ホルモンバランスの整え方!サプリがおすすめ!。 ホルモンバランスの乱れはどう整える?おすすめサプリや改善方法は?

美肌と女性ホルモンの関係~その肌荒れ、エストロゲンが原因かも?

ホルモンバランスの整え方!サプリがおすすめ!

遥か遠い昔から、東洋医学として行われてきた漢方治療。 漢方は、薬のような即効性はありませんが、その分、体に負担をかけることなく症状や体質改善を行う事が出来ます。 もちろん、妊活や不妊にも漢方はおすすめ。 女性ホルモンは20代半ば〜30代前半がピーク、その後40歳から急速に低下していきます。 それに伴いホルモンバランスが崩れると、さまざまなつらい症状が出てきます。 漢方薬は症状を引き起こしている「複数の原因」に効き、その場しのぎではない、根本的な不調の解決に役立つのです。 つらいときは漢方薬に頼ってみよう 最近、原因不明の体調不良などを感じたことはありませんか? 身体の疲れや生理不順に、悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。 その原因、もしかしたらホルモンバランスが乱れているせいかもしれません。 ホルモンバランスの乱れは、もちろん「妊娠しやすい体」を遠ざけます。 こちらの記事では、ホルモンバランスの乱れからくる症状別に、漢方薬の選び方をご紹介していきます。 自分にあった漢方薬を見つけていきましょう。 ホルモンバランスの乱れで起こる症状と、漢方薬の選び方 ホルモンバランスの乱れで起こる症状別に、漢方薬の選び方を紹介します。 生理不順や生理痛などの生理の悩み 生理は、エストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンの分泌変化によって起こります。 このホルモンバランスの変化がさまざまな症状を引き起こします。 生理の悩みとしては、PMS(月経前症候群)といわれる生理前のイライラや「肌があれる」「むくむ」「イライラする」「落ち込みやすくなる」など、その悩みによって、選ぶ漢方が異なります。 基本的には、血の巡りを良くして、身体を温める漢方薬を選ぶようにしましょう。 血を補う、血をめぐらす、ストレスの緩和など、これらのアプローチで不調を改善します。 イライラやほてりなどの更年期の悩み 女性ホルモンの分泌の低下による体のほてりや大量の汗、イライラや、よく眠れないという不定愁訴など、閉経前後に起こりやすい更年期障害はさまざまな症状を引き起こします。 血の巡りを良くして血の不足を補う漢方薬を選びましょう。 つらい不定愁訴は、漢方薬治療がもっとも得意とするところです。 漢方薬が使われる頻度も高い疾患の一つといえます。 めまいや不眠などの自律神経失調症 自律神経失調症は、イライラ・めまい・耳鳴り・頭痛など、症状は人によってさまざまです。 鬱と間違われやすいので、注意してください。 血の巡りを良くして血の不足を補い、血の流れの異常を改善する漢方薬を選ぶようにしてください。 ホルモンバランスを整える三大婦人漢方薬の種類と効果 ホルモンバランスを整えてくれる三大漢方薬をご紹介します。 身体を温める「当帰芍薬散」 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は身体を温めて 血の不足を補ってくれます。 全身に大切な栄養を与え、水分代謝をよくすることで、余分な水分を排出してくれます。 冷え性・むくみ・生理不順・めまい・動悸・更年期障害・自律神経失調症などの症状が当てはまる方におすすめです。 神経の高ぶりを落ち着かせる「加味逍遙散」 加味逍遙散(かみしょうようさん)は、イライラやのぼせを抑えてくれる働きをします。 また、ただよっている気を巡らせて、身体のバランスを整えてくれます。 血の不足を補う、冷え・むくみ・生理不順・更年期障害・自律神経失調症などの症状に当てはまる方におすすめです。 女性のための体質改善薬「桂枝茯苓丸」 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)とは、シミや、身体の冷えに効果的とされています。 