高須 クリニック 目頭 切開。 目頭切開しようとおもってます

目頭切開で口コミ評価が高い高須クリニックを調査

高須 クリニック 目頭 切開

蒙古襞 目頭切開とは、日本人をはじめとしたアジア人によく見られる蒙古襞(もうこひだ/目頭を覆っている部分)を切ることによって、隠れている目頭を見えるようにする手術です。 目頭に指をあてて、鼻の方向(真横)に引っ張ってみると想像がしやすいかもしれません。 どんな人に向いている? 目頭切開をすると、印象が大きく変わります。 両目の距離が近づくだけでなく、大きな目、切れ長の目を手に入れることができます。 平行型の二重まぶたを作る効果もあります。 左右の 目が離れている人• 顔全体の バランスを整えたい人• 平行型二重で目をパッチリ目にしたい人• 目の横幅を広くして 目を大きくしたい人• 切れ長の目にしたい人 目頭切開を受けた人の声• 末広の二重でまぶたが重い印象だったので、それを何とかメイクでカバーしよう、と頑張っていたのですが限界を感じ、思い切って目頭切開をお願いしようと考えました。 目頭切開をしてくれるクリニックの中でも、口コミ評判が特にいい所を選んで施術してもらいました。 詳しく分かりやすいカウンセリングをしてもらい、納得して施術を決断。 術後数日は内出血も少しありましたが、2週間ほどたった今では、すっぴんでも術後の跡がほとんど目立たず、メイクをすればしっかり隠せる状態にまでなっています。 怖がりな性格なので、ちょっとビクビクしながらの施術だったのですが、思い切ってやってよかったと喜んでいます。 (年齢性別不明)• 目が少し離れ気味なのが気になっていたので、バランスの良い目幅を考えて、左右1ミリずつの切開をしました。 施術前の麻酔に関しては正直痛みを感じた部分もありますが、麻酔をしてからは痛みを感じることもなくスムーズに施術が終わりました。 術後少しあった腫れも今は落ち着いて経過良好ですが、鏡を見ると「もう1ミリずつやってもよかったかな」と、ついつい新たな欲が出てしまいます(笑)。 ですが本当にやってよかったです。 私のように目が離れ気味なことを気にしている人は、カウンセリングだけでも受けてみるといいと思います。 (年齢性別不明)• 二重にするために埋没法を受けていたのですが、その糸が取れてしまったのを機に、評判のいいドクターを探して目頭切開を受けました。 施術中は「皮膚を切られているな」という感覚はありましたが、麻酔のおかげで痛みは感じませんでした。 術後数日は腫れや不自然な感じもありましたが、1ヶ月もすればそうした違和感もなくなりました。 もう施術後から10年以上たちますが、今もキレイな二重を何の不都合もなく保てているので、やってよかったと思っています。 (年齢性別不明)• 私は6つの美容外科でカウンセリングを受けた上で、施術を受けるところを決めました。 選ぶ際の決め手となったのは「カウンセリングの段階で、デメリットについても一番丁寧に説明してくれた」というところです。 デメリットを詳しく聞いた上でも納得できる施術だと思ったのでお願いしました。 とはいえ、デメリットを聞かされただけに多少の不安もあったのは事実です。 ですが看護師さんに術中に体をさすってもらったり、手を握ってもらったりすることで励まされ、不安も和らげることができました。 術後3日目からは腫れがどんどん引いてきて、11日目にはもう、目頭切開の跡はよく見ないと分からない、というところまで落ち着いたので今は安心しています。 (年齢性別不明) どんな手術を行うの? 目頭から上まぶた部分を覆っている「蒙古(もうこ)ヒダ」と呼ばれる皮膚を切開または切除し、ピンク色の涙丘という部分を見えるようにします。 手術の術式などはクリニックによって様々です。 Z法 その名の通り、目頭部分を三日月形に切開し、余分な組織を除去して縫合する施術です。 古くから行なわれているシンプルな手法のため、所要時間が短いのが特徴。 しかし、シンプルな施術がゆえに、皮膚が元に戻ろうとする力に負けてしまうことも。 結果として、施術前の状態に戻ってしまったという声も報告されています。 蒙古襞の切開範囲が小さい人であれば、そういった心配は少ないようです。 その他の方法 目頭切開手術には、他にもミニZ法やImre法 Z形成術 、Stallard法 変形Z形成術 など種類が豊富にあります。 