スペック 感想。 CR真・北斗無双(パチンコ) スペック・感想・導入情報

P GⅠDREAMROAD【パチンコ新台】|スペック ボーダー 保留 信頼度 予告 評価 演出 セグ 感想 導入日 打ち方 解析 攻略 タイプ 型式名 継続率 出玉 止め打ち

スペック 感想

BABORATピュアアエロ2019の特徴 ピュアアエロと言えばナダル!というくらい、少しテニスをかじっている方なら説明の必要もないくらい有名ですね。 強烈なトップスピンを実現するために生まれたピュアアエロの特徴的なラケットのフォルムは、ナダルが理想のボールを繰り出すために作られたと言われています。 ピュアアエロ2019は前作よりさらにスピン性能の向上を目指したラケットです。 カラーリングもブラックをベースにしたレモン色に近い黄色から、バナナに近いイエローをベースにブラックのラインのデザインに変更されました。 ピュアアエロ2019のスペック ラケットの商品名:ピュアアエロ2019 フェイス面積:100インチ ウェイト:300グラム バランス:320mm ピュアアエロを打ってみた感想 ピュアアエロの打球感をひと言で言うと「筋肉マン」 ラケットが筋肉の鎧で鍛え上げられているように感じます。 相手が強烈なスピンボールを打って来ても、それに負けずに打ち返すことができる安心感がありますね。 また相手の渾身のフラットサーブをブロックリターンした時にも、ラケットがブレずにしっかり相手コートに収まってくれるコントロール性能があります。 ストロークに関して言えば、やはりアエロ形状を活かすような打ち方をする人(ラケットを伏せた状態で振り始める人?)にとっては空気抵抗が少なくてラケットが加速するような感触が得られるのではないでしょうか。 (私はそうではありませんが) サーブについてはややヘッドが重く感じるため、ある程度パワーのある人向けなのかなと思います。 スピンはよくかかるため、スピンの量で相手を押し込んでストローク勝負に持ち込みたい人には良いと思いますね。 逆にサーブをコーナーの打ち分けてエースを量産したい人には不向きなのかなと思います。 やはりこのラケット、ピュアアエロ2019はストロークもサーブもスピンをギュンギュンにかけて回転量で勝負する人向けのように思いましたよ。 カラーやデザインは大幅な変更は無いようですが、細部に違いがありますね。 フレームの内側に凹凸の粒つぶが配置されていたり、(空気抵抗軽減のためらしいです)色の感じが変わったことでしょうか。 ただ大筋のラケット形状は同じなので、今までピュアアエロを使ってきた人が多きな違和感を感じないようなマイナーチェンジに抑えられているのかなと感じました。 ちなみに人によっては打球感が柔らかくなった、と聞きます。 私は歴代のピュアアエロをそれほど使いこんだ訳ではありませんので、過去のアエロとの違いは分からなかったのですが、アエロのファンにはその違いが分かるようです。 ピュアアエロのラインナップは? 今回私が打ってみたのは300グラム、100インチのいわゆる黄金スペックのピュアアエロでしたが、ピュアアエロには数種類のスペックが用意されています。 ピュアアエロのスペック違いを一覧にしてみました。 ピュアアエロツアー 315gm 100インチ• ピュアアエロ 300gm 100インチ• 5インチ• ピュアアエロチーム 285gm 100インチ• ピュアアエロライト 270gm 100インチ メーカー希望価格は全て¥34,000(税別) 同じピュアアエロでも5つのスペック違いがありますね。 ただ注目すべきはラケットのフェイス面積。 全て100インチで統一されていますね。 他のメーカーのラケットでは同じ名前のラケットのスペック違いであっても、ラケットの重さだけでなく、フェイス面積も違うものが多いです。 しかしピュアアエロはラケットの重さや長さは違っても、フェイスの大きさは全て100インチに統一されています。 フェイスの大きさが変わると同じ造りでも違うラケットになってしまう恐れがありますからね。 ピュアアエロはそうならないように、全てのスペックがスピン性能を追求するために100インチにしているということなのでしょうか。 いずれにしても、ピュアアエロシリーズはゴリマッチョなメンズから、力の弱い女性まで、スピンをしっかりとかけたいという想いに応えるラケットだと思いました。 楽天市場内ではテニスショップがたくさんあって、お互いしのぎを削って安売り合戦をしています。

