松井証券ネットストックログイン。 松井証券のネットストックとは?|松井証券ガイド

老舗証券会社「松井証券」の魅力に迫る

松井証券ネットストックログイン

松井証券で取引する前に!書類の確認・ログイン 松井証券の口座開設手続きが完了すると、簡易書留郵便でこのような書類が届きます。 中には「ネットストック口座開設完了のご案内」という紙と手引き・約款の冊子などが入っています。 このネットストック口座開設完了のご案内はログインIDやログインパスワード、取引暗証番号などが記されたとても大事な書類ですので、なくさないように気を付けましょう! 松井証券のホームページにアクセス・ログイン 書類を手元に用意したら、早速ログインです。 まずはにアクセスして以下のページを表示させます。 ページの上部にログインというボタンがありますね。 ここをクリックします。 ログイン画面が表示されました。 いくつかボタンが並んでいますね。 このうちの、「ネットストックログイン画面へ」のボタンをクリックします。 会員IDと会員パスワードを入力する画面になりました。 先ほど手元に用意した「ネットストック口座開設完了のご案内」に書かれた 会員IDと 会員パスワードを入力します。 また、簡単注文機能は使用する・使用しないのお好きな方を選択してください。 簡単注文機能とは、株の購入の際に取引パスワードの入力を省くことができるものです。 これはいつでも変更することが可能です。 今回は「使用しない」を選択して進んでいきます。 入力・選択が済んだら「ネットストックにログイン」のボタンをクリックします。 株を購入するために、資金の入金をしよう ログインに成功すると、あなた専用の会員ページが表示されます。 それでは、今から株取引をするために証券口座への入金を行います。 画面の上部に、ホーム、株式取引、一日信用・・・とメニューが並んでいますね。 基本的に松井証券の会員ページでの操作は、まず上部のメニューを選択して、そこから細かい項目を左側に表示されるメニューから選択する、という流れです。 口座に関することなので、上部のメニューの「口座管理」をクリックします。 口座管理をクリックすると、更に画面左に詳細なメニューが表示されますので、「ネットリンク入金」をクリックします。 ここまで行い、表示されたのが以下の画面です。 ネットリンク入金とは、一般的には 即時入金と言われるもので、利用時間の定めがありますが、振込手数料が無料で入金がリアルタイムで行われるとても便利なシステムです。 利用できる金融機関の一覧が表示されていますので、選択します。 選択した金融機関名が表示され、手順が表示されます。 同意文を読んでチェックを入れ、今回入金したい金額を入力して「送信する」をクリックします。 すると選択した金融機関のネットバンキングに接続されますので、振込の手続きを行います。 すると、「ネットリンク入金を受け付けました」という画面が出ますので、こちらは「閉じる」ボタンで閉じます。 これで入金手続は完了です。 今入金した金額が反映されているかを確認するには、メニュー左の「ネットリンク入金確認」をクリックします。 状況に「振込完了」と表示がしてあれば、振込が全て完了しています! 松井証券でいよいよ株取引! 入金が完了しましたので、いよいよ松井証券で株を購入します! 株の取引に関することですので、画面上のメニューの「株式取引」をクリックします。 左側に項目が表示されますので、株の購入を意味する「現物買」をクリックします。 すると、株を検索できる画面になりました。 今回は、みずほフィナンシャルグループ(東証1部・8411)の株を100株購入してみようと思います。 検索欄に「みずほ」など、銘柄名の一部もしくは全部を入力し、検索ボタンを押します。 もし銘柄コードが分かっていれば、銘柄コードを入力でもいいですよ! みずほフィナンシャルグループの株の買い注文画面が出てきました。 この画面で、株の注文に関することを入力していきます。 上から順番に入力していきます。 