人 たら し 類語。 「人たらし」豊臣秀吉のスゴすぎる人心掌握術

「人たらし」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

人 たら し 類語

周りの人から「人たらし」と言われた経験はありませんか。 本記事では「人たらし」と呼ばれる人の特徴、「人たらし」と呼ばれる人の心理やおすすめの仕事についてなど紹介していきます。 「人たらし」と人に言われてもこの言葉が良い言葉なのか、悪い言葉なのかつかめないという人もいるでしょう。 まずはじめに人たらしという言葉の意味について紹介します。 良い意味なのか? 人たらしとは、元々は「人をだますこと」「だます人」という悪い意味で良い意味ではありませんでした。 現在では「人の心を掴み、誰からも好かれる人」という意味で人たらしという言葉を使っている人が多く、良い意味の言葉という認識が高いです。 実際に人たらしといわれる人は、性別世代問わず評価が高く、基本的に多くの仲間の中心にいる人のことを言います。 豊臣秀吉 豊臣秀吉は戦国武将の中で、最も人たらしの人物だったことは有名です。 織田信長とのエピソードで、秀吉が冬の寒い日に、主君の織田信長の草履(ぞうり)を懐で温めたという話を知っている方は多いのではないでしょうか。 元々秀吉は農民の出であり最初の身分は低く無名の存在でしたが、この行動から気難しいといわれていた信長の関心を買い、お気に入りとして秀吉は出世していきます。 結果、秀吉は信長の死後、後継者として天下統一を果たします。 秀吉が天下をとれたのは、人たらしにの才能よって周囲の人にも慕われていたため人脈を獲得することが得意だったためといわれています。 「人たらし」と呼ばれる人の特徴とは? 次は「人たらし」と呼ばれる人のテクニックについて紹介します。 人たらしではない人も、参考になる技術があれば真似をしてみましょう。 人たらしのテクニックは人付き合い、コミュニケーション向上など、期待できる面があるでしょう。 人間観察力 人たらしの人は自然と人間観察力に優れている部分を持っています。 今イライラしているのか、機嫌がいいときなのか、など人の顔色をうかがい機嫌を読み取ることが得意です。 人たらしの人は挨拶や会話をかわしながら、相手のその日様子を確認しています。 機嫌のよい日の声の調子、トーンはどうか、話を振った時の反応など機嫌が悪い日との差を比べながら把握しています。 他人に対して興味がない人は人間観察力が不足しているので、感情の動きを読み取ることは不得手です。 タイミングが悪いときに相手の気分を悪くさせるような話をふってしまうなどありますが、人たらしの人の場合はそういった状況からうまく逃れる術を人間観察力を通して持っています。 お願い上手 人たらしのテクニックとしてお願い上手というところがあります。 人たらしと呼ばれる人は、男女関係なく相手に頼んだりお願いしたりするのが得意です。 どんな人にも同じように甘えていてはお願い上手とはいえません。 人によって心を開く部分が異なるので、その人にあったお願いの仕方を心得ておく必要があります。 人たらしの人は得意の人間観察力で、相手の隙のある部分をうまくつつきます。 相手が自分に得する部分がないとお願いを引き受けてくれない人の場合は、相手がしっかりと得する部分を用意してから交渉に入ります。 この先お願いごとをするような間柄になるという相手の場合は、自分が損をしてでも最初に恩を作っておくなどするでしょう。 性格的にどんなことに弱く、心動かされる人なのかを把握し、普段の他愛無い会話から相手に共感したり、同士としての仲を深めておくなどいつ自分がお願いしても受けてもらえるような下準備は万全です。 褒め上手 人たらしのテクニックとして褒め上手というところがあります。 指摘されて嫌な気分になる人は多いですが、褒められて嫌になるという人は少ないでしょう。 