横山 やすし。 横山やすしの晩年も伝説に!虚栄を演じた本当の性格が泣ける

横山やすし息子 現在がヤバい.....

横山 やすし

「毎度っ! 横山や。 日本一の天才漫才師・横山やすし(享年51)は波乱の後半生を送り、玉砕するかのように早世した。 今なお関西を中心に人気は絶大。 デビュー前からの「恩師」であるプロデューサーの澤田隆一氏が追想する。 澤田 いや、もっと早くて彼が中学1年生の時。 僕がやっていた 「漫才教室」(ABC)というラジオ番組に、本名の木村雄二で応募してきたけど、すでに天才だったね。 彼の相方が何にもできない子だったから、木村君が1人で「ツッコミボケ」をやって、ネタも自分で書いていたよ。 ラジオ、テレビともにお笑い番組を多く手がけ、特に「てなもんや三度笠」は60%以上の視聴率を獲得。 以降も「新婚さんいらっしゃい!」や「花王名人劇場」など、ヒット作を量産した。 澤田 ところが 最初は「コンビ別れの名人」と言われるくらい、相方が定着しなかった。 西川きよしさんに白羽の矢が立った時も、周りは「やめとけ」言いよったけど、きよしさんもヘレンさんに子供ができて、金が必要。 それで組んだら、あっという間にトップに立った。 澤田さんが手がけた「花王名人劇場」も、ブームに大きく貢献した。 澤田 だけど、最初はやすきよを推していない。 当時は「プロポーズ大作戦」など司会ばっかりで、漫才はほとんどやってなかった。 番組で「激突!漫才新幹線」という企画を立てた時も、東は星セント・ルイス、西は圧倒的におもしろかったWヤングに決めていた。 澤田 ところが、Wヤングの中田治雄が野球賭博の借金苦から命を絶った。 誰か代わりを探さないといけない。 そこで、やすきよにって話になったんです。 やっさんは野球なんか知らへん。 ボートはやるけど、賭けるんじゃなくて乗るほうやと。 澤田 それまで1桁だった視聴率が10%を超えて、以来、漫才と「裸の大将」が両輪となって長寿番組になりました。 久米宏と組んだ「TVスクランブル」(日本テレビ系)では酔って暴言を吐いたり、ドタキャンをしたために降板。 86年に相方が参院選で当選すると、さらに荒れていたように思います。 澤田 ボタンの掛け違いはあったでしょうね。 結局、スポーツ紙で出馬が明らかになると「自分に言わんと新聞に先に言うた」とキレた。 実際は西川さんがリークしたんじゃなく、別のルートから入ってきた話だったんですが。 澤田 医者から「このまま飲んだら死にますよ」と。 ただ「ビールならええでしょ」と言われて、ずっとビールばっかり。 それから息子(木村一八)の件もあって謹慎を繰り返し、たまたま私と作家の小松左京さんがホテルで打ち合わせていたら、やっさんが通りかかった。 酔った小松さんが「お前は正しい」と言うと、やっさんは「酒飲んで言わんでください」と照れくさそうに言った。 ところが、その3日後にビール飲んで車を運転して、バイクに乗った男をはねてしまった。 澤田 あれでやっさんは糸が切れてしまった。 何者かに殴られて、ロレツも回らんようになったけど、電話をかけてきては「キー坊と漫才やりたい」と言い続けてた。 人生の前半でラッキーを使い果たしたけど、亡くなってもやっぱり人気があるのはやっさん。 あれだけの天才というのは二度と出てこないでしょうね。 解剖の結果、 死因は「アルコール性肝硬変」 と判明、さらに血液からもアルコールが検出された。 亡くなった翌日のスポーツ紙の見出しには、自宅の玄関前にビールの空き缶が多く入ったごみ袋が写し出されており、亡くなる前日までビールを多量に飲んでいたことが、弱っていた肝機能を急激に低下させ、急死に至った原因であることが裏付けられた。 やすしは1986年に仕事先の徳島県で吐血し、その時に医師から「このまま飲み続けたらあと10年で死にます」と酒を止めるよう警告されていたが、警告を無視して酒を飲み続け、1994年頃から腹水が溜まるなど体調が悪化し、入退院を繰り返していた。 奇しくも前述の医師の『警告』通り、10年後の1996年にこの世を去る結果となった。

