盾の勇者の成り上がり 波。 盾の勇者の成り上がり3話『厄災の波』紹介

盾の勇者の成り上がり「波」とは?正体をネタバレ!

盾の勇者の成り上がり 波

ごく平凡なオタク大学生・岩谷尚文は、図書館で出会った1冊の本に導かれ異世界へと召喚されてしまう。 与えられた使命は、剣、槍、弓、盾をまとう四聖勇者の一人「盾の勇者」として、世界に混沌をもたらす災い「波」を振り払うこと。 大冒険に胸を膨らませ、仲間とともに旅立った尚文。 ところが、出発から数日目にして裏切りに遭い、金も立場もすべて失ってしまう。 他人を信じられなくなった尚文は奴隷の少女・ラフタリアを使役し、波に、世界に、立ち向かおうとするが-。 果たして、この絶望的状況を打破することはできるのか? すべてを失った男の成り上がりファンタジー、開幕。 『俺TUEE系』ではない異世界召喚もの。 タイトル通りで『成り上がり』なので主人公は底辺からスタートします。 選ばれて異世界召喚された勇者のはずでしたが、勇者の中でハズレだったらしく才能もなく人望もありません。 テンプレで毎クール放送している異世界転生系無双アニメでは授かった才能とそれに伴う人望があったのにこのアニメでは全く持ってない正反対の設定で驚きました。 そしてまた主人公はどんどんやさぐれていきます。 1話では召喚されて早々に底辺へと落とされる話なのであまり面白くはないです。 むしろ胸糞悪いです。 ですが丸々一話分 しかも47分 を主人公をただただ落とす回で使っているのは逆に感心しました。 しかも平凡くらいに落ちるのではなく最下層にまで落とすのは予想外でした。 これからの回で成り上がっていく様が本当に楽しみです。 某スライム系のアニメも意外性があり他の異世界モノとは全く違う作品でしたが、この作品も他の異世界モノとは違う視点 選ばれなかった人間 に光を当てていて新しく感じた。 この作品の作者は人を信じていない感じがします。 どうでもいいのですが、主人公が装備している最初の盾の作画が明らかにショボすぎない…? 原作通りなのかな? 2話まで見たレビューです。 1話はとにかく異世界人が無能すぎてイライラします。 世界及び国の危機だというのに、召喚した4人の勇者の内主人公だけ、 盾の勇者だからというだけで、差別どころか、犯罪の濡れ衣を着せて足を引っ張ってきます。 そして他の勇者も無能とまではいきませんが、被害者の言い分だけ聞いて主人公の声に耳を貸さない、 MMORPGに詳しいのに、タンク職の盾をバカにしている等、 異世界人ほどではないですが、それなりにイライラしました。 上記のように1話はイライラしっぱなしでしたが、2話でヒロインが登場してから面白くなります。 1話で憎悪の固まりだった主人公が、ヒロインを仲間というか奴隷にしてからちょっとだけ丸くなり、 ヒロインと一緒に魔物と戦っているとき、主人公が奴隷であるヒロインを庇ったときは、 まだ主人公は完全に良心を失っていないと分かって良かったです。 盾の勇者は武器は持てないという設定があるのに、武器に使えそうなツルハシは持てるなど、 ちょっと設定が雑な部分はありますが、1話を耐えられたら、2話以降も楽しめると思います。 とりあえず4話まで観てください。 後悔しません。 序盤はたしかに面白い。 異世界モノの中では頭一つ飛び抜けている。 主人公の「盾しか武器として持てない」という制限が、この作品の独自性を高めており、展開の仕方も他作品とはかなり異なっていて興味深い。 しかし、この作品のストーリー後半のご都合展開はどうなのだろう? また、世界観や人物設定が、主人公を非合理で理不尽な状況に追い込み、視聴者にストレスを与え、後に来るカタルシスを大きくするためのモノであることは分かると思う。 ……とはいえ、マッチポンプが透けて見える強引な展開は視聴者を萎えさせはしないだろうか? いや、結論を出すにはまだ早い。 この作品がどう評価されるかは、まだわからない。 これを機に、この作品を題材とした薄い本が、かなりの量出回ることは間違いないだろう……。 追記(ネタバレ含みます):こんなことを書いておいてナンですが……見続けているうちに、このアニメをだんだんと好きになっていき、愛着も湧いていきました。 当初予想していた以上に楽しめたと思います。 特に、ヒロインのラフタリアの魅力を強く感じました。 彼女がトラウマを克服し、盾の勇者の傍で活躍することで、心身共に成長していく様はなんだか微笑ましい。 愛と勇気と優しさを併せ持つ彼女の大きな魅力に、だんだんと引きこまれていきました。 そして、これまでの全てが報われる21話は必見。 それまで長かった分、大きなカタルシスを得ることができました。 主人公に対して善し悪しあれど、 異世界モノのご都合構造は一緒。 ・心理描写の不足。 ・予想できる展開。 ・使い古された世界観。 ・非現実的なこじつけの設定。 ラノベが所詮ラノベでしかないのは、 こういった二次作の壁を変えられないところにあり、 その鞘に収まっている限り、 ある程度の興行収入がある。 という所為。 「前にも見たことがある何か」で満足できる人は、 これで時間を潰せばいいのだろうけど、 こういう「クリエイティブが皆無」なものばかり作る、 アニメ業界の行く先が思いやられる。 武器がないなら毒なりなんなり使えよ。 盾で殴れよ。 百歩譲って、スパイクシールドとか発想あるだろ。 一国が一人の女に騙されるなよ。 全員モブバカか。 というのが、一話を見ての感想でしたね。 勿体無い。 世界設定がどんなにファンタジーであってもキャラの心の動きがファンタジーであってはいけません。 この作品に関してはしっかりと感情移入させてくれます。 もう他人は信用しないと心に決めつつそれでも彼は前に進むことをやめません。 このジャンルで転生して「不遇な目」にあう作品は以外と珍しく、十二国記を思い出しました。 あくまで道具として扱うとのことですが、ところどころで彼女に対する「慈しみ」が顔を出します。 闇落ちしたように見えても彼の元来の心根の良さは死んでいない模様です。 もしかすると彼は傷からの癒やしを必要とする同朋を無意識に求めていたのかもしれません。 確かに他にもやりようはあったのかもしれません。 しかし急に見ず知らずの土地に飛ばされ、しかもそこで街中の人間から強姦野郎として認知されて生きていく状況です。 もし私であれば「おかしく」なって、彼よりもずっと愚かな行動をとっていた自信があります。

