てんとう むし キャンピングカー。 テントむし成功の秘密を徹底解剖:バンショップミカミ 見上喜美雄代表インタビュー|キャンピングカースタイル

【Dテントむし:バンショップミカミ】 キャブコンキャンピングカーレビュー

てんとう むし キャンピングカー

一方、中は少しシックな感じで落着ける感じがします。 大人4人が寝られるというのは驚きですが、元が軽トラなので2人乗り、とかではないんでしょうか。 ただ気になるのは、記事中にあった大人4人分の就寝スペース。 最近の軽自動車は大きくなったと言っても、やっぱり軽自動車は軽自動車。 大人二人が運転席と助手席に座ると、リッタカーに比べるとやっぱり狭く感じるのに、就寝スペースを4人分どうやって確保してるのだろう。 なんとか寝れば寝れるよみたいなスペースじゃ、ちょっとがっかりするだろうなと思います。 大人4人分の就寝スペースなんて結構広いと思う。 でも内装が豪華で重量重いようだが、馬力が心配だなー。 テントむしで 全国を放浪する生活をしてみたいです。 一人旅を想定すれば、従来の軽ワゴンでも十分カスタム可能だと思うのです。 ただし、軽だとやっぱり狭いのではないかと思う。 子供が独立したら考えるかもしれない。 見た目も可愛いので、実物を見てみたくなりました。 テントむしの内装写真を見るととても軽のキャンピングカーには見えません。 しかし、軽のバンに荷物を積むと、やはりパワー不足になるのかも。 軽なので燃費もいいし 文句ないキャンピングカーだと思いました。 なにより費用が抑えられるのがいい。 駐車スペースもあまりとらないので気軽に旅行ができそう。 内装の天井や壁の質感もどこか懐かしい雰囲気があり、 休日に山や海の近くに駐車してゴロ寝したいと感じました。 燃費がよい、税金が安いなどの点も魅力的です。 見かけもかわいいです。 値段ももちろんだが、ハイエースなどよりも、コンパクトで馴染みがあり、手を出しやすいと思った。 テントむしのデザインも可愛らしくて良いです。 また、軽自動車ならではの良さを出していると感じました。 一般的な、大型のキャンピングカーは駐車場にも困るし、たまにしか使わないわりに維持費が高そうで敷居が高そうですが、これなら家にある駐車場で間に合うし、たまに遠出したときに海などでごろごろしたりして、キャンプとは言えないまでも、ラフに楽しめそうです。 素敵だと思います。 軽自動車って、最近は居住性を意識したものが多く、車内が広いから、キャンピングカーに改造するのもありなんだな、と思います。 また、テントむしは見た目も可愛いから、若い人に向いていると思いました。 私も旅は好きでキャンピングカーによる旅行は仕事が落ち着いた後の夢でもあります。 しかし大きな車が好きな私としてはアイデアはすばらしいとは思いますが自分ではテントむしの真似したいとは思いません。 どちらかというと欧米にあるようなビックなものの方が憧れます。 でも日本人の知恵というかアイデアは多くの人に希望を与えるかな。 特にお仕事を引退された方なんかにどんどん知っていただき日本の魅力を発見していただくために活用して欲しいです。 軽自動車のカスタマイズということで納得。 カスタマイズするなら、重量感のある車が好ましいかな。 テントむしのような軽では、どんなに意匠が素晴らしくても、舐められちゃいそうです。 個人的には欧米に見られるビックなものが好きなのでこれを購入という気持ちは湧かないんですが、仕事のゆとりが出来ればキャンピングカーは憧れていますので面白い情報です。 仕事を引退された方にどんどん知っていただき日本の魅力再発見の旅に出ていただけるといいなと思います。 軽だと小回りもききますし運転もしやすいと思います。 そしてテントむしのように内装にこだわりがあれば人生の豊かさも味わいつつ楽しめますからね。 ただ大人4人分だと就寝スペースはきびしいかな。

