中川富夫 名古屋。 組合員名簿

愛知県名古屋市中川区万場

中川富夫 名古屋

デリバリーヘルス(派遣型風俗店)の売り上げを申告せず約2800万円を脱税したとして、名古屋国税局が、所得税法違反と法人税法違反の疑いで、名古屋市中区の「レゴリス」社と、元風俗店経営で同社の中川富夫代表(40)を、名古屋地検に告発したことが26日、関係者への取材で分かった。 関係者によると、中川代表はデリヘルを個人事業として営んでいたが、2017年8月に法人化し、レゴリス社を設立。 16年1月〜17年8月の個人所得約2億9000万円と18年7月期までの法人所得約2億円を申告せず、所得税約1800万円と法人税約1000万円を免れた疑いが持たれている。 中川代表は16年以降、女性従業員と客とのトラブルを巡り、客から慰謝料計約1億7000万円を受け取っていたが、国税局は、そのうち法人化後に受領した1億1400万円を法人所得と認定。 追徴税額は無申告加算税などを含め約6300万円に上るとみられる。 同社関係者は取材に「(中川代表は)既に申告し、所得税については約500万円納めた。 国税局の指導に従い、今後は適正に申告するとしている」と話した。 デリヘルは現在、営業していないという。 関係者によると、愛知県警は18年、本番行為を強要したと客に因縁を付けて現金を脅し取ったとして、恐喝容疑で中川代表を2度逮捕。 いずれも不起訴処分となったが、捜査の過程で無申告の疑いが浮上し、国税局に課税通報していた。 中川代表はモデルやレースクイーンが在籍すると触れ込み、複数の屋号を使って名古屋市内で高級デリヘルを展開していた。

次の

組合員名簿

中川富夫 名古屋

デリバリーヘルス(派遣型風俗店)の売り上げを申告せず約2800万円を脱税したとして、名古屋国税局が、所得税法違反と法人税法違反の疑いで、名古屋市中区の「レゴリス」社と、元風俗店経営で同社の中川富夫代表(40)を、名古屋地検に告発したことが26日、関係者への取材で分かった。 関係者によると、中川代表はデリヘルを個人事業として営んでいたが、2017年8月に法人化し、レゴリス社を設立。 16年1月〜17年8月の個人所得約2億9000万円と18年7月期までの法人所得約2億円を申告せず、所得税約1800万円と法人税約1000万円を免れた疑いが持たれている。 中川代表は16年以降、女性従業員と客とのトラブルを巡り、客から慰謝料計約1億7000万円を受け取っていたが、国税局は、そのうち法人化後に受領した1億1400万円を法人所得と認定。 追徴税額は無申告加算税などを含め約6300万円に上るとみられる。 同社関係者は取材に「(中川代表は)既に申告し、所得税については約500万円納めた。 国税局の指導に従い、今後は適正に申告するとしている」と話した。 デリヘルは現在、営業していないという。 関係者によると、愛知県警は18年、本番行為を強要したと客に因縁を付けて現金を脅し取ったとして、恐喝容疑で中川代表を2度逮捕。 いずれも不起訴処分となったが、捜査の過程で無申告の疑いが浮上し、国税局に課税通報していた。 中川代表はモデルやレースクイーンが在籍すると触れ込み、複数の屋号を使って名古屋市内で高級デリヘルを展開していた。

次の

デリヘル経営会社を告発 2800万円脱税容疑―名古屋国税局:時事ドットコム

中川富夫 名古屋

宮城県警暴力団対策課などは15日、新型コロナウイルス対策として休業要請に応じた事業者に協力金を支払う制度で、支給対象外の暴力団組員ではないと偽り30万円をだまし取ろうとしたとして、指定暴力団・系「九代目」傘下「六代目」幹部で居酒屋経営、容疑者(68)=同県角田市=を詐欺未遂容疑で逮捕した。 大槻容疑者は5月中旬、角田市が支給する協力金の申込書に暴力団排除条項があるのに、組員ではないと偽って書類を提出し、30万円を自分名義の口座に入金させようとした疑い。 大槻容疑者は「組員として積極的に活動していない」と一部否認しているという。 県内の自治体に提出された約2万件の協力金などの申込書を照会した結果、発覚した。 新型コロナの協力金で、暴力団排除条項に基づく詐欺容疑での摘発は全国初。 事件の一部始終をドライブレコーダーが捉えていた。 菊川容疑者は自宅マンションの駐車場から車で市道に出ようとした際、信号待ちのトラックが進路を塞いでいたことに激高。 数百メートルにわたってトラックを追いかけ、クラクションを鳴らしたり、車間距離を詰めたりしたという。 菊川容疑者は、「何もしゃべることはありません」と供述している。 県警は2人の認否を明らかにしていない。 現場を調べる捜査員 2人の再逮捕容疑は、5月30日午後2時35分ごろ、事務所付近の路上で若頭を銃撃した後、現場にいた組員(62)ら3人に向けて回転式拳銃を1発発射。 車で逃走する際に助手席に乗り込んできた組員を振り落として転倒させ殺害しようとした疑い。 組員は鎖骨を折る重傷。 ほかの2人の組員にけがはなかった。 事件では、若頭の腹部に銃弾1発が命中し、幹部は3カ月以上の重傷を負った。 岡山地検は13日、若頭に対する殺人未遂と銃刀法違反(発射)の罪で岸本容疑者を追起訴。 共謀したとして逮捕された山根容疑者は処分保留とした。 事件のあった現場 この事件では組員(35)も共謀したとして逮捕されたが、岡山地検は処分保留にしている。 起訴状によると岸本被告は5月30日、岡山市北区田町の本部事務所の駐車場で若頭を銃撃し、大けがをさせた罪に問われている。 岡山地検は岸本被告の認否について明らかにしていない。 また岡山県警はこの事件で、の62歳の組員ら別の3人も被害に遭っていたとして、この3人に対する殺人未遂などの疑いで岸本被告ら2人を再逮捕した。

次の