目指す方におすすめです。 CONSULTATION 施術の流れ 4. メイクしてご帰宅 治療直後からお化粧をしてお帰りいただけます。 基礎化粧品やUVケアは当院でご用意しております。 治療直後からお肌の変化を実感される方が多くいらっしゃいます。

次の

イオン導入は毛穴に効果ある?湘南美容クリニック体験者の口コミを公開!

毛穴 イオン導入

photo-ac. 毛穴を引き締め、透明感のある肌に導いてくれるだけではなく、アンチエイジング効果も期待できると言われていますよね。 手軽にできるようになったイオン導入ですが、美容クリニックで行われている施術とどのような違いがあるのでしょうか。 ここではイオン導入の効果や美容クリニックでイオン導入を受けるメリットについて詳しく紹介していきます。 1-1. イオン導入とは• 1-2. イオン導入の効果と使用される成分• 1-3. 家庭でできるイオン導入とクリニックのイオン導入の違い• 1-4. イオン導入の副作用• 2-1. 美容皮膚科のイオン導入は何が違うの? 2-2. イオン導入とエレクトロポーションの違い• 2-3. 美容皮膚科でのイオン導入の費用• 2-4. オリジナルのイオン導入が受けられるクリニック• 2-5. イオン導入が安いクリニック• いまさら聞けない? イオン導入の効果とは いまやイオン導入といえば家庭用美顔器でするものというイメージが定着しつつあります。 まずはイオン導入がどんなものなのか正しく理解しましょう。 1-1. イオントフォレシス、イオントフォレーゼなどと呼ばれることもあります。 皮膚科の領域におけるイオン導入の歴史は長く昭和の初期から研究や臨床試験が行われていました。 多汗症やわきがの改善などに使用され、アスコルビン酸(ビタミンC)のイオン導入では色素沈着が改善することも分かっていましたが、当時の機械は操作が煩雑で時間がかかることなどからあまり普及しなかったのです。 その後、簡単な操作でイオン導入ができる機器が開発され、エステサロンなどで使用されるようになり、最近では美容医療の施術としても普及しています。 このバリア機能はさまざまな成分の浸透を妨げてしまうため、肌の外側から塗るだけでは浸透が難しい成分も少なくありません。 イオン導入は電気を流すことで、このバリア機能を低下させ成分を肌に浸透させやすくします。 水に溶ける成分であればイオン導入が可能で、水に溶けやすい成分ほど浸透しやすいと言われています。 「(イオン導入は)成分を肌の奥深くまで浸透させることができます。 微弱な電気作用をもたらすローラーを使用し、肌の改善に必要な成分を皮膚に浸透させる治療です。 肌表面にはバリア機能があるため、有効成分を塗るだけでは肌の深部まで届きません。 このような、皮膚の表面に塗るだけでは浸透しにくい成分を、電気作用で皮膚の深部に浸透させるのがイオン導入です。 有効成分がバリア機能を通り抜け、肌の奥深くまでたっぷり栄養を届けることができます」 出典 「イオン導入と言う方法はもともと抗がん剤などを人体の奥深くに入れ込む為に考えられた『イオンフォレシス』が原理となっています。 イオン導入の効果と使用される成分 イオン導入では肌の悩みに合った成分を導入することで、さまざまな効果が得られます。 ・ビタミンC誘導体(アスコルビン酸)、APPS(アプレシエ)など にきびやシミ、肝斑、くすみの改善や肌のハリをアップして毛穴を引き締めてくれる効果が。 また、メラニンの合成を抑えて新たなシミができるのを防ぐ美白効果もあります。 さらにニキビ跡の色素沈着にも有効でケミカルピーリングと併用することでさらに効果がアップします。 また、ビタミンC誘導体は細胞のなかの染色体の末端にある「テロメア」の短縮を抑えることで老化防止作用もある成分です。 ・トラネキサム酸 メラニンを作り出すメラノサイトという細胞のはたらきを抑えて、シミや色素沈着ができにくくする作用があります。 トランサミンとも呼ばれ、市販の肝斑治療薬に含まれていますが、血栓ができやすくなったり腎機能に影響を与えたりする恐れがあるため、長期間服用することはできません。 イオン導入ならこのトラネキサム酸を肌に直接届けることが可能です。 