次の

テントむし 愛知県豊川市のキャンピングカー販売、メンテナンス修理、パーツ販売のキャンパーK

てんとう むし キャンピングカー

一方、中は少しシックな感じで落着ける感じがします。 大人4人が寝られるというのは驚きですが、元が軽トラなので2人乗り、とかではないんでしょうか。 ただ気になるのは、記事中にあった大人4人分の就寝スペース。 最近の軽自動車は大きくなったと言っても、やっぱり軽自動車は軽自動車。 大人二人が運転席と助手席に座ると、リッタカーに比べるとやっぱり狭く感じるのに、就寝スペースを4人分どうやって確保してるのだろう。 なんとか寝れば寝れるよみたいなスペースじゃ、ちょっとがっかりするだろうなと思います。 大人4人分の就寝スペースなんて結構広いと思う。 でも内装が豪華で重量重いようだが、馬力が心配だなー。 テントむしで 全国を放浪する生活をしてみたいです。 一人旅を想定すれば、従来の軽ワゴンでも十分カスタム可能だと思うのです。 ただし、軽だとやっぱり狭いのではないかと思う。 子供が独立したら考えるかもしれない。 見た目も可愛いので、実物を見てみたくなりました。 テントむしの内装写真を見るととても軽のキャンピングカーには見えません。 しかし、軽のバンに荷物を積むと、やはりパワー不足になるのかも。 軽なので燃費もいいし 文句ないキャンピングカーだと思いました。 なにより費用が抑えられるのがいい。 駐車スペースもあまりとらないので気軽に旅行ができそう。 内装の天井や壁の質感もどこか懐かしい雰囲気があり、 休日に山や海の近くに駐車してゴロ寝したいと感じました。 燃費がよい、税金が安いなどの点も魅力的です。 見かけもかわいいです。 値段ももちろんだが、ハイエースなどよりも、コンパクトで馴染みがあり、手を出しやすいと思った。 テントむしのデザインも可愛らしくて良いです。 また、軽自動車ならではの良さを出していると感じました。 一般的な、大型のキャンピングカーは駐車場にも困るし、たまにしか使わないわりに維持費が高そうで敷居が高そうですが、これなら家にある駐車場で間に合うし、たまに遠出したときに海などでごろごろしたりして、キャンプとは言えないまでも、ラフに楽しめそうです。 素敵だと思います。 軽自動車って、最近は居住性を意識したものが多く、車内が広いから、キャンピングカーに改造するのもありなんだな、と思います。 また、テントむしは見た目も可愛いから、若い人に向いていると思いました。 私も旅は好きでキャンピングカーによる旅行は仕事が落ち着いた後の夢でもあります。 しかし大きな車が好きな私としてはアイデアはすばらしいとは思いますが自分ではテントむしの真似したいとは思いません。 どちらかというと欧米にあるようなビックなものの方が憧れます。 でも日本人の知恵というかアイデアは多くの人に希望を与えるかな。 特にお仕事を引退された方なんかにどんどん知っていただき日本の魅力を発見していただくために活用して欲しいです。 軽自動車のカスタマイズということで納得。 カスタマイズするなら、重量感のある車が好ましいかな。 テントむしのような軽では、どんなに意匠が素晴らしくても、舐められちゃいそうです。 個人的には欧米に見られるビックなものが好きなのでこれを購入という気持ちは湧かないんですが、仕事のゆとりが出来ればキャンピングカーは憧れていますので面白い情報です。 仕事を引退された方にどんどん知っていただき日本の魅力再発見の旅に出ていただけるといいなと思います。 軽だと小回りもききますし運転もしやすいと思います。 そしてテントむしのように内装にこだわりがあれば人生の豊かさも味わいつつ楽しめますからね。 ただ大人4人分だと就寝スペースはきびしいかな。

次の

【テントむし】キャンピングカーのポップアップルーフって必要?使わない?メリットとデメリットについて

てんとう むし キャンピングカー

キャリイ(DA63T) 2019. ビルダーのさんが鹿児島県にあるということで、やはり西日本のユーザーさんが多いのか、当社にいらっしゃる軽キャンパーの中では少数派にあたります。 本日は、走行安定性向上(ふらつき防止)の定番メニューともいえる、前後のスタビライザーセットを装着致しました。 まず今回は、フロントスタビの取付け作業の様子をご紹介しましょう。 (リヤはその2でご紹介) まずはロアアームに固定してあるテンションロッドのナットを5mmほど緩めます。 (完全には外さないて良い) ロアアームとテンションロッドの間に出来た隙間に、スタビ取付けブラケットをはさみ込みます。 ブラケットを付属のUボルトを使ってテンションロッドに固定しつつ、先ほど緩めたナットを締め付けてブラケットを本固定します。 スタビバーを、カマボコブッシュとカマボコブッシュ用ブラケットを使用して車体に取り付けます。 スタビバーの端にスタビロッドを取り付けます。 スタビロッドのアーム側に、ワッシャと丸ブッシュを取り付けてナットを締め込み固定します。 これで装着完了です。 ちなみにスタビバーは一部が湾曲していますが、これは4WD車はこの位置にフロントデフが来るので、それを逃がすために曲がっております。 今回の車両は2WDでしたので、スタビバーが意味もなく曲がっているように見えますが 笑 、ちゃんと意味があるのです。 (さらに良くしたい方はリヤスタビも装着下さい).

次の