ルーベン ディアス 背 番号。 【ウイイレ2019】ルーベン・ディアス|能力値/FP/スカウト/スキル/ポジション/プレースタイル【ポルトガルの要塞!】

ルーベン・ディアス

ルーベン ディアス 背 番号

270 419 113 57 10 23 58 2018年 0. 261 459 120 74 20 29 66 2017年 0. 273 501 137 82 18 28 74 2016年 0. 307 534 164 58 8 39 63 2015年 0. 270 488 132 61 4 32 59 2014年 0. 282 404 114 38 7 28 55 2013年 0. 319 505 161 80 12 30 55 2012年 0. 315 505 159 76 22 45 55 2011年 0. 305 475 145 65 14 33 44 2010年 0. 262 465 122 62 6 42 51 2009年 0. 293 481 141 54 6 50 39 2008年 0. 304 444 135 56 7 32 29 2007年 0. 275 353 97 40 6 34 43 2006年 0. 216 417 90 49 6 26 41 2005年 0. 252 385 97 49 8 23 30 2004年 0. 267 135 36 15 2 13 20.

次の

ポルトガル代表がロシアW杯に臨む23名の背番号を発表!ナニの17番を継承したのは…

ルーベン ディアス 背 番号

経歴 プロ入りとメッツ時代 にとアマチュア・フリーエージェントとして契約。 以降マイナーリーグで経験を積んだ。 開幕前の3月にのに選出された。 にメジャーのに招待された。 4月7日の戦でメジャーデビューを果たした。 、のマイアミ・マーリンズへの移籍に伴い、開幕レギュラーとなった。 オフの11月には、母国パナマで行われた予選のパナマ代表に選出され 、2大会連続2度目の選出を果たした。 はにを痛めて入りし、回復後も野球に対する取り組む姿勢の影響もあり、すぐにメジャー昇格しなかった。 57試合の出場に留まり、打率. 202、10打点、2盗塁に終わった。 はレギュラーとして起用されて119試合に出場したが、打率. 237、5本塁打、34打点、1盗塁(2盗塁死)に終わった。 は116試合の出場で自己2位の94安打を放って打率. 261を記録した。 チームにとって9年ぶりとなったでは、とのディビジョンシリーズでポストシーズン初出場を果たしたが、第2戦の7回裏の守備の併殺プレーのときに1塁走者のの激しいスライディングを受けて負傷退場し、右足のと診断された。 3月16日に自由契約となった。 カージナルス時代 2016年3月20日にと1年150万ドルで契約を結んだ。 控え内野手として起用され、5月20日の戦では投手として登板した。 23試合に出場し、34打数6安打、打率. 176の成績で、5月28日に、6月1日に自由契約となった。 ジャイアンツ時代 2016年6月13日にとマイナー契約を結んだ。 6月29日にメジャー契約を結んで入りした。 7月20日にDFA、27日に40人枠を外れる形で傘下のAAA級へ配属された。 10月3日にとなった。 ヤンキース傘下時代 12月12日にとマイナー契約を結んだ。 は開幕から傘下のAAA級でプレーした。 オリオールズ時代 2017年6月4日に金銭で、へ移籍し 、6日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした。 8月18日にの故障者リストからの復帰に伴い、40人枠から外れる形で傘下のAAA級へ配属された。 この年メジャーでは41試合に出場して打率. 230、5打点の成績を残した。 レギュラーシーズン終了後の10月3日にFAとなったが、11月28日にオリオールズとマイナー契約を結んで再契約した。 はAAA級ノーフォークでプレーし、101試合に出場して打率. 230、2本塁打、34打点、5盗塁を記録した。 オフの11月2日にFAとなった。 メッツ復帰 3月23日にプロ入り時の古巣であるメッツとマイナー契約を結んだ。 