褒められる側からすると「この人は些細なことでも褒めてくれて一緒にいると良い気分になる」とインプットされます。 褒め上手は天性のカンの良さという部分もありますが、相手がどんなことを言われるとより嬉しいと感じるか察知するには、相手を良く知ることが必要です。 褒め上手のテクニックとしても人間観察力は必要になるでしょう。 そして、人たらしと呼ばれる人たちから学びたい基本姿勢に、相手を受け入れてとりこむ姿勢があります。 人と関わるときは、相手の意見を否定したりせず、どんな人物か知るために相手の話に耳を傾けましょう。 褒め上手になる第一歩です。 相手の話を聞いていると、その人がどんなことにプライドを持っていて、こういわれると嬉しいというような特徴が浮き出てきます。 マメ マメな気遣いや心使いは人たらしの重要なテクニックの一つです。 例えば、連絡をもらったら時間をあけすぎることなくきちんと返す、マメに相手の様子の違いに気がつくというところがあり、相手の機嫌だけではなく体調の変化にも気づくこともあるでしょう。 相手の様子に対しては人間観察力が必要になりますが、人間観察が得意ではないという人は、こまめに相手の様子をうかがうようにしてみると良いでしょう。 ただ、「大丈夫」「どうしたの」など、しつこいと思われてしまうような疑問を何度も投げかけると相手の機嫌によって逆効果になるので、聞きすぎには注意しましょう。 自分のことをマメに気にしてくれる相手は自分を大事にしてくれる人だという印象を与えます。 一般的に気分が落ち込んでいる時に的確に声をかけてくれる人がいると嬉しく感じるでしょう。 「人たらし」と呼ばれる人の心理とは? 目上の人に好かれたい 近年実力主義な社会に移行しつつありますが、まだまだ年功序列の力が大きいところがあるでしょう。 人たらしの人は世代に関わらず好かれる特徴がありますが、年齢が上の人、先輩や上司、目上の人に対して特に好かれたいという心理が働いていることが多いです。 目上の人に人から好かれていると、仕事では昇進に影響したり何かトラブルがあったときも庇ってもらえたり守られることが多いです。 目上の人に好かれておくことで、上手に社会を生き抜いていく上で必要な力を手にすることができるというのも人たらしの人は、理解しています。 とはいえ、権力がある目上の人だけに媚びを売るというような行動はとりません。 基本的に「どんな人からも好かれたい」という気持ちが強いので、後輩や同期への気配り・配慮なども徹底しています。 横や下のつながりからも人望が厚いでしょう。 必ず何か方法がある どんな人にも好かれやすく仲良くなりやすいといわれている人たらしの人といえど、気難しいと思われる人を心を開かせるには時間がかかることがあるでしょう。 普通の人ならば、気難しい人が相手だとやりとりに疲れてしまい距離を縮めることを諦めてしまうでしょう。 しかし、人たらしの人はどんな相手であっても「必ず何か(仲良くなる)方法がある」と仲を縮める部分を模索する心理が働きます。 辛抱強くコミュニケーションをとったり、人間観察で相手を知っていくことによって気づけば気難しい相手とも仲を深めることができていた、というのも人たらしの人に多い傾向です。 「人たらし」と呼ばれる人におすすめの仕事とは? 「人たらし」と呼ばれる人におすすめの仕事を紹介します。 営業マン 人たらしと呼ばれる人におすすめの仕事は営業マンでしょう。 営業マンは交渉を必要とする仕事です。 相手から好印象を抱かれないとどんなに良い案件を提示しても警戒され、交渉がなかなかうまく進まないということがあります。 相手の心を掴んでしまうのがうまい人たらしの人の場合、難しい交渉でもスムーズに進ませることが可能です。 人たらしの人は明るくポジティブで褒め上手です。 実際は営業トークであっても、会話をしていると楽しい気分になってくるでしょう。 