クリニックによってはオリジナルの目頭切開法を用意しているところも。 短時間で済む手軽なプチ整形や時間かかりますが大きく目元を改善できる再建治療などさまざまです。 目頭切開は一人ひとりの目元に合った施術を受けることが大切。 切開手術を成功させるためには、メジャーな施術だけでなく、マイナーな施術を検討するのも手ですよ。 その他の方法を以下にまとめたので、参考にしてみてください。 ミニZ法 形成外科の一般的な施術である「Z-plasty」を蒙古ひだ用に改良したのが「ミニZ法」。 皮膚を切除する「W型切開」とは違う観点から開発された施術法です。 蒙古ヒダを切除せず「Z型」に切り込み入れて皮膚を立体的に入れ替えます。 ミニZ法では切開線を小さめすることで切開部分を最小で済ませるとのこと。 切開部にかかる張力も小さくなるため、早い段階で傷跡が目立たたない自然な仕上がりになるのが特徴です。 Imre法 Z形成術 内眼角部のひだの位置を移動することで目元を大きくするZ形成術のひとつ。 Z形成術は傷が最小限で済むため腫れを抑えやすい施術です。 施術結果に納得できない場合は、修正しやすいのが大きなメリットだといえます。 1mm単位で切開位置を計り細部用のメスで切開を行なうことで、皮膚の繊維組織を最小限で切除。 また「吸収される糸」で中縫いを行ない、極細の糸でさらに細かく縫合していきます。 Stallard法 変形Z形成術 Z形成術を応用して開発されたのが、Stallard法 変形Z形成術。 蒙古ひだの表面 前葉 と裏面 後葉 にまたがって切開します。 V法 蒙古ひだの中心から水平に切開して、余分な皮膚を切除(トリミング)して縫合する施術。 傷跡がVの字に残りますが、蒙古ひだを完全に取り除いて目頭にある涙丘(るいきゅう)を露出させられます。 単純な施術で蒙古ひだを取り除けるのですが、希望に合わせた細かい調節ができません。 Park法 Z形成術と余剰皮膚切除を行なうのがPark法。 Z形成による皮膚の入れ替えと同時に余剰皮膚を切除することで、平行型の二重を作れます。 二重の内側の幅を広げたい場合やまつ毛側の余った皮膚を取り除きたい場合に最適な施術です。 また二重の仕上がりを平行型にしたい方にもおすすめします。 VY形成 丸みのある目頭を実現するためにV字に切開したあとにY字に縫合する施術。 手術直後は目頭が尖った状態になってしまうのですが、半年くらいかけて徐々に丸みを帯びてきます。 目頭切開で蒙古ひだを切りすぎてしまった方の修正で使われることの多い施術です。 平賀法 蒙古ひだを切り取ってV型またはY型に縫い合わせる施術。 切り取り量を加減することで手術の効果を変えられます。 目頭をきりっとしたシャープな印象に仕上げたい場合におすすめです。 渡辺法 伝統的な平賀法を改良した目頭切開が渡部法。 切開する角度を抑えてデザインを工夫できるようになっています。 平賀法変法 これまでに使われてきた平賀法に改良を加えた目頭切開が平賀法変法。 蒙古ひだを覆っている皮膚を切除して縫合します。 ひだのきつくない方におすすめできる施術です。 Mack法 Y-V形成術 蒙古ひだの表面をY字切開したうえで、内側を鼻のほうに向けて伸ばすのがMack法 Y-V形成術。 平賀法よりも柔らかい目元に仕上がるのが特徴です。 Mustarde Y-V形成Z形成複合法 美容整形手段であまり使用されず、形成外科にて再建治療の目的で行なわれることの多い施術です。 Y-V形成術とZ形成術とを組み合わせた施術で、効果が高く優れた方法。 しかし、広範囲に切開するため、離れた皮膚の色を合わせるのが難しいそうです。 高い技術力を要する施術だといえます。 これらは、従来の手術法と比べて傷跡が残りにくく、傷の治りも早いため、多くのクリニックが取り入れています。 これら以外にも、クリニック独自の術式など様々な施術法があります。 施術法の選択は、個人の状態に左右されます。 また、 ドクターの技術力次第で、同じ施術法でも仕上がりが大きく変わります。 まずは何よりも 適切なクリニック選びが最重要です。 目頭切開をしても変わらない人もいる 蒙古襞を切ることによって切れ長の目になれる目頭切開ですが、手術をしても変わらない人もいます。 