「これまでの肝斑治療は『トラネキサム酸』の内服が主でしたが、導入することで有効成分がダイレクトに肌の奥へ届くようになりました。 肝班の特効薬であるトラネキサム酸は、色素沈着抑制効果、美白効果、抗炎症作用があり、また飲み薬に抵抗があった方でも安心してお受けいただけます」 出典 ・プラセンタ FGFやEGFといった成長因子を含み、美白やアンチエイジング効果の高いプラセンタもイオン導入することができます。 「微弱電気の力を用いて、プラセンタの有効成分を皮膚の深部(基底層・真皮層)まで浸透させます。 通常の塗布に比べて約70倍もの量を浸透させることができます。 新陳代謝がスムーズに営まれるので、肌に弾力がでます。 肌をザラザラにする老化した角質を軟化させる作用があります。 保湿作用によって、肌のカサカサを防ぎます」 出典 ・トレハロース 天然の糖質で食品添加物としても使用されるトレハロースには保湿効果があります。 ビタミンCやコラーゲンなどと合わせてイオン導入に使われることが多いようです。 「トレハロース導入は『生命復活の糖』と呼ばれる天然の糖質である保湿成分、トレハロース配合の専用ローションに、安定型ビタミンCと濃縮コラーゲンを凍結乾燥して眠った状態にしたものを使用直前に溶かすことにより効果を発揮する導入剤です。 これらの有用成分が肌の奥まで素早くじっくり浸透していき、紫外線により肌が受けたダメージを改善して、はりとうるおいのある素肌を保ちます。 一般的な高分子の保湿成分である、ヒアルロン酸やコラーゲンが肌表面の乾燥を防ぐのに対し、トレハロースは角質内部に浸透し、細胞膜と一体となって、乾燥から細胞を守ります」 出典 ・グリシルグリシン アミノ酸の一種であるペプチドのひとつ、グリシルグリシンには毛穴を引き締める効果があります。 グリシルグリシンは細胞内のイオンバランスを整えて、正常な角化を促します。 イオンバランスが乱れることにより毛穴の周りの皮膚がすり減ってしまうためにおこります」 出典 1-3. 家庭でできるイオン導入とクリニックのイオン導入の違い 美顔器の価格が安くなってきていいる今、「手持ちの美顔器でイオン導入をしている」という人も多いでしょう。 では、家庭でできるイオン導入とクリニックのイオン導入はどこが違うのでしょうか。 最近は家庭用の美顔器でイオン導入ができるものも増えましたよね。 このような家庭用のイオン導入機器と医療用の違いは出力パワーの違いや使用できる成分の違いにあります。 よって、クリニックで受けるイオン導入の方が効果が高いことになります。 「最近は、エステや家庭用のものも売り出されており、かなりいい機器も出てきました(導入方法を間違えなければ)。 機器自体の医療用との大きな違いは、パワーをどこまで上げていけるか、出力の違いぐらいかと思います。 イオン導入に元々、それほど強い出力が必要なわけではありませんから、機器の違いによる効果の差は、それほどないかもしれません。 クリアモードで汚れを落としたり、クールモードで肌を引き締めたりすることもできます。 5月上旬発売予定、価格はオープン価格です。 ・ヤーマン RFボーテEX 出典 イオン導入とRF波、EMSとクールダウンができる美顔器。 これ一台でアンチエイジングケアができる便利なアイテムです。 36,000円。 そのため、防腐剤や香料など余分な成分が入っていると、こうした成分まで肌に浸透させてしまい、かえって肌トラブルを招くことになりかねません。 美顔器専用のジェルなどを使用すれば面倒がありませんが、こうした専用の付属品はどうしても高価になりがち。 成分にこだわりたい方は化粧品の原料を扱うショップなどで、防腐剤の入っていないビタミンCローションや、「プラセンタ原液」と表示されているプラセンタなどを選ぶとよいでしょう。 購入前にイオン導入に使用できるかどうか確認することをおすすめします。 出典 1-4. イオン導入の副作用 イオン導入そのものに副作用はありません。 トラブルが起こるとすれば、導入する成分によるものでしょう。 とはいえ、ビタミンC誘導体などでトラブルを起こすことはまれ。 