「この相手との交渉をのんでも良い」という気持ちにもさせていくことが可能です。 営業マンは相手が欲しがっている内容、この条件なら飲むという内容をうまく聞き出すことが必要です。 相手への人間観察力が大きく必要になってくる部分なので、人たらしの人には営業マンはもってこいの仕事ともいえるでしょう。 「人たらし」にまつわる本を紹介! 『人たらしのブラック心理』は、タイトルがブラックがついているので怪しげな印象もありますが、心理学のデータに基づいて人に好かれる人が取る行動を科学的根拠を基づき解説されています。 本の内容は日常に必要なコミュニケーションの基礎・対人関係を少しでも良くするにはどうしたらいいかという部分に対して焦点が当たっています。 この本の通り実践していけば、世渡り上手に近づいていけるでしょう。 人間関係に悩んでいるという方におすすめです。 「人たらし」という題名から一見、なんか悪いことが書いてあるのかなとも思いましたが人の心理についてわかりやすく書いてあるので、さくさくと読めました。 心理学に興味のある方や営業をしている方などは役に立つ本だと思います。 内藤さんの本は基本的にとても面白く、読みやすいです! 人たらし道 免許皆伝 『人たらし道 免許皆伝』は、日常で人から好まれる方法・実践テクニックを、心理的な法則に基づいて紹介しています。 誠実なコミュニケーション術の本であり、人と関わっていく時に知っておくと好かれやすいというポイントが書かれているので、仕事上などで人間関係に困っている方に良いでしょう。 例えば、人は優れている人をみると尊敬しますが、「すごい」という感想のみ終わってしまうことがあります。 逆に自分より劣っている人が頑張っている姿をみると、応援したくなるという気持ちが働きます。 頑張っている人の姿には惹きつけられ他人の協力を仰ぎやすく、このような心理を人たらしで生かせる部分として紹介しています。 「この本を読んで考え方が変わった」という口コミも多く、人たらしとして人気の一冊なので、興味が沸いた方はぜひ目を通してみてください。 たらしとというタイトルから、とんでもない内容が書かれているのではないかと思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。 きっちりとしたビジネス書です。 コミュニケーションの本です。 中身で一番印象的だった言葉は自己重要感です。 これは『自分は重要な人物である、とても優れた人物である。 そう思いたい、そう思われたい、という感情』のことです。 この自己重要感を満たしてくれる人には人が寄ってくるというのは、なるほどその通りだろうと思いましたね。 また、そう聞くと人の自己重要感ばかりに気をつけていれば良さそうですが、そうではなく自分の自己重要感も大事だというのは目から鱗でした。 このように興味深い言葉と、例がたくさん書かれていて、とても参考になりました。 面白く読めました。 「人たらし」についてわかりましたか? 「人たらし」と呼ばれる人の特徴について紹介しましたが、人たらしについて理解できたでしょうか。 人たらしの人は、性別・世代問わず好まれるので人間社会で生きていく上で何かと得です。 人から好かれていると、困った時に助けてもらったり普段から優しくしてもらったりすることがあるでしょう。 人たらしの性格は天性の才能の部分もありますが、相手をよく観察すること、気配りを怠らないこと、相手の意見を否定せず許容したりすることよって人たらしな性格に近づくことはできます。 人間関係に悩んでいる方は人たらしの人のテクニックを参考にしてみると、対人関係において今よりも円滑にコミュニケーションをとっていくことが可能です。 毎日を楽しく明るく生きるためにも人たらしの技術をぜひ取り入れていきましょう。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の

