いまだ こうじ。 今田 耕司(いまだ こうじ )は、日本のお笑いタレント、司会者である。 ☆☆☆☆☆☆☆ 仮想通貨情報 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今田耕司が撮った13人のオンナ

いまだ こうじ

今田 耕司(いまだ こうじ、1966年3月13日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者である。 愛称は今ちゃん。 大阪府大阪市出身。 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。 デビュー前[編集] 3人兄弟の末っ子。 実家は大阪市天王寺区生玉の道善寺という本門法華宗の寺で、父は会社員と住職を兼業していた。 住職である父親は誕生日がクリスマスであり、今田はこのネタをすべり知らずであると語っている。 中学3年生のとき、友人3人で独立して生活していこうと決心して家出するが、数日で連れ戻されて自宅謹慎になる。 1981年、先生からの勧めで全寮制の日生学園第一高等学校(現在は桜丘高等学校)に入学。 しかし、1年で「映画『大脱走』みたいな感じ」で寮から脱走し、そのまま中途退学した。 (一度目の脱走は失敗し連れ戻され、二度目の脱走で成功しそのまま退学する) なお、後に芸人として先輩・後輩の関係になる浜田雅功は同校の卒業生(副寮長を務める)である。 その後、清風高等学校定時制課程普通科に編入。 昼間は日本一若い店長になることを目標にしてラーメン屋で働いていた。 夏休みは、友人数人と母方の実家である宮崎県高鍋町に滞在し、小丸新茶屋(うどん店)でアルバイトしながらサーフィンに没頭していた。 NSC入学? 大阪時代[編集] 定時制高校の卒業後は、「手に職をつけたい」と思い寿司職人か美容師の専門学校の入学を検討した。 しかし学費が高く、肌が弱かったために医者から「水を扱う職業には向いていない」と忠告されたこともあって断念。 途方に暮れていたときに、当時入学料が5万円程度だった「吉本総合芸能学院」(以下、NSC)に目が留まり、「昔からお笑いも好きだし」と軽い考えで1985年、4期生としてNSCに入学した。 同期にNSCでは130R(ほんこん、板尾創路)、桂茶がまがおり、吉本以外ではダチョウ倶楽部やウッチャンナンチャンなどがいる。 程なく、ほんこんとお笑いコンビ「ダブルホルモンズ」を結成。 ほんこんは「骨付きカルビ」という芸名でボケ、今田は「上ロース」という芸名でツッコミであった。 ネタはほんこんが作っていて、節水をテーマにした漫才などをやっていた。 NSCは実家から2駅離れた場所にあったため、当時今田はNSCには実家から通っていた。 家に帰れば食事も寝る所もあり、さらに夜はアルバイトをしていたのでお金もそこそこあった。 そのため今田は当時を振り返り、「良いこと尽くめの下積み時代だった」と語っている。 1986年、ダブルホルモンズを解散し、ピン芸人として活動を始める。 ちょうどこの頃、2丁目劇場ができるタイミングで前座のオーディションがあり、ピンになって初めて書いた「才能のない構成作家のオーディション」というネタで見事合格した。 ダウンタウンとはこの頃に出会い、「おもろいな」と爆笑してもらったのが最初に交わした言葉である。 1986年、京都花月12月中席(12月11日 - 12月20日)にて劇場デビューする。 1987年4月、『4時ですよーだ』放送開始。 1989年、『4時ですよーだ』終了後、東野幸治らと共に吉本新喜劇の補強メンバーとして活動。 時には座長として舞台をこなす。 引用 : 今田 耕司 画像 :.