5月から実戦出場し、傘下のAA級とAAA級でプレーした。 8月14日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした。 8月22日にDFAとなり 、27日に自由契約となった。 9月1日に再びマイナー契約を結び、AAA級シラキュースへ配属された。 オフの11月4日にFAとなった。 ブルージェイズ傘下時代 1月20日にとマイナー契約を結び、に招待選手として参加することになった。 詳細情報 年度別打撃成績 78 255 216 28 46 12 0 1 61 15 2 2 6 3 22 3 8 38 2. 213. 305. 282. 588 96 376 328 31 93 15 1 0 110 36 5 1 4 3 35 3 6 50 6. 284. 360. 335. 696 114 501 464 53 134 26 0 1 163 25 4 4 3 2 27 0 5 73 9. 289. 333. 351. 685 57 227 208 20 42 12 0 0 54 10 2 1 3 0 15 0 1 24 3. 202. 259. 260. 519 119 419 355 30 84 11 0 5 110 34 1 2 4 2 50 11 8 73 8. 237. 342. 310. 652 116 407 360 36 94 23 0 3 126 28 2 1 2 2 38 5 5 70 6. 261. 338. 350. 688 23 40 34 6 6 2 0 0 8 3 0 0 0 3 2 0 1 8 1. 176. 225. 235. 460 13 38 32 3 5 3 0 0 8 2 0 0 1 0 5 0 0 5 0. 156. 270. 250. 520 '16計 36 78 66 9 11 5 0 0 16 5 0 0 1 3 7 0 1 13 1. 167. 247. 242. 489 41 124 113 17 26 6 0 0 32 5 0 0 1 0 8 0 2 15 6. 230. 293. 283. 576 :8年 657 2387 2110 224 530 110 1 10 672 158 16 11 24 15 202 22 36 356 41. 251. 325. 318. 643• 2018年度シーズン終了時 年度別投手成績 2016 STL 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 5 1. 0 2 2 0 0 0 0 0 0 2 2 18. 00 2. 00 MLB:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 5 1. 0 2 2 0 0 0 0 0 0 2 2 18. 00 2. 2018年度シーズン終了時 背番号• 11(2010年 - 2015年、2019年)• 19(2016年 - 同年途中)• 17(2016年途中 - 2017年) 代表歴• Spotrac. 2017年8月18日閲覧。 [ リンク切れ] The official site of World Baseball Classic (英語) 2016年3月2日閲覧 [ リンク切れ]• The official site of World Baseball Classic. 2014年12月25日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2016年3月17日閲覧。 友成那智、『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2014』、2014年、301頁。 Anthony DiComo 2016年3月16日. MLB. com. 2016年3月17日閲覧。 Jenifer Langosch 2016年3月20日. MLB. com. 2016年3月21日閲覧。 Chris Landers 2016年5月20日. MLB. com. 2016年7月1日閲覧。 