秘密結社ヤルミナティー ハック。 ハック(秘密結社ヤルミナティー) (はっく)とは【ピクシブ百科事典】

YouTubeアニメの戦い方とは?チャンネル登録61万『テイコウペンギン』仕掛人が明かすヒットの裏側

秘密結社ヤルミナティー ハック

概要 [編集 ] で制作されており、やを中心としたジャンルのストーリーが投稿されている。 連続したストーリーが投稿されることはなく、1話完結であるが、一部の話では過去の話の出来事に言及するといった場面もある。 基本的に動画投稿は2日に一回行われている。 は非公開となっている。 キャラクターがひどい仕打ちを受けるまたは死ぬ時には「Oh,ジーラフ! 」(「Oh Jesus! 」とキリンの訳、「Giraffa camelopardalis」とかけている)と言う。 2020年8月8日より、ハックの過去について触れる「過去編」を配信予定。 登場人物 [編集 ] キリン。 とあるのサークルの部長である。 自称、秘密結社ヤルミナティーのでありを企んでいる。 好奇心旺盛で行動力はあるが、いい加減で考えが甘く、うっかりミスや非常識・不謹慎な行動が災いして墓穴を掘ることが多い。 自分の身の安全を優先してハックとタブーのことを見捨てることがしばしばあるが、本心では仲間として大事にする等、仲間思いな優しさも持ち合わせている。 身体能力は高く、実際のキリンと同じく時速約60kmで走れたり、暴走する車の窓から脱出している他、腕っぷしも強い方で、ホームレス狩りに来た不良2人をフェニックスと共に応戦して勝利している。 好きな食べ物はで、の癖に何故かが嫌い(そのことはハックにも突っ込まれている)。 になったときは、科学実験室でをタブーと一緒に直飲みした。 非常にスケベな性格で、美女には目が無い。 趣味はとの収集。 見栄っ張りで、スケベではあるが、そのことについてはコンプレックスになる程気にしており、ハックがを見破る鍵になったこともある。 他作品での登場 『』 「ひとりかくれんぼをするとどうなるのか? 」に登場。 某企画のインターンとして働いている。 ペンギン達に「おまえの動きが怪奇現象だぞ」、パンダからは「気持ち悪い」などと酷評された。 『』 「絶対に近づいてはいけない身近に潜む4選」に登場。 実写のキリンのチャンネルを乗っ取る形で登場。 長らく、キリンと同一人物と思われていたが、劇中にて「俺らのチャンネルのじゃないか」と言ったことから実写チャンネルのキリンとは別人という設定であることが判明した。 ハック キリンのでヤルミナティの情報屋。 を模したを着ており、カエルマークの付いたを持っている。 ヤルミナティーのメンバーで唯一人間の姿をしており、同時にメンバー唯一の常識人。 後輩らしく語尾に「~っす」と付けて話し、キリンとタブーの自分勝手な言動にツッコミを入れることが多い。 時折、タブー以上にな面を除かせることがあり、キリン達をにしようとしたり、キリンとタブーの悪ふざけにマジギレして博士にを依頼したこともある。 それでもキリンとタブーを先輩として尊敬しており、文句を言いながらも彼らの無茶に何だかんだで付き合っている。 コンピュータースキルは優秀で、で檻のロックを解除したり、のシステムを乗っ取ったり、に侵入する程の技術を持っていたり、youtubeの動画をジャックした。 キリンから情報をよく求められ、仕方なく検索し、最終的には事件に巻き込まれてしまうというパターンが多い(それでもキリンやタブーと比べると比較的不幸な目に遭うことが少ない)。 彼の何気なく発した言葉がキリン達に興味を持たせることもある。 月刊モーというを愛読している。 であり、絵も下手である。 他作品での登場 『テイコウペンギン』 「ひとりかくれんぼをするとどうなるのか? 」に登場。 キリンがハックの自己紹介をするときに「俺の奴隷です~」と言われた。 こちらでもキリンとタブーに振り回される他、パンダのマイペースさに振り回される等、本編以上に苦労人気質。 『キリン』 「絶対に近づいてはいけない身近に潜むSCP4選」に登場。 タブー 「サイコな」の肩書きを持つ。 ホッケーマスクに返り血の付いたという『』ののような風貌と「ギャパパ」という特徴的な笑い方が特徴。 ホッケーマスクの下の顔は不明で、タブー自身も仮面を外すことを激しく嫌がる。 一度、無理矢理外されたことがあるが、その時は顔を手で覆い隠していたので結局分かっていない。 激怒したり、興奮すると「ぶっパラすぞ! 」というセリフとともにを振り回して暴れようとする危険人物。 「多くの生き物をバラしてきた」と自称するが、劇中で実際にそういった描写を行うことは無い為、事実なのか嘘を付いているのかは不明(とを相手にしたことがあるが、いずれも人外)。 