次の

今田耕司が撮った13人のオンナ

いまだ こうじ

プロフィール 名前:今田 耕司(いまだ こうじ) 本名:今田 耕司(いまだ こうじ) 生年月日:1966年3月13日(50歳) 出身地:大阪府 血液型:A型 身長:174cm 所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー ・ 1985年:NSCに4期生として入学。 ・ 1986年:京都花月で劇場デビュー。 ・ 1987年:「4時ですよーだ」でテレビ初出演。 ・ 1990年:「ダウンタウンのごっつええ感じ」に出演。 ・ 1995年:「今田耕司のシブヤ系うらりんご」で初の冠番組を持つ。 ・ 2007年:「今田ハウジング」でゴールデン発冠番組を持つ。 ・ 2015年:ドラマ「下町ロケット」出演。 今田耕司とダウンタウンに共演がない理由がヤバイ!? 今田耕司さんは吉本所属の芸人さんとしてトップクラスの活躍をしていますよね。 バラエティ番組で司会を多く務めると同時に、2015年には大ヒットドラマ「下町ロケット」にも出演しています。 人間的に気難しいということもないので、多くの人から好かれている今田さんなのですが、先輩お笑いコンビのダウンタウンと共演がないことが話題になっているのだとか。 確かに、最近は今田さんとダウンタウンが一緒にテレビ番組に出演する姿を見かけないですよね。 なぜ、今田さんとダウンタウンの共演がないのでしょうか。 そこで調べてみると、今田さんとダウンタウンの共演がない理由として真っ先に挙げられるのがギャラの問題があるのだとか。 これは、今田さんとダウンタウンの双方のギャラが高過ぎてしまって、一つの番組に今田さんとダウンタウンを呼ぶことができないために共演がないと言われているそうです。 確かに、芸人として、ダウンタウンと今田さんはどちらもトップクラスということもあり、どちらも高額なギャラをもらっていることで有名ですよね。 今田さんは司会一本のギャラが60~150万円前後と言われていますし、ダウンタウンの場合は松本人志さんと浜田雅功さんのギャラがそれぞれ100~200万円と言われていて、かなり高額となっています。 なので、今田さんとダウンタウンの両方を一つの番組に呼ぶとなると、ギャラが高くなりすぎてしまって番組の制作費を超えてしまうので、あまり共演することがないと言われているのだとか。 スポンサーリンク その他にも、ダウンタウンはテレビ番組で主に司会を務めることがほとんどなのですが、今田さんも同じくテレビ番組では司会を務めることがほとんどなので、同じ番組に司会者は二組もいらないということもあって共演がないとも言えそうです。 ただ、同時に今田さんとダウンタウンの共演がない理由として、今田さんとダウンタウンの仲が悪いからということを言う人もいるそうです。 しかし、今田さんにしてみると、元々、ダウンタウンの番組に出演をしたことがきっかけでテレビに出ることができたということもあり、まるでダウンタウンは師匠のような存在なので仲が良い悪いということはないのではないでしょうか。 それに、今田さん自身もそう語っているそうなので、そこのところは誤解しないようにしないといけないようですね。 スポンサーリンク 今田耕司の実家の寺の驚きの実態とは!? 芸人さんに限らず、芸能人の実家について話題になることがあるのですが、実家がお金持ちだったり、由緒ある神社仏閣だったりすることがありますよね。 なので、テレビや雑誌などでもよく芸人さんの実家について取り上げられることが多いのですが、今田耕司さんの実家についても注目が集まっているそうです。 確かに、今田さんの実家が一体どのような実家なのか気になりますよね。 実は、今田さんの実家は大阪の天王寺にある道善寺というお寺になるのだとか。 今田さんとお寺というとまったくイメージがなくて、一切、接点がないように感じるので驚いてしまいますよね。 今田さんの実家である道善寺の宗派は本門法華宗というところになるそうなのですが、日蓮が開いた法華宗を日隆というお坊さんが新しく流派を分けて始めたものになるのだとか。 上の画像がそんな今田さんの実家の家系図になるそうなのですが、実家がお寺というと代々、お寺を継いできているような印象を受けるのですが、実は今田さんの実家は今田さんの祖父の清次(教善)さんの代からお寺を継いでいて、比較的、最近お寺の住職となったのだとか。 スポンサーリンク ちなみに、今田さんの祖父の清次(教善)さんが住職になった理由としては、曽祖父の姉が尼僧をしていて、そこのお寺を継ぐ養子が欲しいということで祖父の清次(教善)さんが養子となってお寺を継いだそうです。 そして、今田さんの父さんがお寺を継いで現在に至るのだとか。 今田さんのお父さんは会社員兼お寺の住職なのだそうですが、お寺そのものはかなり長い歴史があるものの、今田さんの祖父が養子になってお寺を継いだというのは驚きですよね。 でもそうなると、今田さんもお寺を継ぐのかどうか気になるところなのですが、これだけテレビの世界で芸人さんとして活躍していると、お寺を継ぐことはないのではないでしょうか。 芸人さんとして売れっ子なのでギャラも高騰し、師匠とも言えるダウンタウンと共演することがめっきり少なくなっている今田さんなのですが、実家について見てみると意外な事実があっておもしろいですよね。 これまでにも実家のお寺のことについてはテレビなどでネタにしてきている今田さんなのですが、いつか今田さんが実家のお寺を案内する姿も見てみたいものです。 スポンサーリンク 続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