次の

横山やすしの死因と衝撃死の真相…晩年が悲惨すぎる…【息子&娘画像あり】 : NEWSまとめもりー|2chまとめブログ

横山 やすし

その後の横山やすし その顔と名前を一度見聞きしたら忘れられない個性を持つやすしは、事実上のピン芸人になってもテレビ・ラジオから引っ張りだこでした。 あんな強烈すぎる個性を芸能界がほっとくわけがない。 有名なところでは、 『 久米宏のTVスクランブル』 という報道番組でしょう。 久米宏とくれば『ニュースステーション』を思い浮かべる人が多いと思いますが、その原型がこの番組でした。 インテリアナウンサーと破天荒芸人がMCという、実にわけのわからない報道番組。 このコンビを思いついたのは久米宏氏の方でした。 知り合いだったきよしに頼み込み、やめとけ、君にはコントロールできへんと渋るきよしを説得し、やすしを紹介してもらい直接スカウトしたのだそう。 果たしてどうなるかバクチでしたが、やすしの放送禁止用語も辞さない爆弾発言の連発と、久米宏のとっさの切り返しが視聴者には大ウケでした。 日曜夜8時と言えば今でもNHK大河ドラマが圧倒的地位を築いていますが、昔の権威たるや今とは比べ物になりません。 その金城湯池にヒビを入れた最初の番組がこれでした。 久米宏は、2018年正月に『TVスクランブル』時代を回想しています。 久米宏の回想 「ただ、(やすしさんは)やっぱり、居心地が悪かったんでしょうね、最終的に。 自分が信じていることを言って、それが僕に「バカ」って言われたりなんかしたりして、でも、評判はいいという、妙な立場に置かれたのが嫌だったのかもしれないですね。 きよしさんと二人でやっている漫才師から逸脱することが嫌だったのかもしれないし、自分がちょっと上から目線で人を見るような立場に立つことが嫌だったのかもしれない。 言ってみれば、漫才師が評論家みたいなポジションに行くのが嫌だったのかもしれないですね」けれど、その後にお笑いの人たちがキャスターをやる流れができていくなかで、やすしさんがやったことは大きいことでした。 『TVスクランブル』で新たな境地を開き、新しい居場所を見つけたかに思えたのですが、芸人という看板を外すことができなかった不器用な面があったことを、久米宏は見抜いていたのでしょう。 ある日、Twitterでお世話になっているフォロワーさんが、こんなツイートをしていました。 YouTube全盛期の今ですが、もう少しこれが早ければ 「ゆーちゅーばぁ たかじん」 とか 「怒るでしかし!横山やすしチャンネル」 とか見れたんですかねぇ — Osaka-Subway. Youtubeなら酒のみながらでもできるので(実際やっている人もいる)、酒を片手に時事問題を斬りまくるやっさん…言うてることメチャクチャやけどおもろいおっさんやなと人気は太鼓判。 AIやVRで復活させることはできないだろうか…私は今変な考えを抱いています。 やすしの終わりの始まり… ところで、東京は知りませんが大阪には 「芸人はトラブルから新しい芸が生まれる」「芸人はトラブル起こすくらいが元気でええ」と、芸人のトラブルやスキャンダルには寛容な風土がありました。 やすしのトラブルも、当時の吉本興業のドン林正之助がやんちゃぶりをずっと大目に見、終始かばっていました。 しかし、非常識でなんぼの芸人にも社会人としての常識を求め、その枠にはめる時代になっていました。 