コロナ 新幹線。 JR各社、新幹線を通常ダイヤに 宣言解除受け減便中止 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

新型コロナウイルスの影響? 東海道新幹線がガラガラに

コロナ 新幹線

新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の解除が各地で進んだことを受け、JR各社は22日、実施・予定していた新幹線の定期列車の減便を取りやめると発表した。 JR東海は東海道新幹線で実施している減便を6月1日以降は取りやめ、全ての定期列車を運行。 JR西日本も、減便していた山陽新幹線「のぞみ」の定期列車を元の本数に戻す。 JR東日本は東北、上越、北陸、秋田、山形の各新幹線の定期列車を今月28日以降は約4割減らすとしていたが、これを取りやめ、通常ダイヤでの運行を続ける。 中央・常磐線の特急の減便もやめる。 また、JR東は延期していた新幹線と在来線特急の指定席の販売を23日から順次始める。 混雑を避けるため、7月8日までは新幹線「はやぶさ」「はやて」「こまち」「かがやき」の指定席で約6割、グリーン車で約5割を上限にする。 JR各社によると、お盆などの繁忙期を含む7~9月、山陽・九州新幹線では臨時列車の運行を現時点では計画していない。 北海道・東北、上越、北陸、秋田、山形の新幹線では、計画はあるが運転を取りやめる可能性があり、指定席の販売を当面見合わせる。 東海道新幹線については、臨時列車を運行するかどうか、今後決める。 (一條優太).

次の

JR各社、新幹線を通常ダイヤに 宣言解除受け減便中止 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

コロナ 新幹線

日本の大動脈「新幹線」の新型コロナ対策について取材しました(写真提供:JR東海) 春は就職や転勤、あるいは入学等で、移動が多くなる季節。 新型コロナウイルスの流行が心配されますが、帰省や出張、自然の多い地域への旅を控えている方もいらっしゃることでしょう。 そんな時、気にかかるのが移動手段の安全性。 未知のウイルスであることから「絶対安全」のお墨付きを求めるのは難しい状況です。 心がけるべきは、安全性やリスクを把握・判断できる正しい情報を得ること。 そのうえで必要な対策を自らも行い、自分の感染予防はもちろん、他の人へうつさないようにすることだと感じます。 換気・清掃・新型コロナへの取り組みに焦点をあて紹介します。 換気能力は意外と優秀 厚生労働省は新型コロナウイルスの専門家会議の結果を受け、3月19日にホームページで「「密閉」「密集」「密接」を避けて外出を」と提言しています。 そんな中、換気が重要だといわれており、新幹線について「窓は開かないが換気は大丈夫か?」と心配をされている方も多いのでは? そもそも、感染症は新型コロナウイルスに限ったことではありません。 普段から感染症への対策は必要であり、国では換気に関する基準をさまざまな場所に設定しています。 車両についても例外ではなく、国により換気の車両設計基準が定められており、 日本で運行するすべての新幹線車両について「その基準を十分満たすように設計されている」(JR各社)とのこと。 また走行中・停車中に関わらず、換気は常時行われており、外気を車内へ取り入れるのも各号車ごとに自動制御でされているそう。 「東海道新幹線の場合、計算上は約6~8分に1回は、車内の空気が新しい外気とすべて入れ替わる」(JR東海)といい、他の新幹線についても「換気の機能としては同程度の精度がある」(JR各社)と回答が得られました。 イメージとは異なり、新幹線の換気能力は優秀で、密閉空間にはあたらないと考えてよさそうです。 加えて新幹線の車両は、シートピッチも広く、頭上も荷物置き場として空間が確保されています。 そのため「お客様(人)の密度が他の乗り物と比較して小さい」(JR東海)といい、 移動手段のなかでは「密集」のリスクも比較的低い方であると考えてよさそうです。 さらに乗車時にはマスクをする、小声で話すなど、一人一人が気を付けることで、「密接」のリスクを抑えることもできるでしょう。 手が触れる箇所は自衛も。 新幹線の清掃・消毒は? 新幹線の清掃や消毒はどのように行われているのでしょう?(写真提供:JR東海) 新型コロナウイルスの感染ルートは、飛沫感染と接触感染の2つと考えられています。 そこから考え、新幹線利用時に気を付けるべきは、トイレや洗面所の利用時(特にドアノブなど)、座席のテーブル等といわれています。 「テーブル、手摺、握り棒、壁、戸、荷棚等(窓ガラス、鏡は除く)について、従来湿布拭きとしている水を一般的に殺菌効果のあるアルカリイオン水に変更し、拭き作業を実施しています」(JR北海道) 「特定の車両基地に入ったタイミングで(新幹線の場合、1日~4日間隔)、テーブルやひじ掛け等、お客さまが触れる箇所に対して消毒を行っております」(JR東日本) 「日々の車両清掃で、一般的に殺菌効果のあるアルカリ性電解水による清掃を行い、客室内の衛生管理に努めています」(JR東海) 「当社規則にのっとり、お客様に車内で快適に過ごしていただけるよう清掃を行っております。 ポイントは以下の通りです。 消毒する箇所:トイレのドアノブ、スイッチなど乗客や乗員が触れる可能性の高い箇所• 消毒の方法:次亜塩素酸ナトリウム液などの消毒液を利用• 消毒の頻度:毎日(多くは車両基地で実施) 消毒の状況を考えると、朝には綺麗な状態であることが想像できますが、自分が乗車するときの状態まではわかりません。 新幹線に限ったことではありませんが、トイレ利用時の手洗いの徹底やアルコール消毒の実施。 座席のテーブルやひじ掛けは着席時にアルコール入りの除菌シートなどで拭いてから利用するなど、各自で納得のいく自衛策もあわせて講じるとよいでしょう。 その他の新型コロナウイルスへの取り組み 他にもJR各社では、新型コロナウイルスの広がりをうけて、「駅員や乗務員など接客に従事する社員にマスクの着用を義務づけている」(JR各社)、「接客・清掃業務などに関わる関係会社社員に対しても同様に対応」(JR東海)とのこと。 お客様向けの手指用消毒液についても「新幹線全駅に設置をしている」(JR東海、JR西日本、JR九州)、「新幹線全駅および在来線主要駅に設置」(JR東日本)、「主要駅など計17カ所に配置し、設置駅の出改札カウンターなどは1日数回除菌シートで拭き取りを行っている」(JR北海道)と、こちらもすべてのJRで対応をしています。 またJR東日本は在来線での対応になりますが、ドアの開閉による換気に加えて「空調装置による喚気で定期的に外気を取り入れる」ことも定期的に行い、換気を積極的に行っているといいます。 「どこまでやれば安全か?」が現段階でわからない中ではありますが、鉄道各社もできることから取り組んでいることがわかりました。 利用者側も、厚生省が発信しているなども参考にしながら、自分で必要と思う対策も心がけることが大切です。 最後に、新型コロナウイルスの影響で、3月、そして4月以降、GWにかけても、運休等の発表がされています。 JR各社のホームページで、対象列車や対応は掲載があるので、乗車や予約を予定されている方は確認をしましょう。 例えば、東海道新幹線では、3月19日(木)~3月31日(火)、4月3日(金)~5月6日(水祝)に増発を予定していた「のぞみ」号の臨時列車を中心に、一部の列車の運休を発表しています。 運休する列車の特急券、および乗車券類については、変更や払い戻し等の手続きを案内しているので、該当する人は確認を。 また、新型コロナウイルスの影響により旅行を取りやめる場合にも、JR東海では手数料なしで払い戻しの対応をしているとのこと。 詳しくはHPを確認のうえ、駅係員に申し出るようにしましょう。