次の

今田耕司 (いまだこうじ)

いまだ こうじ

もしもしロボ調査[Wiki ウィキ 情報] 今田耕司 人物 「芸能界随一のキレイ好き」として知られており、2015年には家電メーカーが実施する「ベストクリーニスト賞」を受賞。 後輩芸人や共演者からは極度な潔癖症としてのエピソードを語られることも多い。 だが今田本人は、自分はそれほど潔癖症ではなく、ノリで言ったことがすぐウィキペディアに載ってしまうことへの懸念を表明している。 動物が好きであり、『森田一義アワー 笑っていいとも! 』にて過去にペットを15匹飼っていたことを明かした。 小学生時代は飼育小屋の鶏の卵を許可を得て自宅に持ち帰り、孵化させ鶏にまで育て上げた。 ブルース・リーの大ファン。 自宅にはブルース・リーのフィギュアやポスターが部屋中のいたるところに整然と飾られており、自らが「ブルース・リーBAR」と呼ぶスペースまであった。 芸能ゴシップが大好きであり、東野幸治と共に「吉本のゴシップ兄弟」を自称している。 子供の頃は西川のりおの大ファンだった。 漫画愛好家であり、自宅に漫画を読むための部屋を持ち、複数の漫画雑誌も購読している。 またアニメ通であり、『脳内エステ IQサプリ』の収録中にえなりかずきと『新世紀エヴァンゲリオン』のヒロインについて盛り上がったことがある。 また、本人はアニメ映画『マインドゲーム』の主演(声優として)を果たしている。 趣味はピアノで、テレビ番組で坂本龍一の「メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス」や久石譲の「Summer」(映画『菊次郎の夏』テーマソング)を番組で演奏したこともある。 テイトウワのプロデュースで「KOJI1200」(読みは「コージ・トウェルブ・ハンドレッド」、後に「KOJI-12000」)として歌手活動を行っていた頃のインタビューでは、デュラン・デュランなどのニューロマンティック、ニューウェーブへの造詣の深さが語られており、音楽的なセンスを持ち合わせている。 その知識を買われ、お笑い芸人にもかかわらず『TK MUSIC CLAMP』にゲスト出演、小室哲哉と対談した。 またビートたけしとも交流があり、たけしからピアノをプレゼントされた。 格闘技好きとしても知られ、90年代後半からパンクラス、その後GRABAKAの一般会員として格闘スポーツジムに通っている。 また格闘家のスポンサー的組織「今田道場」を主宰し元DEEPフェザー級王者の松本晃市郎を輩出した。 高校時代にラーメン屋で働いていたこともあり、野菜の千切りが非常に得意である。 2013年上期のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』の熱烈なファンである。 結婚したい女性のタイプは「歯と歯茎がきれいな子」。 数年の悩み事は「丸顔」で、芸人仲間にも相談できず悩んでいる。 無かった場合はページ更新のみされます。 imada kouji 今田耕司さんはマンキーを探しているのかも知れない!.

次の