買い方は、初心者ならまずは「通常」から! 銘柄名のすぐ下に、「通常」「逆指値」「追跡指値」と出ていますね。 基本的には通常が初心者向けの買い方です。 株を買う時、今の株価くらいか、できればそれよりも安い株価で買いたいですよね。 今のあたりの株価の流れで買うか、今より安い株価を指定して買うのが 通常です。 逆に、「いま株価が980円。 もし株価が1000円まで行ってしまうようなら、1010円で買いたい!」と今より高い金額を指定するのが 逆指値です。 そして、「本当はいまの株価980円よりも安い950円で買いたいけど、株価が上がってしまったら950円で買えないかもしれない!もし1000円まで株価が上がっちゃったら、950円で買いたいのをやっぱやめて1010円で買いたい!」というのが 追跡指値です。 逆指値と追跡指値はテクニックを使ってる~!って感じで、ちょっと難しいですよね!? ですので、初心者はまず「通常」で株取引に慣れましょう! 間違えないで!区分を確認 次に、取引区分と口座区分です。 取引区分は先ほど選択したとおり現物買です。 口座区分は、特定口座と一般口座、もしNISA口座も申し込んでいればNISA口座も表示されます。 一般口座で購入してしまうと、確定申告の必要が出てくる可能性がありますので、特定口座で取引するのが何かと便利です。 NISA口座で取引したい場合は、NISA口座を選択するのを忘れないようにしましょう。 また、口座区分は設定で保存することが可能です。 いつも特定口座を使うからここは毎回いじりたくないな、といった場合は「設定保存」のボタンを押すと選択するウィンドウが出ますので、あらかじめ設定しておくと便利ですよ。 市場が複数ある場合は市場の指定を忘れずに 今回のみずほフィナンシャルグループは東証1部のみの上場ですので、最初から東証が選択されています。 株の銘柄の中には、東京だけでなく名古屋、福岡、札幌の証券取引所に上場しているものもあります。 ですので、複数の取引所に上場している場合は、どちらの取引所の株を買うか選択する必要があります。 銘柄が同じであっても、証券取引所が異なると株価や値動きも異なりますので、「どっちの取引所の株買っても同じでしょ~」とテキトーに買わないようにしましょう! 株数と値段を入力 次は株数と値段です。 これらは上向き下向きの三角が表示されていますので、これをカチカチとクリックしていって入力することも可能です。 今回は100株の購入なので、直接100と入力しました。 みずほフィナンシャルグループの株の購入単位は100株ですので100株から100株単位での購入が可能ですが、 中には1000株など、単位が100株以外の株も存在します。 将来的(2018年10月まで)には100株に統一される予定ですが、それまでは買いたい株の単位には気を付けるようにしましょう。 にまとめていますので、もしも困ったときは読んでみて下さいね。 次に値段ですが、今の株価が分からないといくらにしていいかも分からないですよね。 「注文内容入力」の右横の「取引所時価情報」で現在値等を確認できますが、もっと詳しく確認する場合、画面の右下に「複数気配情報」というところがありますので、こちらをクリックします。 すると、現在の株価と、注文状況を表す「板」とよばれるものが表示されます。 この株価を参考に、いくらで注文を入れるか決めます。 先ほどの注文画面に戻り、「この値段で買いたい」という値段があれば、指値と書かれたボックスに株価を入力します。 今回は、200. 2円前後で推移していましたので、200. 1円の指値注文を入れてみました。 もし、「価格よりもとにかく欲しい」ということであれば、指値の入力はせず、「成行」のところにチェックを入れましょう。 執行条件と有効期間 次は執行条件と有効期間です。 執行条件とは「どのタイミングで買いたいか」を選択するものです。 これはとても複雑で難しいですので、初心者は無難に「なし」を選択するのがいいでしょう。 有効期間は、「当日」と「週末まで」が選択できます。 