次の

新型コロナウイルス感染 新幹線、電車、バス、夜行バスも注意

コロナ 新幹線

車両基地では通常の清掃に加えプラスアルファの消毒を行う(記者撮影) 5月25日に政府の緊急事態宣言が全面解除され、人々の移動が再び始まろうとしている。 とはいえ、不特定多数の人が利用する乗り物での移動は不安だという人も少なくないだろう。 そこで、鉄道各社が新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組みについて、ホームページなどで発表している。 そんな中、JR東海が、東海道新幹線における感染対策を28日、報道陣に初めて公開した。 走行中の新幹線では、車内を巡回する乗務員が消毒液でトイレのドアノブやボタンなど、乗客が触れる場所を丁寧に消毒する。 車内のワゴン販売を担当するパーサーも、車内にある準備室など担当範囲について消毒する。 近年は警備員が乗車して車内を巡回しているが、さすがに警備員は消毒作業は行わない。 それでも新幹線の車内を乗務員が2往復すれば、消毒作業を4回行うことになる。 気密性と換気を両立させる秘訣 最近の通勤電車では、車内の窓開けによる換気が当たり前になったが、新幹線は窓が開かない構造になっている。 気密性を高めることで車内の気圧を一定に保ち、高速でトンネルに入るときなどの気圧の変動によって生じる「耳ツン」を防ぐためだ。 しかし、車内に新鮮な空気を取り入れる必要もあり、新幹線では空調・換気装置を使ってつねに外の空気との入れ替えを行っている。 換気装置が取り入れた空気は、空調装置で冷やしたり温めたりすることで最適な温度にしてから車内に送り込まれる。 荷物棚の下にある吹き出し口から出た空気は、車内を循環して座席の下にある排出口を通じて車外に排出される。 車内の空気は6〜8分で外の空気と入れ替わる。 空気の入れ替えに伴い気密性が損われないか気になったが、「取り入れる空気の量と排出する空気の量を同一にすることで気密性が保たれる」とJR東海の担当者は話す。 なお、空調・換気はもともと新幹線車両が備えている機能であり、感染症対策として特別なことはしていないという。

次の