西成あいりん地区 売春。 大阪西成区あいりん地区出身者の芸能人や有名人を紹介!

西成暴動

西成あいりん地区 売春

本名 家鋪隆仁 生年月日 1949年10月5日 現在の年齢(2019年現在) 2014年1月3日64歳没 出身地 大阪府大阪市西成区 血液型 O型 活動内容 歌手、タレント、司会者、ラジオパーソナリティ 所属グループ OSAKAあかるクラブ 所属事務所 パブリック・インフォメーション・スタイル やしきたかじんさんも大阪市西成区あいりん地区の芸能人です。 昔、クラブで弾き語りのバイトをしていたときに、態度が悪い客がいると、卵や洗剤、タバスコなどをぶつけていたという話を持っています。 ただ、歌手としての才能はとてもあり、ヒット曲もあります。 自分の家族とは仲があまりよくなく、家族の話を自分からはほぼしません。 また、自身も3度の結婚をしています。 ・亀田興毅のプロフィール 本名 亀田興毅 生年月日 1986年11月17日 現在の年齢(2019年現在) 32歳 出身地 大阪府大阪市 血液型 B型 活動内容 元プロボクサー、実業家 所属グループ 所属事務所 亀田プロモーション ・亀田大毅のプロフィール 本名 亀田大毅 生年月日 1989年1月6日 現在の年齢(2019年現在) 30歳 出身地 大阪府大阪市 血液型 B型 活動内容 元プロボクサー 所属グループ 所属事務所 株式会社トゥモロウズ ・亀田和毅のプロフィール 本名 亀田和毅 生年月日 1991年7月12日 現在の年齢(2019年現在) 27歳 出身地 大阪府大阪市 血液型 活動内容 プロボクサー 所属グループ 所属事務所 株式会社トゥモロウズ 亀田三兄弟のことは知らない人はとても少ないでしょう。 プロボクサーとして3人とも活躍した兄弟です。 この亀田三兄弟も大阪市西成区愛凛地区の出身者と言われています。 先に紹介して赤井英和の家と近くだったとも言われています。 当時、赤井英和の名を知っていた亀田三兄弟は赤井英和を倒すと宣言し、赤井英和が亀田興毅の学校まで来たとも言われています。 父親は、亀田三兄弟が小さいときは工事現場で働いていました。

次の

500円売春に不正入手薬…西成あいりん地区の貧困とカオス(上)

