タレコミ。 タレコミをするメリットとデメリット!

労基署の手続の流れ!監督から是正までの全手順まとめ

タレコミ

タレコミコーナー 有名な放送事故 (放送事故、ハプニング)タレコミコーナー 放送事故、ハプニングの最新、過去の情報を一挙大公開。 、、、トイレはCMの間に…、ニュースで笑点の曲が…などタレコミ情報満載。 俗に放送禁止用語は、差別用語や卑猥な言葉など公序良俗に反するものですが、実は明確な決まりはなく、具体的な取締りは各放送局の自主的な判断に任されています。 その基準は何か?放送事故とは一体どういった事態なのか? 過去の事例を元に、各局の対処や当事者の処分から基準を探ります。 マスメディアは「健全なる放送」「公共秩序」をかざしつつ、時に凶器にもなりえる「知る権利」「言論の自由」とのジレンマに落ちます。 最終的に選ぶのは視聴者です。 サイト内検索 おことわり このサイトの一部(大部分)には不適切な表現がありますが、放送禁止のガイドラインを探す上で伏字にしたり、言い換えたりしていません。 一部の方に不快感を与えかねませんが、ご了承下さい。 またYahoo、2chより収集したものもが少し含まれています。 サイトの内容は複数情報を元にしておりますが、ガセネタがあった場合は教えて下さい。 NNNスポット(日本テレビ) スポットニュースのオープニングに 笑点のテーマ曲が流れた。 午後3時のNNNニューススポットが始まった時、青地にNNNのタイトルをバックに、やけに区切りよく「チャンチャカチャカチャカ、チャンチャン」とテーマ曲が流れた。 その後、多昌博志アナが出てきて神妙な顔つきで「ニュースです」と言い放ち、「緊迫する韓国情勢を協議するため……」と続けた。 キャスターも「あれ? 音が違いますね」と驚いていたが、その後アナウンサーが謝罪した。 この日の笑点は特番編成の都合で、ニュースの後に放送されることになっていた。 日テレのハプニング大賞でも紹介され、大爆笑だった。 (1987. 28) めざましテレビで キャスターが「篠沢容疑者」というところが 「 篠沢教授」と言っていた。 ワイドショーで どっかのオッサンに 安室奈美恵(20)って出た。 (挿絵 わたくんさん) 天気予報で お天気キャスターの女性が、 青い服を着ていたために 予報の間は体が 半透明になっていて怖かった。 (挿絵 梅アールさん) ヤッターマンで ドロンジョさんが「 どらえもーん、じゃなかった、ボヤッキー」 といったのをおぼえている。 面白すぎたからNGにしなかったのだろう。 東海テレビ 大雨による列車運行状況の字幕に 「 なんたらかんたら」とでてきた。 見間違え? クイズダービー 抜群の回答率を誇っていた漫画家の「はらたいら」さんが、次の問題の答えを書いてしまい、番組を降板になった。 詳細は忘れましたが、故景山民夫が著作の中で、 「クイズダービー作家の頃、一度に二週分の収録をしていた。 四国の漫画家が、一週目の収録の最後の問題で、二週目の最後の答えを出してしまい、慌てて差し替えたことがあった。 お客さんに答えを教えているとバレるじゃないか」 と愚痴っていました。 エッセイ集で、テレビ業界の裏ネタがたくさん記載されている本です。 (ayaさん) このネタは景山民夫の小説「トラブルバスター」でも流用されています。 ものすごく正解率が高いタレントなどは疑ってかかるのがいいでしょう。 「頭がよさそうなイメージ」で売っているタレントとかね。 (高砂義勇隊さん) マジカル頭脳で 1つのコーナーだけその日の出演者とぜんぜん違う出演者が出てた。 坂東の服もちがってた。 20年以上前 青森放送で ハウス「フルーチェ」のCMが20回くらい繰り返し流れたことがあった。 ( 挿絵 放送禁死 さん) モーニング娘の中澤裕子が モーニング娘の 中澤裕子が歌番で本番中に ブラジャーを直していた。 いつものように石橋と中居にメンバーがイジられながらのトーク中、 中澤が話しながら何気に脇に手をあてブラを直し、それを見た中居が笑いながら 『お前本番中にブラ直してんじゃねーよ!』 とつっこみ爆笑。 中澤は照れながら苦笑い。 中居からはその後も 『カユいのか?』 とツッコまれてました。 トーク総集編なんかでも流れました。 (挿絵 和田アキ夫さん).