強気で好戦的な態度を振舞っているが、本心はキリンと同様に小心者であり、などのバラせないものには弱気になる。 純粋な一面もあり、サンタクロースがいると思っている。 戦闘能力自体はヤルミナティーの中でも最強であり、キリンとハックが敵わなかったクラーケンを相手にチェーンソーと爆弾を駆使して撃退させた。 劇中ではメンバーの中で1番先に被害に遭うことが多い(たまにハックより後に遭うこともある)。 や、ロケットランチャーも所持しており、ハックに向かってナイフを投げたり爆弾を食べようとしたこともある。 キリンと同じく、草食動物でありながら肉類を好むが、キリンと違いそこまで野菜が嫌いではない。 また、プリンが好きで月の形もプリンと思っている。 アルコール依存症の時は、一升瓶を30瓶も飲んでいた。 ハックと違い絵が上手い。 他作品での登場 『テイコウペンギン』 「ひとりかくれんぼをするとどうなるのか? 」に登場。 他の2人と違い遅れて登場し、シャチのパンダのぬいぐるみをバラした。 その後、パンダに「この脳筋豚野郎にいる方がよっぽど危ないと思うんたけど... 」と言われ、対立していたが、仲直りをし、ゲームを終わらせるのに必要な塩水をパンダと一緒に飲んでしまった。 『キリン』 「絶対に近づいてはいけない身近に潜むSCP4選」に登場。 「キリンの仮面を剥ぎって動画でさらしてやる」と言った。 女子大生 オカルトサークルの隣の部屋のサークル(キリン曰く「リア充サークル」)に所属している女子大生。 デフォルメキャラで描かれているヤルミナティーの世界観では珍しく、普通の等身の人間の姿をしている。 よく騒ぎキリンたちに迷惑をかける。 キリンがリア充サークルを迷惑がっていると同様に、彼女もまたオカルトサークルのことを毛嫌いしており、キリンたちと顔を合わせると「キモい」「陰キャ」「死ね」などと罵声を浴びせることが多い。 女子大生はキリンのことを嫌っているが、キリンは密かに好意を抱いており、彼女に暴言を吐かれてもハックとタブーが気分を悪くする一方で「怒った顔も可愛い」とまんざらでもない様子。 また彼女自身もキリンから「可愛い」と言われると素直に喜ぶ等、本気で嫌っているわけでも無い。 キリンをグーパンチで撃退したり、キリンとヤマノケを相手に軽くあしらったり、強い力を持った月のウサギ(月の地面を殴るだけで三人をふっとばす程)のパンチを受け止めるなど、非常に腕っぷしが強い面も見せている。 博士 ヤルミナティの知り合いの。 いわゆる。 も兼ねており、キリン達を処置したこともある。 「だ~ね」「ある~よ」という特徴的な語尾で話す。 キリンやハックに頼まれ薬やメカを発明したり、自らの実験の被験者としてヤルミナティに協力させている。 一例としては「」や「」を行なったが、前者は看守役のハックが暴走して危険と判断して中止、後者は過激すぎてキリンとタブーの人格を真逆にさせてしまうなど命の危険を伴うものであった。 フェニックス の団長。 見世物が集まらなくて困っていたところを偶然見つけたキリンとタブーを捕まえ、見世物にしようとするもハックがキリン達を助けたことで失敗。 その時、ハックが誤って他の猛獣の檻のロックまで解除してしまったことにより廃業してしまい、になった。 その後、に全財産を費やすも外してしまい、ヤケになってホームレスになったキリンと再開。 再開した当初は以前のことやホームレス生活での些細なことで対立していたが、ホームレス狩りに来た不良たちをキリンと共に撃退したことで和解。 しかし、キリンが外したと思っていた宝くじが1等だったことで再び対立してしまう。 その後、キリンと再開した時は綺麗な身なりをしてスマホを所持していたこともあり、ホームレスから抜け出せた様子。 また、オンラインゲームおすすめサイトを広告で出している。 ハックの母 ハックの母親。 劇中では電話での声のみの登場で、姿は不明。 大学に通うため独り暮らしをしている息子のためにお米などの仕送りを行い、時々電話している。 宇宙人 常に二人で登場している。 最初に登場した際はキリンを研究していたが、キリンからエロ本を取り上げたことでUFOをいじられて墜落し、タブーにロケランで吹き飛ばされた。 その際「このホシにまともなセイメイタイはいないのか」と嘆いている。 二度目は偽装家族として登場し、ハックとタブーに化けていた(本物とは対照的な性格である)。 キリンを再度捕まえ、研究した結果とんでもない秘密を隠し持っていることを突き止めている。 しかし再びタブーにロケランで妨害され、キリンには縛られた縄を自力でほどかれて逃げられ、宇宙船はハックにハッキングされ、さらにもう一度ロケランで止めを刺され吹き飛ばされるという散々な結果に終わる。 脚注 [編集 ] [].