ただよった血を下半身まで巡らせてくれ、 長期に服用できて、血の不足を補います。 にきび・冷え性・月経異常・むくみなどに当てはまる方にはおすすめです。 妊活専用和漢ティー「温授茶」 こちらは漢方薬ではありませんが、9種類の和漢植物成分と、4種類の妊活成分「葉酸・マカ・ザクロ・タンポポ」が一度に摂れる妊活専用茶です。 漢方独特の匂いが苦手という方でも飲みやすく、ミルクティーやレモンティーなどアレンジしても楽しめます。 身体の内側からの巡りアップや温活、妊活中の方におすすめの商品です。 また、個包装で持ち歩きにも便利なので、仕事場でのブレイクタイムにも最適のお茶です。 漢方薬を飲む際の注意点 「この漢方薬は効果がある」と言われても、自分に合わない場合もあります。 漢方を飲む際の注意点を見ていきましょう。 症状の改善がされない場合は切替も検討する 「漢方薬は自然からできているから、ゆっくりと改善するもの」 と思っている方が多いのではないでしょうか。 漢方薬の中には即効性があるものもありますが、やはり数週間は飲み続けたほうがよいとされています。 しかし、あまりに長く症状が改善されない場合は、他の漢方薬に変えてみるのも一つの方法です。 胃の不快感や腹痛などの症状が出る場合もある 副作用により、食欲不振や吐き気などの症状を繰り返す場合はすぐに病院へ行きましょう。 また、漢方薬でもアレルギーがおこる可能性があります。 信頼できる漢方薬局や漢方医の方とよく相談して購入してください。 自分でできるホルモンバランスを整える方法 漢方薬に頼るだけでなく、自分でできる方法も試してみましょう。 生活習慣の乱れを整える 生活するうえで、食生活はとても大事な要素になってきます。 日々の栄養面を考えて、バランスよく献立を組みましょう。 ショウガなどの身体を温める食材を多く摂取して、身体を冷やさないようにしましょう。 また、規則正しい生活で、1日のリズムを安定させることによって、精神的にも落ち着いて過ごせます。 ストレスを上手に発散する ストレスは女性にとって最大の敵です。 働く女性は仕事と家事の両立で、ストレスもたまりがちでしょう。 しかし、そのままストレスを放置してしまうと、大病につながる恐れもあります。 好きな趣味を見つけたり、休みの日には適度な運動を心がけましょう。 一日の疲れはできるかぎり、その日のうちにリセットしてください。 お風呂でゆっくり身体を温めたり、寝る前にマッサージをしたり、自分の身体と向き合う時間も大切です。 一人で責任を抱え込まないこともストレスの軽減につながります。 ホルモンバランスを整える命の母Aの特徴 長年愛されている、小林製薬の「命の母A」を紹介します。 更年期の不調を改善する生薬をバランスよく配合 漢方医学では、身体の中に3つのバランスがあるとされています。 栄養や老廃物を正常に運ぶ「血」と、身体と精神のエネルギーになる「気」、身体に栄養を与えて不要なものを排せつする「水」です。 これらのバランスが乱れると、さまざまな体調不良が起こるとされています。 その内の一つが更年期障害です。 「更年期障害に効く」ということで、命の母Aを知った方も多いでしょう。 命の母Aには、13種類の生薬と11種類のビタミンが配合されています。 更年期の女性ホルモン低下による、イライラやのぼせなどのさまざまな不調に対して、栄養のバランスを補ってくれます。 どんな体質でも使える 漢方薬は、個々の症状にあった処方がされますが、命の母Aはホルモンバランスの乱れによる幅広い症状に効くとされています。 三大婦人用漢方薬に使われている生薬を、バランスよく配合しているため、体内にある血液・気・水分をうまく潤滑してくれます。 やる気がでない、のぼせなどの更年期の症状が和らぎます。 命の母Aは様々な生薬をエキスにせず、生薬がもつ自然の力を発揮するために、そのまま錠剤に詰め込んでいます。

次の

ホルモンバランスを整える♪レッドマカのおすすめサプリ

ホルモンバランスの整え方!サプリがおすすめ!