次の

税務署に匿名でタレコミというか、脱税を密告する方法を教えてください

タレコミ

情報提供の手段 まず、リークをした者はどうやって情報を提供しているのかだが、記者と交流関係を持たない全くの一般人の場合は、直接「代表番号」に電話をしているか、WEBサイトのフォームから情報を提供している。 例えば、「文春砲」でお馴染みの「週刊文春」では、2014年から「文春リークス」というWEBサイトを立ち上げ、そこから情報提供を求めている。 そして「取材着手の可能性がある情報」を提供した方にのみ、連絡がいくシステムになっているのだ。 出版社側は、その送られてきた情報の裏取りをするために(事実関係を明らかにするために)莫大な時間とお金をかけなければならない。 一つのネタに対して複数名の取材チームが編成され、沖縄から北海道まで全国を飛び回る必要があるからだ。 しかし、時間とお金をかけて検証した結果、その情報が事実でなかったということも十分にあり得る。 週刊文春の場合、裏付けが出来なかったネタは掲載しないため、取材費用が水の泡になってしまう。 そのようなことを避けるために、取材に着手するネタは厳選されているのだ。 情報提供の謝礼 話題性があり、かつその情報の裏が取れた場合、週刊誌によっては報酬がもらえる。 正確には「報酬」より「謝礼」と言うべきか。 この謝礼は、対象となる芸能人の「イメージ」や「ランク」「話題性」で決まる。 知名度のある遊び人お笑い芸人の場合 例えば、「THE MANZAI 2013」の優勝者、ウーマンラッシュアワーの「村本大輔」を例に挙げる。 仮に、村本大輔が女性関係のスキャンダルを起こし、そのネタが「フライデー(FRIDAY)」に提供されたとしよう。 村本大輔の場合、その謝礼額はおおよそ「9,800円」と言われている。 あまりの安さに驚いた人も多いのではないだろうか。 実はこの金額にはちゃんとした理由がある。 ウーマンラッシュアワーの「村本大輔」は、普段から「ファンの女の子に手を出す」と公言しており、元々「遊び人」のイメージを持っている。 そのため、例えそのスキャンダルを記事にしても、イメージとのギャップがなく、意外性も低い。 よって、タレコミによるフライデーの謝礼は「9,800円」になるのだ。 知名度の低いお笑い芸人の場合 次に、知名度の低いお笑い芸人の場合だが、ここでは、学天即の「奥田修二」を例に挙げて説明する。 この奥田修二は、芸人としての歴は長いものの、「THE MANZAI」優勝者の村本大輔のような知名度はない。 その場合は一体どうなるのか。 結論から申し上げると、謝礼は「2,000円」といったところだ。 この理由は「東京の人は名前を聞いてもピンと来ないため、そもそも記事にならない」とのこと。 やはりネタの売り込みには「知名度」が必要不可欠である。 知名度の高い人気お笑い芸人の場合 続いて、知名度の高い人気お笑い芸人の場合を説明する。 仮に、ブラックマヨネーズの「吉田敬」と「小杉竜一」のスキャンダルをフライデーに提供したとしよう。 その場合、吉田敬のスキャンダルに対する謝礼は「5万円」、「小杉竜一」に対する謝礼は「7万円」程度だ。 村本大輔に比べれば、かなり高いように思えるが、それでも10万円以下の金額。 同じコンビでも2万円の差が出る理由は、「女性からの好感度が高いかどうかの違い」だそうだ。 まとめ 昔のように景気の良い時代は、100万円以上の謝礼が発生することもあったが、今では大物芸能人クラスでも50万円以下と言われている。 通常の特集記事であれば数万円程度だ。 もちろん週刊誌によって異なるが、相場はそれくらいと言っていいだろう。 ちなみに、週刊文春は「ネタを買わない」と公表している。 よく「こういうネタがあって、フライデーだったら10万円って言ってるんだけど」との電話がかかってくるそうだが、そのような人に対しては「ではフライデーに売ってください」と伝えているそうだ。 現に、前述した「文春リークス」というWEBサイトでも謝礼に対することは一切表記されていない。 そのため、お金目的で週刊誌にネタを提供するのはあまり得策とは言えない。 リークする相手を恨んでいるなら話は別だが、たった数万円のために相手の人生を壊すことになるのだから、慎重に動いた方がいいだろう。 のちに「罪悪感」に押しつぶされ病んでしまうということもよくある話だ。 しかし、それでもスキャンダルが止まない芸能界。 次に情報を提供される芸能人は誰なのか。

次の

タレコミ(たれこみ)

