薄毛ショートカット。 前頭部が薄い女性におすすめの髪型一覧!前髪の薄毛をカバーしよう

薄毛に悩む女性にはショートヘアがおすすめな理由【髪型画像あり】

薄毛ショートカット

女性の薄毛を克服するならショートヘアがいい!? 女性は髪型にこだわりを持つ人が多いですが、薄毛の悩みがあるとそれ以上に毎日のヘアスタイルが気になりますよね。 そんな薄毛の悩みを持つ女性には、ショートヘアがおすすめです。 かえって目立つのでは…と思う人もいるかもしれませんが、短くすることで上手に薄毛をカバーできますし、としてもおすすめなのです。 とはいえ、どんな髪型にすればいいかわからないという女性のために、おすすめのショートスタイルをご紹介します。 薄毛の女性にショートヘアがおすすめな理由 薄毛に悩む女性にはショートがいい、その理由は何なのでしょうか。 薄毛の女性が髪型をショートヘアにするメリットを説明します。 そういう意味では、ロングは髪の重みにより頭皮が引っ張られるので、血行不良や自然な抜け毛によりを引き起こしやすくなり、頭皮への負担が大きくなります。 一方、ショートでは頭皮への負担も少なくなり薄毛を助長することもなくなる上、ボリュームも出やすくなるため、薄毛の女性の髪型としておすすめなのです。 頭皮環境を良い状態で保つことは薄毛を改善する上で重要なので、シャンプーしやすいショートはおすすめです。 さらに、すすぎがしやすくシャンプーの洗い残しがなくなることも髪型をショートにするメリットと言えます。 ですから、髪が長ければ長いほどドライヤーをかける時間がかるため髪には負担になってしまいます。 また、ロングの場合はドライヤーが不十分であると頭皮が乾燥しきらないまま放置することになり、雑菌が繁殖しやすくなります。 その点、ショートであればドライヤー自体でかかる髪への負担を減らすことができますし、頭皮を乾かしすいので雑菌が繁殖する心配もありませんね。 薄毛の女性が髪型をショートにする時のポイント 薄毛の女性が髪型をショートにするメリットがわかりましたが、美容院で髪型を変える時のポイントがあります。 ショートにする前にポイントを押さえておきましょう。 美容師は髪の専門家なので薄毛が気になる部分などを的確に伝えることで、うまくカバーしつつあなたに合った髪型を提案してもらうことができます。 特に行きつけの美容院がある女性なら、自分の髪質も理解している美容師さんにお任せし、似合うショートの髪型を提案してもらうのもおすすめですよ。 口での説明ではうまく伝わらないこともありますから、イメージする写真を見せつつ薄毛が気になる部分を伝えることで、より明確な髪型と自分の薄毛の悩みを美容師さんに説明することができます。 薄毛の女性におすすめなショートヘアの髪型一覧! 髪型をショートにする時のポイントがわかったところで、実際にどんな髪型にすればいいのか、薄毛の女性におすすめなショートヘアの髪型をご紹介します。 トップから前髪・サイド・後頭部とつなげることで 全体的に薄毛をカバーすることができます。 どんな年齢層の女性にも似合うおしゃれで上品な髪型です。 出典: こちらの髪型も全体にレイヤーを入れて、自然に動きがでるようにカットされているためボリュームアップが期待できる髪型です。 また、トップから前髪やサイドにつなげているため頭頂部や分け目が気にならなくなります。 後ろの髪を厚めに残すことができるので、短すぎるというイメージをあまり与えません。 丸みが出るようにカットされているので、可愛い雰囲気も残しつつ大人っぽい髪型になります。 出典: こちらの髪型は、あえて前髪を作らずサイドを前下がりにすることで目線をそちらに向けることができます。 