こちらの記事も関連があるかも• ホルモンバランスが乱れるとどうなるの? ホルモンバランスが乱れると、女性の場合以下のような症状につながりやすくなります。 月経不順(過少月経や頻発月経、過多月経、無排卵月経など)• 生理痛• PMS• 不正出血• 黄体機能不全による不妊• 自律神経失調症• 更年期障害• 肌荒れやニキビなどの肌トラブル 月経不順になってしまうと、排卵日の特定が難しくなってしまうなどの問題があります。 また、ホルモンバランスが原因で無排卵の状態になっている場合であれば、妊活をしても妊娠に至るのはかなり難しくなってしまいますよね。 さらに黄体機能不全などの場合では、排卵をして受精に至ったとしても着床できなかったりするほか、場合によっては知らないうちに流れてしまう可能性も0ではないのです。 こうしてみると、ホルモンバランスの乱れがどれだけ妊活において影響を与えるかがよくわかるかと思います。 不妊治療などを行うクリニックなどでは、こうしたホルモンバランスの乱れがみられる女性には、ホルモン療法などを行うことも決して少なくないのです。 実際わたしも、黄体ホルモンを補充するために、クリニックで「デュファストン」を処方されていた時期がありました。 こうした女性の体の機能やメンタルなどのバランスを保っている女性ホルモンは、決してひとつではなく、さまざまなホルモンがその時期に合わせて分泌される仕組みになっています。 それぞれのホルモンが、お互いバランスをとりながら分泌されることによって、文字通りホルモンバランスが整う仕組みになっているのです。 単純なホルモンの分泌不足だけであれば、分泌を促すような工夫をしたり、人工的にホルモンを補ってあげることで解決ができるかもしれません。 しかし、意図的に必要となる時期や必要となるホルモンを、適切な時期や分量にすることは難しいものがあります。 また、ホルモンの分泌が足りていないことも問題ですが、過剰に分泌してしまっていてもよくないため、「ただ補充すればなんとななるという」問題でもないのです。 ホルモンバランスの乱れはどうやって知ることができるの? 妊活中の女性としては、自分自身のホルモンバランスが整っているのか、乱れているのか気になるところではないでしょうか? こうしたホルモンバランスの乱れは、月経不順などの症状などからなんとなく把握することは可能です。 しかし、ホルモンバランスがどのように乱れているのかは、それだけでは判断ができません。 最もわかりやすい方法としては、基礎体温表を付けて基礎体温の変動を見ることです。 基礎体温表を付けることによって、どの世にホルモンバランスが乱れているのかや、どのホルモンが不足しているのかなどがわかるのです。 ポイントとしては、低温期と高温期がしっかりと別れて二層になっているかどうかや、キレイに高温へ移行するかどうか、その温度差が0. 3度ほどあるかどうかなどが挙げられます。 (温度差についてはこの限りではありません、あくまでも目安です。 ) 体温の動きが一目でわかるよう、ドラッグストアなどで売られている、紙の基礎体温表につけるのがおすすめです。 ひと月では自分自身の傾向がわからないので、最低でも3か月程度はつけて比較するとよいかと思います。 クリニックなどでも、ホルモンバランスの乱れを診断してもらえるかと思いますが、どちらにせよ先生も基礎体温表などを参考にして判断することが多いので、つけておいてから相談に行くのがいいですよ。 とはいえ、ホルモンバランスの乱れがわかったとしても、それを改善しないことには妊娠へはなかなかたどり着くことができませんよね。 どうしていけば、ホルモンバランスを整えていくことができるのでしょうか? ホルモンの分泌やホルモンバランスを整えてくれるのは脳 女性ホルモンに限らず、人間に必要となるさまざまなホルモン分泌を管理・指令しているのは、実は脳だということをご存知でしょうか? 