次の

盾の勇者の成り上がりの亜人種・ラフタリアの正体と魅力は?レベルに応じて成長?

盾の勇者の成り上がり 波

盾の勇者の成り上がり3話『厄災の波』をあらすじ、ネタバレ、感想等をまとめてご紹介します。 盾の勇者の成り上がり3話『厄災の波』 あらすじ・ネタバレ ラフタリアはレベルによって成長速度が速まり、大人の姿へと変化していた。 しかし盾の勇者は心を閉ざしすぎており、ラフタリアがまだ子供の姿にしか見えていなかった。 街の人々や、武器屋のおやじさんなどもラフタリアをかわいいと色目を使う。 そんな様子を見た盾の勇者は、この国はロリコンしかいないのか?と思う。 そして食事の際も、ラフタリアにお子様ランチを頼む盾の勇者。 もう子供じゃありません!と反論するラフタリアだが、しっぽは嘘付けず。 盾の勇者は波までの猶予を知るために、龍刻の砂時計にきていた。 そこで他の勇者一同に出会う。 そこでも、皮肉を言われる盾の勇者。 そんな盾の勇者の姿を見てラフタリアは信じていると伝えるが、盾の勇者には届かない… そうこうしている間に、波への転送が始まってしまう。 転送された先は、お世話になっていたリユート村周辺だった。 村をほっといて、一目散にボスの所に向かう他勇者たち。 盾の勇者は、リユート村の避難誘導へ向かった。 村は魔物であふれていた。 ラフタリアに村人の避難をさせ、自らが囮になる盾の勇者。 ようやくラフタリアも合流し魔物討伐をしていると、空からたくさんの光が村へ降り注ぐ。 ラフタリアを守る盾の勇者。 これは、国の兵士による攻撃だった。 盾の勇者がいる事を知っているにもかかわらず、攻撃を村全体へ仕掛けたのだ。 怒るラフタリア。 しかし盾の勇者は、魔物に襲われるその兵士たちも助ける。 村を守る姿に感銘を受けた一部の兵士も共に立ち上がる。 遂に波を退けた勇者たちはどや顔だった。 しかし盾の勇者は村の被害を目の当たりにしており、波へのへ害の深刻さを感じていた。 村人たちからも感謝される盾の勇者。 少しづつではあるが、盾の勇者への見方が変わってきていた。 誤解って言葉だけでは晴れないですよね。 その後の態度で少しずつ晴らしていくしかないのかも。 切ない。 3話で1回目の厄災の波がくる。 アクションシーン多くて見応えあった。 ラフタリアがええ子すぎる。 — 糸数昌治 kyuyo2506 「盾の勇者の成り上がり」3話視聴。 主人公は良い人ね。 ラフちゃんは急成長したなあ。 波は敵ボスを倒すと終わるのね。 1話:辛い…。 2話:良い…。 3話:どうして成長するんですか?どうして…。 — NB turnKinoko 盾の勇者の成り上がり、最近弟の薦めで見たんですけど。