左右のバランスに変化をつけることで、トップにボリュームを持たせることが可能です。 顔の形をキレイに見せ、小顔効果もあります。 マッシュルームのようにトップにボリュームを持たせた髪型で、気になる部分をうまくカバーすることができます。 ふんわりアレンジすることで、更なるボリュームアップが図れます。 出典: 少し長めにサイドを残すことで、キレイなひし形のシルエットになる髪型です。 分け目が全く見えない髪型なので、分け目の薄毛が気になる女性におすすめです。 ボーイッシュでありながら、個性を際立たせることのできるショートスタイルになっています。 マッシュスタイルでトップいボリュームを持たせ、襟足は長めに残すことでトップを際立たせることができます。 ショートにするならトレンドも押さえたい女性におすすめです。 出典: こちらは、前髪も短くカットしたショートヘアです。 トップから前髪を作っているので、頭頂部が目立たない上に短い前髪に目線が向くため全く薄毛を意識しなくても良い髪型です。 スポーティーな髪型が好きな女性にいいかもしれません。 空気を含んだような仕上がりは、やさしくふんわりとした印象を与えます。 サイドと前髪が繋がっているので、薄毛をカバーできることはもちろん色気のある髪型になっています。 出典: エアリーのボブスタイルは、人を選ばず万人受けする髪型です。 自然と出る空気感でボリュームアップしながら、やさしい雰囲気を与えることができます。 ショートといっても、あまり短くし過ぎたくない女性にはこの髪型がいいかもしれませんね。 髪型をショートにするのに抵抗がある女性は… 薄毛の女性にはショートがいい…その理由は理解できてもやはりショートには抵抗があるという女性もいるでしょう。 ロングを保ってきた女性にとって、髪型を変えるのは勇気いる決断だと思います。 もしショートにするのに少しでも抵抗がある女性は、そもそもの原因である薄毛を改善してしまいましょう。 放置しておいても薄毛は改善することはないですから、女性の薄毛専門のクリニックにまずは相談してみることをおすすめします。 薄毛が気になる女性はショートヘアを試してみては? いかがでしたか。 薄毛に悩む女性には髪型をショートにすることで、メリットがあることがわかりましたね。 もちろん、髪形をショートにしたからといって薄毛の根本的な解決にはなりませんが、ショートにすることでより良い頭皮環境に導くことはできるかもしれません。 薄毛が気になる女性はショートヘアーを試してみてはいかがでしょうか。 気分転換にもなりますよ。 関連する記事• 2017. 18 目次 1. 20代女性の薄毛対策は髪型から!2. 薄毛の20代女性におすすめの髪型10選3. 20代女性の髪型選びに関する注意点4. 髪型以外で20代[…]• 2017. 12 目次 1. 女性の前髪の薄さは髪型でカバー!2. 前髪の薄さを隠したい女性必見!おすすめ髪型10選!3. 前頭部が薄い女性におすすめできない髪型4. […]• 2017. 18 目次 1. くせ毛でも薄毛が隠せる髪型がある!? くせ毛で髪が薄い女性向け!髪型びのポイント3. くせ毛の女性でも薄毛をごまかせる髪型一覧4. く[…]• 2017. 09 目次 1. 50代女性の薄毛は髪型選びが重要!2. 薄毛の50代女性におすすめの髪型10選!3. そもそも50代女性の薄毛はなぜ起こる?4. 薄毛の5[…]• 2017. 09 目次 1. 女性の薄毛は髪型でうまくごまかそう!2. 薄毛の女性が髪型を選ぶ上で注意したいこと4. 美容院で[…].