売買が成立するまで終日注文が有効なのが「当日」、週末まで注文が有効なのが「週末まで」です。 これは当日中に成立しなさそうだな・・・でもまた明日以降また注文入れるのめんどくさいな・・・なんて時は週末までを選択してもよいでしょう。 ただし、「注文入れたことをすっかり忘れる」なんてことには気を付けて下さいね! 今回は、執行条件なし、当日までの指定を入れてみました。 全て入力が終わったら、一番下の「注文確認」をクリックします。 すると、以下のような確認画面が表示されます。 内容に間違いがないか再度確認し、間違いがなければ取引暗証番号を入力し、「注文する」をクリックします。 注文が受け付けられました。 これで売買が成立すれば、株を購入したことになります。 ちなみに、今回は10万円以下の取引ですので、手数料は無料です! これが松井証券が初心者にオススメである理由の一つでもあります! 松井証券で株の購入できたかな?確認してみよう 購入の注文までは終わりましたが、無事に株が購入できているのか気になりますよね。 株が購入できたかどうかは、「注文照会」で確認します。 先ほど表示された注文受付画面からでもいけますが、画面左のメニューの「注文照会」をクリックすると注文を出した内容と状況が確認できます。 確認してみると、状態が「発注済」となっています。 これはまだ売買が成立する前の状態であることを表しています。 しばらくして再度確認してみると、注文の部分がグレーの背景になり、「約定済」と購入した時刻の表示がされました! これで株の購入が完了しました! 株を買ったらどうなった?余力を確認しておこう 先ほど株の購入が完了しました。 株を購入できる資金の残高のことを余力といいますが、 今回みずほフィナンシャルグループの株を200. 1円で100株購入しましたので、余力から200. 次に他の株を購入する際に余力を超えての注文はできませんので、ここで余力を確認しておこうと思います。 余力は、資産に関することですので、画面上部の「資産状況」をクリックし、左側の「余力情報」をクリックします。 余力を見てみると・・・ あれ!?1080円買付余力が少ない!!?手数料?? ・・・とビックリしてしまいますが、安心してください。 先ほども解説しましたが、 松井証券は1日の約定代金合計が10万円以下の場合は手数料が無料です。 ではなぜ1080円少ないのかというと、これは 1日の約定代金合計が10万円を超える株取引をした際に手数料が不足しないよう、あらかじめ1080円を資金から拘束しておくという仕組みだからです。 口座からお金を出金する際はこの1080円もあわせて出金できますので、安心してくださいね。 松井証券はツールも充実 今回は松井証券のホームページ「ネットストック」からログインして、サイト内で取引を行いました。 松井証券はこれ以外にも、取引に便利なツールがたくさんあります。 ・シンプルで見やすく、なのに高性能で初心者にも取引しやすいウェブサイト「ネットストック・スマート」 ・自分でカスタマイズできる高機能なツール「ネットストック・ハイスピード」 ・スマートフォン向けトレーディングアプリ「株touch」 など、取引しやすい様々なツールが用意されています。 今回は基本ということでホームページ「ネットストック」からの操作を解説してきましたが、概要が分かって慣れてきたらこのようなツールも活用していくと便利ですよ! 松井証券で取引してみよう ~まとめ~ 今日は、松井証券でログインから株取引まで行う方法を解説してきましたが、いかがでしたか? 画面操作は上部のメニューと左のメニューというシンプルな仕組みで、とても分かりやすかったと思います。 何と言っても初心者には嬉しい、1日の約定代金合計が10万円以下で手数料無料という制度を上手く活用し、初心者でもどんどん株取引をしていきたいですよね! 近年、内容やツールの充実さがさらに増している松井証券ですので、これからもどんどん使いやすくなっていくことと思います。