出世した人たちに共通する「人たらし」の美学 (1/4)

人 たら し 類語

「人たらし」 「人たらし」は 「ひとたらし」と読みます。 「たらし」というと悪い意味に聞こえますが、現在では良い意味としても使われています。 「人たらし」の意味 「人たらし」の意味と背景について紹介します。 「人たらし」の意味 「人たらし」の意味は、 「コミュニケーションを取るのが上手く、多くの人から好かれている人」 「上司や先輩から可愛がられている人」です。 いつも愛想が良くて誰にでも明るく接するので、人を引き付ける魅力を持っている人のことを言います。 但し、人によっては 「八方美人」ということもあります。 悪い意味から良い意味へ 「人たらし」は、昔は 「人をだます様な人」のことを言い、悪い意味でした。 確かに女性をもてあそぶ男性のことを 「女たらし」と言います。 しかし天下を統一した武将 「豊臣秀吉」により 「人たらし」が良い意味に使われる様になったのです。 秀吉は人に取り入るのが非常に上手く、真冬に織田信長の草履を懐で温めてから差し出したことで感心されたというエピソードがあります。 この様に世渡り上手な秀吉を、小説家である司馬遼太郎が著書の中で 「人たらしの天才」と書き表しました。 このことから 「人たらし」は悪い意味ではなく、世渡り上手な人を意味する良い言葉として使われる様になったのです。 「人たらし」の言葉の使い方 「人たらし」が使われるのは以下の様なシーンです。 「敬語が使いこなせる人」に対して 社会人として生活していくには、相手を敬う態度を持つことが大切です。 いくらきちんと仕事ができても言葉がぞんざいでは認められないものです。 敬語が使いこなせて、相手が良いイメージを持つ人は 「人たらし」と呼ばれるでしょう。 「人との距離感の取り方が上手い人」に対して 人は親しくなり過ぎるとつい距離感を忘れてしまい、ベタベタとしてしまうものです。 その結果プライベートなことに首を突っ込み過ぎてしまったり、ズケズケと傷つけるようなことを言ってしまいがちです。 「親しき仲にも礼儀あり」で程良い距離感で、一緒にいて煩わしくないと思える人に対して 「人たらし」が使われます。 「上手に人に甘える人」に対して 人はちょっとしたことで頼られたり甘えられたりして、 「ありがとうございます、助かりました」と満面の笑みでお礼を言われるとプライドをくすぐられて嬉しくなるものです。 「人たらし」は適度に人に甘えたり頼ったりして持ち上げて、自分を一歩下に置きます。 あまり重たい内容ではなく簡単にできることで相手のプライドを満足させて、距離を縮めていきます。 「人たらし」を使った例文・短文 解釈 「人たらし」を使った例文と解釈を紹介します。 「人たらし」の例文1 「彼は人たらしで新しい会社でも可愛がられている」 元々陽気で話し上手な人が転職をした時の様子を表しています。 素直に明るい性格は、上司や先輩に与える好感度も高く、部署にスムーズに溶け込んでいるのでしょう。 「人たらし」の例文2 「また飲み会に誘われたのか、本当に人たらしだな」 話が上手で明るい人は飲み会にひっぱりだこです。 社交的で断らないというのも特徴の一つで、いつでも誘われている様子を表しています。 「人たらし」の例文3 「彼は人たらしだから友達がとにかく多い」 会話が上手く一緒にいる相手を気持ち良くさせることから、いつも多くの友達に囲まれている様子を表しています。 友達がその様子を羨ましいと思っている意味も含まれています。 「人たらし」の例文4 「彼女は人たらしぶりは実に見事だ」 人とのコミュニケーションの取り方がうまいだけではなく、上手に甘えることで多くの人達から可愛がられています。 この発言をした人は、その人に対してかなり嫉妬心を持っていることがうかがえます。 「人たらし」の由来・語源 「人たらし」の 「たらし」とは、 「言葉巧みに女性をもてあそぶ男性」のことでした。 口が達者で相手を良い気持ちにさせるという意味が含まれていることから女性以外にも使われる様になり、 「人たらし」という言葉が生まれたのです。