次の

薄毛の髪型はベリーショート一択なのか【写真とともに振り返る】

薄毛ショートカット

もくじ• まずは猫っ毛の特徴を、簡単に解説しておきます。 猫っ毛の特徴は以下のものです。 髪色が落ちやすい• 絡まりやすい• 傷みやすい• ボリュームが出にくい• パーマがとれやすい ヘアスタイルを決めるときには、これらの特徴を考慮しなくてはいけません。 またヘアケアやセットで何とかできる部分もあります。 後程、猫っ毛さんや髪が薄くて悩んでいる方に試してみてほしいヘアケア方法とセット方法も解説しますね! 猫っ毛&薄毛の方におすすめのボリュームが出やすい髪型 どうしてもペタンとしやすい猫っ毛や薄毛の方には、 トップにボリュームが出しやすいショート・ショートボブ・ボブが基本的におすすめです。 具体的におすすめしたいヘアスタイルを、before&afterを用いてご紹介します。 猫っ毛だと髪の毛がふわふわしてしまうと思いますが、そのふんわり感を活かしてあげると、良い感じにエアリー感を出すことができますよ! サイドと前髪を長めにしているところもポイント。 ボブの場合は、丸みのあるシルエットにしてあげるとフェミニンで可愛らしい雰囲気になります。 顔型もきれいに見えますよ。 髪の毛がペタンとしやすい方や、絶壁タイプの方にもおすすめできるヘアスタイルです。 シンプルなヘアスタイルは、髪の毛が絡まりやすい方にも良いですよ。 スタイリングが簡単なので、忙しくて朝セットにあまり時間がかけられない方にもおすすめできます。 猫っ毛&毛量少なめの方が気を付けるべきポイントは? 猫っ毛の方や毛量が少なめの方が髪型を決める&オーダーする際に、注意したいポイントも解説します。 まず大事なのが 髪色です。 猫っ毛の方は髪色が落ちやすいので、基本的にはモチの良い髪色(ダークブラウン系)にすることをおすすめします。 ただ、 やわらかい髪質は、実は明るい色がきれいに出やすいという特徴もあるんです。 もちろん明るい色は褪色が早いのでモチは良くないですが、染めたばかりのときはかなりきれいな色が入るんですよ。 なので 「モチが悪くても良い!」のであれば、明るい髪色にチャレンジしてみるというのも一つの方法です。 髪色は好みや環境(明るいカラーがNGの職場などもあるため)の影響が大きいと思うので、自分に合った色を担当の美容師と相談して決めるようにしてください。 それから髪が細くてやわらかいと傷みやすいので、 パーマや縮毛矯正など髪への負担が大きい施術はしない方が良いですね。 デザインは縮毛矯正やパーマに頼るのではなく、カットやスタイリングで理想の状態に近づけていくようにしましょう! 猫っ毛&薄毛の方はヘアケアにこだわろう 髪の状態を良くするためには、ヘアケアにもこだわる必要があります。 特に絡まりやすい猫っ毛の場合は、正しいケアを行って髪をなめらかな状態にしておかなくてはいけません。 髪を指通り良い状態にしておくと、見た目が良くなるだけでなく、切れ毛や枝毛の予防にもつながります。 まずこだわるべきは、毎日使用するシャンプー&トリートメントです。 シャンプー&トリートメントを変えるだけでも、髪の見た目や手触りに変化が出ます。 髪にボリュームが出にくい猫っ毛さん&薄毛の方は、 しっとりしすぎてしまうシャンプーは避けるようにしましょう。 軽い洗い上がりのシャンプーがおすすめです。 さっぱり洗い上げてくれるものも良いと思います。 たださっぱり系シャンプーは、シャンプー後のキシキシ感が気になったりすることもありますよね。 そこを補うのがトリートメントの役割です。 