次の

水戸証券

松井証券ネットストックログイン

業界屈指の 格安株式手数料 投資スタイルに合わせて選べる3つの手数料コース。 「マンスリーコース(1ヶ月定額制)」なら、1取引あたり220円(税込)!日計り取引片道手数料無料の「アクティブコース(1日定額制)」も業界屈指の格安水準。 操作性の高さ、わかりやすさを 追求したトレードシステム 当社トレードシステムは、操作性、わかりやすさを追求。 逆指値等の特殊注文も自在。 スマートフォン取引、タブレット取引にも対応。 総合証券としての 投資情報提供力 岩井コスモ証券投資調査部のアナリストが分析。 役立つレポートを無料提供。 ニュースも充実。 各種セミナーも随時開催。 豊富な 新規公開株取扱実績 2017年1月~10月上場の新規公開株62銘柄中、28銘柄の引受実績(業界第5位)。 引受力で選んでも岩井コスモです。 手厚い サポート体制 通話料無料!携帯電話からも問合せ可能な専用フリーダイヤルをご用意。 1つ1つのご質問に、ネット取引の専門サポート員が、丁寧にお答えします。 東証1部上場、 岩井コスモHDの総合証券会社 1917年創業の歴史と信頼に、「投資の未来」「投資のこれから」を大切に重ねてまいります。 自動更新株価ボード ご自身で登録した銘柄 最大2000銘柄 の株価をリアルタイムで確認可能。 板発注、スピード発注機能も備え、スピーディーな取引に対応したトレーディングツールです• マーケット情報 株価指標、チャート、決算情報等の個別銘柄詳細情報に加え、国内外の市況概況、為替情報、マーケットニュース、企業個別ニュース等の充実した投資情報やスクリーニング、ポートフォリオ管理機能、株価お知らせメール機能等の便利な機能を搭載。 お客様の銘柄選びをサポートする情報ツールです。 テクニカルチャート テクニカルチャートは、33種類の多彩なテクニカルチャートを表示でき、銘柄リストの登録、別銘柄・各種指標との比較といった多様な機能を搭載したチャートです。 先物・オプションボード 先物・オプション市場の動向をリアルタイムで確認可能。 先物・オプション取引にもご活用いただける便利な情報ツールです。 高度なご要望へ対応、高機能トレードツール• 便利な取引サポートツール・サービス•

