岡本 会見。 吉本興業・岡本社長 号泣会見 宮迫・亮に「真摯に耳を傾けることを怠った」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

芸人が猛反論 吉本 岡本社長の会見に大ブーイング→話がすり替わってる事に違和感を感じる。

岡本 会見

上沼恵美子 タレントの上沼恵美子(64)が22日、パーソナリティーを務めるABCラジオ「上沼恵美子のこころ晴天」に生出演し、闇営業を巡って「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)と「ロンドンブーツ1号2号」田村亮(47)が20日に開いた謝罪会見について言及した。 番組の途中、上沼は「ちょっと帰りますわ。 用事あんのよ。 2時から(吉本興業の)岡本社長の会見あるから、みんなテレビに切り替える。 私も見たいからスタジオ出ます。 2時まで頑張ったらいいでしょ。 もうこれは笑える話ではない。 こんだけ大きい話になると」と切り出した。 上沼は21日放送の読売テレビ「気になる情報のウラのウラ 上沼・高田のクギズケ!」でこの問題に触れ、吉本所属の月亭方正や「FUJIWARA」らが宮迫らをかばったことに「それは仲間の意見。 かばい合いにしか聞こえなくて、もう一つ刺さらない」「頭一つ出ようと思わない。 みんな一緒におもろないようにしようなとスクラム組んでんのやろ?」などと厳しい言葉を投げかけた。 上沼は同番組の収録がまさに謝罪会見と同時刻に行われており、スタッフから箇条書きのメモを渡されてはいたが、謝罪会見自体は見ていなかったことを明かした上で「『クギズケ』は急に飛び込んできたので、ああいう撮り方をした。 方正君とか『FUJIWARA』にはきついことも言ったので後で謝った。 仲良しこよしやね。 結託したんかと。 かばってばっかりやなってカチンときた。 これはホントに申し訳ない。 宮迫さんにはきついことを述べた。 それは謝らないと。 ごめんなさい。 誠実で正直な、いい記者会見でした」と謝罪した。 その上で「言うても悪いことはしてる。 お金を受け取ってウソを言った。 あの会見で急に吉本が敵になってる。 それまでは宮迫さんが何だと言ってたのに、手のひら引っ繰り返したように吉本が悪い会社みたいになってるのは、私はおかしな話ちゃうんと思う」と持論を述べた。 一方で「単純に『お金もらってません』と言ったのを撤回して『実はもらってました』というわけにはいかない。 上は嵐が去るのを待とうぜって考える。 経営者ってそんなもんやと思う。 でも、ここまで大きくなってきて『謝らせてください』って言うた時には社長も考えるべき。 2人に弁護士を立てさせて、2人で(会見)させてしまった。 とことんまでいってしまったのは残念」とも語った。 番組終盤、岡本社長の会見が始まり、会見の状況が伝えられると「なるほど、なるほど。 松本人志さんってすごいな」とぽつり。 続けて「松本さんに辞められたら困るから言う通りにしたのではなく、(吉本は)初心に戻られたんです。 松本氏、ホンマにあなたはすごい。 単なる説得したとかじゃなくて、全身で『元に戻らへんか』と訴えたんやと思う」と松本の対応を褒めた。