次の

【SCP】「シャイガイ」それを見た人は全員◯される...【アニメ】【怖い話】【都市伝説】

秘密結社ヤルミナティー ハック

概要 [ ] で制作されており、やを中心としたジャンルのストーリーが投稿されている。 連続したストーリーが投稿されることはなく、1話完結であるが、一部の話では過去の話の出来事に言及するといった場面もある。 基本的に動画投稿は2日に一回行われている。 は非公開となっている。 キャラクターがひどい仕打ちを受けるまたは死ぬ時には「Oh,ジーラフ! 」(「Oh Jesus! 」とキリンの訳、「Giraffa camelopardalis」とかけている)と言う。 2020年8月8日より、ハックの過去について触れる「過去編」を配信予定。 登場人物 [ ] キリン。 とあるのサークルの部長である。 自称、秘密結社ヤルミナティーのでありを企んでいる。 好奇心旺盛で行動力はあるが、いい加減で考えが甘く、うっかりミスや非常識・不謹慎な行動が災いして墓穴を掘ることが多い。 自分の身の安全を優先してハックとタブーのことを見捨てることがしばしばあるが、本心では仲間として大事にする等、仲間思いな優しさも持ち合わせている。 身体能力は高く、実際のキリンと同じく時速約60kmで走れたり、暴走する車の窓から脱出している他、腕っぷしも強い方で、ホームレス狩りに来た不良2人をフェニックスと共に応戦して勝利している。 好きな食べ物はで、の癖に何故かが嫌い(そのことはハックにも突っ込まれている)。 になったときは、科学実験室でをタブーと一緒に直飲みした。 非常にスケベな性格で、美女には目が無い。 趣味はとの収集。 見栄っ張りで、スケベではあるが、そのことについてはコンプレックスになる程気にしており、ハックがを見破る鍵になったこともある。 他作品での登場 『』 「ひとりかくれんぼをするとどうなるのか? 」に登場。 某企画のインターンとして働いている。 ペンギン達に「おまえの動きが怪奇現象だぞ」、パンダからは「気持ち悪い」などと酷評された。 『』 「絶対に近づいてはいけない身近に潜む4選」に登場。 実写のキリンのチャンネルを乗っ取る形で登場。 長らく、キリンと同一人物と思われていたが、劇中にて「俺らのチャンネルのじゃないか」と言ったことから実写チャンネルのキリンとは別人という設定であることが判明した。 ハック キリンのでヤルミナティの情報屋。 を模したを着ており、カエルマークの付いたを持っている。 ヤルミナティーのメンバーで唯一人間の姿をしており、同時にメンバー唯一の常識人。 後輩らしく語尾に「~っす」と付けて話し、キリンとタブーの自分勝手な言動にツッコミを入れることが多い。 時折、タブー以上にな面を除かせることがあり、キリン達をにしようとしたり、キリンとタブーの悪ふざけにマジギレして博士にを依頼したこともある。 それでもキリンとタブーを先輩として尊敬しており、文句を言いながらも彼らの無茶に何だかんだで付き合っている。 コンピュータースキルは優秀で、で檻のロックを解除したり、のシステムを乗っ取ったり、に侵入する程の技術を持っていたり、youtubeの動画をジャックした。 キリンから情報をよく求められ、仕方なく検索し、最終的には事件に巻き込まれてしまうというパターンが多い(それでもキリンやタブーと比べると比較的不幸な目に遭うことが少ない)。 彼の何気なく発した言葉がキリン達に興味を持たせることもある。 