次の

盾の勇者の成り上がり3話『厄災の波』紹介

盾の勇者の成り上がり 波

個人的に石川界人といえばのイメージ。 異世界転生物じゃないけど合わせてお勧めしたい良作! ちなみにコミカライズもされているぞ。 制作会社はキネマシトラス、作品数は少ないが筆者の好きなやごちウサの制作会社で作画も結構綺麗なのもオススメ度は高い。 調べれば調べるほど盤石である…盾勇制作陣…なんて恐ろしい子っ!! これだけ紹介すれば未視聴の方も観ようかなぁって思うかもしれない、そうだ今すぐに観るべきだ。 ここからはまだ観ようって気にならない方に少しネタバレしつつ既存のファンの方も含めて盾の勇者の成り上がりを愛でたいと思う。 と言うかラフタリアちゃんを愛でたいと思う。 つまりはオススメポイントだ。 いや普通はそうとしか言わないが。 ではオススメポイントその1。 守る事しかできない尚文は怪しい奴隷商人に連れられ攻撃のできるパーティメンバーを買い行く。 勇者と言う肩書きにそぐわない行為、しかしそれほどまでにモンスターを倒すことに困窮していたのだ、だが攻撃力の高い奴隷はどれも高く尚文に買うことはできない。 そこで奴隷の契約を行ったのが病弱なラクーン種 つまりはタヌキっ子 のラフタリアである。 ところが頼みのラフタリアちゃんすら初期は雑魚キャラだ… だが徐々に力をつけると共に誰も信じることが出来なかった尚文とも絆を深めていく… この展開が熱い!泣ける!尊い!ラフタリア可愛い!もふもふしたい!! となるのだおそらく画面の向こうの既存のファンの方達は首がもげるほど頷いていることだろう。 正直に言ってこのラフタリアというヒロインは可愛らしい耳がついていたりして実にあざといあざとすぎる、どん兵衛のCMの吉岡里帆くらいあざとい。 アニメ界のあざとい警察を自称して憚らない釣極道としては見逃すわけには行かない案件だ。 しかし、 それに対する嫌悪感はゼロなのである。 その理由はラフタリアと尚文と の 信頼関係が不遇の時代から培った確固たる物で視聴者の共感を得るに十分なバッグボーンがある良キャラであることに他ならない。 なお、ラフタリアはあっと言う間に幼女時代から18才くらいまで成長してしまうが幼女キャラはフィーロが担ってくれるのでその手のキャラクターが好きな方も安心して観てくれよなっ! ではオススメポイントその3 前半のテンポの良さはどこに言ったのか妙に話数を使って教皇を倒したあと尚文の強姦容疑も晴れてクソな王族に倍返しだをかましてしまう。 おいおい!アイデンティティ失っちゃったよ!! ここまで実に21話を使いたっぷりと不遇時代を味わった盾の勇者一行。 しかし、 不遇じゃない尚文なんてゴブリンを狩らないゴブリンスレイヤーみたいなものだ。 ラフタリアちゃんが可愛いだけのアニメなんて成り上がりじゃねぇよ!むしろ成り下がりだよ!と思ったその時出会ったのだ… 現れたのだ異世界の勇者が。 そう、地球でも尚文達がいる世界でもなく第三の世界の勇者が現れたのだ。 なんだか異世界物じゃなくてむしろセカイ系の匂いがしてきたぞ… これからどうなるんだよおおおおお!!ってところで一期は終わる。 実に憎い演出である。 今回はネタバレを小出しにしてみた初の試みではあるが、他の三勇者のことや他の仲間などあえて語ってない所もあるので気になった方は二期が始まる前に是非見て欲しい。 そして一緒に二期・三期を待とうぜ! 【盾の勇者の成り上がり】の最新情報はTwitter又は公式サイトでご確認ください。 詳細については、続報をお待ちください🛡 — TVアニメ『盾の勇者の成り上がり』 shieldheroanime 配信も強く大体どこのアプリでも視聴出来るがまだ登録してない方は当ブログの比較記事を見てくれよなっ! 人気記事一覧• ちょっとグダグダした春アニメにぐうの音も出なかった皆さん! いよいよ7月も目前、つまり 192件のビュー• どうも!アニメ大好きヤサイマンです! 今Twitterでもトレンドに上がってい... 136件のビュー• どうも! ヤサイマンです!! いつも アニメばっかり投稿... 73件のビュー• ゲーム配信好きな人ー! アニ猫 はーい!!!... 66件のビュー• どうも在宅勤務と外出自粛で暇すぎて気が狂いそうなりょたまるです。 今日は、ちょっとした時間に見るのに最... 59件のビュー• どうもりょたまるです。 昨日 3/1 13:00〜 からポケモンレートのシーズン3が始まりました!... 55件のビュー• どーもー!天かすです! 最近、自分の名前が「天カス」なのか、 「天かす」なのかよくわかんなくなっ... 42件のビュー• 【2020春アニメ】もいよいよ終盤! 昨今のコロナ問題で延期になった... 42件のビュー• どうも!管理人のヤサイマンです! これをみているひとは他の動画ストリーミングサービスと比較の記... 37件のビュー• 筆者は漫画もアニメも小説もなんでも読むのだけどそれぞれ良さがあるって思います。 ただ一部のオリジナルア... 35件のビュー.

次の