次の

上沼恵美子 吉本興業・岡本社長会見に触れ松ちゃん褒める「ホンマにあなたはすごい」

岡本 会見

岡本社長は22日の会見でこうした疑問を次々とぶつけられた。 「身内という言葉が象徴的です。 身内だから、キツいことを言ったり自分の都合が通ったりするだろうという甘えがある。 でも、今回は長年の付き合いがある宮迫さんや田村さんですら『これは違う』と思った。 ジャニーズ事務所と同じですね。 元SMAPに生放送で謝罪をさせたときは、きっとファンも含めて『身内』なら分かってくれるだろうという気持ちがあったが、『公開処刑』だととらえられた」 ファミリー的なノリについていけない芸人も 松谷さんが独自に取材したところ、吉本興業の約6000人の芸人の中には、吉本の「ファミリー的なノリ」についていけない人も出てきているという。 「松本さんの周りにいる芸人は、家族のように守られている。 でもそれ以外のグループのタレントや売れていない芸人には恩恵が回ってこない。 何より契約が口頭ベースであいまいなので、『自分がどの仕事でどのぐらいもらっているのか、給料の明細を知りたい』『副業が出来る時代、芸人はどこまで何をやっていいのかハッキリと教えてほしい』などの声があがっています」 松谷さんは続ける。 「吉本にとって、紙の契約書ではなく、口頭による当事者の合意のみの『諾成契約』の方が都合がいいのでしょう。 ちゃんとした契約書がないからこそ、今回の宮迫さんのように、トップの『思い』だけで、いつでも契約を解除したり、いきなり復帰させようとしたりできる。 タレントさんが他の事務所にいける『移籍の自由』があるかもわからない。 すべてを曖昧にすることで、芸人さんに『長い鎖(クサリ)』をつけているのです。 ある程度までは自由に動けるが、いざとなったらグイっと引っ張られる」 「契約書を超えた信頼関係が吉本らしさ」 お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜さんも日本テレビ系「スッキリ」の中で、「『吉本興業はどういう考えであなたとこういう風に契約しますよ』ということを私は口頭でも聞いた覚えはないですし、『会社にいくら入ってあなたの取り分はこうです』とか他の問題に関してもない」と発言していた。 吉本の大崎洋会長は紙の契約書を本格的に導入することを度々否定している。 毎日新聞のインタビューでは「100年以上の歴史の中で、契約書を超えた信頼関係、所属意識があって、吉本らしさがある」 吉本の大崎会長も、岡本社長も、もともとマネジャーなどの立場で、ダウンタウンの松本人志さんを支えて長年苦楽をともにしてきた。 松本さんも大崎さんを「アニキ」と呼び、「大崎さんがいなくなったら僕は辞めますね」と発言している。 会見では「身内」という言葉が使われるなど、吉本は明確なルールを作るよりも、かつての日本企業のような「家族的な経営」を重んじているのかもしれない。 日本は戦後、「終身雇用」「年功序列」など家族のような「日本型経営」を武器に成長してきた。 日々の仕事を長年の信頼関係をもとにまわし、オープンなルールよりも暗黙知をつみあげて、上司や同僚らとの「貸し借り」を大切にしてきた。 労働組合も、欧米で主流の企業をまたぐ労組とくらべて、会社ごとに組織する「企業別労組」が強く、労働者側も経営側も同じ釜の飯を食いながら、一緒になって成長してきた。 ところが、こうした「日本型経営」は戦後の経済成長が終わると、ほころびが目立つようになった。 グローバル化などで、経営陣を外部から招き入れたり、転職なども広まったりした。 長年の信頼関係より、きちんとしたルールをもとに組織をまわすようになった。 激しい競争でリストラが進むと、労使関係もギスギスして、かつての良好な関係を結びにくくなった。 働き方改革も進み、社員ひとりひとりの仕事のスタイルも多様化している。 「第三者委員会の設置を」 松谷さんはこう話す。 「芸人さんの世界は一般企業とは違う面もあるのは分かる。 だったら芸人さんに『口頭契約』が良いのか『紙の契約』がいいのかを選んでもらえればいい」 「6000人も芸人さんがいると、それぞれの考えがある。 売れてない芸人にとっては、『いつか売れるかも』という思いがあるので、口約束をもとに吉本側にお世話になりたいという人もいる。 一方、契約書できちんと期限を決めて、売れなかったらフリーになって直営業をもとに自分の力で稼ぎたい人もいる。 事務所を移籍したい場合のルールづくりも文書でするべきです」 「今回の会見で明らかになったような、減俸や宮迫さんへの処分撤回では、根本的に何も変わっていない。 パワハラはあったのか、会見の希望を押さえ込んだのか。 反社会的勢力との関係をどう断ち切るのか。 解決策についても身内で決めるのではなく、第三者委員会を設置して、さまざまな芸人さんのニーズを洗い出し、ゼロから会社の体制を変えるべきではないでしょうか」.

次の

吉本の岡本社長の会見に芸人たちが続々感想、反応

岡本 会見

タレントのマツコ・デラックス(46)が22日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)に出演。 この日、吉本興業の岡本昭彦社長が会見を行ったことにコメントした。 マツコは岡本社長の会見に「(21日の)ワイドナショーで番組内容変更して、わざわざ生放送やって、松本さんがあそこまで動いてやったんだけど…なんのためにやったのかわからない会見だったんだけど。 今時、いろんな失敗会見が繰り返されている中、あれでよく出てこれたなっていうのはビックリした」と持論を展開。 マツコが自身の番組「5時に夢中!」にて、今日世間よりもっとも注目を浴びているであろう社長、吉本興業の岡本社長が開いた記者会見に対して、苦言を呈していました。 なんのためにやったのかわからない会見だった、との意見で、会見をところどころ見た私の感想も同じく、「この社長からは覚悟が感じられないな」という感じでした。 色んな意見がある中で社長が一番中途半端 宮迫さんを始めとする謹慎処分を受けた芸人たちには、まず、やってはいけないことをやってしまったという自覚と反省と謹慎が必要だと思います。 このしっかり反省しなければいけない話はまず前提にあるのですが、あの会見ではそれとは別の部分で注目を集めることになってしまいました。 それが、岡本社長の脅しとも取れる発言や、会見をさせないとする意向、態度の数々です。 宮迫さんの会見ではこれらの「会社告発」も併せて行ってしまったものですから、少し、前述の謝罪部分が薄まってしまい、世間的にも、岡本社長の動向ばかりに気を取られがちになってしまいました。 まず、この点は前置きとしておかなければいけません。 皆の期待と外れ尚且つハッキリしなかった そういった会社の不祥事に注目がいってしまっている中で、松本人志さんが会見後即座にツイッターを更新し「動きます」という宣言とともに、吉本興業本社まで出向いた話もありました。 そこでは岡本社長が会見を開くことや、自身の進退についても示唆するコメントを発信しており、翌日のワイドナショーまで急遽生放送に切り替え、自身の主張を発信していました。 そんな、主に松本さんの働きかけを受け、やっと重い腰をあげた岡本社長が本日22日、会見を開きます。 結果は…みなさんが見た通り、散々なものでした。 この歯切れの悪さは、社長の中で筋が通っていないからだと思います。 覚悟がなかったのでしょう。 質疑応答にものらりくらり。 冗談だったとか、マジで冗談ではすまない発言まで飛び出る始末。 終わってます。 まとめ お笑いを生業とする会社の社長が、一番滑っちゃダメですよね。

次の