ゆうちょ 認証アプリ。 ‎ゆうちょ認証アプリ on the App Store

【ゆうちょ通帳アプリ】スマホに登録する手順を図解『ダウンロードから残高確認まで』

ゆうちょ 認証アプリ

ゆうちょ認証アプリは、ゆうちょダイレクトのログイン時や送金時の本人認証機能として利用できる本人認証専用アプリ。 アプリで生体認証 指紋、顔認証 を行なってログインできる。 利用には事前にゆうちょダイレクトの申し込みが必要。 送金は、アプリに登録したPINコードの入力で行なえる。 従来必要だったハードウェアトークンの持ち歩きや、メールワンタイムパスワードの入力などの手間がなくなる。 スマホに登録した生体情報で本人認証を行なうため、パスワードの盗難や第三者の不正アクセス等の被害を防止できるとしている。 PCでの取引にも対応。 PC側に表示されたQRコードをアプリで読み取り、スマホで認証すると、そのままPCからログイン、送金ができる。 対象の取引は、ログイン、ゆうちょ銀行あて振替、他金融機関あて振込、連動決済振替サービス、税金・各種料金の払込み ペイジー 、住所・電話番号の変更、国際送金の申し込み。 対応端末は、Android 6. 0以降の指紋認証搭載スマホ 指紋認証 、Android 4. 4以降のインカメラ搭載スマホ 顔認証 、iOS 9以降。 iPadでは利用できない。

次の

ゆうちょダイレクトのアプリ登録してみた! ゆうちょユーザー必須のアプリ

ゆうちょ 認証アプリ

黄色で示された電話番号が使用されるのだが、この番号が登録されていないと厄介である。 変更には、ゆうちょ認証アプリが必要だが、登録手続きそのものがゆうちょ認証アプリなのでどうすることもできない。 そこで本日、書面での手続きをしようとサポートセンターに電話を入れると、窓口で対応するのでキャッシュカードと本人証明となる免許証などを持参してご来店くださいとのことだった。 早速、最寄りのゆうちょ銀行支店へ出向いて手続きをする。 その際、キャッシュカードだけで簡単に変更できた。 申請書類に電話番号を記入して提出、その場で即新しい電話番号が登録された。 なお、電話番号は固定電話である必要はなく、携帯電話でも問題はない。 音声通知で確認コードを知らせてくるので、電話なら何でもOKと云うことらしい。 本人確認は特になく、キャッシュカードの提示だけでOKだった。 自宅に帰ってゆうちょ認証アプリの登録手続きを行ったが、問題なく登録できた。 今回は、ダイレクトに移行した際に、電話番号がどのように引き継がれたかが・・・そのへんが怪しい限りではあるが、今となっては経緯は不明である。 いずれにしても、ゆうちょ認証アプリがないと、ネット上での様々な手続きが制限されるので、是非とも登録しておきたいところである。 125•

次の

【ゆうちょ通帳アプリ開始】残高照会アプリのサービスは終了!

ゆうちょ 認証アプリ

電話としての機能の良さから、ガラケーとタブレットもしくはPCと言う構成で仕事をしている個人事業主は世の中に相当数いるのですが、こういう人にとってはインストールして登録すると資金の移動ができなくなる害のあるアプリですので、くれぐれもインストールされないように気をつけてください。 iPad Air 2で最新のiOSを利用していますが、Safari、Google Chromeどちらを利用してもゆうちょダイレクトのトップページから「生体認証でログイン タブレット 」をタップすると「パソコンからはアプリの起動ができません」がポップアップされます。 どのタブレットだったらアプリの起動ができるんでしょうか? 履歴やキャッシュの削除、デフォルトでモバイルページが表示されるように設定するなどしてももちろん無駄です。 タブレットにインストールした生体認証アプリからログインすると、Safariが起動しスマホ用のウェブページが表示されます。 しかし振り込みの画面で、PINを入力するために「アプリを起動する」をタップすると、また 「パソコンからはアプリの起動ができません」と表示され、送金ができないまま終了してしまいます。 もちろんGoogle Chromeでも同じ表示です。 そしていつも使っているPC画面からは、アプリの利用開始とともに振り込み送金ができないようになっているため、まさに「詰み」の状態です。 1時間ほど試行錯誤を繰り返し、ようやくこの方法で送金ができましたので後学のために書き残しておきます。 まずPCがある状態で、ゆうちょダイレクト画面からお客様番号を入力します。 その状態で「生体認証でログイン」をクリック、PC画面にQRコードが表示されます。 タブレットでゆうちょ認証アプリを起動して、QRコード読み取りのところから、PC画面に表示されたQRコード読み取って、PC画面上でログインをする。 その状態だと、PC画面上で振り込み、送金の操作ができるようになる。 振込み確認画面の最後に、またQRコードが表示されるので、再度タブレットの認証アプリでQRコードを読み取って認証する。 PC上で送金完了操作をするとそれでやっと送金ができます。 今までの状態に戻すには平日に郵便局へ行って書類を書いて送信済しなければいけないと言うことで、あまりのことに唖然としています。 問題のあるアプリ。 プリペイドカードにゆうちょ銀行の口座から送金をする際に使っていました。 他の方も仰っているようにiOS13では使えません。 現在、iOS13が公開されてから2ヶ月。 現在、アプリの動作検証を進めております。 動作検証の結果については、確認後、ゆうちょ銀行Webサイトでお知らせいたします。 」 いまのところ、Webサイトでは新しい情報はなく、さらに生体認証アプリをアンインストールしても以前のようなワンタイムパスワードを発行してのゆうちょダイレクトへのログインはできないとのこと。 流石に問題だと思います。 金融機関のアプリのセキュリティは堅固でいなければならないから新しいOSに適応するためのアップデートに時間がかかるのは分かります。 しかし、それにおける対応が一切ないというのが一番の問題です。 せめて生体認証ログインを無効にする手段が有ればいいのにそれさえもないのは異常ではないでしょうか? 以前からゆうちょダイレクト含め、ゆうちょ銀行のシステムについては少し警戒していた部分がありましたが、このアプリについての対応が決定打になりました。 おすすめできません。 これだけ悪評の最悪アプリは今まで見たことも聞いたこともありません 怒 いい加減退会・アンインストールで以前の「トークン」システムに無料で戻せるよう考えたらどうなんですか? 馬鹿らしいけど再度、以前お送りした内容でお送りします 怒 このアプリをインストールし登録すると今まで「ゆうちょダイレクト」で使用していたトークンが使用できなくなり、このアプリを廃止しトークンを再利用するには「ゆうちょダイレクト」を再申し込みしトークンを再利用申し込みをすると手数料として1,650円必要とのこと。 この件についてはこの「ゆうちょ認証アプリ」をインストールし登録する際には何も注意喚起を促す文章 案内 等は一切ありません。 よくある質問でこのアプリ廃止の項で「ゆうちょダイレクト」を再申し込みする必要あり、とだけあってトークン再開の手数料はコールセンターに電話して初めて明らかになるのです。 これは顧客を騙して利用者を増やす詐欺のようなものです。 早急にこの詐欺のような「ゆうちょ認証アプリ」をスマホから廃止し「ゆうちょダイレクト」のトークン利用再開が普通に手数料なしでできるよう改善していただきたい。

次の