次の

【バキ】アニメ6話ネタバレあらすじと女目線の感想!花山よりもスペックの年齢に驚愕

スペック 感想

まどそふと の感想です。 以下、多少のネタバレを含みます。 おすすめの攻略順は特にありません。 好きな順番で良いと思います。 ストーリーの出来はアーシェルートが一番良かったように感じました。 色々あって生徒会に入ることになり、持ち込まれた相談に乗ったり事件を解決したりと、生徒会が絡むストーリーであればよくある展開でしょう。 テンプレ展開を楽しめるタイプかどうかで評価は分かれると思います。 自分は普通以上であれば楽しめて不満は感じないので、問題なく楽しめました。 文章量も多くもなければ少なくもなく、これまた普通の量です。 特に悪い点もなければ、褒める点も特にありません。 ・かおるこルート このゲームで唯一の年上ヒロインですが、一番子供っぽくデレデレだった印象です。 内容ですが、正直なところいまいちでした。 序盤中盤はひたすらイチャラブでした。 可愛かったので特に文句はありませんが。 ただ告白シーンの切り方があまりにも雑で、ぶつ切り感が否めませんでした。 さらに終盤でシリアス入ったかと思ったら実際はそんなにシリアスな展開でなく、あっさりと問題解決してしまったので、肩透かしを食らった気分です。 シリアス部分の内容も漫画関連ということで後述の兎亜ルートと被っており、兎亜ルートの方が内容が良く感じたので、相対的にこちらが悪く感じました。 可愛さだけなら問題はないですが、他のルートに比べて内容が薄かったのが残念です。 猫メイドがとても可愛かった。 ・兎亜ルート ですよ! 重要 妹キャラ好きとしてはなのは嬉しいですね。 義妹でも好きですけど。 まあストーリー的には義妹でなくである必要がありませんでしたが…。 実の兄妹なのにお互い特に悩むことなくすんなり付き合いだしたので、もう少し実の兄妹故の何かが欲しかったです。 あと天才もほぼ死に設定でしたね。 ここまで不満のようなこと書きましたが、このゲームで一番好きなキャラです。 生徒会に入るときのメール・昼飯抜きで買い出し・最後のファンレター等、素直ではないけれど兄を大切に思っているのが伝わってきて良かったです。 ストーリーに関してはまあ王道といった感じでした。 主人公が漫画家という設定である以上、こういうスランプ系の話はあるだろうと思いましたが、まあありましたね。 予想出来る展開ではありますが、普通に良い話だったので特に文句はありません。 ・アーシェルート このゲームで一番出来がいいルートだと思います。 まずこのルートですが、演劇・テストと夏休み・夏休み終盤以降の3パートに分けられるかと思います。 最初の演劇パートはアーシェと恋人になるまでの過程なわけですが、他のヒロインは最初から好感度高めなのに対しアーシェはそうではなく、ルート入ってから台本の制作を通してじっくりと二人の仲を育んでいて、とても良かったです。 さらに演劇というある程度の山場があることで、話運びも良く感じられました。 あとこれは主観ですが、演劇系のストーリーで練習ばかり見せられても途中からだれてきてしまってあまり面白く感じられないのですが、練習の描写は最低限ですし、演劇の内容について話している場面等は、演劇本番のシーンで回想を挟んで描写しているので、だれてしまうということはなかったです。 次にテストと夏休みのパートですが、まあこれはイチャついてるだけですね。 イチャついてるだけとは言いましたが、恋人らしいことをせず話だけ進められても物足りないので、大事な部分だと思います。 そして最後に夏休み終盤以降のパートですが、シリアスを入れて話を締めるという感じですね。 内容は王道ですが、こういう展開は好きなので良かったです。 長々と書きましたが、演劇という一つの山場によって、話に緩急がついて良い展開になっているように感じました。 最後でタイトル回収までしてますし、このルートがメインルートかのように思えましたね。 ・未尋ルート 共通ルートの最初から好意丸出しだったので、ルート入ってからの照れとのギャップが可愛かったです。 未尋と主人公とがお互いのことを気になって他の人に相談したりしているのも、恋愛してる感があって良かったです。 恋人になってからはイチャついてるだけで、一応あるシリアスも最初から勘違いだと分かり切っているので、内容に関してはあまり特筆することはありません。 どうでもいいですが、他のルートでは体調崩したり倒れたりしている主人公が、このルートではやたら自己管理出来てましたね。 システム面はお気に入りボイスがあること以外は特筆することはないです。 最近は多くのゲームにお気に入りボイス機能が付き始めているので、これもいずれ特筆することないシステムになってしまうのかもしれません。 不満はOPが本編中でしか見られないことくらいです。 アーシェルートが良かったので評価上げようかとも思いましたが、他に評価を上げるに至る要素が少なかったので、評価はAとさせていただきます。 以上です。 ここまで読んでくださり、ありがとうございました。 ao-erg.

次の

ワガママハイスペック 感想

スペック 感想

スペック結の感想ツイッターも大荒れ。 ドラマ版からの方向性が変わりすぎ ドラマ版ではスペックという超能力を利用して犯罪を行うスペックホルダーと対決するストーリーがメインでした 謎の組織みたいなのも匂わせてたけど、あくまでも犯罪組織的なノリだった テレビドラマ終了後のスペシャル・劇場版から フリーメイソン的な世界規模の裏組織が暗躍してた的なノリになってきた かと思えば、現行の人類よりも上位的な存在のセカイ 向井理 や卑弥呼が登場 超能力犯罪者との対決が、人間以上の化け物との対決に変わってて、どう考えてもドラマ版のファンが望む展開じゃない 瀬文がセカイの時止めに打ち勝つ理由が作中で説明ゼロ。 ただの気合笑 人間よりはるかに上位の頂上的存在なセカイが時を止めた世界で瀬文が ・なめんな って言いながら動くシーン 瀬文にもなんか特殊能力ある?とか思いますよね? そんな描写、ドラマ版から通して一切ありません 劇場版でもゼロ 時止め中に動いた後にも、動けた理由とか解説ゼロです あえて解釈するとしても本当にただの気合と刑事魂だけ 普通の感性なら萎えますわ フィクションといえども、その作品世界の中で積み上げられた世界観を壊さない程度の理屈付けが欲しいと思うのは当たり前なはず しかも、この疑問に対する作品プロデューサーの答えが公式に 気合と刑事魂です だからマジでクソ ラストシーン朝倉が本当に視聴者置いてけぼり 最後の最後に出てきた、朝倉-アサクラ-ってのがあまりにも謎ですよね? こっちの記事でも説明してるんですけど SPECの脚本書いたプロデューサーの過去作。 『SPEC』は劇場版1作目も超絶酷い映画だったけど、この2部作はそれさえもマトモに思えてしまうくらいの、恐らく俺が観てきた映画で史上最低最悪の映画なので気になる人は是非! だからぼこぼこにされているんです。 その中で、瀬文だけが彼女の存在をつかみとる。 結が、ああいった内容でしたので、自分なりの解釈は出来て納得していたのですが、他の方の解釈や解説を聞いてみたいと思い、検索から辿り着いた次第です。 ただ「解釈を解説」とタイトルしているのに、最終的に「クソ映画だった」という「感想」に帰着している記事があったことには、非常に残念でした。 もちろん、管理人様が「クソ映画だった」という感想を持たれたことには、十分、納得がいく映画だったと思います。 ただ、私は面白かったです。 頭がオカシイからでしょうかね。 そんな、あの映画を面白いと思った頭のおかしい人間から一つだけ。 セカイが時を止めた時に、瀬文が意識だけでも、そこから抜け出せた理由が、気合と刑事魂であった(劇中では明言なし)という点は、あの一連の物語の中では、納得していい理由であると思います。 あそこで、体まで動いたら、さすがに私も「そんなアホな」となりますが。 一度、色眼鏡をはずして、ドラマ版や結のラストのくだりを観ていただければ、何か感じ取れるかもしれません。 管理人様が、ご納得行かなかった部分に関し、何か溜飲の下がるものが見つかれば、最後の最後まで楽しめた人間としては幸いです。 瀬文の気合いに異議が有るなら明らかに常人を殺せるスペックで死なない時点で既におかしいと思う という点で個人的にはあの場面で仮に気合いで動いてても問題ないです むしろ メタ的な意味で 動かさなかったのは動けたところでセカイに対抗させようがないからでしょう 卑弥呼が「死は他人に認識されることで生へ転ずる 異訳 」と言っています 瀬文が当麻を掴めたのは何らかの理由で旧世界の認識を引き継いでいたからと考えられます 「何らかの理由」については明確な説明が無い為、推測をするしかないですが 最も説得力が有るであろう解釈は 「旧世界の当麻が死んだことを唯一認識出来ていたのは殺した瀬文だけであった」ということでしょうか 自分はざっと通して見ただけでラストの「アサクラ」の意味が分からず検索してみた次第ですが ここは制作者のエゴというか、不必要だった気がします 他にも「平行世界へ移行した時点で死亡している人物は基本的に移行後の世界でも 歴史に矛盾しない形で 死亡している」という世界変移もののお約束を守っていなかったりもしますね 野々村然り 全体を通して娯楽映画としてそれほど出来の悪いものではないという感想です.

次の