スーパー バリュー プラス。 ANAプレエコ「特別運賃」の「Super Value Plus」(通年設定)と、SFC修行のPP単価│やじり鳥

【2020年版】ANAスーパーバリューとは?ルールやデメリットを徹底解説!

スーパー バリュー プラス

本日ずっと放置していた、セゾンの保険Super Value Plus 保険プラスAプラン解約したので、手順を書いておきます。 要るのか要らないのか微妙な上、年額300円という少額保険のため、放置している方も多かもしれません。 毎年、謎の300円引き落とし 毎年、3月くらいになると、セゾンカードから明細書が送られて来るのですが、いつ入ったのか思い出せないまま、8年くらい放置していました。 保険と書いてあるし、小額だし、何かあった時に役にたつかな~くらいにしか思ってなかったのですが・・・。 前の住所に明細書が送られ続けていたようで、住所変更がてら、本当に必要な保険なのか?を検討してみる事にしました。 きっかけはずっと前に作ったセゾンのロフトカード そもそも何で、 Super Value Plus 保険プラスAプランという保険に入っていたのか?というと、ロフトで買い物をした時にお得になるというロフトカードのキャンペーンをやっていたんです。 それがセゾンカード系列で、その時に一緒に入ることを了承してしまったようです。 自分も含め、大概、Super Value Plus 保険プラスAプランに入った覚えがない・・・という方は、カード契約時に何だかんだ言われて入っているパターンが多いようです。 年額300円取られても、それ以上に価値がある保険だったら、放置でも全く問題ないわけです。 Super Value Plus 保険プラスAプランとは? 今回はお買い物安心プランAなので、 年額は300円 保障限度額は一年で100万円 ですが、その際の自己負担額は5000円になります。 条件は、セゾンカードで購入した商品ですね。 壊しちゃったりとか、盗難に遭った時に保障してくれるようです。 で、ここでiPhoneとか、パソコンとか買った時にあったら良いのかなぁ・・・とふと考えました。 国内はもちろん、海外も対象なのも良いのですが・・・。 購入日から90日以内なんですよね。 保障期間が。 これってどうなのかなぁ。 買ってすぐ壊しちゃうドジっ子なら入れておく価値ありますが、自分の経験だと3ヶ月以内に壊したりってまずないです。 上位のお買い物安心プラン充実コースになると、 180日に上がるようですが、月300円になります。 自己負担も1000円まで下がりますし。 メーカー保証は大概一年ありますが、落としたりとかは保証が効かないので、3ヶ月以内に壊しちゃうかもしれない不安な方は、年300円のバリューバランスを考えて入っておいても良いんじゃないかな?と思います。 ただ、上記に書いた通り、条件が セゾンカードで購入 なので、カードを複数持っている人は意識的に 保障を受けたい商品を買う時には忘れずにセゾンカードを使う必要があります。 私はセゾンカードの使用頻度が少ないので、解約する事にしました。 Super Value Plus 保険プラスAプランの解約方法 電話しちゃうのが一番です。 で、この電話番号が、引き落とししますよー!と毎年来るハガキに書いてないのが難点です。 1 自分の場合はハガキに書いてある電話番号に電話 2 保険デスクの電話番号を教えてもらい 3 保険デスクへ電話 4 解約 という手順でしたが、 これを見ている方は、1、2をすっ飛ばして 0120ー892ー099 (セゾン保険デスク専用電話番号) に電話、解約でオッケーだと思います。 私はここにかけて解約できましたが、 窓口って時々変わるので、一応セゾンの保険窓口ですか?? と聞いて見て下さいね。 ついでに・・・セゾンの保険勧誘が鬱陶しい!時の対処法 今回、住所変更をしたのですが・・・うっかり自宅の電話番号が変わった事まで伝えちゃったんですよ・・・! しまった!と気がついた時にはすでに遅し。 いやあ、セゾンカードに入ってから自宅電話への保険勧誘が多い事!!!! 携帯全盛期の今、自宅に電話かけて来る人なんて 怪しげなリサイクルショップ セゾンカードの保険勧誘 光電話を含むインターネット回線 の電話勧誘くらいしかありません。 ほんと、 時間の無駄です。 そこですかさず、電話口のお姉さんに、 セゾンからの保険の勧誘に うんざりしてたんだけど、 電話の勧誘、DM一切来ないようにしてもらえますか? と聞いて見たところ、快く変更してもらえました。 というわけで、今回住所変更をした電話番号で 勧誘電話、DMストップ!もできたので、セゾンデスクの 電話番号を書いておきます。 ちなみにこちらの番号でも、住所変更などできます。 話し放題など契約している人は、03発信の番号の方が良いでしょう。 これで空気を吸うように保険の勧誘をして来る、セゾンカードともおさらばじゃー!.