タレコミ

写真=スポーツニッポン新聞社/時事通信フォト サイン本をファンに渡すアンジャッシュの渡部建さん(東京・SHIBUYA/TSUTAYA=2015年10月10日) - 写真=スポーツニッポン新聞社/時事通信フォト 私が「ネタ元」と呼ばれる情報提供者と港区のラウンジで飲んでいると、2〜3年ほど前から渡部さんの話題をたびたび耳にしたものだ。 その話はどれも女癖の悪さばかりであった。 今回の一番の炎上のポイントとなったのは、「多目的トイレ」というワードではないだろうか。 本来、多目的トイレは身体の不自由な方や小さな子どもを連れている方が使用する場所である。 そこを舞台に生々しい不倫が行なわれていたのも、主婦層の反感が次から次へと爆発し、炎上が収まらない原因であることは間違いないだろう。 各メディアの編集者たちの話を聞く限りでは、どれもPVを稼ぐ「ドル箱」になっているようだ。 となれば当然、私たち週刊誌記者も渡部さんと不倫をした女の子たちを必死になって探すことになる。 みな、通っているキャバクラの女の子たちを中心にラインを送り、なんとかして探し出そうとしたことだろう。 私も同じように、いろいろなお店の女の子にラインをバンバン送った。 「渡部さんと不倫した子を知りませんか? もし、話してくれたら謝礼もお出しできます」といった旨のラインを何十人と送った。 港区を中心に遊びまわっているネタ元にもお願いのラインを送った。 1人だけ、過去に渡部さんと肉体関係をもったことがあるという女の子にヒットしたが、渡部さんが既婚者であることから訴訟のリスクがある。 そのため、大々的に週刊誌の誌面で話してくれるまでは至らなかったが、「軽いコメントならしてもいいですよ」という返事があった。 「文春の記事は本当に正確だと思いますよ。 港区女子の一部の間では有名なんですが、記事内にある『15分で終わった』というの話も、私の経験とも相違はありません。 モノ扱いされていたと書いていますが、数十分で1万円ならいいんじゃないかなと私は思いますけど」 探せば探すだけ当事者が出てきそうだと、私をはじめとする週刊誌記者たちは感じている。 しかし、「『週刊文春』のことだからすでに全部知っているのではないか」というあきらめの気持ちがあることは否めない。 同じ業界にいて、よくも毎週毎週大きなスクープを連発できるよなと感心してしまう。 なぜ彼らのスクープは途切れることがないのか、知人の文春記者にその仕事内容を聞いてみたことがある。 「私たちの1週間は、1人5本のネタ出しから始まります。 長年働いている先輩たちはいろいろなところにさまざまな人脈があり、毎回強いネタを出してきます。 こんな有名芸能人と直でつながっているんだとびっくりさせられることも多々ある。 それに加えて、文春というブランドがあるので、以前私が在籍していた週刊誌よりタレコミの質が段違いです。 タレコミだけでページが作れるくらいです。 なので、タレコミの精査をすることも仕事のひとつです」 そのあとはネタをタレこんできた本人を中心に、裏取りをする作業に入る。 張り込みも行い、大きなネタになると記者やカメラマンふくめ10人以上を投入することもあるという。 「新谷学元編集長の『「週刊文春」編集長の仕事術』にもありますが、とにかくこれというネタが決まると徹底的に追いかけます。 渡部さんは、『週刊文春』を発行している文藝春秋で本を出版していますが、そんなことはお構いなしですよ」 アイドルのグラビアページで成り立っているような写真週刊誌では、有名アイドルグループのスクープを取ったとしても、問答無用でお蔵入りだ。 『週刊文春』にはそのような忖度 そんたく がない。 その点、『週刊文春』は公正なメディアのひとつなのではないかと思う。 『週刊文春』が発売される2日前にはすべての番組を降板するという徹底ぶりだ。 大手の広告代理店に勤務する者はこのように話す。 「傷口を最小限にしたかったんでしょうけど、あそこまで書かれてしまうと4〜5年は復帰できないと思います。 もちろん、開き直ってキャラを変えての再出発だと話を変わりますが。 こういった場合、必ずどこかのメディアが違約金うんぬんなどと書きますが、本人が負うというケースはほとんどないんじゃないでしょうか。 私たち広告代理店がかぶることが多いのが現状です」 佐々木希さんには離婚の意思がないため、慰謝料も発生しない。 違約金などの負担が本人にかかってこないとすれば、経済的な打撃は少ないと見られる。 ましてや、佐々木希さんの収入があれば、夫が働きに出なくとも余裕のある生活が送れそうだが……。 しかし、不幸中の幸いとはこのこと。 前述したように、佐々木希さんは、「離婚の意思がない」「私が支えていく」と周囲に漏らしていることが、『週刊文春』の取材でわかった。 はたして渡部さんは心を入れ替え、佐々木希一筋の愛妻家へ返り咲けるのだろうか。 自身も不倫の誘惑に負け続けているという、「バツ7ライター」の日野氏(仮名・男性)に意見を伺った。 「これから先、渡部さんには茨の道しか待っておりません。 結婚とは契約にほかならない。 その範囲内において、違反行為をしたので夫婦関係の手綱は佐々木希さんが握ることになります。 このような状態になると、よほど理解がある女性じゃない限り、何かあるたびにこの件を持ち出されることになります。 これまで以上に、『どこにいるの? 仕事は何時に終わるの?』など、確認の連絡が多くなるでしょう。 結婚をしていることは幸せなことですが、一方で牢獄に閉じ込められているように感じることもあります。 バツ7の身としてわかりますが、渡部さんも同じことを感じていたのではないでしょうか。 私もそうですが、やめたいという気持ちはあってもやめられないのが不倫なんですよね」 治る病気はある。 しかし、不倫は不治の病といってもいいのかもしれない。 (週刊誌記者血風録) 外部サイト.

次の