トリートメントは髪に蓄積しないタイプのものを使いましょう。 MAXにもオリジナルのシャンプー&トリートメント(プリュムシャンプー&MAXトリートメント)をご用意しています。 猫っ毛の方やくせ毛の方にも、ご好評いただいているアイテムです。 その場合はシャンプーのみで仕上げて、 お風呂上りに毛先にだけ少量ヘアオイルをつけましょう。 それから 「朝起きると髪の毛がかなり絡まっている」という場合は、シュシュなど跡がつきにくいもので髪を結んで寝たり、ナイトキャップを使ったりするのもおすすめです。 髪の毛の絡まりは切れ毛やダメージの原因にもなりますので、できるだけ絡まらないように工夫してみてくださいね。 ヘアセットでボリューム&ツヤを出すことも大事 セットでボリューム感をしっかり出してあげるのもおすすめです! 特にコテで髪を軽く巻いてあげるとふんわりするので、猫っ毛の方や毛量が少なめの方は、ぜひ巻き髪を練習してみましょう。 ショートやボブであっても、毛先を巻いてあげるだけで印象がガラリと変わりますよ。 ちなみに最初にも書いたように、猫っ毛はパーマがかかりにくい&とれやすいという特徴がありますので、 パーマをかけるのは基本的におすすめしません。 もし「どうしてもパーマをかけたい!」場合は、 毛先にのみワンカールパーマをかけましょう。 毛先のみのパーマなら失敗しにくいですし、ダメージも最小限で済むからです。 それからパサパサしやすいのも、 猫っ毛の特徴ですね。 なので髪をきれいに見せるためには、セットするときに適度なツヤをプラスしてあげることも大事です。 ただし重たいスタイリング剤を使ってしまうと髪がペタッとするので注意しましょう。 軽く仕上がるタイプのものが合いますよ! ボリュームダウンしやすい髪質の方は、「ヘアオイル+ワックス」の組み合わせを試してみましょう。 さらっと仕上がる軽い使用感のヘアオイルをつけた後、ツヤが足りない部分や束感を出したい部分にほんの少しワックスをつけるだけです。 こうすることで、ツヤ感はしっかりあるのに軽やかでペタンとしにくいスタイルを完成させることができるんですよ。 上の写真で使用しているのはプリュムヘアオイルとプリュムワックスです。 併用するのはもちろん、それぞれ単体で使用していただいてももちろんOK。 自分の髪質や仕上がりの好みに合わせて、色々な使い方を試してくださいね。 ちなみにどちらも無香料なので、併用しても香りが混ざって変なにおいになったりしてしまう心配はありませんよ。 ただし一点注意してほしいこともあります。 それは使用量です。 猫っ毛さんや毛量が少なめの方の場合、平均的な量を使ってしまうと、多すぎる可能性があります。 これはヘアオイルやワックスに限らず、他のスタイリング剤でもそうです。 なので記載されている「適量」よりも、最初はやや少なめにしてみてください。 少しずつ様子を見ながら量を調節すると、失敗しにくいですよ! ヘアオイルとワックスを併用するセット方法は、動画でも解説しています。 ですが薄毛を予防するために自分でできることとしては 「正しいヘアケアを行う」「生活習慣を整える」くらいしかありません。 それ以上のことは、自分自身や美容院ではどうすることもできません。 もし本格的に薄毛を何とかしたいというのであれば、医療機関などに相談に行きましょう。 それが一番確実で手っ取り早い方法になります。 まとめ 今回は猫っ毛・薄毛の方におすすめの、ヘアスタイル&ヘアケア方法を解説しました。 少しでも参考になれば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました!.

