す な おこし ポケモン。 かぜおこし

【ポケモン剣盾】すなおこし組なら誰が強い? サダイジャ・ギガイアスも注目されていいだろ

す な おこし ポケモン

鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• データベース• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の

かぜおこし

す な おこし ポケモン

かぜおこしは、ポケモンの技の一種。 説明文 たたかうわざ つばさで つよいかぜを おこし それを てきにぶつけて こうげき ・ つばさで つよいかぜを おこし それを てきにぶつけて こうげき つばさで おこした はげしい かぜを あいてに ぶつけて こうげきする。 ・・・・ つばさで おこした はげしい かぜを あいてに ぶつけて こうげきする。 漢字 翼で おこした 激しい 風を 相手に ぶつけて 攻撃する。 コンテストわざ このつぎの アピールの じゅんばんを めちゃくちゃに する ポケモンの もつ わざを つかって きほんの えんぎ。 が低いのでやを覚えたらそちらに切り替えるのが普通。 ただしPPが多く命中率も安定していること、いずれの世代も序盤はタイプとタイプが多く登場するのでシナリオ最序盤での使い勝手は良い。 状態の相手に対して有利ではあるが、シナリオで相手ポケモンがそらをとぶを使う機会はほぼない。 ポケモンカードゲームにおけるかぜおこし 特殊な効果のない攻撃ワザとして登場する。 ポケモン不思議のダンジョンにおけるかぜおこし PP19。 正面の敵を攻撃する。 ・のポケモンにも当たり、その時は2倍のダメージを与える。 では、などが使用する。 の戦闘アニメーションは・ではかぜおこしのものになる。 ではわざだったが、以降はわざにタイプが変更された。 それ故か、第一世代ではポッポは最初からこの技を覚えていたが、第二世代以降は、たいあたりに変更され、この技はレベルアップで覚えるようになった。 赤・緑・青ではポッポ系統専用技だったが、ピカチュウバージョンにてバタフリーも覚えるようになり、第二世代からは覚えるポケモンが増えた。 以前はタイプごとに分類が決められていたため物理技だったが、で特殊技に変更された。 状態の相手に使用した場合のが2倍になる効果があるが、世代によってダメージ計算における補正位置が異なる。 以降では威力が2倍される。 の判定前に2倍されるため、威力が2倍になるとテクニシャンによる1. 5倍補正がかからない。 ではダメージ計算の最後にダメージが2倍される。 ではそらをとぶ状態の相手には当たらない。 では、自分と隣り合っていないポケモンにも使うことが出来る。 では、として登場する。

次の

【ポケモン剣盾】すなおこし組なら誰が強い? サダイジャ・ギガイアスも注目されていいだろ

す な おこし ポケモン

3倍になる。 また、『すなあらし』によるダメージを受けない。 ただし、そのポケモンが交代されると効果は消える。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダイマックスしている相手には無効。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 『ひこう』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 ダイマックスしている相手には無効。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 必ず後攻になる 優先度:-4。 ダイマックス技や第7世代のZワザもタイプが変わる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる 第7世代以降。 ダイマックスしている相手には無効。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダイマックスしている相手には無効。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 技『のみこむ』『はきだす』の効果を上げる。 3回までたくわえることができる。 1つの時は100、2つの時は200、3つの時は300になる。 技『たくわえる』で上がった『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクは元に戻る。 技『たくわえる』を使っていない時は失敗する。 技『たくわえる』で上がった『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクは元に戻る。 技『たくわえる』を使っていない時は失敗する。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。

次の