安全性が高い施術であると言えるのです。 ただし、家庭用美顔器でイオン導入を行う場合、防腐剤や香料など余計な成分が入ったアイテムを使用すると、その成分が肌に浸透してしまい、トラブルを起こす可能性があります。 家庭用美顔器でイオン導入する際は使用が推奨されている専用のジェルやイオン導入に使用できるローションなどを選ぶようにしましょう。 gahag. ここからは美容皮膚科で行われている最新のイオン導入の施術について詳しく説明していきます。 2-1. 美容皮膚科のイオン導入は何が違うの? 効果が持続しやすく、家庭用美顔器とは使用感も異なるようです。 「家庭用のイオン導入器の多くは、臨床実験や物理的根拠の無いものも散見されます。 当院で採用しているイオン導入機は、国立大学医学部の研究所で、効果が実証されたインディバ・ジャパン社の医療用イオン導入機を使用しています。 波形、デューティー比や電極の材質、形状などを考慮し、機器の改善を繰り返し行った結果、皮膚中ビタミンCの濃度は従来のイオン導入機の1,000倍近くもアップし、真皮でも既存の機器の200倍以上に達しています。 そのため、薬剤の有効性が高く、薬剤濃度を極端に上げる必要がないため、肌トラブルが少ないのが特徴です」 出典 「施術は、高品質の美容成分を医療用の高性能マシンを使用して、30分程時間をかけてじっくり導入していくというもの。 終了後はなめらかな肌を実感し、その効果が長く続くのが特徴です。 クリニックならこのような、より効果が高い成分もイオン導入することが可能です。 「より美白効果を求める方におススメなのは、ビタミンCとトランサミンを続けて導入する方法。 ビタミンCはできてしまったシミに、トランサミンはシミを作る工場をストップさせる…と、作用が異なるからです」 出典 2-2. イオン導入とエレクトロポーションの違い 出典 イオン導入と似た原理で有効成分を肌に導入させる施術に「エレクトロポーション」があります。 イオン導入と比べて20倍もの効果があるとも言われており、クリニックによってはイオン導入ではなく、レクトロポーションだけを行っているというところも。 費用はエレクトロポーションの方が若干高めです。 「皮膚の表面は石垣のように細胞が隙間なく並べられ、ばい菌などから身を守っています。 エレクトロポレーションは電圧の力で細胞膜に隙間を作り、大きな分子でも、通すことが可能になりました。 当院で使用するケアシスは施術時に皮膚を冷却することでさらに薬剤を効率よく皮膚内に導入します。 (中略)ヒアルロン酸や成長因子などは分子が大きくイオン導入では皮膚深層に浸透しませんでした。 メソセラピー(注射導入)では皮膚深層に導入することは可能でしたが、痛みや針跡の心配がありました。 ケアシスは電気の力でメソセラピーよりも高い導入効果を発揮しますが、痛みやダウンタイムはゼロです。 出典 エレクトロポーションのマシンには肌を冷却しながらエレクトロポーションをすることができる「スプリング」という機種があります。 この「クライオ&エレクトロポーション」機能は肌を冷やすことで有効成分を肌にしっかり閉じ込めることが可能。 有効成分を肌に浸透させるだけではなく、肌を冷やすことでキメが整い、毛穴がきゅっと引き締まるとして人気の高い施術になっています。 また、この機能はニキビや吹き出物等、炎症を伴う肌トラブルの改善にも効果が期待できます。 ダウンタイムのある他の施術のあとに、このマシンを使うことで肌を鎮静させてもOK。 イオン導入ができる美顔器を販売するヤーマンのプロフェッショナルアドバイザーもつとめる蘇原しのぶ先生が院長を務める東京・港区の「しのぶ皮膚科」では初回限定・初診料なしの3,000円で顔全体の施術を受けることができます。 イオン導入に満足できないという方や、コラーゲンや成長因子の導入をしてみたいという方、肌トラブルが気になる方などは一度、試してみてはいかがでしょうか。 2-3. 美容皮膚科でのイオン導入の費用 イオン導入のメリットはなんといっても費用が手ごろなこと。 クリニックによって開きがあり、導入する成分によっても金額に差がありますが、5,000~12,000円が相場となっています。 