村井 産婦 人 科。 松本市の産婦人科/ゆり産婦人科医院/診療のご案内

穴があったら入りたい!既婚女性100人が産婦人科でしでかした恥ずかし体験エピソード集(暮らしニスタ)

村井 産婦 人 科

当院のコンセプト 岩手県盛岡市で産科・婦人科をお探しの方は、産科婦人科 吉田医院までご相談ください。 妊婦健診・出産・里帰り出産など、お産に関するご相談は、当院の専門分野です。 また、子宮筋腫・子宮内膜症など、婦人科系疾患のお悩みもご相談頂けます。 子宮がん検診や女性健診など、予防を目的とした定期検診も実施しておりますので、まずはお気軽にご来院ください。 初診の患者様へ 当院は予約制ではございませんが、院長の医師会・行政の会議などで、 受付時間に変更が生じることがあります。 特に 初診の患者様におかれましては、事前にお電話で確認頂いてからのご来院をお願いしております。 皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。 地域の皆様へ、感謝を込めて 当院のホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。 平成元年から父の後を継いで「産科婦人科 吉田医院」を開業している、院長の吉田耕太郎です。 勤務医時代は主に分娩に関わる周産期センターで研鑽して来ました。 年間2000件を越す分娩に関わって来ましたが、分娩チームで協力して来た事です。 開業してからは一人で関わる訳ですので妊婦さんが良くない状態にならない様に妊娠初期から食生活を含め指導しております。 母は宮沢賢治の従姉妹ですが、私にはその方面の才能はまったくありません。 しかし、「雨ニモマケズ」の精神で頑張っています。 昔で言う「赤ひげ先生」のようなイメージでやっていますので、お気軽に当院へいらしてください。

次の

北九州市の女性医師のいる産科/婦人科がある病院 12件 【病院なび】

村井 産婦 人 科

産婦人科の突然の閉院について。 ちょっと愚痴らせてください 私は今月初めに出産したのですが、ずっと通っていた産婦人科に3月いっぱいで閉院すると2月の末にいきなり聞かされました。 次の診察 までにどこで分娩するか考えてこいとのことでしたが、あまりに突然の話だったので、車で30分ほどのその病院の分院でそのままお世話になることにしました。 上の子もお世話になった病院ですし、院長先生もスタッフさんもそのまま分院に移ると聞いたし、距離は気になりましたが今から他の病院を探す余裕もなかったからです。 新しい病院はとてもゴージャスな分 費用も10万円近く高くなるのですが、転院してきた私たちには前の病院の代金を適用とのことでした。 しかし実際は前の病院より少し高く、入院日数は短くなったので割高になったと思います。 また、駅から遠く、通院や母が子どもを連れてお見舞いに来てくれるたびに電車賃とタクシー代もかなりかかりました。 いろいろとわだかまるものはあるのですが、その費用の話をした時の受付の説明が、違う病院を選ぶこともできたはずだというニュアンスだったのが引っかかっています。 確かに、私より早い予定日で近所の病院に移った方もいましたから。 今回の閉院の原因が、この分院の先生が退職してその後任が決まらなかったから院長が移ることになったことらしいのです。 閉院した病院は20年ほど経っていますが分院はまだ1年と新しいです。 分院の先生が退職するのは自分で新たに開業するからと聞いて、それも引っかかっています。 そんな理由ならもっと早くに閉院はわかっていたのではないかと。 もっと早くにわかっていたらいろいろと検討もできたと思うのです。 こんなことに引っかかるのは私が過敏になっているからなんでしょうか;口コミサイトにはネガティブな意見は却下されます。

次の

たから産婦人科

村井 産婦 人 科

当院は1982年(昭和57)年9月に、産科と婦人科を専門とする施設として開設いたしました。 創立以来、年間の出産数は平均600人前後で、通算すると22418人にも達しました。 この数字は例えれば1000人の小学校の22校の生徒の全員が、たから産婦人科で生まれたということになります。 この数値を前にすると、恐ろしくもありますが、感謝と感激で一杯です。 反面その責任は重く、おのずと身が引き締まります。 お陰様で親子二代に亘って当院で出産されるケースも多く見られるようになりました。 昨今は高齢出産が目立ち、妊婦さんの置かれている背景に一層の心配りが求められます。 全職員努力して信頼を勝ち得て、安心してお産が出来る施設を目指して日々努力を重ねていきます。 よろしくお願い申し上げます。 2019(令和元)年 理事長 高良光雄 Meet Our Doctors Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Praesent ultrices posuere felis et consectetur. Quisque sagittis sit amet nunc nec hendrerit. Morbi eu mi ipsum. Donec quis mi quis diam fermentum eleifend. Ut non lorem massa. Nulla quam nisi, consectetur eu leo sit amet, rutrum scelerisque quam. Etiam rhoncus sollicitudin urna, quis posuere elit blandit a. Quisque purus arcu, faucibus vel quam in, ullamcorper vulputate risus.

次の