もともと蒙古襞がない人や、あっても覆いかぶさっている部分が少ない人はせっかく手術をしても大きな変化は見られません。 まずは、自分の蒙古襞がどういった状態か確認してからクリニックに行くことをおすすめします。 もちろん、クリニックでのカウンセリングでも術後のイメージを見せてくれるので、ドクターに相談してみるのも良いでしょう。 目頭切開を受けるクリニックの選び方 昔と比べて美容整形自体が一般的となり、ファッションの一部のような感覚で捉えられている感がありますが、手術のひとつであることには変わりありません。 メスを用い、皮膚を切開・切除して縫合するという、 外科手術と違いのない方法ですから、その分リスクもあるのです。 そのリスクを少しでも減らすために、クリニック選びは慎重に行いましょう。 信頼のおける医師がいるクリニック選びのポイント• 医師の 経歴がしっかりしていて、確かな 経験を積んでいるか。 豊富な症例数をこなし常に 技術の向上を図っているか。 患者さんや 第3者からの評価が高いか。 一人のドクターがカウンセリングから手術まで行っているか 細かな事を言えば、手術費用、スタッフ・医師の対応力などチェックポイントはありますが、この4つのポイントをクリアしているクリニックであれば、安心して手術を任せることができると思います。 大切な顔の一部である目を手術するのですから、 絶対に後悔しないクリニック選びをしてください。 これらのチェックポイントを踏まえた上で、当サイトでは、いたしました。 目頭切開の手術を検討していらっしゃる方、迷いが捨てきれない方に、日本の最高峰の技術レベル・最新設備を整えたクリニックを知っていただき、最適なクリニック選びの参考になれたら幸いです。 目頭切開の名医 厳選5選 理想の目元を実現してくれる経験豊富な名医を6名ピックアップしました。 目頭切開の症例数が多いのはもちろん、オリジナルの手法を考案している医師もいます。 また、宣伝をしていないのに著名人や芸能人が口コミで来院するほど人気があるクリニックも。 確実に効果の出る施術してくれる証拠だといえるでしょう。 ほかにも失敗しない名医選びのポイントを4つに分けてご紹介。 名医が所属するクリニックの特徴や料金、口コミも載せています。 目頭切開が受けられる全国のクリニック ここでは、北海道から沖縄、さらに韓国にあるクリニックの情報をピックアップして載せているので、参考にしてみてください。 日本全国には目頭切開を受けられる美容形成外科クリニックが多くあります。 クリニックによって扱っている施術法が違いますし、症状に合わせた治療をする必要があるのです。 またアフターケアのことも考えると通いやすいクリニックを選ぶことも大切。 とはいえ、どのクリニックが目頭切開に対応しているのか調べるのは大変ですよね。 北海道・東北 BK美容外科は、美容大国の韓国でも有名な大手美容形成外科です。 100名以上の職員が働いており、ビル1棟丸ごと使って最新の美容医療設備を完備しています。 日本から整形手術を受けに行かれる方も増えているのだとか。 治療によっては日本の半額で施術が受けられるのが人気の理由です。 目頭切開には傷痕を残さない「マジック目頭切開」を採用しています。 術後の腫れやダウンタイム、傷跡など、手術をしたことがバレないかなど、術前に気になる心配ごと、疑問について解説をしています。 体験談もまとめてありますので、参考にしてみてください。 術後の腫れやダウンタイムはどのくらい? 手術の方法や個人によって程度に差はありますが、目頭切開の手術後に腫れは起こります。 術前に腫れの程度を予測するのは難しいため、ダウンタイム(腫れの期間)を意識して手術の日程を決めなければなりません。 手術直後2~3日は強い腫れが起こるケースが多く、術後2週間ほどで腫れが収まってくるのが一般的なようです。 傷跡は残らない? 腫れは時間とともに収まっていきますが、「傷跡」が残るのかどうかは一番気になるところだとお思います。 傷跡についても、個人の状況によって変わってきます。 正確に言えば、メスを入れる手術ですので、傷跡は大なり小なり残るようです。 術後に腫れや傷跡の程度は、医師の技量にもかかってきます。 最小限に抑えるためには、クリニック選びが重要なポイントになるでしょう。 