次の

松井証券のネットストックとは?|松井証券ガイド

松井証券ネットストックログイン

シンプルで使いやすい注文機能が自慢の松井証券。 松井証券ではインターネットで株の取引を行う画面として、ウェブ上でログインして使える「お客様サイト」があります。 松井証券のお客様サイトは使える機能が盛りだくさん。 証券口座を開設するだけで誰でも無料で取引できるウェブサイトなんです。 ここではお客様サイトのカンタンな使い方や、機能の説明をします。 松井証券の基本の注文方法!お客様サイトの使い方説明 松井証券のお客様サイトは、最も基本的でシンプルな方法で株の取引きができます。 お客様サイトは松井証券のホームページからログインし、株の発注や訂正、取り消しを行います。 このようにチャートや気配を見ながら、同じ画面上から注文することができるので、ベストタイミングを逃しません。 それだけでなくリアルタイムに更新される「板」の画面上をクリックするだけで注文できる、「スピード注文」も便利。 あらかじめ取引暗証番号を保存しておけば、注文や訂正ごとに入力する必要がなく、さらにスピーディーな取引ができます。 投資情報がワンクリック!お客様サイトに情報はおまかせ 松井証券のお客様サイトは情報収集にも便利。 気になる企業の詳細情報やテクニカルチャートも充実しています。 銘柄詳細情報の企業情報ボタンから企業のレポート情報や株主優待、決算短信をチェックすることができます。 さらに松井証券のお客様サイトは、チャートも大きくて見やすい仕様になっています。 このように一つのチャートに、いくつもの分析結果を重ねて表示することも可能なんです。 チャート画面から注文画面に移行することもできるので、ベストタイミングを察知したときすぐに発注できますね。 ネット証券の取引ツールでは背景が黒色なものが多いのですが、松井証券のお客様サイトではバックが白いのが特徴。 どちらが見やすいかは人それぞれですが、白い画面のチャートも新鮮で好感を持てますね。 (黒い背景にも変更可能) 利益を上げている投資家は、たいていいくつかの証券会社の取引ツールを併用しているものだ。 一つだけのツールだと情報に偏りが出てしまう。 松井証券の取引ツールをいつものツールにプラスして利用することで、情報量や分析力に厚みが出るんだ。 松井証券の高機能ツール!ネットストック・ハイスピードの機能を紹介 松井証券の「ネットストック・ハイスピード」は、「お客様サイト」と違い、パソコンにダウンロードして使うタイプのトレーディングツールです。 ネットストック・ハイスピードは、動作に迅速さを要するデイトレーダーにも愛用され、プロ用のトレーディングツールにも勝るとも劣らないほどの高機能ツール。 しかし難しく考えることはありません。 使い方は意外とシンプルなので、初心者でも使いこなすことが可能です。 ここでは松井証券の取引ツール「ネットストック・ハイスピード」の機能の紹介と、利用方法を紹介します。 使える機能が充実!ネットストック・ハイスピードの機能紹介 松井証券のネットストック・ハイスピードでは、基本的な機能から松井証券独自の特殊な機能まで豊富にそろっています。 ネットストック・ハイスピードの機能を一覧表にしました。 ネットストック・ハイスピードの主な機能 内容 スピード注文 「板」の値段をクリックするだけで注文可能。 指値の訂正や取消までマウス操作だけで完了。 各種照会画面 注文状況や保有株式・建玉の一覧、評価損益をリアルタイムで確認できる機能です。 株式Trading Center 株価ボードやチャート、複数気配、注文発注、照会機能が一体となった画面で、自分でレイアウトしなくても使いやすい配置にあらかじめ設定してあります。 チャート画面 チャートを使ったテクニカル分析が可能。 画面を分割して最大9銘柄を同時に表示させることもできます。 マルチボード 登録した複数のチャートを一度に閲覧できる「マルチチャートボード」、複数の気配を一度に閲覧できる「マルチ気配ボード」で気になる銘柄の一括監視が可能。 株価ボード 登録銘柄の現在値や出来高情報を一覧表示でいきます。 投資情報 国内指数や海外指数、株式ニュース、IPO情報まで幅広い投資情報をカバーしています。 SDI機能 SDI機能では各画面をそれぞれ別ウインドウとして表示できます。 株式近接率分析 高値、安値、ストップ高、ストップ安の節目に向かう銘柄を確認できる機能です。 このなかでも特に知ってほしい、松井証券のネットストック・ハイスピードの使える機能を詳しく紹介します。 簡単スピーディーな「スピード注文」!ほしい値段で一発キャッチ 取引ツールの使いやすさは、注文や訂正、取り消しが簡単でスピーディーにできるかどうかにかかっています。 そこで松井証券のネットストック・ハイスピードは、誰でも簡単かつスピーディーに株の売買ができる工夫がたくさんあってオススメです。 株の注文は、スピード注文の画面であらかじめ注文条件を設定しておき、売買したい値段でマウスをクリックします。 注文を訂正したいときは希望の値段までマウスでドラッグ&ドロップ、注文取消は右下の「注文取消」箱までマウスでドラッグ&ドロップするだけ。 一括取消したければ、下部の一括取消ボタンですべて取り消すことができて簡単なんです。 そのほかにもスピード注文機能の画面をタテに伸ばすことで、呼値の表示欄を増やすこともでき、値動きが激しい銘柄にも発注しやすい工夫があるんですよ。 新規注文時に「益出しの値幅」と「損切りの利幅」が自由に設定できる「返済予約注文」では、新規注文約定後に決済注文も自動発注されます。 発注時に煩わしい計算をしなくてもよく、とても便利ですね。 