指 の 骨折 全治 何 ヶ月。 指の骨折!平均全治何ヶ月?治療方法や全治回復期間は?応急手当も

指が骨折して治るまでの生活を「レビュー」

指 の 骨折 全治 何 ヶ月

手の怪我は日常的に年齢関係なく誰にでもあることです。 手の怪我には突き指や脱臼などがありますが、なかなか腫れが引かない時や激痛が走る場合は骨にヒビが入ってしまっていたり、骨折している可能性があります。 転んだくらいで骨折!?と大袈裟に聞こえるかもしれませんが、実はよくあることです。 また、手の指の中でも、骨折が多く見られるのが小指の付け根です。 骨折の状態にもよりますが、基本的には固定して自然に癒着するのをまず保存治療をします。 粉砕骨折などの重症の場合は手術をすることもありますので、ただの打撲や突き指だから大丈夫と放置するのはよくありません。 素人判断は危険ですので、整形外科へ受診するのが一番です。 では、手の小指を骨折してしまったら、どのような処置をして経過をみていくのか詳しくまとめてみました。 スポンサードリンク 手の小指を骨折の症状は? 先ほども申し上げたように、どこかにぶつけたり転んだりしただけでも骨折することはあります。 骨折をすると激痛を伴い、腫れて皮膚の色が濃い青紫色に変色します。 自力で動かすことも困難な場合があり、骨折の仕方によっては指の形が変わってしまうこともあるようです。 個人差もあるようなので、症状が表れない方もいるみたいですが、日にちの経過とともに症状が出てくることもあります。 痛みと腫れだけでは骨折していると断定できませんので、応急処置をして少し様子を見てみるのもいいでしょう。 患部を冷やして指が動かないように固定するのです。 固定は家である物で簡単にできます。 新聞紙や型紙などで指を固定して、包帯やハンカチでグルグルと巻いておきましょう。 もし何日経っても症状が治まらない時や、逆に症状が悪化している時は骨折の可能性は大きいです。 整形外科へ行って、診察とレントゲン撮影をしてもらって下さい。 小指の骨折で運動はいつからできる? 程度にもよりますが、安静に過ごしていれば約1ヶ月で骨が癒着して完治が望めます。 スポンサードリンク しかし、無理な動きや運動をすぐに始めてしまうと、結果的に治るまでの期間が長くなってしまいます。 スポーツ選手でもない限り、どうしても運動をしなければならない状況はないと思いますので、基本的には1ヶ月は運動を休まれた方が無難です。 痛みなどの自覚症状がなくても、骨がずれて引っ付いたりすると指の変形の恐れもありますし、骨折前と同じような動きが出来なくなるかもしれないからです。 保存治療をしている場合はギプスやシーネで固定するのですが、もし取っても大丈夫なくらいに回復していたとしても、しばらくは激しいスポーツは控えていた方がいいと思います。 焦らずにリハビリをして少しずつ動かしていきましょう。 何にしても、主治医の指示に従うのが一番ですから、どうしても運動をしないといけない時は必ず相談して下さい。 手の小指を骨折したときのテーピングの巻き方は? 患部の小指のみをテーピングで巻く方法も間違いではありません。 しかし、小指は言うまでもなく指の中では一番細い指ですから、より効果的なのは隣の薬指と一緒に巻くというものです。 あまり強く巻きすぎると血が通わなくなりますから、加減して巻いてください。 また、薬指と一緒に巻くことに抵抗があったり、不自由なようであれば、手の平から巻き始めて小指を固定するという方法もあります。 いずれにしても、骨折の状態や治療の経過によってテーピングの巻き方は変わってきますので、まずは必ず主治医に指導してもらってください。 適当に巻けばいいというものではありませんし、人に巻いてもらうのと自分で巻いてもらうのとでは要領も違います。 怪我の具合を見ながらテーピングの巻き方も工夫していきましょう。 まとめ 突き指しただけでも、あの痛さは相当ですよね。 しかし、ただの突き指だからと油断してはいけないことがよくわかりました。 もしかしたら折れているかもしれない、と過度に心配するくらいで丁度いいかもしれません。 部活動が運動部であったり、スポーツ選手であったりすると、怪我をするリスクは当然普通の人よりも高くなります。 スポーツには怪我がつきものですが、きちんとした治療をすればまた復帰することは出来ます。 焦って無理をせずに、できるだけ安静にしてリハビリをすることが完治への近道なのです。 怪我をして応急処置をすることはもちろん大切なことですが、受診するタイミングも同じく大切です。 おかしいな、と感じたらすぐにでも病院へ行きましょう。

次の

足の小指が骨折した症状!全治何ヶ月で治療できる?

