広島市立大学 情報科学部。 広島市立大学

社会連携センター

広島市立大学 情報科学部

広島市立大学情報処理センター 情報処理センターでは大学の情報基盤である HUNET(Hiroshima City University Information Network システムの運用管理を行います。 HUNETにより、大学の諸施設がネットワーク化され、高速・高品質の通信が可能になっています。 また、平成16年度より学術研究・教育活動の支援を強化するために、 大学情報サービスシステムが導入され、教務・庶務・教員情報公開等の諸手続きがオンライン化されています。 このサービスを支えるシステムの運用管理も行い、関連部局と協力して、学内情報サービスの向上を図っています。 本学へ興味をお持ちの方は上のボタンを クリックしてください 利用案内 ネットワークサービス等に関しては、をご参照ください。 12 のアナウンスを行いました。 NEW! 2020. 1 のアナウンスを行いました。 NEW! 2020. 27 のアナウンスを行いました。 2020. 21 のアナウンスを行いました。 パソコン等のデータ消去に関する注意喚起 NEW! 学内ネットワークの通信制限と内容確認について• AdobeCLPライセンスでの製品購入手続きの変更とレベル変更について• 【重要】P2Pファイル共有ソフトウェアの使用制限について• 研究室や個人のパソコンから仮想デスクトップ環境を利用する際の注意事項について【教育用仮想デスクトップ環境利用者向け】• 貸出ノートパソコンの取り扱いについて 注意喚起• サーバ証明書の利用について【ネットワーク管理者向け】• 【重要】マイクロソフト包括ライセンス Word Excel,PowerPointやOSアップグレード)を利用している方はソフトをインストール後には、必ずライセンス認証を行ってください。 【終了】• 【終了】• 【ホスティングサービス管理者対象】• ipc. hiroshima-cu. jp の著作権について このサイトの内容(コンテンツ)の著作権は広島市立大学情報処理センターにあります。 無断で複製や修正、学外への転載、配布を禁じます。 ご協力ください。 このサイトに関するリンクについて 広島市立大学情報処理センターに無断でこのサイトへのリンクを行うことを禁じます。 リンクにつきましては、 宛てにご連絡を下さいますようお願い致します。 このサイトに関する問い合わせ等は までお願い致します。 copyright C 2020 広島市立大学情報処理センター.