IOC注文とは 「Immediate or Cancel order」の略で、指定した値段か、それよりも有利な値段で約定し、約定しなかった分は自動で失効となる注文のことです。 自動で失効したあと板に注文が残らないため、相場の急変時に慌てて訂正や取り消しをする必要がなく便利です。 松井証券のネットストック・ハイスピードの「2WAYスピード注文」機能では、便利な成行IOC注文がワンクリックで行うことができるので、さらにスピーディーに注文ができます。 テクニカル指標は30種!大ボリュームのテクニカルチャート機能 チャートの分析をするうえで重要なのが、テクニカルチャート分析機能が充実しているかどうか。 松井証券のネットストック・ハイスピードでは、チャート分析に利用できるテクニカル指標が合計30種類も利用できます。 松井証券のネットストック・ハイスピードでは、主に以下のようなテクニカルチャートを表示することができます。 また「CSV出力」機能がついているので、日足・週足・月足で最大6,000本までのチャート情報を数値で抽出可能。 分析好きにはたまらない機能ではないでしょうか。 誰でも達人の仲間入り!株式Trading Centerの配置機能 取引ツールをダウンロードすると、画面やウインドウの並びや配置を自分で設定する必要があります。 でも取引ツール初心者には、どの並びが使いやすいのか分かりませんね。 そんなとき、株式Trading Centerの画面が活躍します。 株式Trading Centerは、株価ボードやチャート、複数気配、注文発注、照会機能が一体となっているので、画面配置に悩むことがありません。 株の初心者に優しい機能ですね。 お客様サイトにログイン後、ネットストック・ハイスピードの項目からダウンロードすることができるぞ。 しかしログインするには、まず松井証券に口座を開く必要があるぞ。 口座を持っていない人は今すぐ松井証券のに口座開設だ! 株touchの機能紹介!スマホアプリで外出先でもトレーディング! 今や株の取引きをするにも、スマートフォンを使って手軽に行える時代になりました。 松井証券でも、スマホにダウンロードして使うアプリ「株touch」というアプリがあります。 株touchというアプリをダウンロードしておけば、外出先でもいつでもどこでも気になる株価をチェックすることができます。 株touchはiPhoneやAndroid端末から使えます。 松井証券の株取引アプリ「株touch」は、たかがアプリだと侮るなかれ、なんと最短0秒という最速の自動更新が自慢。 最速の自動更新を生かして、松井証券の最強ツール「ネットストック・ハイスピード」も顔負けの素早い発注もできます。 グータラなやつだな。 確かにスマホアプリ株touchは手軽で便利だが、パソコンの取引きツールはやはり情報量が圧倒的に多い。 利益を上げているトレーダーを見れば分かるが、小さなスマホ画面から大儲けしている人間は少ないだろう。 面倒でも必ずパソコンの取引ツールも併用することがおすすめだぞ! 松井証券の情報ツール比較!豊富なバリエーション 松井証券では、ほかにも会員画面やお客様サイトから閲覧できる投資情報や分析ツールがたくさんあります。 これらのツールは松井証券の口座を開設すれば、無料で利用できます。 分析ツール名 内容 株価ボード 登録した銘柄の株価や銘柄情報をリアルタイムで閲覧できる。 QUICK情報 銘柄スクリーニング機能を備えたランキングツール。 QUICKリサーチネット 株主優待の検索やアナリストレポートが読めるツール。 テーマ投資ガイド 注目のテーマや流行のテーマをランキングした情報収集のためのツール。 チャートフォリオ チャートの形から銘柄検索ができる機能。 このように銘柄選びに迷ったときも安心の、お助けツールがいっぱいのお客様サイト。 投資家なら一度は使ってみたくなりますね。 また有料ではありますが、松井証券には優秀な情報ツールがあります。 松井証券の有料情報ツールは以下の二つです。 情報ツール名 内容 料金(税抜) ネットストックトレーダー ネットストック会員専用の有料情報サービス。 注文機能はない。 専用ソフトのダウンロードが必要。 1ヶ月 1,800円 ネットストックトレーダー・プレミアム ネットストック会員専用の優良情報サービス。 複数気配情報やチャート、ニュース機能があり、レイアウトが自由自在。 注文機能はない。 申込が必要。 1ヶ月 3,000円 豊富な株式情報が素早く得られるため、「情報収集にはどうしても松井証券のネットストックトレーダーがなくては!」と思っている個人投資家も多いようです。 以上のように、松井証券は、取引ツールも情報ツールも充実の内容となっています。 松井証券についての詳しい解説は「」を参考にし、口座の開設を検討してみてくださいね。 この記事では松井証券のインターネット取引、取引ツールの紹介をしてきました。 松井証券に口座開設したら、使える取引ツールは3つあります。 インターネット画面上から取引するタイプの、シンプルで一般的な機能が揃っている「お客様サイト」。 取引ツールをダウンロードして使うタイプの、プロ顔負けの高機能が自慢の「ネットストック・ハイスピード」。 そしてスマートフォンにダウンロードして使う株トレーディングアプリ「株touch」の3種類です。 約定代金が50万円以下だと現物取引手数料が0円、また一日信用取引でも手数料が0円、一日信用取引の1約定代金が100万円以上だと金利も0円など、独自のサービスが手厚い松井証券は、口座開設しておく価値は大いにあります。 松井証券の口座をまだ持っていない人は今すぐ口座開設を、口座開設している人はぜひ取引きツールを使って株取引をしてみてくださいね。

次の