次の

保険プランのご案内 重要事項等説明書|クレジットカードは永久不滅ポイントのセゾンカード

スーパー バリュー プラス

ANA「特別運賃」 通期設定 2017年から、自分がよくチェックしていた東南アジアの 「期間限定運賃」で、プレエコの「Super Value Plus」をあまり見かけなくなった。 「Super Value Plus」とはビジネス・クラスにアップグレード可能で、かつ一番安い割引運賃。 マイルやアップグレード・ポイントでビジネスにアップ可能。 そして東南アジアはPP倍率が1. 5倍なので、東南アジア行きのプレエコは海外旅行ついでにPPを稼ぎやすい。 そしてビジネスにアップしなかったとしても、疲れない距離でもある) 「期間限定運賃」が少なくなった代わりに、例えば通年でクアラルンプールのプレエコ「Super Value Plus」が安くなった。 そうした運賃をANAのHPをみてみると、 「特別運賃」として通年設定されているようなので、そこら辺をチェックしてみようかな、と。 2018年のプレエコ特別運賃「Super Value Plus」 個人的な興味の範疇から、チェックしたのはプレエコ@東南アジアのみ。 ほかのエリア・運賃もざっと見たけど、大してアレだっだので 以下は、各都市への 運賃 上記に記載の料金 と、諸税の合計=チケット代。 そしてSFC修行に使う場合の、単純往復した場合の PP単価。 路線 運賃 諸税 チケット代 獲得PP PP単価 シンガポール 99,000円 14,560円 113,560円 10,736PP 10. 6円 バンコク 112,000円 14,560円 126,560円 9,407PP 13. 5円 ジャカルタ 126,000円 15,940円 141,940円 11,636PP 12. 2円 ムンバイ 174,000円 17,170円 191,170円 13,403PP 14. 3円 クアラルンプール 108,000円 13,930円 121,930円 10,814PP 11. 3円 シドニー 125,000円 33,880円 158,880円 10,526PP 15. 1円 注意点として、上記のうち シンガポールとバンコクについては、シーズン設定がある。 上記はローシーズン L の価格。 具体的なシーズン設定は以下。 逆にいうと、 クアラルンプールはシーズン設定がないので、安定してそこそこ安い。 運賃による設定席数もあると思うので、もしチケットが残っていれば、だけど。 なお 運賃規則は、全部はチェックしていない。 なぜなら、面倒だから・・・。 クアラルンプールだけ、運賃規則をチェックした。 シンガポールも軽くみたが、同じような感じではあった。 留意事項としては・・・• 28日以上前の予約が必要• 火曜~土曜の出発であること• 最低滞在条件は、日曜を挟むこと• OKAなどの国内区間はつけられない ミニマムステイ条件は 「日曜を挟むこと」なので、土曜出発なら復路=日曜も可能。 ちなみに、PP単価11. 3円は 「特別安い」ワケではない。 比較的に短期で日本発着のプレエコ国際線で量を稼いだり、海外旅行のついでに貯められる、という話。 プレエコ「特別運賃」の履歴 2017年から安くなったかな?と思ったんだが、そこら辺を「特別運賃」の最安値一覧でみると、以下のような感じ。 2017年から「Super Value Plus」が入っている。 その代わり、シンガポールとバンコクにはシーズン設定も一緒に導入されている。 ちなみに「運賃表」に運賃が設定されているだけで、実際にはプレエコが売られていない場合もある。 上記は一通り予約可能だったが、ホーチミン・ヤンゴン・プノンペンは予約検索してもでてこないので、含めなかった。