西成あいりん地区 売春

大阪市西成区。 破滅の終着駅。 ネタにしようとした人間が返り討ちにされる恐ろしい場所。 その恐ろしさを理解していない輩の皆様の為に、事前学習セットを用意した。 事前学習 ジャンジャン横丁。 サラリーマンが通勤する時間帯に居酒屋で酒を飲むおっさんの姿が見られる。 昭和の遺産とか、大阪のマニアスポットとか、最近は持て囃されているが、こんなものはセックスで言えば前戯にすらならない。 そのまま国道を渡り、堺筋方面へ歩いてみる。 西成には自動販売機=120円の概念はない 西成には駐車違反や車検制度という概念はない 街中がアンモニア臭い。 パチンコ屋にあらず スーパーの上のマンションは、入口がスーパーの中にあります。 スーパーの中には「家賃は前払いで」と張り紙がしてあります。 知らない人には意味がわかりませんが、意味がわからない人はそもそもここで買い物をしません。 VHSエロビデオからヴィトン(みたいな)の財布までが路上で売られています。 朝市では、賞味期限切れの弁当が飛ぶように売れていきます。 漫画喫茶より安いのが西成のホテルの相場。 西成公園。 公園なのに鉄条網。 もはや本来あるべき機能を完全に失っている。 高架下の一等地はフェンスで囲われ、家を建てられないようにしている。 通学する子供達。 警告を促す看板が金網の向こう側にある虚しさ。 パチンコ屋の新装開店にあらず 西成警察署。 通称「要塞」。 暴動時には機動隊や特殊車両が集結する。 三角公園。 一般人でも粉が買える日本屈指の小麦粉市場。 夜にこの周辺を歩くと粉売人から声をかけられます(かけられました・・) その他画像は自主規制(汗 学習終わり 凄いですね〜。 で、今回は、ここ西成にある韓国エステへ潜入してみるという内容です。 生きて帰ってこれるでしょうか。 行こうとしているのは、「Y」というエステ。 所在地は西成区花園北。 西成区ではまあまあデンジャーなゾーンである。 (最もデンジャーな地域は萩之茶屋周辺。 ) ポケットに1万円札と1千円札を10枚だけ入れる。 1千円札の5枚は右に5枚は左のポケットに。 あとは携帯電話のみを持って、いざ出発。 夕方に店前まで行ってみたが、閉まっている。 夜になるのを待って、再び行ってみた。 時刻は21時。 今度は開いている。 店前には転がし看板が出ている。 扉の前でしばし考える。 入るか入らないか、自分の中で二人の自分が議論する。 まあ、いつも「入る派」が勝利するのはご存じのとおりである。 なんてったって「入る派」は、世論が後押ししていますからね。 深呼吸して扉を開ける。 中は薄暗く、誰もいない。 私の姿をセンサーが捉えチャイムが鳴った。 奥からママと思われる。 太った中年女が出てきた。 中国人か韓国人のようだ。 にやにや笑いながら、「おにいちゃん。 いらっしゃーい。 」と言われる。 単刀直入に「いくらですか?」と聞く。 長居は無用だ。 さっさとセックスして帰りたい。 そんな俺の気持ちとは裏腹に、ママは「まあ、座って。 お兄ちゃん」と、商談を有利に進めようとする。 強引にソファに座らされる。 「今日は、遊びにきた?そう、おにいちゃん16000円のがいいよ」 16000円の他にもコースがある(ことになっている)らしいが、セックスできるのは16000円のコースだけらしい。 「マッサージはあるの?」と聞くと、少し困ったように「マッサージは無いの」と返される。 マッサージがないって、それただセックスするだけやんけ。 それで16000円?西成で?缶ジュースが50円の土地で?16000円あったらドヤに10日以上泊まれますよ? 「でも気持ちいいよ」 ・・・そりゃま、そうだけど。 露骨だね。 「お兄ちゃん、もしマッサージしたいならママがしてあげる。 安いのもあるけど、16000円のがいいよ」 「16000円は高いなあ」 もっと安くなるだろうと考え、交渉を続ける。 しかし、ママは「16000円」と言い張り、一向に値引きしようとしない。 さすがに16000円はちょっと。。。 出せないよなあ・・。 ママは、どうする?みたいな顔でオレを見てくる。 む、むう、どうしたものか。 しかし、ハナから期待していないわけだし。 金を捨てるつもりで来たわけだし・・。 しかたない。 いくか ママに16000円を渡すことにした。 案内された部屋は結構まともで、普通のヘルスのようにきれいだった。 同じような個室が4つ位並んでいる。 そんなに部屋作るってことは、結構流行ってるのか? 個室で待っていると、階段を駆け下りてくる音が聞こえる。 そして、中国語が聞こえる。 2階は飲み屋になっているのだが、そこからホステスを派遣するってことか。 なるほど、システムが見えてきたぞ。 ここの女は飲み屋のホステスとマッサージと兼任なのだ。 バタバタと慌ただしくやってきた女。 体は細いが、見るからに貧相な顔をしている。 セックスしたくないタイプの女だ。 女は笑顔を一切見せず、というか生まれてから笑ったこと無いんじゃないかというくらい 険しい顔をしている。 さっさとセックスしなければいけないような空気だ。 服を脱いでシャワーを浴びに行くといわれる。 シャワーがあるのか。 国籍を聞くと、台湾という答えが返ってきた。 オレが気を使って「日本語上手だね」とか会話をするが、女は険しい表情で石鹸を泡立てているだけだ。 返事もない。 ああ、早く帰りたい。 こんな女と寝たくない。 30秒でシャワーが終わり、早足で個室へ戻る。 そして部屋に戻るなり仰向けに寝るように指示される。 なにをそんなに焦っているのだ台湾人。 すぐにフェラが始まる。 と思っているうちにフェラはすぐ終わって騎乗で挿入。 ??なにこれ?ガバガバやん・・。 今まで入れたマンコの中で一番ゆるい。 しばらくすると正常に交代するように指示される。 黙って従うオレ。 はやいこといってしまおう。 腰を振っていると、「ああ、いくよ。 いくよ!いく!」といって女が一人で昇天。 ・・・・すいません、僕まだイってません。 女はマンコから抜いたオレのチンコをみて、ゴムの先っちょに液が溜まっていないことを見ると、鋭い目つきで、オレを見て、無言で騎乗でのっかってきた。 あ、すいません・・。 騎乗でピストン。 ああ、早くいきたい。 でもゆるいからなかなかいかない・・。 早く行こうとすればするほど気持ちが焦ってなかなかスタンバイしない。 しばらく上下運動が続き、ようやく発射。 女は終始不機嫌でした。 ゴムを処理して、さっさと服をきて2階へと戻って行った。 不機嫌そうにさんざん中国語でママに何かを言っていた。 よくわからんが、オレの悪口でもいっていたんじゃないか。 「あいつ遅い。 あいつのせいでいってしまった。 仕事に支障が出る!」とか。 せめてもの抵抗で、マッサージしてくれと言って、ママにマッサージしてもらう。 しかしヘタクソすぎるマッサージが3分くらい続いて終了。 マッサージしてくれと言った自分が馬鹿でした。 「お兄ちゃん、次、お友達連れてきたら安くするよ」。 といって送り出された。 連れてきたら友達なくすわ。 完全に向こうのペースでした。 そうそう。 この店のすぐ隣のマンションに、たまたま知り合いが住んでいたのだが(東京から来て何も知らないので不動産屋に騙されて契約したらしい。 よくある話です)、自分の部屋に、階下の住人である中国人がたまに子連れで托鉢にくると言っていた。 「パンとかあげるんだよ。 あはは。 こないだは1000円あげたよ。 かわいそうだったから」とか言っていたな。 そして、その知り合いはある日突然蒸発してしまった。 ま、西成ですから。 よくある話です。 捜査報告書:西成クオリティで16000円也 /.