指 の 骨折 全治 何 ヶ月

それを前提に書いていこうと思います。 引用元- 最初に病院へ行って診てもらい医師から言われたのは 「これは1か月~1か月半位はかかるね」 「完全に治るには2か月くらいはかかるかな」 といった具合でした。 最初、1か月で治るんだ、思ったより短期間で治るんだなと思いました。 でも、そのあと完治に2か月はかかると言われ一気に気が重くなりました。 そんなにかかるの?と。。 この前(初診)は2か月位って言ってたのに。 まぁ、医者と言うのは最悪のケースを伝えなければならないし、多めにみて3か月と言ったのかもしれない。 でも、この先生1回目のレントゲンを診てひびが入ったと指摘した箇所を2回目のレントゲンを診た時、全く別の箇所にひびが入ってると言ったので完治する期間を半信半疑で聞いていた。 引用元- 全治3ヶ月なら普通じゃないでしょうか 自分も一度骨折して入院・手術しました。 踵を骨折して1か月入院、手術後3か月は運動禁止といわれました。 なので、全治3か月はとりわけ長いわけでもないと思うのですが。 まぁ、場所や程度にもよるでしょうけどね。 治療はどんなことをするの?指の骨折が全治回復するまでには 指の骨折の治療法 指骨骨折の治療として保存療法、手術療法の2つの治療法があります。 整復の状態がよければ、このまま時間をかけて骨折した部位の骨癒合をはかります。 長 期間の固定が必要となりますので、運動、仕事の制限があります。 ・ボルタレン……1錠15. 3円で1日3回食後に服用。 副作用は胃部不快感、浮腫、発疹、ショック、消化管潰瘍、再生不良性貧血、皮膚粘膜眼症候群、急性腎不全、ネフローゼ、重症喘息発作(アスピリン喘息)、間質性肺炎、うっ血性心不全、心筋梗塞、無菌性髄膜炎、肝障害、ライ症候群など重症な脳障害、横紋筋融解症、脳血管障害胃炎。 ・ロキソニン……1錠22. 3円で1日3回食後に服用。 副作用はボルタレンと同様です。 どちらの薬でも胃潰瘍を合併することがありますので、胃薬、抗潰瘍薬などと一緒に処方されます。 引用元- 自分は手術したから、複雑骨折? 保存療法って、添え木したりギプスしたりして固定したままにするってことですよね?そんなに長期間かかるんでしょうか。 自分の足にはプレートがあてがわれボルト止めしてあります。 触るとボルトの頭が解ります(笑) どのくらいかかる?指の骨折の全治回復期間は年齢にもよる 仕事中のケガ お年寄りを介護する仕事をしていた時、認知症のお年寄りが暴れてしまい取り押さえようとした時に指を強く打ってしまいました。 打った時はすぐ痛みは治まると思っていたのですが、ずーっとズキ・・・ズキ・・・といったように小さく鈍痛が続いていました。 それでも気にせずに仕事を続けていたのですが、休みの日に親から『指が物凄い腫れているよ』と驚かれてそのまま病院に連れて行かれました。 すぐにレントゲンを撮ってもらいましたが薬指と中指にヒビが入っていました。 ヒビならすぐ治るだろうと思っていたのですが、全治2ヶ月以上かかると言われました。 日常生活に差し支えないが 一応指は曲げる事は出来たので、仕事や日常生活には差し支えがなかったのですが利き手の方だったので、食事をしたり仕事で介護をしたりする度に小さい鈍痛が走りました。 結局完全にギブスが取れて、指が完治するまでに3ヶ月もかかってしまいました。 指の骨にヒビが入った場合、放置で治そうとすると指が奇形してしまう事もあるそうです。 引用元- 自分が骨折した時もそうでした。 自分が骨折した時は、歩道の凍った場所に足を取られ、転倒しての事でした。 強い捻挫ぐらいにしか思わず、そのままバスと徒歩で会社まで行きました。 しかし腫れが酷くなってくるので、病院に行って、骨折・入院といわれて頭真っ白状態でした。 骨折やひびは見た目だけでは骨折してるかかどうかわからないので整形外科でレントゲンを撮ってもらうことをお勧めします。 また、完全に骨折しなくても、ひびが入った場合でも骨折と同じ圧痛(痛み)は感じられます。 腫れの原因は内出血と炎症によるものです。 個人差がありますが、腫れがひくまでの目安としては2~3週間位です。 患部にもよりますが、骨折により血管に炎症を起こして大きなダメージを受けてる場合もあります。 骨折の程度や患部によっては、大量出血をすると脳貧血、脳梗塞になる場合もあるので注意しましょう。 施術の流れとしては、初めにずれを矯正 整復術 します。 そして、テーピングなどで長期間固定します。 骨折後、関節が正常な可動域まで動かない場合があります。 これは関節が固まった状態になり関節拘縮(かんせつこうしゅく)と言った症状になります。 引用元- 冬のスキーで、大腿部の骨折・出血多量で亡くなる人も 脚の付け根あたりには、左右それぞれの足に向かう大動脈があり、大腿部の骨折によりこの動脈を傷つけると大出血を起こし死亡することがあると聞いており、実際そうなった方も知っています。 怖いですね。 応急手当はこうしよう!万が一、指などを骨折してしまったら 冷やす、または心臓の位置より上にあげる 応急処置の方法として、まずは出来るだけ冷やすようにします。 実際に骨が折れてしまうと少ししてからかなり腫れてくる場合が多いので、最初に冷やすことが重要です。 ただ氷嚢等で冷やす場合は直接幹部に当てると長時間冷やしたことで凍傷を起こしてしまう事も有るので、タオル等を利用して直接当てないようにします。 また部位によっては心臓よりも上にあげる事が出来る場合もあるでしょう。 そういう場合は出来るだけ心臓より高い位置にあげるのをお勧めします。 そうする事によって余計な腫れを防ぐことができます。 その際、出来るだけ骨折箇所を動かさないように固定します。 腕の場合等であれば三角巾を用意してそれを利用しましょう。 固定する時は、添え木を利用するのも効果的です。 添え木でなくとも棒や長さを合わせた段ボール等も利用することもできます。 他には新聞紙を棒状にした物を利用する事も出来ます。 あとはあまりきつく縛らないようにしてその添え木に骨折している部分を固定すると、余計な力が掛かったりせず痛みが軽減されていく場合があります。 伸ばしたりしてはいけない 応急処置として絶対にやってはいけないのは、適当に伸ばしたりする事です。 例えば指の骨折の場合、もしかしたら単なる突き指かもしれないと言って指を引っ張ってしまう人も居ますが、これは大変危険なのでやめましょう。 あとはその骨折をした人の状態によって、救急車を呼ぶか直接整形外科に行くかを決めます。 脚とか手のかたちかなり変形している時、傷口から骨が見えている時はすぐに救急車を呼ばなければなりません。 引用元-.