月刊モーというを愛読している。 であり、絵も下手である。 他作品での登場 『テイコウペンギン』 「ひとりかくれんぼをするとどうなるのか? 」に登場。 キリンがハックの自己紹介をするときに「俺の奴隷です~」と言われた。 こちらでもキリンとタブーに振り回される他、パンダのマイペースさに振り回される等、本編以上に苦労人気質。 『キリン』 「絶対に近づいてはいけない身近に潜むSCP4選」に登場。 タブー 「サイコな」の肩書きを持つ。 に返り血の付いたという『』ののような風貌と「ギャパパ」という特徴的な笑い方が特徴。 ホッケーマスクの下の顔は不明で、タブー自身も仮面を外すことを激しく嫌がる。 一度、無理矢理外されたことがあるが、その時は顔を手で覆い隠していたので結局分かっていない。 激怒したり、興奮すると「ぶっパラすぞ! 」というセリフとともにを振り回して暴れようとする危険人物。 「多くの生き物をバラしてきた」と自称するが、劇中で実際にそういった描写を行うことは無い為、事実なのか嘘を付いているのかは不明(とを相手にしたことがあるが、いずれも人外)。 強気で好戦的な態度を振舞っているが、本心はキリンと同様に小心者であり、などのバラせないものには弱気になる。 純粋な一面もあり、サンタクロースがいると思っている。 戦闘能力自体はヤルミナティーの中でも最強であり、キリンとハックが敵わなかったクラーケンを相手にチェーンソーと爆弾を駆使して撃退させた。 劇中ではメンバーの中で1番先に被害に遭うことが多い(たまにハックより後に遭うこともある)。 や、ロケットランチャーも所持しており、ハックに向かってナイフを投げたり爆弾を食べようとしたこともある。 キリンと同じく、草食動物でありながら肉類を好むが、キリンと違いそこまで野菜が嫌いではない。 また、プリンが好きで月の形もプリンと思っている。 アルコール依存症の時は、一升瓶を30瓶も飲んでいた。 ハックと違い絵が上手い。 他作品での登場 『テイコウペンギン』 「ひとりかくれんぼをするとどうなるのか? 」に登場。 他の2人と違い遅れて登場し、シャチのパンダのぬいぐるみをバラした。 その後、パンダに「この脳筋豚野郎にいる方がよっぽど危ないと思うんたけど... 」と言われ、対立していたが、仲直りをし、ゲームを終わらせるのに必要な塩水をパンダと一緒に飲んでしまった。 『キリン』 「絶対に近づいてはいけない身近に潜むSCP4選」に登場。 「キリンの仮面を剥ぎって動画でさらしてやる」と言った。 女子大生 オカルトサークルの隣の部屋のサークル(キリン曰く「リア充サークル」)に所属している女子大生。 デフォルメキャラで描かれているヤルミナティーの世界観では珍しく、普通の等身の人間の姿をしている。 よく騒ぎキリンたちに迷惑をかける。 キリンがリア充サークルを迷惑がっていると同様に、彼女もまたオカルトサークルのことを毛嫌いしており、キリンたちと顔を合わせると「キモい」「陰キャ」「死ね」などと罵声を浴びせることが多い。 女子大生はキリンのことを嫌っているが、キリンは密かに好意を抱いており、彼女に暴言を吐かれてもハックとタブーが気分を悪くする一方で「怒った顔も可愛い」とまんざらでもない様子。 また彼女自身もキリンから「可愛い」と言われると素直に喜ぶ等、本気で嫌っているわけでも無い。 