次の

保険プランのご案内 重要事項等説明書|クレジットカードは永久不滅ポイントのセゾンカード

スーパー バリュー プラス

ANAのチケットを安く手に入れたいなら「スーパーバリュー SUPER VALUE 」がオススメ。 スーパーバリューチケットなら東京から札幌へ6千円台、那覇へ8千円台で行けます。 とにかく航空券を安く購入出来るのが大きなメリットですが、もちろん注意しておきたいデメリットもあります。 この記事ではメリットとともに気を付けておくべきデメリットを紹介しています。 また、繁忙期のスーパーバリューはすぐに売れ切れてしまうため発売開始後出来るだけ早く買いたい。 そんなときに気になる発売日や先行予約、そして出来るだけ安いチケットを購入するコツを紹介しているので、是非参考にしてみてください。 「スーパーバリュー SUPER VALUE 」とは ANAの早割運賃「スーパーバリュー(旧旅割)」は、格安価格でANAのチケットが購入出来る大変お得な割引サービス。 スーパーバリューは、スーパーバリュー75、スーパーバリュー55、スーパーバリュー45、スーパーバリュー28、スーパーバリュー21の5つのプランがあり、それぞれ搭乗日75日前、55日前、45日前、28日前、21日前まで予約出来るチケットです。 繁忙期にはすぐに売れ切れてしまうチケット。 ANAのバリューチケットは、搭乗日3日前、1日前の直前まで予約出来る「バリュー(旧特割)」、スーパーバリューよりも早く(搭乗日355日前)予約出来る「スーパーバリューアーリー」とありますが、その中で最も割引率が高いのがスーパーバリューです。 他にも割引率が高いチケットは不定期に期間限定販売される「スーパーバリューセール(旧旅割X)」がありますが、定期的に買えるチケットで一番安いのがスーパーバリューです。 ANAの割引チケットと言えば、搭乗日直前まで安い「バリュー VALUE 」、1年前から予約出来る「スーパーバリューアーリー SUPER VALUE EARLY 」がありますが、その中でもスーパーバリューの割引率の高さは群を抜いています。 スーパーバリューは75日前までに予約出来る「スーパーバリュー75」が最も安く、21日前まで予約出来る「スーパーバリュー21」が最も高くなる仕組みです。 大手航空会社「ANA」の上質なサービスを、LCCに匹敵する低価格で受けることが出来るのがスーパーバリューの魅力です。 普通運賃のフレックスや小児運賃、ビジネスきっぷはチケット購入後も出発日当日まで何度でも予約変更可能です。 出発時刻を早めたり、遅くしたりと変更できます。 一方、スーパーバリューはバリュー、スーパーバリューセール、スーパーバリューアーリーといった割引運賃同様に購入後の予約変更は一切不可となっています。 予約の段階では変更出来ますが、チケット代をクレジットカードやコンビニ払い、ATM払い等で支払った後は予約変更出来ません。 もし、便を変更したい場合はチケットをキャンセルしてキャンセル料を支払った上で改めて新しいチケットを予約する形になります。 出発後のキャンセルの場合はほぼ全額がキャンセル料となります。 搭乗日までに便の変更やキャンセルが考えられる場合は、スーパーバリューの予約は控えた方がいいかもしれません。 フライトで貯められるマイルは「区間基本マイレージxマイル積算率」で決まります。 区間基本マイレージは搭乗区間によって決まっているので、マイル積算率が高いほどマイルが貯まりやすいです。 例えば東京・札幌便に搭乗する場合、区間基本マイレージは510。 1回のフライトで獲得できるプレミアムポイントは「区間基本マイレージxマイル積算率+搭乗ポイント」で決まります。 フレックスやビジネスきっぷ、バリューの場合はボーナスポイントとして1回の搭乗で400Pが貰えますが、スーパーバリューは搭乗ポイントはゼロ。 ANAの上級会員を目指して飛行機に乗っている人にとっては、搭乗ポイントが貰えないのは大きなデメリットです。 スーパーバリューのメリットは1年以上前(搭乗日355日前)から予約出来ること。 また、チケットを払い戻しする際払戻手数料はかからず、取消手数料も搭乗日55日前まではかからない。 そのため、より割引率が高いスーパーバリューが発売開始される前に、取りあえずスーパーバリューアーリーで希望便の座席を確保する人も多い。 一方、バリューのメリットは直前まで予約・購入出来ること。 「スーパーバリュー」は搭乗日28日前までしか予約出来ないが、バリューなら搭乗日1日前でも予約出来る。 そのため、スーパーバリューを予約出来なかったときや急な予定が入って直前に飛行機に乗ることになった場合等にバリューが存在感を発揮する。 スーパーバリューは「夏ダイヤ(4月~10月搭乗分)」は1月下旬頃、「冬ダイヤ(11月~3月搭乗分)」は8月下旬頃と運航ダイヤごとに年2回一斉発売されます。 