次の

手の骨折はどれくらいで完治する?期間・治療法・注意点

指 の 骨折 全治 何 ヶ月

骨折とはどういう状態のことなのか?種類や診断方法 骨折とはどんな病気 骨折とは何らかの原因で骨に強い力が加わり、骨の一部が欠けてしまったり、ヒビや折れなど骨に何かしら欠損が起きることを言います。 骨があるとこならどこで骨折をする可能性があります。 特に骨折で多い部分は、腕、脚、指、鼻、肋骨などの骨が骨折しやすいと言われています。 骨折の種類 骨折には種類があります。 とても多くの種類に分類がされているのが特徴的です。 原因・部位・折れ方・折れた向き・骨端線と呼ばれる骨の亀裂の数・骨折時にかかった骨への圧力など、複数の状態から判断し、種類分けされます。 診断 骨折をしたら患部には強烈な痛みや腫脹が現れます。 骨折を疑われた場合にはレントゲン撮影が行われます。 骨折以外にも脱臼など似たような症状があるために確定診断するのにはレントゲン撮影が必須となります。 疲労骨折と一般的な骨折の症状や治療法の違い 疲労骨折とは 疲労骨折は、一般的な骨折とはやや違います。 一般的な骨折は、1度の強い衝撃で骨にヒビが入ったり折れたりと、すぐに影響を与えますが、疲労骨折では、 同じ場所に繰り返し弱い力が加わり、ヒビが出来たり、そのまま修復されずにヒビが悪化することによって痛みを発症する骨折のことです。 特に女性や激しいスポーツをしている人などに起こりやすいと言われています。 治療法 疲労骨折の治療の場合には、基本ギプスなどでの固定の必要はありません。 患部を安静にした上で、食事療法などをします。 完治するまでには早くて3週間程度、遅いと1年程度かかります。 疲労骨折は、痛みが通常の骨折より弱く、気付かないことも多いです。 また、繰り返し起こしやすいので、原因を突き止めて早い対策が必要となってきます。 全治の意味と部位別にみた骨折したときの全治期間の目安 全治の意味 骨折をした時に医師から全治何ヶ月と言われますが、この全治とはどういう意味だか知っていますか?全治というのは、骨折をしてから治療するのにかかる時間のことです。 骨折してから定期的に病院へ通うことになりますよね。 簡単に言うと病院へ通院しなくてはいけない期間なのです。 ですので全治は完治と違い、治りかけてはいるけれど完全に治るまでには時間がもう少しかかり、 油断するとまた傷めてしまったりすることもあるので注意して生活をしなくてはならない期間なのです。 部位別の全治期間 大まかに骨折で多い部位の全治期間について説明します。 手指骨:2週間、腕(上腕・尺骨・橈骨など):4〜6週間、鎖骨:4週間、足(大腿骨、頸骨):6〜10週間、足の指:3〜6週間程度。 あくまでも目安としての全治期間です。 年齢や骨折の種類、治療の仕方によっては全治期間も変わってくるので、医師に確認しましょう。 骨折したときに手術あり・なしで変わる全治期間 骨折をした場合、骨を元の位置にもどす整復をしたあと固定して骨がくっつくのを待ち、リハビリをして完全に治るように治療が行われます。 固定する前の整復ですが、骨折の程度が軽度だったり、骨の位置があまりずれていなくて、そのまま固定しても大丈夫ならそのまま患部を固定開始します。 もしも、骨折が重症だったり、位置がずれてそのまま固定に移れない場合には、手術などの適応となります。 手術した場合としない場合では、若干ですが全治期間に差が出てきます。 というのも、手術した場合には、手術で固定しているため自然に固定されるのを待つ時間はなく、手術翌日には早くもリハビリが開始されます。 手術後、早期離床をすることで合併症などを防ぎ、元の機能を早く取り戻すことができます。 