2020年2月24日閲覧。 Connor Grossman 2016年6月13日. KNBR. 2016年7月1日閲覧。 Brittany Ghiroli 2017年6月6日. MLB. com. 2017年6月8日閲覧。 Eduardo A. Encina 2017年8月17日. The Baltimore Sun. 2017年8月18日閲覧。 Ben Weinrib 2017年11月28日. MLB. com. 2017年12月13日閲覧。 Mike Puma 2019年3月24日. 2019年8月15日閲覧。 Anthony DiComo 2019年8月14日. MLB. com. 2019年8月15日閲覧。 Sarah Langs 2019年8月22日. MLB. com. 2019年8月23日閲覧。 Keegan Matheson 2020年1月20日. MLB. com. 2020年2月24日閲覧。

次の

ウイイレ2019ナショナルチーム/UEFA/Portugal

ルーベン ディアス 背 番号

前から細々と歴代アルヘンティーナ代表の歴代選手表を作っています。 せっかくなので、何かのお役に立てばと思いここにUPしておきます。 (現状では、1978〜 の国際大会の物) できるだけ、フルネーム&背番号付きで作っていきたいと思うのですが、 なにせ古い物は調べきれないので、ご存知の方はぜひご協力をお願いいたします。 1986年 W杯 メキシコ大会 : 優勝 GK(Arquero) 12:ルイス・アルベルト・イスラス : エストゥディアンテス 18:ネリー・アルベルト・プンピード : リーベル・プレート 22:エクトール・セラーダ : アメリカ・デ・カリ コロンビア DF(Defensor) 5:ホセ・ルイス・ブラウン : ナシオナル・メデリン 6:ダニエル・アルベルト・パサレラ : インテル イタリア 8:ネストル・ロランド・クラウセン : インデペンディエンテ 9:ホセ・ルイス・クシューフォ : インデペンディエンテ 13:オスカル・アルフレッド・ガッレ : フェロカリル・オエステ 19:オスカル・アルフレッド・ルジェリ : リーベル・プレート MF(Volante) 2:セルヒオ・ダニエル・バティスタ : アルヘンティノス・ジュニオルス 3:リカルド・エンリケ・ボチーニ : インデペンディエンテ 7:ホルヘ・ルイス・ブルチャガ : ナント フランス 12:エクトール・エンリケ : リーベル・プレート 14:リカルド・オマール・ジュスティ : インデペンディエンテ 16:フリオ・ホルヘ・オラルティコエチェア : ナント フランス 20:カルロス・ダニエル・タピア : ボカ・ジュニオルス 21:マルセロ・トロビアーニ : エルチェ スペイン FW(Delantero) 1:セルヒオ・ベルナルド・アルミロン : FCトゥール フランス 4:クラウディオ・ダニエル・ボルギ : アルヘンティノス・ジュニオルス 10:ディエゴ・アルマンド・マラドーナ : ナポリ イタリア 11:ホルヘ・アルベルト・F・バルダーノ・カステジャーノ : レアル・マドリー スペイン 17:ペドロ・パブロ・パスクリ : レッチェ イタリア 監督(Director Tecnico) カルロス・サルバドール・ビラルド• 1987年 Copa America アルヘンティーナ大会 : 4位 GK(Arquero) 15:ルイス・アルベルト・イスラス : インディペンディエンテ 18:セルヒオ・ハビエル・ゴイコチェア : リーベル・プレート 22:ホルヘ・オズバルド・バルテーロ : ベレス・サルスフィエルド DF(Defensor) 5:ホセ・ルイス・ブラウン : ブレスト(フランス) 6:エルナン・エドガルド・ディアス : ロサリオ・セントラル 9:ホセ・ルイス・クシューフォ : ベレス・サルスフィエルド 13:オスカル・アルフレッド・ガッレ : フェロカリル・オエステ 19:オスカル・アルフレッド・ルジェリ : リーベル・プレート 21:ホルヘ・ワルテル・ティルレル : ニュウェルス・オールドボーイズ MF(Volante) 