次の

先輩が教える、広島市立大学 情報科学部の評判とは?【口コミレポート公開中】

広島市立大学 情報科学部

国際学部連続公開講座「異なる文化が出会う場所で ソマリア、マレーシア、広島での試み」の第2回目を開催しました。 「多様な社会に向けての「Food Diversity」の可能性と課題について」と題し、訪日外国人が増加する中での、「Food Diversity(食の多様性)」に対応することの重要性と課題について、国際学部 ヌルハイザル・アザム・アリフ准教授が講演を行いました。 受講された方からは、「食の観点からの観光の経済効果についての話が勉強になった。 」、「ハラール、ヴィーガンについて認識が深まった。 」、「(ハラールなどの)他にも多くの価値観が存在し、どう対応するか。 」といった感想が寄せられました。 参加人数31名、幅広い年齢層の方に受講いただきました。 ありがとうございました。 なお、今年度の広島市立大学の公開講座は、今回で最後となります。 たくさんの方に受講いただき、誠にありがとうございました。 来年度も色々な公開講座の開催を予定しております。 4月以降に大学HPで随時お知らせいたしますので、ぜひご確認ください。 投稿日: 作成者 カテゴリー , , 国際学部連続公開講座「異なる文化が出会う場所で ソマリア、マレーシア、広島での試み」の第1回目を開催しました。 UNHCR WILL2LIVE Cinema(旧難民映画祭)パートナーズ上映会として、 「イージー・レッスン-児童婚を逃れて」の上映を行いました。 国際学部 田川 玄教授から、映画の主人公・カフィアの出身地であるソマリアと、主人公が難民となり渡ったハンガリーの歴史的・社会的背景について解説した後、映画を上映しました。 上映後は、参加者の感想を踏まえながらまとめを行いました。 参加人数42名、本学の学生を含め、幅広い年齢層の方に受講いただきました。 ありがとうございました。 講座の詳細はをご覧ください。 投稿日: 作成者 カテゴリー , , 広島市や広島広域都市圏内の市町、地域との連携事業等を紹介することにより、本学と広島市各部局等との連携強化と行政課題解決に向けた取組を推進することを目的として、「広島市立大学の地域貢献事業発表会2019」を開催しました。 当事業は、社会連携センターが設置された2007年度以降毎年開催しており、今回で13回目となります。 今年度も大変多くの市職員の方にご覧いただき、「市大が地域に根差した教育を進めていることが分かった」「市大と連携・相談したいと思う」等の感想をいただきました。 ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。 参加人数44名、高校生から社会人まで幅広い年齢層の方に受講いただきました。 ありがとうございました。 投稿日: 作成者 カテゴリー , 本学と広島市や地域との連携事業等を紹介することにより、本学と広島市各部局との連携をさらに強化するとともに、広島市の行政課題解決に向けた取り組みを推進します。 【日時】 2019年11月18日(月) 12:00~15:00 【場所】 広島市役所(本庁舎2階講堂) 【内容】 1. 講演(13:00~13:20) 広島市立大学の地域貢献 -取り組みと今後の展望- 公立大学法人広島市立大学 理事長・学長 若林 真一 2. 投稿日: 作成者 カテゴリー 本学で夏休みに行った情報科学部の自由研究の成果を、受講した高校生36名が研究テーマごとに作成したポスターの前に立ち、来場者に研究内容を発表しました。 その後、実行委員の教員によって審査が行われ、最優秀賞と優秀賞が以下のように決定しました。 最優秀賞 「進化的アート~生物の進化を利用した画像生成~」 広島観音高等学校• 優秀賞「VRマルチ対戦ゲームを作ろう」 広島なぎさ高等学校・広島国泰寺高等学校・広陵高等学校• 優秀賞「沼田川の洪水予測~DNNの予測精度の向上~」 総合技術高等学校 当日は本学のライブキャンパスの日ということもあり、研究を行った高校生だけでなく、高校生のご家族や高校の先生、本学の教職員など多くの方にご来場いただきました。 投稿日: 作成者 カテゴリー , , 事業として、公開講座を開催します。 李 在鎬教授「株式会社制度の歴史と日本企業」• ヴェール,ウルリケ教授「近現代の日本におけるジェンダーとセクシュアリティ」• 皆様のご参加をお待ちしております。 投稿日: 作成者 カテゴリー , ,.