次の

「人たらし」と呼ばれる人の特徴・診断するチェック項目・心理

人 たら し 類語

1:人たらしとは? 究極の「人たらし術」教えちゃいます…! (1)人たらしとは 人たらしを辞書で調べてみると 1:多くの人々に好かれること。 また、その人。 2:人をだますこと。 また、その人。 〈出典:小学館デジタル大辞泉〉 とあります。 私たちが通常使っている「人たらし」は1の意味ですが、でも、なんとなく、2の意味も含まれているって感じも否めません。 そう、100%いい人というよりは、いつもなぜか、こっちが騙されているような気持ちになる、あるいは、その人を絶対的な評価をしている人に対して、気を付けたほうがいいよ……と思ってしまうタイプの人のことを指すことが多いような気がしませんか。 (2)人たらしの類語は? 人たらしという言葉になんだかもやもやしてしまう……というのは、人たらしの類語は何かと考えるとその理由がわかります。 人たらしの類語としては、多才、多芸、心をワシ掴みにする、相手の気持ちを掴む、魅了するといったいい意味の類語もありますが、要領がいい、媚を売る、たらし込む、口車がうまい、小器用、調子がいいなど、「んー?そういう性格ってどうでしょう……」というような類語も多いんです。 (3)英語でいうと? では、人たらしを英語で言う場合には、どう表現するのでしょうか。 この表現は独特なので、英語でドンズバな言葉はないようです。 強いて言うと、 「trickster」でしょうか。 これは、辞書的には詐欺師という意味ですが、口語の場合、もう少し軽やかで、口がうまい人、良くも悪くもそつがない人、みたいな人にも使います。 (4)悪用厳禁!人たらし術を恋愛に使えば、男にも女にもモテる 人たらしは男性、女性ともに存在しますが、彼らは相手の性別を問わず、誰もを自分に惚れさせるというスキルがあります。 このスキルさえ見に付ければ、気になるあの人からもモテることは間違いない!というわけで、今回はそんな人たらし術に注目します。 (5)人たらしはイケメンで男前? 人たらしの特徴とは? 世の中には、「どうやったらそんなに魅力的になれるんだよ……!」と思える人たちがいます。 もちろん、顔がではなく性格が、です。 そんな人たらしたちには特徴があります。 2:意外と天然!? 「人たらし」な女性の特徴8個 (1)下手に出るのが上手 人たらしの女性は、人に対して下手に出るのが上手です。 これは、「うまく自己卑下をする」と言い換えることもできます。 (2)他人を受け入れるのが上手 懐が広く、対応力があるのも人たらし女性の特徴のひとつです。 他人がどんなにビックリなことを言っても、ビックリな要求をしても、それを何事もないかのように「オッケー、わかった!」とすんなり受け入れてくれます。 (3)真面目でふざけない 人たらし女性には真面目な女性も非常に多いようです。 どんな場面にでも真剣味があり、一所懸命頑張っている姿を見せるので、それが万人受けのポイントに。 (4)失敗が多い 真面目で一所懸命にやっている。 にも関わらず、意外に失敗も多いのが人たらし女性。 しかし、そこも魅力に。 人間は誰しもしばしば失敗をします。 ところが、大半の人はそれを隠そうとして、リカバリーできるまで秘めておいたり、カッコをつけて失敗していないように振る舞いがち。 人たらし女性の場合はそうではなく、失敗を軽々とカミングアウトします。 (5)プラス思考 失敗してもすぐにカミングアウトできるのは、彼女がプラス思考でポジティブだからです。 失敗に対しても、「あ、失敗しちゃった、アハハ」くらいにしか思っていません。 だから周囲にそれをカミングアウトできるのです。 そして、手助けをもらったり、「しょうがないなぁ」と思われたり、結局は愛されるのです。 (6)注意やアドバイスを素直に聞く 失敗しても、反省の色がなければ「なんだよ」と思われてしまいますが、人たらし女性は、失敗に対する注意やアドバイスを素直に、真摯に聞く姿勢をもっています。 根が真面目だから、というのもあるでしょう。 真摯にアドバイスを聞くので、何度も人から助けてもらうことができます。 (7)気配り上手 人たらしの女性は気配り上手です。 ちょっと抜けている面はありますが、相手の気持ちの動きに敏感で、困っている人を見たら手を貸したり、何よりも気の利いたひとことをかけたりします。 相手の心に響くひとことを見極めることが上手なのです。 (8)褒め上手 気配りと同じく、褒めることも上手です。 それも、誰が見ても素晴らしいというようなところを褒めるのではなく、普段人から褒められないようなところを洗い出して、褒めてあげます。 すると、相手は「そんなこと言われたの初めてだな……」と彼女に惚れてしまうのです。 3:気を付けて!「人たらし」な男性の特徴8個 自分が人たらしになるのはOKですが、気を付けなければいけないのが男性の人たらし。 特徴をお教えしますので、この人は……?と思ったらチェックしてみてくださいね。 (1)ほどほどにカッコいい 人たらし男子の容姿は、誰もが羨む超イケメンではないことが多いようです。 かといって肥満とかブサメン、でもない。 たいていのケースでは、「ほどほどのイケメン」です。 