もちろん、手術後なのでいきなり患部に負荷を掛けたりすることはありません。 ゆっくり時間をかけて行われます。 部位や程度などにもよりますが、手術する場合としない場合とでは全治期間に1〜2ヶ月程度差が開くと考えて良いでしょう。 ただし、手術の方が全治期間が早いからといって、治療方針は主治医が症状をみて判断するので注意しましょう。 骨折の全治期間を早めるためにできる食事療法 骨折して主治医から全治何ヶ月と宣告され、期間が長いなと思う人も多いと思います。 骨折をしてしまうと、日常生活を送る上で不便になることが多いので、少しでも早く治したいですよね。 そこで、骨折をしたときに早期完治に向けて必要なことを説明します。 骨折で1番大事なことは、栄養バランスのとれた食事をすることです。 特に骨折したときには、新しい骨を再生するためにいつもの倍以上の代謝が行われています。 骨代謝はコラーゲンを合成し、そこにカルシウムの付着をすることで骨が作られていきます。 つまり コラーゲンと カルシウムを含む食事+それらの機能を補う栄養素を取ることが早期回復につながるのです。 コラーゲンの多い食品 牛すじ、鰻の蒲焼き、鳥むね軟骨、鶏手羽など。 カルシウムの多い食品 牛乳、チーズ、ヨーグルト小魚など。 プラスしたい栄養素 コラーゲンには吸収・分解の際にビタミンCが多く含まれたものを摂りましょう。 カルシウムには、ビタミンD、ビタミンK、マグネシウムを含んだものを一緒にプラスして摂取するとより骨の成長を助けます。 骨折の治療にリハビリが必要な理由と注意点 回復の手助けとなる 骨折後、治療の一環としてリハビリテーションが行われますが、とても回復するのには重要なのです。 骨折をすると固定などした場合に患部は動かせません。 固定も治療に必要な事なのでやめる訳にはいきませんが、患部を固定したあとに動かせない状況が続くと、筋肉や関節の動きに衰えが見えてきます。 衰えは誰にでも起こります。 若い人でも健康な人でもある一定期間動かさないと、機能低下が起こります。 2〜4週間もすれば目に見えるほどの低下を実感するでしょう。 そういった機能低下からいち早く回復を目指すためにリハビリは必要なのです。 また、早くからリハビリを開始すると患部の血流も良くなるので、骨の治りも早くなることが期待されています。 注意点 リハビリを行う場合には自己判断はいけません。 骨の回復具合や痛みの程度を見ながら行われます。 早く完治させるためにも、医師や理学療法士の指示の下で正しく継続的に行うことが大切です。 骨折の全治期間が短くなる最先端の超音波骨折治療法 超音波骨折治療法 低出力超音波パルスという、非常に弱い超音波を患部に1日20分ほど当てるだけで、骨の癒合を助け、今までの治療より3〜4割ほど短期間で治すことができる治療法です。 患部に当てるだけなので痛みもなく、患者にとっては負担もないので骨折治療の最先端とも言われています。 超音波骨折治療法のメリット この治療の良いところは、患者にとって痛みがないので負担がないことです。 また、従来の治療なら、整復して固定、リハビリと進んでいくので回復するまでに時間がかかりますが、この治療を早期の段階から実施することで超音波の力で骨が早くくっつき早い回復が見込めます。 早期に回復できれば、日常生活を普段通りに送ることが出来るため患者の負担が軽減されます。 超音波骨折治療法のデメリット 1つデメリットで言えば治療費が高いということです。 「四肢 手足を含む の観血的手術を行った場合」や「四肢 手足を含む の難治性骨折」に対しては医療保険が使えるようになっていますが、それ以外は自由診療となっていて、7〜15万円程度かかるようです。

次の