イオン導入は美肌維持のための基本的なケア。 将来への投資だと考えれば高くはないかもしれませんね。 「毎回毎回クリニックでピーリングをして、イオン導入をするとなると美肌の為の基本中の基本であっても、長年続けていただくことが必要ですから費用の面で厳しいことにもなりかねません。 (中略)出来れば一ヶ月に一回、少なくとも数ヶ月に一回は医療機関でピーリングとイオン導入を行なう。 この医療機関プラス家庭内維持方法によって、医療機関で十分に美肌有効成分を皮膚に浸透させて、家庭では家庭用のイオン導入器を使用して効果をキープする、って考えはいかがでしょうか? 」 出典 2-4. オリジナルのイオン導入が受けられるクリニック イオン導入できる成分といえば、ビタミンC誘導体やプラセンタ、トランサミンなどがありますが、クリニックによっては独自の成分を使用しているところもあります。 こうしたオリジナルの成分はオーソドックスな成分よりも若干高めになりますが、それでも1万円台前半で済むので、自分へのご褒美として施術を受けてみてもいいのではないでしょうか。 ピーリングとのセット価格も用意されています。 さらにオリジナルとして、ビタミンCやEにニキビの改善にも効果的な男性ホルモン抑制剤をプラスしたイオン導入も。 「ビタミンCやEなどの有効成分を塗るだけよりも約100倍近く皮膚に浸透させることで美肌へと導きます。 ビタミンや成長因子、DNA、ヒアルロン酸をミックスしたメソライン・リフレッシュイオン導入やDMAE、コエンザイムQ10、ケイ素、フェルラ酸などの抗酸化成分のミックスを導入するメソライン・タイトイオン導入がいずれも初回限定で顔全体8,000円、2回目以降も10,000円で受けることができます。 「メソライン・リフレッシュ イオン導入は、引き締め効果をもたらすことにより、お肌の抵抗力、輝き、弾力を高めるだけでなく、お肌を若返らせます。 また、バリア効果により水分が失われるのを防ぎ、お肌に充分な潤いを保ちます。 さらに、含有されている成長因子複合体により細胞の再生を促進します」 出典 2-5. photo-ac. しかし、市販のクレンジングや洗顔料だけで汚れを落とそうとするとかえって肌を傷めてしまうことも。 また、市販のピーリング石鹸などは効果が不十分であることが多いようです。 「イオン導入によって有効成分を皮膚の奥深くまで浸透させる為には、治療する皮膚の上層の化粧品、汚れを十分に取り除く必要があります。 さらに美肌の為の有効成分を浸透させるには角質層が邪魔をしてしまいます。 「イオン導入によって有効成分を皮膚の奥深くまで浸透させる為には、治療する皮膚の上層の化粧品、汚れを十分に取り除く必要があります。 さらに美肌の為の有効成分を浸透させるには角質層が邪魔をしてしまいます。 また、ピーリングやフォトフェイシャル、オーロラなどの治療と組み合わせることでさらに効果がアップ。 イオン導入はAPPS・トラネキサム酸・トレハロースの3種類があり、それぞれ5,000円と手ごろな価格設定。 さらに他の施術と併用すると、5,000円が4,000円に値引きされます。 「当院ではトラネキサム酸導入と合わせて代謝を高めメラニン色素を外に出す効果のあるケミカルピーリングと、効果的な内服薬をセットにしたオリジナルの肝斑治療=『肝斑(かんぱん)ケアコース』がございます」 出典 3. まとめ いかがでしたか? もはや美肌ケアの基本中の基本ともいえる、イオン導入。 クリニックで贅沢な成分をイオン導入してもらっても費用は1万円台。 効果があるかどうか分からない高い化粧品を使い続けるなら、定期的にクリニックでイオン導入を受けた方が効果的と言えるかもしれませんよ! *本記事内でご紹介した治療機器、施術内容は、個人の体質や状況によって効果などに差が出る場合があります。 記事により効果を保証するものではありません。 価格は、特に記載がない場合、すべて税抜きです。 また価格は変更になる場合があります。 記事内の施術については、基本的に公的医療保険が適用されません。 実際に施術を検討される時は、担当医によく相談の上、その指示に従ってください。

次の