新幹線 ic カード。 ご利用方法

新幹線から在来線への乗り換え時の改札への切符の入れ方とSuicaの使い方

新幹線 ic カード

東北新幹線や北陸新幹線などで、切符の代わりに交通系ICカードを使って乗れる「新幹線eチケットサービス」が3月14日から始まる。 JR東日本の深沢祐二社長が4日の定例会見でサービスの内容を発表した。 一度の予約で最大6人まで利用できる。 JR東の新幹線チケットレスサービスは、2008年に始まった「モバイルSuica特急券」と18年からの「タッチでGO」があるが、前者はスマートフォンなどモバイル専用でカードは使えず、後者は関東圏の自由席限定だった。 eチケットサービスの導入で、モバイルSuica特急券はサービスを終える。 eチケットサービスは、東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田各新幹線で導入。 予約サイト「えきねっと」(JR東日本、北海道)か「e5489(いいごよやく)」(JR西日本)を通じて指定席や自由席を予約できる。 現在は乗る前に券売機で切符を発券する必要があるが、新たなサービスでは日ごろ使っているSuicaやPASMO、ICOCAなど全国10種類の交通系ICカードの裏面に記された番号をサイトに登録しておけば、カードを自動改札機にタッチして入出場できる。 東海道・山陽新幹線ではチケットレスの「EXサービス」がすでにあるが、eチケットでは予約情報の管理や照合を改札機ではなく、センターサーバーで行う方式を採用。 これにより、1回の予約で最大6人までが登録したそれぞれのICカードで乗れるようになる。 深沢社長は「サービス拡充が容易なため、将来は在来線のチケットレス化も検討していく」と話した。 EXサービスは、08年に専用ICカードを用いたチケットレスサービスを始め、17年からは交通系ICカードも使えるようになった。 22年春には九州新幹線でも使えるようにする予定だ。 eチケットサービスで使えるICカードは次の通り。 (細沢礼輝).