脳の視床下部や下垂体という部分に、こうしたホルモンの分泌を指令する機能が備わっており、時期に合わせて適切なホルモンを分泌するようコントロールしているのです。 この脳からの指令が正しくないと、適切なホルモンの分泌がされません。 また、脳自体は正常に指令を出していても、その先の指令を各器官に届ける役割の神経伝達物質の働きが悪くても、ホルモンは正常に分泌されないのです。 このホルモンの分泌を促すための指令は、とってもデリケートだとされています。 そのため、ストレスがかかったり、暴飲暴食、睡眠不足が続いてしまうような場合であっても、脳に負担がかかり指令がうまく出せなくなってしまうことがあるとされているのです。 ホルモンバランスを整えていくためには? ホルモン分泌のための指令をスムーズに伝達させるためには、規則正しい生活や食生活をすることがポイントとなってきます。 偏食もそうですが、厳しい食事制限による過度なダイエットなどは、控えるようにしたほうが良いでしょう。 また、十分な睡眠をとることも、ホルモンバランスを整えていくために必要となります。 ホルモンは睡眠中に作られているという理由のほかにも、ストレスの軽減にもつながるからです。 また、十分な睡眠はホルモンの分泌指令を伝える脳内の神経伝達物質を増やしてくれるため、しっかりと睡眠をとることはとても重要なことになるのです。 ちなみに、血行を良くすることによっても脳内の神経伝達物質の働きを良くしてあげることが可能です。 適度な運動をするようにしたり、冷えを改善する生活にしたほうが良いといわれているのはこのためでもあります。 生活習慣を改善したり、バランスの良い食事をとるよう心がけているのに、なかなかホルモンバランスが整ってこないという場合には、強いストレスがないかなどもチェックしてみてください。 また、卵巣機能の低下によっても、ホルモンバランスが崩れてしまう場合もあります。 これまで体に負担をかけてきてしまった過去がある場合や、年齢を重ねていることによって卵巣機能が衰えてしまう場合もありますので、少しでも衰えを取り戻したり回復させるように努めることも大切になるでしょう。 医師に相談することも大切です ホルモンバランスなどの乱れが原因で、生理周期が整わなかったり、高温期が安定しないといった様子が見られる時などは、専門家や医師に相談するのもおすすめです。 手元に、3か月程度の基礎体温表や、生理周期にあったことなど(下腹部痛とか、おりものの状態とかですね)をメモしたものをもって相談に行けば、的確に答えてくれる医師が多いはずです。 本格的な不妊治療には抵抗がある場合などは、その旨を伝えておけば、できる範囲でサポートしてくれるはずです。 その場合、タイミング療法やホルモン療法がメインとなるかと思いますが、ひとまず方向性はちゃんと示してくれるかと思います。 必要があれば、生理周期を整えていくためのピルや、黄体機能不全を改善するためのホルモン剤なども処方してくれます。 (もちろん、必要があればですよ。 ) 直接基礎体温や体を見てもらい、自分自身のホルモンバランスがどのように乱れているのかがわかるだけでも、これからどうするのが良いのかが見えてくるはずです。 まとめ ホルモンバランスの乱れがあると、スムーズな妊娠の妨げにもなりえます。 基礎体温表などを付けて、自分自身の傾向をつかんだりするだけでも、その後の妊活において何をすればいいのかがぐっと明確になってくるかと思います。 食事や生活習慣の改善をしてみるだけでも、乱れてしまったホルモンバランスを整えていくことができる場合もあります。 難しい場合などは、クリニックで相談すると具体的な改善策を提案してくれるはずです。 ホルモンバランスの乱れは体質だから仕方がないとあきらめたりせずに、できる範囲でできることにトライしてほしいなと思います。