次の

西成暴動

西成あいりん地区 売春

皆さんは日本にスラム街があるのをご存知だろうか。 日本は比較的平和な国なのだが、実はスラム街に近い形態の街があるのである。 それが大阪の西成に位置する、あいりん地区だ。 大阪は元々治安が悪い地域ではあるが、あいりん地区はその比ではないのだ。 昼は闇市が開かれ、夜は売春や薬物が横行する。 ときたま暴動も起こるような、スラム街を絵に書いたような場所である。 また、西成区出身の芸能人もいるから驚きだ。 あいりん地区という名前はあくまで行政がつけたもので、この地区で暮らしている人は旧名の「釜ヶ崎」か普通に「西成」と呼んでいる。 近年は比較安全といわれているが、現在も危険な場所はあるのか、売春や薬物の販売は行われているのか。 筆者がまとめてみたので、是非西成の現状をご覧いただきたい。 路上生活者が数多く居住しているあいりん地区。 住所がわからない日雇労働者が数多くいて、ときたま喧嘩や窃盗、暴動がおこることもあるという。 これについては、暴力団の事務所が多数あることも影響しているだろう。 また、宗教団体やNPO団体が炊き出しを頻繁に行っていて、炊き出しが行われた時はホームレスの方々が長蛇の列を作る。 また、あいりん地区だけ隣の地区などより物価がかなり低いのが特徴だ(缶ジュース80円・弁当200円)。 諸事情から写真撮影を嫌がる住民も多くいる。 観光客や面白半分できた人が平然とカメラを持ち歩いていたり、許可なく写真を撮っていると、近隣の住民から警告を受ける事もあるという。 また、自分の身分を証明できるもの(免許証や保険証)を所持していなくても、銀行口座を開設できたり賃貸物件を借りることができるような無法地帯です。 1970年頃から、急スピードで単身日雇労働者の町に変わっていった。 また、同年代から行政の対策が、ストレートに始まっていく。 迷路みたいなバラック街(細長い宿舎のこと)から、車がちゃんと走れるような道路整備をおこない、普段は真っ暗だったが、夜でも出歩けるよう街頭を照らした。 また、その時代から暴動が絶ええなかったため、カメラを街のいたるところに設置し、刑務所のような監視体制を築いた。 建物は殆どが木造建てのバラックだったが、2万人収容できるホテルをどんどん作っていった。 ホテルは3〜6階建てで、畳1畳分の小部屋を用意し、窓には鉄格子と金網をとりつけていたという。 こうした都市改革と連動し、府は万博等を代表ととする関西のニュータウン開発に20000人の労働力の必要に迫られていた。 北海道から沖縄までの日本の隅々まで職安を渡り歩き、「大阪に労働者を下さい。 とてもじゃないが人手が足りない」といって、人員を集め続けた。 あいりん地区の闇市は、南海電車 高架の下で行われる事が多い。 闇市とは、簡単にいうと路上に露店をだして、ぶっちゃけ何でも打ってる「泥棒市」だ。 闇市では古本などが多く売られていて、コピー商品や薬物、裏DVDも売られている。 あいりん地区に住んでなくても、わざわざこの闇市のためにあいりん地区に来る客も多い。 また、その半面日用品も売られているようで、薬物や薬品も売られている様子だ。 薬品の場合、注意書きはないという。 効能が書かれた簡単なシールが貼られているだけのものが売られているという。 薬物はおっちゃんに話しかければ打ってくれるという噂だ。 もっとも恐ろしいのは、この闇市では賞味期限が切れている食料品等も売られているのだ。 1個あたり100円のおにぎりが、だいたい30円。 大体200円のサンドイッチが50円程で 、この闇市では毎日必ず並んでいるという。 買う人はもちろん、賞味期限が切れいるのを承知の上で購入している。

次の