次の

ICカード乗車券で新幹線に乗る方法|新幹線旅行研究所

新幹線 ic カード

広告 新幹線指定席に乗車可能 JR東日本、JR西日本、JR北海道の3社は、「新幹線eチケットサービス」を2020年3月14日に導入すると発表しました。 「Suica(スイカ)」などの交通系ICカードで、東北・北海道・上越・北陸・山形・秋田の各新幹線の全区間に乗れるようになります。 パソコンやスマートフォンなどで各新幹線の指定席・自由席を予約・購入し、新幹線改札で交通系ICカードをかざせば、チケットレスで列車に乗車できます。 JR東日本には「タッチでGo! 新幹線」という、交通系ICカードを使用したチケットレス乗車サービスがありますが、チャージ金額の範囲内で、首都圏の自由席しか利用できませんでした。 「新幹線eチケットサービス」は、東北・上越・北陸新幹線系統の全域で、指定席も含めて利用できるのが大きな違いです。 また、ICカードのチャージ金額に関係なく新幹線に乗車可能です。 画像:JR東日本プレスリリース 利用方法 「新幹線eチケットサービス」を利用するには、JR東日本・北海道の列車予約サイト「えきねっと」または、JR西日本の列車予約サイト「e5489」に会員登録し、各サイトで、利用する交通系ICカードを登録します。 利用する際には、「えきねっと」または「e5489」で新幹線の指定席または自由席を予約します。 その際、利用するICカードを指定します。 列車予約後、各サイト指定の方法で決済すると、登録した交通系ICカードが新幹線チケットになります。 乗車時は、指定した交通系ICカードを新幹線自動改札機にタッチします。 券売機や窓口での紙のきっぷの受け取りは不要です。 利用可能な交通系ICカードはKitaca、PASMO、Suica、manaca、TOICA、PiTaPa、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCAの10種類。 相互利用が行われている全国の交通系ICカードが全て入っています。 広告 新幹線eチケット 「新幹線eチケットサービス」で購入できる新幹線のきっぷは、普通の乗車券・特急券とは異なります。 基本商品が「新幹線eチケット」で、乗車券と新幹線特急券が一体となったチケットです。 価格は、同区間の所定運賃・料金より200円安くなっています。 そのため、新幹線乗車駅まで(あるいは降車駅から)在来線を連続して利用する場合、別途在来線の料金が必要になります。 たとえば、品川駅~東京駅~仙台駅~長町駅と乗り継ぐ場合、紙のきっぷなら「東京都区内~仙台市内」の乗車券と「東京駅~仙台駅」の新幹線特急券が必要となりますが、「新幹線eチケット」の場合は、「品川駅~東京駅の在来線」「東京駅~仙台駅の新幹線」「仙台駅~長町駅の在来線」のきっぷがそれぞれ必要になります。 このため、新幹線部分が通常価格より200円安くても、全区間では紙のきっぷより高くなります。 また、普通車自由席については、200円の割引はありません。 所定の運賃及び自由席特急料金の合計額と同額です。 広告 「トクだ値」は「新幹線eチケット」専用商品に 「新幹線eチケットサービス」では、えきねっとの格安チケットである「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」を利用できます。 「えきねっとトクだ値」と「お先にトクだ値」は、これまではえきねっと会員であれば誰でも利用できましたが、2020年3月14日以降、「新幹線eチケットサービス」を利用の場合のみ申し込み可能な商品となります。 これまで「トクだ値」は特定都区市内制度が適用されてきましたが、「新幹線eチケットサービス専用商品」となることで、適用外になるとみられます。 これは大きな変更点となります。 紙のきっぷも受け取れる 「新幹線eチケットサービス」は、交通系ICカードが未登録の場合、指定席券売機で紙のきっぷを受け取って乗車することができます。 また、eチケットサービスでは1度に6人分まで予約ができます。 この場合も、乗車前に駅の指定席券売機などで紙のきっぷを受け取って乗車します。 関連記事 「モバイルSuica特急券」は終了 JR東日本の「モバイル Suica 特急券」は、2020年3月13日をもってサービスを終了します。 「モバイルSuica特急券」の目玉商品である「スーパーモバトク」に代わるような、前日購入可能な破格のチケットは「新幹線eチケットサービス」では設定されていません。 その点は残念です。 交通系ICカードを使った新幹線チケットレスサービスとしては、東海道・山陽新幹線の「スマートEX」があります。 今回の「新幹線eチケットサービス」のサービス内容は、「スマートEX」に準じているように見受けられます。 「新幹線eチケットサービス」の登場により、九州新幹線を除く全国の新幹線で、交通系ICカードによるチケットレス乗車が可能になります。 九州新幹線も「スマートEX」を2022年春に導入する予定で、実現すれば、日本全新幹線がチケットレスサービスに対応することになります。 (鎌倉淳).

次の

ご利用方法

新幹線 ic カード

一部の駅では対象外となります。 注意事項• ・在来線乗車分の運賃は、交通系ICカードの入金 チャージ 残額から引き去ります。 ・在来線区間は、交通系ICカードの残額から、ご乗車になった区間の運賃(交通系ICカードに定期券が付加されている場合は乗り越し額)を改札機で自動的に精算します。 ・東京駅の東北・上越・長野・山形・秋田の各新幹線との乗継改札口はご利用になれません。 お乗り継ぎの際は、いったん、東海道(東北・上越など)新幹線の改札口を出場してください。 新幹線と在来線を乗り継ぐ場合 在来線に紙のきっぷで乗車• 在来線の乗車用としてFREX定期券をご利用の場合は、連絡口などであらかじめEXご利用票をお受け取りのうえご利用ください。 在来線区間の乗車券を新幹線乗換改札機に先に投入し、次にEX-ICカードをタッチして、出場します。 その他の駅では、いったん新幹線改札口から出て、改めて在来線の乗車券を別途駅の券売機などでお買い求めのうえ、在来線にご乗車ください。 注意事項.

次の