次の

女性ホルモンを整えるサプリメントのおすすめ5選!増やす方法とは?

ホルモンバランスの整え方!サプリがおすすめ!

50倍濃縮プラセンタを配合したプラセンタサプリ。 1日2粒で10,000mg相当のプラセンタを摂取することができます。 また、クコの実・大豆イソフラボン・低分子コラーゲン・低分子ヒアルロン酸・アセロラといった5つの美活成分を一緒に配合。 19種類のアミノ酸、酵素・ビタミン・ミネラルなども配合された、盛りだくさんなサプリです。 また、ミネラルの中ではカルシウム125mg、マグネシウム100mg、鉄21. 5mgを1日3粒で摂取可能。 1ヵ月あたりの価格が高いのが難点です。 E、グルコン酸銅、パントテン酸Ca、グリセリン、V. D、V. 1日2粒で、 マカエキス末410mgに加え、1日分の亜鉛7mgの摂取が可能です。 また、不足しがちなビタミンB郡・にんにくも配合されているので、女性にとっても嬉しいサプリと言えるのではないでしょうか。 60日分で2000円以下とリーズナブルなので、続けやすいのも嬉しいポイントです。 マカサプリというと男性のサプリというイメージがありますが、女性にもおすすめですよ。 タイプ(1日の摂取量) マカ(410mg) 1日の目安摂取量 2粒 内容量 120粒 原材料 マカエキス末(マカエキス、デキストリン)、デキストリン、醗酵黒にんにく末、グルコン酸亜鉛、ステアリン酸Ca、糊料(プルラン)、セラック、V. B6、V. B2、V. B1 妊娠準備期からマタニティ期におすすめされることもあるこちらのサプリは、 葉酸・鉄・Caに加え、12種類のビタミン・ミネラルを一度に摂取することができるマルチタイプです。 また、1ヵ月あたり1000円というリーズナブルさも魅力。 複数のサプリを飲むのは面倒という方は、ぜひ検討してみてください。 プラセンタのみを摂取したい方には不向きですが、「複数のサプリを摂取するのは面倒で続けられない…」とお悩みの方におすすめです。 しっかりと管理されているEU圏内の豚から抽出したプラセンタを利用しながら、1日当たり約78円とコスパも高いので、はじめてのプラセンタサプリとしてもおすすめです。 タイプ(1日の摂取量) プラセンタ(20. 大塚製薬が長年の研究を経て発見した乳酸球菌で大豆を発酵させて作られています。 1日4粒と目安となる摂取量はやや多めではありますが、自分のペースで分けて飲んでも、一気に飲んでもOKです。 珍しいオレンジ風味のジュレタイプの商品も発売されているので、お試し感覚でそちらをチェックしてみるのもおすすめ。 タイプ(1日の摂取量) エクオール(10mg) 1日の目安摂取量 4粒 内容量 112粒 原材料 大豆胚芽発酵物、オーツ麦ファイバー、寒天/セルロース、HPMC、着色料(酸化チタン、カラメル)、微粒酸化ケイ素、タルク モノコーポレーション 商品名 エクエル プラセンタ プレミアム 葉酸カルシウムプラス ディアナチュラスタイル マカx亜鉛 発酵大豆イソフラボン エクオール エクスプラセンタ 粒タイプ エレビット お徳用マカ粒 大豆イソフラボン エクオール ハダプラ 特徴 大豆を乳酸菌で発酵させたサプリ プラセンタ+嬉しい10種の美容成分配合 不足しがちな栄養を一気に取れるマルチサプリ マカエキスに1日分の亜鉛を+。 にんにくやビタミン群も充実 1日1粒でOK、しかも安価で飲みやすい ワンランク上の美に導く「飲むエステ」 12種のビタミンと6種のミネラルを配合 マカだけを配合したシンプルなサプリ。 他のサプリとの組み... ドラッグストアなどでも購入可能。 気軽に始められるエクオール 50倍濃縮プラセンタを贅沢配合 最安値 タイプ(1日の摂取量) エクオール(10mg) プラセンタ(20. B6、V. B2、V. E、グルコン酸銅、パントテン酸Ca、グリセリン、V. D、V.

次の