キリンをグーパンチで撃退したり、キリンとヤマノケを相手に軽くあしらったり、強い力を持った月のウサギ(月の地面を殴るだけで三人をふっとばす程)のパンチを受け止めるなど、非常に腕っぷしが強い面も見せている。 博士 ヤルミナティの知り合いの。 いわゆる。 も兼ねており、キリン達を処置したこともある。 「だ~ね」「ある~よ」という特徴的な語尾で話す。 キリンやハックに頼まれ薬やメカを発明したり、自らの実験の被験者としてヤルミナティに協力させている。 一例としては「」や「」を行なったが、前者は看守役のハックが暴走して危険と判断して中止、後者は過激すぎてキリンとタブーの人格を真逆にさせてしまうなど命の危険を伴うものであった。 フェニックス の団長。 見世物が集まらなくて困っていたところを偶然見つけたキリンとタブーを捕まえ、見世物にしようとするもハックがキリン達を助けたことで失敗。 その時、ハックが誤って他の猛獣の檻のロックまで解除してしまったことにより廃業してしまい、になった。 その後、に全財産を費やすも外してしまい、ヤケになってホームレスになったキリンと再開。 再開した当初は以前のことやホームレス生活での些細なことで対立していたが、ホームレス狩りに来た不良たちをキリンと共に撃退したことで和解。 しかし、キリンが外したと思っていた宝くじが1等だったことで再び対立してしまう。 その後、キリンと再開した時は綺麗な身なりをしてスマホを所持していたこともあり、ホームレスから抜け出せた様子。 また、オンラインゲームおすすめサイトを広告で出している。 ハックの母 ハックの母親。 劇中では電話での声のみの登場で、姿は不明。 大学に通うため独り暮らしをしている息子のためにお米などの仕送りを行い、時々電話している。 宇宙人 常に二人で登場している。 最初に登場した際はキリンを研究していたが、キリンからエロ本を取り上げたことでUFOをいじられて墜落し、タブーにロケランで吹き飛ばされた。 その際「このホシにまともなセイメイタイはいないのか」と嘆いている。 二度目は偽装家族として登場し、ハックとタブーに化けていた(本物とは対照的な性格である)。 キリンを再度捕まえ、研究した結果とんでもない秘密を隠し持っていることを突き止めている。 しかし再びタブーにロケランで妨害され、キリンには縛られた縄を自力でほどかれて逃げられ、宇宙船はハックにハッキングされ、さらにもう一度ロケランで止めを刺され吹き飛ばされるという散々な結果に終わる。 脚注 [ ] [].

次の

秘密結社ヤルミナティー

秘密結社ヤルミナティー ハック

概要 キリンとタブーの後輩にしてヤルミナティーの情報係。 カエルのパーカーが特徴的で、パソコンを持ち歩いている。 キリンとタブーに対しては後輩らしく敬語で話す。 檻のセキュリティを一瞬で破るなど、高いハッキング能力を持つ。 見世物小屋回 "月刊モー"というオカルト雑誌を愛読している。 メンバーの中で一番の常識人あり、唯一の人間。 しかし、回によっては騒動の原因になったり、キリン達の命を狙う狂人と化している事もある。 キリンやタブーを剥製にしたり、サイコパス診断では全問サイコパスの回答を出すなど、 常識人の皮を被ったサイコパスである。 壊滅的な音痴だったり、絵が下手である等、意外と不器用な一面も持ち合わせている。 三人の中では一番顔立ちが整っているせいか、女性の怪異に狙われる事が多く、に「顔が好みのタイプ」と一目惚れされた事もある。 関連イラスト.

次の