ゴールデンウィークやお盆休み、年末年始といったまとまった休みの時期のスーパーバリューチケットは発売開始後すぐに売れ切れてしまう可能性が高いので、発売日をしっかり確認しておくことが大切です。 発売日直前になるとANAのホームページで予約開始日のお知らせが公開されるので、随時ホームページをチェックしておきましょう。 また、スーパーバリューの販売座席数は数に限りがあるので、予約期限日前でのなくなってしまっていることが多いです。 特に割引率の高い「スーパーバリュー75」や「スーパーバリュー55」は人気路線だとすぐに売り切れてしまうので、予約期限日より早い段階で予約しておくのがオススメです。 チケットの支払期限日は基本的に「予約日含め2日以内」。 2月1日に予約した場合は2月2日が支払期限日となります。 また、スーパーバリュー55を予約期限日当日に予約した場合は予約日当日が支払期限日となります。 もし、支払期限日までにお金を支払うことが出来ないと予約したチケットは無効となり、再度チケットを取り直す必要があります。 同じスーパーバリューでもNが最も空席数が多く安く、Aが最も空席数が少なく高くなります。 例え、一番割引率の高いプラン「スーパーバリュー75」でも、その時の空席数に応じて運賃は大きく変わります。 発売開始直後は当然空席が多いので「スーパーバリュー75」は最安値価格に近い状態、一方予約期限日の75日前に近づくと空席が少なくなっているので同じ「スーパーバリュー75」でも価格は上がっている状態。 そのため、少しでも安いチケットを買うなら、発売開始直後に買うのがオススメです。 先行予約有り!ANAマイレージクラブ会員なら早くチケットを買える ランク 予約可能日 ダイヤモンドサービスメンバー 前々日9:00~ プラチナ・ブロンズサービスメンバー、ANAスーパーフライヤーズ会員 前々日11:00~ ANAカード会員・ANAマイレージクラブモバイルプラス会員 前々日14:00~ ANAマイレージクラブ会員 前日11:00~ 一般 当日9:30~ ANAの「スーパーバリュー75」を予約するために、先行予約を利用したい。 スーパーバリューの発売日は「1月下旬」と「8月下旬」。 一般向けに運航ダイヤごとのスーパーバリューチケットが一斉販売されますが、それよりも前に予約出来る「先行予約」というシステムがあります。 先行予約は「ANAマイレージクラブ会員」のみに与えられる特権で、ランクによって一般予約開始日の1日、2日前から予約可能です。 プレミアムメンバー(上級会員)のトップであるダイヤモンドサービスメンバーは、前々日の朝9時から、その他のプレミアムメンバー(プラチナ・ブロンズサービスメンバー、ANAスーパーフライヤー会員)は前々日の昼11時から、ANAカード会員・ANAマイレージクラブモバイルプラス会員は前々日夕方14時から、ANAマイレージクラブ会員は前日昼11時から先行予約可能です。 プレミアムメンバーになるためには、1年間で3万ポイント以上のプレミアムポイントを貯める必要があるため敷居が高いですが、ANAカード会員やANAマイレージクラブ会員ならすぐに申し込むことが出来ます。 出発空港にて空席がある場合、東京・札幌間は15,000円、東京・大阪間は11,000円を支払うことでプレミアムクラスを体験することが出来ます。 普通にプレミアムチケットを購入するよりも、かなり安くプレミアムクラスに搭乗出来るので、一度試してみると良いでしょう。 スーパーバリューは出発55日前までであれば取消手数料は無料で、払戻手数料の430円のみで済みます。 一方、搭乗日54日前からは取消手数料が発生するので注意しておきましょう。 取消手数料は「45日前・28日前・14日前・出発前・出発後」のタイミングで大きく変化します。 当然、早いタイミングでキャンセルすれば取消手数料は安く済み、払い戻しで戻ってくる金額は多くなります。 一方、キャンセルが遅くなればなるほど取消手数料は高くなり、戻ってくる金額は少なくなります。 一つの目安として、「14日前」までにはキャンセルしておきたい。 14日前であれば支払った金額の半分程度は戻ってきます。 また、最低でも「出発前」にキャンセルすることが大切です。 予約便が飛び立った後では支払った金額の全額がキャンセル料となりお金は戻ってきません。 スーパーバリューのキャンセルを検討している人は、キャンセル料が跳ね上がるタイミングに注意しながら、出来るだけ早めにキャンセルするのがオススメです。 最後に ANAのスーパーバリューは割引率が高く非常にお得なチケット。 出張利用の場合は急遽予定変更に対応できないなど困ることも多いですが、家族旅行では移動費用を安く抑えることが出来るので、是非活用したい。 スーパーバリューは空席状況に応じて運賃が変化し、また予約時期によって割引率が大きく変わってくるので、「発売開始直後」に割引率が一番大きい「スーパーバリュー75」を予約するのがオススメです。 繁忙期でもお得なスーパーバリューチケットを予約出来るよう、予約日(発売日)を逃さないようにしましょう。

次の