残念ながら、やすしはその時代の変化を読めなかったのです。 何度もトラブルによる謹慎処分を受けたやすしは、吉本から 「次何かやったら問答無用でクビにする」 という警告を受け、その時は反省します。 が、やはりダメでした。 謹慎処分が明けてすぐに飲酒運転を起こし、相手に怪我を負わせてしまいます。 相手のケガは大したことなかったこともあり、やすし本人も事態を重く見ておらず、テレビカメラの前で笑顔すら見せていました。 しかし、吉本の堪忍袋の緒は、これでプッツンと切れてしまったのです。 この事故で吉本は緊急会見を開き、即日契約打ち切りとなりました。 一般企業でいう懲戒解雇です。 吉本も、 「これ以上庇うと会社としてのモラルを問われる」 と公に述べたように、やすしと縁を切る非情の決断をしたのです。 終始彼をかばってきた林正之助も、「もうええわ」と覚悟を決めました。 芸能界の懲戒解雇はほぼ芸能界追放と同じこと。 やすしは漫才もできない、仕事もないとますます酒に溺れることとなりました。 「やすきよ」もこの時点で自然消滅となり、二人が生きて顔を合わせることは二度とありませんでした。 やすしは、テレビカメラの前では、 「漫才なんか誰でもできるわい!」 と強がっていたものの、親しい人には、 「俺はキー坊 (きよしのこと)としか漫才ができん、キー坊とやりたいんや…」 とうなだれていたと言います。 数年の時が経ちフリーとして活動を再開したやすしは、Vシネマなどの映画に活動の場を移しました。 漫才をそのまま演技に応用した独特の存在感は、やすし健在をアピールさせました。 が… やすし謎の暴行事件、そしてあっけない死 1992年8月、酒を飲んで自宅に帰ろうとしていたやすしは、自宅前で待ち伏せしていた何者かに襲われ、危篤状態になったことも幾度かあったほどの大けがを負いました。 頭を強く打った彼は一時言葉が話せなくなりますが、リハビリで驚異的な回復力を見せます。 しかし、それを第三者として見ていた「やすきよ」の元マネージャーは、 「このケガで漫才師復活への道は完全に途絶えた」 と冷静に分析しています。 いくら強がっても失語症の後遺症の影響は残り、身体のキレも全くない。 芸人横山やすしはこの時点で「死亡」したと。 吉本所属の芸人との共演NG、他の事務所も敬遠する中、その後も細々と活動を続けるのですが、ただでさえ極端に痩せ目も虚ろな姿に「やすきよ」時代の輝きはありませんでした。 やすしをリアルタイムで知らないある人は、晩年の彼の写真を見て70代に見えたと言っていました。 実際はアラフィフなのに。 そして1996年1月、昭和最後の芸人と呼ばれた男は、家族が外出している間に体調が急変し、誰にも看取られることなく死去しました。 享年51歳。 破天荒なことしなければ、芸人としてもっと活躍できたのに…いや、あの破天荒さがなければやすしではない。 相反する矛盾を抱えた天才芸人でしたが、彼は晩年、こんな言葉を漏らしたと言います。 「もう、横山やすしを演じるのは疲れたんや」 破天荒で強気な横山やすしに対し、しかし、素顔の木村雄二は小心者で極度の寂しがり屋。 彼にとっての酒は、木村雄二から横山やすしへと変身する秘薬。 やすしと酒は切っても切れないものでしたが、酒がないと芸人横山やすしになれなかったのかもしれません。