次の

情報科学部

広島市立大学 情報科学部

高度情報化社会を支える「情報通信技術」の分野をリードする能力を養う 求める人物像 「情報科学の分野で自分の適性を見つけ 十分な学力や技術力を身に付けて科学技術の進歩に貢献することを 目指す気概がある人」の入学を期待しています。 関心・意欲 情報工学・情報科学に関心があり、自ら積極的に情報工学・情報科学を学修する意欲を持つとともに、学んだことを活用して国際社会や地域社会の発展に貢献したいという大志を抱いている人• 知識・技能 情報工学・情報科学を学ぶうえで土台となる高等学校等で修得すべき数学、理科及び語学の知識・技能を有している人• 思考力・判断力・表現力 物事を多面的にとらえ、総合的かつ論理的に思考して合理的に判断することができる人 自らの考えを分かりやすく説明するよう努力ができる人• 主体性・協働性 国際社会や地域社会で起こっている情報工学・情報科学に関連する課題を意識し、その課題の本質を理解し、自ら率先して解決しようとする熱意を持っている人 共通の目的を達成するために、他人の価値観を尊重し、他人と協調して活動する主体的なコミュニケーション力を身に付けている人 教育方針 高度情報化社会を支える「情報通信技術」(ICT)に関する 研究開発を担う研究者および専門技術者を養成するため 下の教育目標を定めています。 学生が興味関心、適性に基づき専門分野を選択できる仕組みの提供 入学後、情報科学の基礎知識を修得した後に、学生一人ひとりの興味関心、適性に基づいて専門分野を適切に選択できる仕組みを提供します。 情報科学に必要な 基礎学力の育成 情報科学を専門的に学ぶ上で基礎となる数学、プログラミング、英語などの学力を十分身に付けます。 情報通信技術を 活用できる技能の養成 先端的な情報通信技術(ICT)を知的生産の道具として活用できる能力を身に付けます。 専門分野に関する体系的な 知識の修得 教育内容を厳選、体系化した上で、効果的な専門教育を行います。 これにより、専門分野に関する体系的な知識を修得します。 体験的・総合的学習を重視した教育プログラムの実施 21世紀の知識基盤社会で問題解決ができる人材を育成するため、実験、実習、演習、口頭発表など体験的・総合的学習を重視した教育プログラムを実施します。 知識や学力の多様化した学生への効果的な教育の実施 知識や学力の多様化した学生への効果的な教育を実施します。 少人数教育を推進するとともに、習熟度別クラス編成、グループ学習などを導入します。 取得可能な資格• 高等学校教諭一種免許状(情報)• 博物館、美術館などの学芸員 カリキュラムについて Voices( 在学生・卒業生紹介) 教員一覧 情報工学科 研究室 教員名 専門分野 教授 ディペンダブル コンピューティング 准教授 VLSI設計自動化 助教 ディジタルシステムの設計とテスト 教授 (学長) 論理設計 組合せ最適化 教授 論理設計 講師 分散コンピューティング 講師 VLSI設計自動化 教授 計算機アーキテクチャ 講師 システムソフトウェア 講師 計算機アーキテクチャ 助教 システムソフトウェア 助教 システムソフトウェア 教授 ネットワーク ソフトウェア 准教授 ネットワーク ソフトウェア 准教授 ネットワークセキュリティ ネットワークソフトウェア 助教 ネットワーク ソフトウェア 教授(副学長) 情報ネットワーク 准教授 コンピュータ・ ネットワーク 准教授 ネットワーク ソフトウェア 准教授 通信プロトコル 衛星通信 教授(キャリアセンター長) 通信工学 電波サイエンス 講師 電波工学 助教 無線ネットワーク コンピュータネットワーク 教授(学部長) コンピュータ・ ネットワーク 教授 ネットワーク 性能評価 教授 電子光物性 准教授 情報物性 准教授 無線通信 電波応用 講師 電子光システム 知能工学科 研究室 教員名 専門分野 教授 知識工学 准教授 知識工学 講師 知識工学 学習システム 教授 並列処理 データ工学 准教授 マルチメディア データベース 助教 知識情報処理 准教授 機械学習 データマイニング 准教授 データマイニング 機械学習 助教 データマイニング 機械学習 准教授 コンピュータビジョン CG 准教授 コンピュータ グラフィックス 講師 コンピュータ グラフィックス 教授(社会連携センター長) 音声言語情報処理 講師 感情情報処理 対話理解 助教 発話意図理解 准教授 情報検索インタフェース 感性情報処理 教授 自然コンピューティング 准教授 進化的計算論 准教授 進化的計算論 教授 数理工学 准教授 数理工学 教授 数理統計学 准教授 トポロジー 准教授 代数幾何学 システム工学科 研究室 教員名 専門分野 教授 ロボットビジョン 准教授 制御工学 助教 機械工学 助教 計測制御工学 教授 制御工学 人間工学 講師 バーチャルリアリティ 助教 最適制御工学 教授 ロボティクス 講師 知能ロボティクス 助教 教育工学 助教 メカトロニクス インタフェース 教授 確率過程 准教授 代数幾何学 講師 数値解析 教授(情報処理センター長) 非線形回路 准教授 レーザー分光 准教授 物性理論 講師 計算機工学 助教 機能デバイス 教授 組込みシステム 准教授 ソフトウェア工学 准教授 セキュリティ 准教授 組合せ最適化 助教 ソフトウェア工学 教授 音響工学 講師 音声信号処理 助教 人間工学 准教授 コンピュータビジョン インタフェース 医用情報科学科 研究室 教員名 専門分野 教授 バイオ情報学 准教授 視覚情報工学 准教授 生物機能工学 講師 生物工学 講師 計算科学 教授 医用画像工学 計算解剖学 准教授 医用画像診断支援 准教授 光情報計測 教授 医用マイクロ工学 講師 マイクロ工学 教授 生体工学 准教授 計算論的神経科学 講師 生体医工学 教授 無線通信 助教 計算電磁気学 教員情報は、令和02年4月1日現在のものです。 学内限定情報 学外からは参照できません。

次の