1:ラウル・ロケ・アルファーロ : リーベル・プレート 2:セルヒオ・ダニエル・バティスタ : アルヘンティノス・ジュニオルス 8:オスカル・ロマン・アコスタ : フェロカリル・オエステ 12:ダリオ・アンドレス・シビスキ : サン・ロレンソ 14:リカルド・オマール・ジュスティ : インディペンディエンテ 16:フリオ・ホルヘ・オラルティコエチェア : アルヘンティノス・ジュニオルス 20:カルロス・ダニエル・タピア : ボカ・ジュニオルス FW(Delantero) 3:クラウディオ・パウル・カニージャ : リーベル・プレート 4:オスカル・アルベルト・デルティシア : インスティテュート 7:ファン・ジルベルト・フネス : リーベル・プレート 10:ディエゴ・アルマンド・マラドーナ : ナポリ(イタリア) 11:ホセ・アルベルト・ペルクダーニ : インディペンディエンテ 17:ペドロ・パブロ・パスクリ : レッチェ(イタリア) 監督(Director Tecnico) カルロス・サルバドール・ビラルド• 1990年 W杯 イタリア大会 : 準優勝 GK(Arquero) 1:ネリー・アルベルト・プンピード : ベティス スペイン 12:セルヒオ・ハビエル・ゴイコチェア : ミジョナリオス 22:ファビアン・オスカル・カンセラリッチ : フェロカリルオエステ DF(Defensor) 2:セルヒオ・ダニエル・バティスタ : リーベル・プレート 5:エドガルド・バウサ : ベラクルス メキシコ 11:ネストル・アリエル・ファブリ : ラシン・クラブ 13:ネストル・ガブリエル・ロレンソ : バリ イタリア 15:ダミアン・ペドロ・モンソン : インデペンディエンテ 16:フルオ・ホルヘ・オラルティコエチェア : ラシン・クラブ 17:ロベルト・ネストル・センシーニ : ウディネーゼ イタリア 18:ファン・ホセ・セリスエラ : リーベル・プレート 19:オスカル・アルフレッド・ルジェリ : レアル・マドリー スペイン 20:ファン・シモン : ボカ・ジュニオルス MF(Volante) 4:ホセ・オラシオ・バスアルド : シュッツガルト ドイツ 6:ガブリエル・ウンベルト・カルデロン : パリSG フランス 7:ホルヘ・ルイス・ブルチャガ : ナント フランス 10:ディエゴ・アルマンド・マラドーナ : ナポリ イタリア 14:リカルド・オマール・ジュスティ : インデペンディエンテ 21:ペドロ・アントニオ・トログリオ : ラツィオ イタリア FW(Delantero) 3:アベル・エドゥアルド・バルボ : ウディネーゼ イタリア 8:クラウディオ・パウル・カニージャ : アタランタ イタリア 9:グスタボ・アベル・デソッティ : クレモネーゼ イタリア 監督(Director Tecnico) カルロス・サルバドール・ビラルド• 1995年 Copa America ウルグアイ大会 : ベスト8 GK(Arquero) 1:ロナルド・エルナン・クリスタンテ・マンダリーノ : プラテンセ 12:カルロス・グスタボ・ポッシオ : エストゥディアンテス 22:ヘルマン・アドリアン・ラモン・ブルゴス : リーベル・プレート DF(Defensor) 2:ロベルト・ファビアン・アジャラ : リーベル・プレート 3:ホセ・アントニオ・チャモ : ラツィオ(イタリア) 6:フェルナンド・ガブリエル・カセレス : サラゴサ スペイン 13:リカルド・ダニエル・アルタミラノ : リーベル・プレート 14:ガブリエル・フランシスコ・シュレール : ラヌース 15:ネストル・アリエル・ファブッリ : ボカ・ジュニオルス MF(Volante) 4:ハビエル・アデルマル・サネッティ : バンフィエルド 5:ウーゴ・レオナルド・ペレス : スポルティング・ヒホン スペイン 8:ディエゴ・パブロ・シメオネ : アトレティコ・マドリー スペイン 10:マルセロ・ダニエル・ガジャルド : リーベル・プレート 11:セルヒオ・アンヘル・ベルティ : リーベル・プレート 16:レオナルド・ルーベン・アストラーダ : リーベル・プレート 