次の

横山やすしの伝説の生い立ち~真実の姿と妻の苦労が悲しい

横山 やすし

五仁會の竹垣悟氏 出典:ツイッター 竹垣悟(たけがき さとる)は1951年3月21日生まれ、兵庫県姫路市の出身。 1972年頃に山口組竹中組・坂本会会長の坂本義一の盃を受けて渡世入りします。 坂本会では若頭を務めたことも。 また義竜会を結成し、会長に就任します。 1979年、後の四代目山口組組長・竹中正久から盃を貰い竹中組の直参になりました。 竹中組では組長秘書、若頭補佐を務めます。 1989年、竹中組の(射殺された四代目山口組組長・竹中正久の弟)竹中武が一和会との和解を不服として山口組から脱退すると、竹垣は竹中組を離脱して中野会に移籍しました。 中野会では若頭補佐を務めます。 1997年、中野会が宅見勝組長暗殺をめぐる疑惑で山口組から絶縁されると、竹垣は中野会から離脱し、山口組直系組織の古川組に移籍、古川雅章組長の舎弟となり、舎弟頭補佐を務めます。 2005年、古川組長が引退して二代目を古川恵一が継承すると、盃を拒否して破門処分になり、引退して堅気になりました。 2012年にNPO法人の「五仁會」を立ち上げて代表に就任、暴力団からの離脱をした組員の更生を援助する活動に注力しています。 横山やすしと竹垣悟(五仁會)は義兄弟 盃をする2人の画像 その竹垣悟が1994年、中野会の幹部(若頭補佐)だった時代に、義竜会の事始めで横山やすしと盃を交わした写真が残されています。 竹垣悟氏自身が、ツイッターで写真を公表しています。 あれから何年の歳月が流れたろう… — 竹垣悟 Hvx0vFObCEizO6M この写真は当時、FRIDAYにすっぱ抜かれて大騒ぎになったといいます。 2枚目の写真では背景に、「天照大御神」の文字を中央にして、右側に「兄 竹垣悟」、左側に「弟 横山やすし」と大書されています。 ここから五分の盃ではなく、兄を竹垣悟とする「兄・弟」の盃だったことが分かります。 ちなみに2人は、竹垣悟氏が1951年3月21日生まれ、横山やすしが1944年3月18日生まれで、年齢でいえば横山やすしの方がかなり年上になります。 撮影が1995年ごろということになれば、やすしは1996年1月21日に死去しているので、死の少し前に盃を交わしたことになります。 他にも竹垣氏はこのようなツーショットを公開しています。 横山やすし師匠との縁は中野太郎親分の一言で始まった… 「縁は異なもの味なもの」とは、よく言ったものだ! — 竹垣悟 Hvx0vFObCEizO6M 横山やすし師匠との一葉… あの世でしか会えなくなってしまったなぁ〜 — 竹垣悟 Hvx0vFObCEizO6M 竹垣悟・横山やすしのツーショット写真 全部のツーショット写真を並べてみます。 横山やすしと竹垣悟が盃を交わした経緯は? 横山やすしと竹垣悟が盃を交わした経緯は『実話ナックルズ』2018年4月号の記事によれば、このようなものだったそうです。 横山やすしは当時、借金だらけになって困っており、借金取りが来た時に、「喧嘩太郎」と呼ばれた山口組の超武闘派組長「中野太郎」の名前を出して、「ワシのバックについとるぞ」と言って追い返していました。 もちろんそれは事実ではないので、中野太郎が子分の竹垣に「俺の名前は出すなとやすしに言っとけ」と言い、そのようなやり取りから結果的に盃を交わすことになったといいます。 要は「中野太郎」の名前の代わりに自分(竹垣悟)の名を心置きなく使えるように、ということだったようです。 インタビュアーは「勝手に『中野会』の名を使われて迷惑をかけられたのに面倒を見たのですか?」と尋ねると、竹垣は「自分にとって、やっさん(横山やすし)は雲の上の人。 その人が雲の上から落ちて私らのところに来たのですから、男気とお金があったら手を差し伸べます」ということを話しています。 竹垣はやすしが姫路に来るたびに5万か10万ほど渡し、やすしの自宅がある摂津まで若い衆に車で送らせていたといいます。 竹垣は「若いもんからしたら嬉しい役目」であり、みんなが嬉しいから、いいお金の使い方だと感じていたそうです。 私が率いた山口組系「義竜会」の宴席にて『俺は浪花の漫才師』を歌う横山やすし師匠…週刊新潮8/29号が昨日発売されたので、記念に この写真を初公開する。 — 竹垣悟 Hvx0vFObCEizO6M 以上になります。

次の