女性によっては、フツメン、と評価する人もいるくらい。 それくらいが男女ともに近づきやすく、ちょうどいいのかもしれません。 (2)優しい 人たらし男子に優しさは必要不可欠です。 異性だけでなく、同性、特に自分よりも年下や後輩といった立場の人に対しては、かっこよくも優しく振る舞います。 「ムリするなよ」「大丈夫か?」などというセリフが日常的に口から出るでしょう。 (3)親切 ただ優しいだけではなく、その優しさが行動に出る、親切さがあるのも特徴です。 こちらが困っていればすぐに手を貸してくれますし、女性に対しては、例えば駅や目的地まで送ってくれたりなど、行動で尽くしてくれます。 (4)励まし上手 こちらが落ち込んでいると、巧みな言葉で励ましてくれます。 普段からの気配りに加えて、落ち込んだときの励ましは誰もが彼のことを好きになってしまうほど、頼りがいを感じさせるものです。 (5)弱まり上手(?) 人たらし男は励ますのも上手ですが、「自分が弱まる」のも上手です。 つまり、自分から弱音を吐いたりして、相手に励まされる自分を演出することができてしまうのです! 相手から見れば、自分がつらいときに励ましてくれた相手でもありますので、恩義もあるし親身になって励ましてしまいます。 (6)聞き上手 人の話を聞くことが上手です。 これは女性に対しても、先輩・後輩・上司に対しても変わりません。 どんな人を相手にしても上手に話をうながすことができるので、話すつもりのなかったことまで、いつの間にか話してしまった……という人も多いはず。 (7)相手のことを知るために努力を惜しまない 「相手のことを知るために努力する男性は、結果として人たらしになる」というケースも。 あなたも、彼に人たらし度を感じる場合には、ちょいちょい注意してみたほうがいいかも……。 4:すぐに使える!基本の「人たらし術」 (1)ポジティブになる 日本人は心配性で、ネガティブ思考に陥りやすい人が多いですが、人たらしは圧倒的にポジティブです。 ネガティブ思考では相手を気持ちよくさせることができません。 ポジティブ思考をもつことは、相手をいい気分にさせる方法を心得ているということにもなります。 人たらしになりたいなら、無理矢理にでもポジティブ思考になることが第一歩です。 (2)ものごとに一所懸命に取り組む 目の前のことに、一所懸命に取り組んでみましょう。 これは何をやるときも同じで、「あれはやるけれどこれは手を抜く」というのでは、なかなか人たらしにはなれません。 今、やっていることに対して、すべてに一所懸命であることが大切です。 (3)相手に興味をもつ 一応、相手と話はしているけど、本心を言えば相手に興味なんて何もなくて、話をしていることも右の耳から左の耳へと、するするするーっとスルーしている……ということはありませんか? 人たらしになるなら、相手のことに興味をもちましょう。 正確には、相手が興味をもっていることに興味をもつのです。 ただこれは相手に興味を持たなくては、できることではありませんから、最終的には「相手に興味を持つ」ということでよいでしょう。 それができると、相手も、「自分に興味を持ってくれている」ということに徐々に気付き始めます。 あなたから相手に近づかなくても、相手からあなたに近づいてきてくれるでしょう。 小泉進次郎は地方演説の際、地元の名物から時事までを勉強し、情報をもったうえで臨むそうです。 すると特産品の話から地元サッカーチームの話まで、政治に関係のない話題も次々と繰り出すことができ、相手の心をしっかりと掴むことができます。 (2)『これでカンペキ!マンガでおぼえるコミュニケーション』(齋藤 孝著・岩崎書店) 子ども向けと思われがちなコミュニケーション本ですが、大人がやりがちなミスコミュニケーションがたくさん例として挙げられています。 大人でも、読んで「いるいる……こういうやつ」「あ……私だ」と思ってしまうことが多いでしょう。 会社で、プライベートで、多いに役立つ実例集です。 ランキング」著・小学館文庫プレジデントセレクト) 結婚ほやほやで注目度も高い、アンジャッシュ渡部のハウツー本。 話題性だけからみても読む価値はあるけれど、その中身だってちゃんと参考になります。 なんといっても仕事で明らかに成功を収めている人の技術は、ぜひ参考にしたいですね。 6:人たらしになるのは難しいことではない! 世の人たらし達を見ていると、「ああは、なかなかなれない……」とムダな劣等感を抱いてしまうもの。 ですが、人たらしになるのは決して難しいことではありません。 現在、人たらしとして活躍(?)している男女も、その人たちの過去を聞くと様々。 決して「生まれつき人たらしでした!」とか、「コミュニケーションがうまかったです!」という人ばかりではありません。 むしろ、人と接することが苦手だったり、大きな失敗や挫折を経て、人たらしに進化した人だって多いのです。 やってみれば難しいことではないはず。 ご紹介した本などを参考に、ぜひワンステップアップしてみてくださいね! 【参考】 ) この記事を書いたライター 相川葵 A. Aikawa 女催眠術師としてテレビや雑誌などでタレント活動中。 本業は恋愛心理学ヒプノセラピスト(催眠心理療法士)占い師。

次の