17:マルセロ・アレハンドロ・エスクデロ : ニュウェルス・オールドボーイズ 18:マルセロ・ファビアン・エスピーナ : コロコロ(チリ) 21:ファン・ホセ・ボレジ : パナシナイコス(ギリシャ) FW(Delantero) 7:アベル・エドゥアルド・バルボ : ASローマ イタリア 9:ガブリエル・オマール・バティストゥータ : フィオレンティーナ イタリア 19:アリエル・アルナルド・オルテガ : リーベル・プレート 20:アルベルト・フェデリコ・アコスタ : ウニベルシダ・カトリカ(チリ) 監督(Director Tecnico) ダニエル・アルベルト・パサレラ• 1995年 ワールドユース カタール大会 : 優勝 GK(Arquero) 1:ホアキン・イリゴイティア : リーベル・プレート 12:ガストン・フェルナンド・ペズーチ : ラシン・クラブ DF(Defensor) 2:セバスティアン・ディエゴ・ペーニャ : アルヘンティノス・ジュニオルス 3:フェデリコ・エルナン・ドミンゲス : ベレス・サルスフィエルド 4:グスタボ・アドリアン・ロンバルディ : リーベル・プレート 6:ファン・パブロ・ソリン : アルヘンティノス・ジュニオルス 13:ディエゴ・セバスティン・クロサ : ニュウェルス・オールドボーイズ 14:クリスティアン・ファビアン・ディアス : プラテンセ MF(Volante) 5:マリアノ・アルシデス・ファン : リーベル・プレート 8:ギジェルモ・カルロス・ラロッサ : ヒムナシア・ラプラタ 9:カルロス・ヘルマン・アランジオ : ラシン・クラブ 10:アリエル・ミゲル・サンティアゴ・イバガサ : ラヌース 15:アンドレス・ミゲル・ガローネ : ロサリオ・セントラル 16:フリオ・セサール・バイオン : ロサリオ・セントラル 17:ワルテル・ガストン・コジェッテ : ラヌース FW(Delantero) 7:フランシスコ・ガブリエル・ゲレーロ : インディペンディエンテ 11:レオナルド・アンヘル・ビアジニ : ニュウェルス・オールドボーイズ 18:ラウル・クリスティアン・チャパーロ : フェロカリル・オエステ 監督(Director Tecnico) ホセ・ネストル・ペッケルマン• 1997年 ワールドユース マレーシア大会 : 優勝 GK(Arquero) 1:レオナルド・ニョレン・フランコ : インディペンディエンテ 12:クリスティアン・フェルナンド・ムニョス・ホフマン : サルミエント DF(Defensor) 2:レアンドロ・ダミアン・クフレ : ヒムナシア・ラプラタ 3:ワルテル・アドリアン・サムエル : ニュウェルス・オールドボーイズ 4:ファン・ホセ・セリスエラ : ラヌース 13:ファビアン・アルベルト・キュベロ : ベレス・サルスフィエルド 14:ディエゴ・ロドルフォ・プラセンテ : アルヘンティノス・ジュニオルス 18:リオネル・セバスティアン・スカローニ : エストゥディアンテス MF(Volante) 5:エステバン・マティアス・カンビアッソ : アルヘンティノス・ジュニオルス 6:ディエゴ・フェルナンド・マルキッチ : アルヘンティノス・ジュニオルス 8:ファン・ロマン・リケルメ : ボカ・ジュニオルス 11:パブロ・マルティン・ロドリゲス : アルヘンティノス・ジュニオルス 16:ニコラス・イグナシオ・ディアス・パラホン : ラシン・クラブ FW(Delantero) 7:ディエゴ・ヘスス・キンタナ : ニュウェルス・オールドボーイズ 9:ベルナルド・ダニエル・ロメオ : エストゥディアンテス 10:パブロ・セサール・アイマール・ジョルダーノ : リーベル・プレート 15:フェルナンド・マルティン・ペレスリンド : ウニオン・デ・サンタフェ 17:セバスティン・アリエル・ロメロ : ヒムナシア・ラプラタ 監督(Director Tecnico) ホセ・ネストル・ペッケルマン• 監督(Director Tecnico) ホセ・ネストル・ペッケルマン• 2003年 ワールドユース UAE大会 : 4位 GK(Arquero) 1:グスタボ・エベルト : ボカ・ジュニオルス 12:マリアノ・ダミアン・バルボサ : バンフィエルド DF(Defensor) 2:ゴンサロ・ハビエル・ロドリゲス : サン・ロレンソ 3:オスマル・フェレイラ : リーベル・プレート 4:マウリシオ・ロメロ : ラヌース 6:レアンドロ・フェルナンデス : ニュウェルス・オールドボーイズ 13:ホエル・エンリケ・バルボサ : ボカ・ジュニオルス 14:ホナタン・パブロ・ボッティネージ : サン・ロレンソ 15:ワルテル・ガルシア : サン・ロレンソ MF(Volante) 5:ハビエル・アレハンドロ・マスケラーノ : リーベル・プレート 7:パブロ・ハビエル・サバレタ・ジロ : サン・ロレンソ 8:ウーゴ・ロベルト・コラセ : アルヘンティノス・ジュニオルス 11:マルセロ・アドリアン・カルースカ : エストゥディアンテス 16:ルカス・ロドリゴ・ビグリア : アルヘンティノス・ジュニオルス 17:ホセ・エルネスト・ソサ : エストゥディアンテス 18:ワルテル・モンティージョ : サン・ロレンソ FW(Delantero) 9:フェルナンド・エゼキエル・カベナギ : リーベル・プレート 10:カルロス・アルベルト・テベス : ボカ・ジュニオルス 19:ヘルマン・グスタボ・エレーラ : ロサリオ・セントラル 20:フランコ・ダリオ・カンヘレ : ボカ・ジュニオルス 監督(Director Tecnico) ウーゴ・トカッリ• 2007年 U-20 南米選手権 パラグアイ大会 : 準優勝 GK(Arquero) 1:セルヒオ・ヘルマン・ロメロ : ラシン・クラブ 12:ブルーノ・エミリアーノ・センテノ : サンロレンソ DF(Defensor) 2:フェデリコ・フリアン・ファシオ : フェロ・カリル・オエステ 3:エミリアーノ・アドリアーノ・インスア : ボカ・ジュニオルス 4:ミゲル・アンヘル・トレン : ニュウェルス・オールドボーイズ 6:マティアス・カハイス : ボカ・ジュニオルス 13:ゴンサロ・セバスティアン・ガルシア : ラシン・クラブ 14:ガブリエル・イバン・メルカド : ラシン・クラブ MF(Volante) 5:クラウディオ・アリエル・ジャコブ : ラシン・クラブ 7:マティアス・アリエル・サンチェス : ラシン・クラブ 8:マキシミリアーノ・ダビド・バネガ : ボカ・ジュニオルス 10:マキシミリアーノ・ニコラス・モラレス : ラシン・クラブ 15:レオナルド・モラレス : エストゥディアンテス 17:アレハンドロ・ダリオ・ゴメス : アルセナル 19:アンヘル・ファビアン・ディ・マリア : ロサリオ・セントラル FW(Delantero) 9:ゴンサロ・アバン : アルヘンティノス・ジュニオルス 11:パブロ・ニコラス・モウチェ : ボカ・ジュニオルス 16:フランコ・マティアス・ディ・サント : アウダス(チリ) 18:ビクトール・イスマエル・ソサ : インデペンディエンテ 20:ラウタロ・ヘルマン・アコスタ : ラヌース 監督(Director Tecnico) ウーゴ・トカッリ• 2007年 U-17 W杯 韓国大会 : ベスト8 GK(Arquero) 1:ルイス・アルベルト・オヘダ : ウニオン・デ・サンタフェ 12:ロドリゴ・マキシミリアーノ・メサ : サン・ロレンソ 21:ホセ・ルイス・コルナーロ : インディペンディエンテ DF(Defensor) 2:マテオ・パブロ・ムサッキオ : リーベル・プレート 3:マキシミリアーノ・フェルナンド・オリバ : リーベル・プレート 6:フェルナンド・ニコラス・メサ : サン・ロレンソ 14:アレクシス・マキシミリアーノ・マチュカ : ニュウェルス・オールドボーイズ 15:レアンドロ・バステレチェア : ヒムナシア・ラプラタ 16:ガストン・サウロ : ボカ・ジュニオルス MF(Volante) 4:ダミアン・アルベルト・マルティネス : サン・ロレンソ 5:フェルナンド・ガブリエル・ゴドイ : インディペンディエンテ 7:エドゥアルド・アントニオ・サルビオ : ラヌース 8:マリアノ・ビトロ : ベレス・サルスフィエルド 11:パブロ・ロロン : タジェレス 13:フランコ・スクリーニ : ラシン・クラブ 19:ギド・エルナン・ピサーロ・デメストリ : ラヌース 20:ダニエル・カリッソ : リーベル・プレート FW(Delantero) 9:グスタボ・フェルナンデス : リーベル・プレート 10:サンティアゴ・アンドレス・フェルナンデス : ニュウェルス・オールドボーイズ 17:カルロス・ベニテス : サン・ロレンソ 18:ニコラス・マリオ・マッソーラ : インディペンディエンテ 監督(Director Tecnico) ミゲル・アンヘル・トホ• 2009年 U-20 南米選手権 ベネズエラ大会 : 6位 GK(Arquero) 1:ルイス・アルベルト・オヘダ : ウニオン・デ・サンタフェ 12:ディエゴ・マティアス・ロドリゲス : インディペンディエンテ DF(Defensor) 2:フェルナンド・オマール・トビオ : ベレス・サルスフィエルド 3:エミリアーノ・アドリアン・インスア・サパタ : リバプール(イングランド) 4:フェルナンド・ニコラス・メサ : サン・ロレンソ 6:イグナシオ・ダビド・フィデレフ : ニュウェルス・オールドボーイズ 13:フリアン・フェルナンデス : アトレティコ・ラファエラ 14:マキシミリアーノ・フェルナンド・オリバ : ティグレ MF(Volante) 5:エセキエル・エマヌエル・ベナビデス : ボカ・ジュニオルス 7:エドゥアルド・アントニオ・サルビオ : ラヌース 8:フランコ・スクリーニ : ラシン・クラブ 16:マルセロ・ファビアン・ベニテス : ラヌース 17:クリスティアン・イバン・ガイタン : エストゥディアンテス 19:イバン・ゴンサロ・ベジャ : ベレス・サルスフィエルド FW(Delantero) 9:ファン・アンヘル・ネイラ : ヒムナシア・ラプラタ 10:ダミアン・エマヌエル・リシオ : リーベル・プレート 11:ホナタン・エセキエル・クリスタルド : ベレス・サルスフィエルド 15:アンドレス・ロレンソ・リオス : リーベル・プレート 18:レアンドロ・セバスティアン・ベラスケス : ベレス・サルスフィエルド 20:アンドレス・ファブリッシオ・ロメロ : アルヘンティノス・ジュニオルス 監督(Director Tecnico) セルヒオ・ダニエル・バティスタ• 2011年 U-20 W杯 コロンビア大会 : ベスト8 GK(Arquero) 1: エステバン・アンドラーダ : ラヌース 12: ロドリゴ・レイ : リーベル・プレート 21: ダミアン・マルティネス : アーセナル(イングランド) DF(Defensor) 2: ヘルマン・アレホ・ペッセージャ : リーベル・プレート 3: ニコラス・タグリァフィコ : バンフィエルド 4: ウーゴ・マルティン・ネルボ : アルセナル 6: レオネル・エセキエル・ガレアーノ : インデイペンディエンテ 13: ルーカス・クルスペスキ : インディペンディエンテ 14: アドリアン・マルティネス : サン・ロレンソ 18: レアンドロ・ゴンサレス・ピレス : リーベル・プレート MF(Volante) 5: アドリアン・エセキエル・シリグリアーノ : リーベル・プレート 7: マティアス・アレハンドロ・ラバ : アルヘンティノス・ジュニオルス 8: ロベルト・マキシミリアーノ・ペレイラ : リーベル・プレート 10: エリク・マヌエル・ラメラ : ASローマ(イタリア) 15: アラン・ルイス : ヒムナシア・ラプラタ 16: ルーカス・ビジャファニェス : インデイペンディエンテ: 17: ロドリゴ・アンドレス・バタグリア : ウラカン 20: カルロス・ルケ : コロン FW(Delantero) 9: ファクンド・フェレイラ : バンフィエルド 11: ファン・マヌエル・イトゥルベ・アレバロス : FCポルト(ポルトガル) 19: アグスティン・ブレティチ : ベレス・サルスフィエルド 監督(Director Tecnico) ワルテル・オズワルド・ペラッソ・オテロ•

次の