次の

【美容師が選ぶ】薄毛の女性でも似合うおすすめの髪型20選

薄毛ショートカット

もくじ• まずは 毛量や癖のタイプ別に、おすすめのショートヘアをご紹介します。 毛量が多い方には、このような コンパクトなデザインのショートヘアがおすすめ! 梳いたりレイヤーを入れたりして毛量を調節し、すっきりさせてあげることが大事です。 また毛先に向かって細くなるような感じにすると、より軽やかさが生まれます。 「癖が強いなら縮毛矯正するしかない」と思い込んでいる方も少なくないですが、そんなことはないですよ! 強い癖も上手く活かしてあげると、このように パーマ風のニュアンス感あふれる髪型にすることができます。 トップはふわっとさせつつも、襟足やサイドはしっかりボリュームを抑えることが大事です。 【お悩み別】くせ毛さんにおすすめのショートヘア 次に「広がりやすい」「パサつく」「縮毛矯正をやめたい」等々、お悩み別におすすめのショートをご紹介します。 それを解消するためには、 メリハリのあるショートが良いですよ。 レイヤーを入れて立体感を出すことで、変な広がりやふくらみを抑えることができます。 また襟足が膨らんだり浮いたりハネたりしてしまう場合は、あえてハネさせるスタイルにしたり、襟足を短め&軽めにしてあげると良いです。 くせ毛だと、別に傷んでいなかったとしても髪がパサパサしたりゴワゴワしたりしやすいんです。 だからヘアケア法も重要。 後半でご紹介します。 でも中には 「ダメージも気になるし頻繁にかけるのも大変だから、そろそろ縮毛矯正をやめたい」という方もいるはず。 縮毛矯正から完全に卒業するまでにはそれなりに時間がかかりますが、一度バッサリ切って短くすれば、多少期間を短くすることができます。 縮毛矯正から脱したい場合は、 くせ毛の部分とストレートの部分が上手く馴染むデザインにしましょう。 特に丸顔が気になる方には、このように 毛先を細く軽くしたショートが良いですね。 すっきりとした印象になります。 また高さを出すことも大事です。 丸顔が目立たなくなりますよ! 【年代別】くせ毛さんにおすすめのショートヘア 続いて、ざっくりとした年代別におすすめのショートヘアをご紹介します。 そこで提案したいのが、 扱いが楽なショートです。 朝のセットにかかる時間が短くなれば、時間を有効活用できますよね。 こちらのような ひし形ショートは、骨格もカバーできるため、セットが簡単な上に素敵に見えます。 また適度に軽さを出すのも大事ですね。 さらに加齢によるパサつきやうねりが出てくる方もいるので、癖やうねりを良い感じに活かせる髪型にすることをおすすめします。 パサつき感は、髪をしっとりさせてツヤを出すことができるワックスなどを使えばOKです。 また頭皮の健康も気になってくると思いますので、 髪や頭皮に負担がかかる施術(ハイトーンカラーや縮毛矯正、パーマなど)をやめることも大事ですよ。 くせ毛を活かすメリットとは?縮毛矯正はどう? くせ毛をコンプレックスに感じている方は多いですが、くせ毛だからこそできる髪型もあります。 うねりを活かしたパーマ風ヘアや、ニュアンス感&抜け感のあるふんわりショートなどは、直毛の方だとできないスタイルですよね。 なので くせ毛を短所に感じるのではなく、長所として活かしていくことを、僕はおすすめしています。 もちろん縮毛矯正を完璧に否定するつもりはないです。 ストレートヘアが好きなら縮毛矯正で真っ直ぐにするのも、一つの方法としてアリだからです。 でも縮毛矯正は髪に大きな負担がかかりますし、定期的にかけなければいけないので、時間もお金もかなりかかります。 そのため「10~20代のころは縮毛矯正をかけていたけど、大人になってからやめた」という方も結構いらっしゃいます。 もし現在縮毛矯正をかけていて「かけ続けるのがしんどい」と思っているなら、卒業を考えるのも良いと思います。 どうすれば良いか分からない場合は、ぜひ相談してくださいね。 髪質問わず「ツヤ」が大事!髪をしっかり保湿しよう 先ほども書きましたが、くせ毛は髪がパサパサしやすいです。 なのでしっかり保湿をしてあげることがとても大事なんですよ。 上のbefore&afterは、 を付けて、髪をしっとりさせた状態です。 ヘアオイルとワックスをつけただけなのに、見た目がかなり違いますよね。 また写真では伝えることができないんですが、beforeとafterでは手触りもかなり違うんですよ! くせ毛の方にもご好評いただいています。 このように髪質の変化を実感してくださっている方もたくさんいるんですよ。 髪のパサパサ感やツヤの無さに悩んでいる方は、ぜひ一度使ってみてください。 しっかり保湿しツヤをプラスしてあげれば、くせ毛はかなりきれいに見せることができますよ! まとめ 今回はくせ毛の方に似合うショートヘアを、髪質やお悩み別にご紹介しました。 くせ毛は上手く活かしてあげれば、コンプレックスからチャームポイントに変わります。 ぜひ自分に似合う髪型にして、より一層魅力的になりましょう。 僕もそのお手伝いをさせていただきます。

次の