修正は可能? もしも、術後の仕上がりが希望と大きく違っていたら…、目頭切開の手術を受ける前の心配事として、これも大きな問題だと思います。 結論から言うと、修正は不可能ではありません。 そもそも、 目頭切開の手術自体、高度な技術を要しますので、 腕が確かなうえに、美的センスも備えた医師のもとで行うことがトラブルを防ぐ第一条件となります。 修正となると、さらに高い技術を要します。 とくに皮膚の一部を取り除く術法の場合、修正には、かなりのテクニックが要求されるため、対応できる医師も当然限られてきます。 修正を行うためのクリニック選びはもちろんですが、満足のいく仕上がりにするためには、最初から、クリニック選びは慎重に行うようにしましょう。 目頭切開したことがバレない? 目は、顔の中でも一番目立つパーツ。 いくら理想の目元になれたといっても、できることなら、目頭切開を行ったことを周囲の方にバレたくないですよね。 同じ手術を行っても、いかにも「ザ・目頭切開」になってしまう場合と、そうでない場合があります。 より自然で美しく、 バレにくい仕上がりにするためには、やはり医師の技術やセンスが絶対条件。 費用が安いから、有名だから、アクセスがよいから…などという安易な理由に流されず、口コミ等を参考にして、評判の高いクリニックを選ぶことが賢明です。 それが、後々の満足度にもつながりますし、結果的に費用面も抑えることにもつながるのです。 手術は痛くない? 目頭切開手術は、麻酔時や手術中に痛みを伴うことはほとんどありません。 口コミでは、「麻酔をするときに少しだけ痛かった」という声もありますが、最近は麻酔クリームと併用して痛みの少ない、細い針を使用しているクリニックもあるため、痛みはほとんどないと思って良いでしょう。 痛みが発生する可能性があるのは、「術後」。 目頭切開手術はメスを使用するため、麻酔が切れたときに痛みを伴うのが一般的です。 しかしそれも痛み止めを飲むほどではなく、我慢できるレベルだと言われています。 失敗例を知りたい これまでに挙がっている失敗例は、「効果が感じられない」「目頭が不自然」「傷跡が目立つ」などがあります。 手術を受ける以上は、少なからず失敗する可能性はあるため、リスクを把握しておくことが大切です。 また、目元は加齢とともに変化していくため、手術を受ける場合は、将来起こりうるリスクについても目を向けなければなりません。 目頭切開手術で失敗しないためには、カウンセリングをしっかり受けることや担当医師のスキルを見極めることも大切です。 手術を受けているのは女性だけではありません。 また、脱脂や二重手術などを併せて行う場合もあります。 そこで、女性と男性それぞれの目頭切開の体験談を集めました。 併せて行った施術も明記していますので、ぜひ参考にしてください。 一般的な費用目安 目頭切開にかかる費用は、両目でおおよそ20万円~30万円前後。 手術を行なっているクリニックの中には、相場よりもかなり安い金額で行なっているところもありますが、価格設定が低いところは手術をきちんと行なってくれない可能性があります。 クリニックを選ぶうえで料金をチェックするのはとても大切ですが、目頭切開手術は高い技術力を必要する手術です。 料金だけではなく医師のスキルや症例についても調べるようにしましょう。 モニター価格とは 「クリニック選びをしている際によく目にするモニター価格とは一体なんだろう?」と一度は疑問に思ったことがあるはず。 モニターのやるべきことは、実際に手術を体験して、症例写真としてデータに残ることです。 クリニックがネットにアップしたり、同じ手術を受ける患者に説明する際の参考資料として役立てたりしています。 クリニックによって割引幅は異なりますが、割引価格10~50%程度の料金で手術や治療を受けられます。 ただし、希望すれば誰でも受けられるわけではなく、モニターとして相応しいかどうかの審査を受けなければなりません。 また、手術後も何度か通院・撮影する必要があります。 自然な二重にしたい 自然な二重を希望する人はたくさんいますが、その定義は人それぞれ。 自然な二重にする手術と言えば「埋没法」。 施術が簡単で失敗しても修正できるのが魅力です。 また、手術時間も短く、両目合わせても10分程度で終了します。 しかし、簡単な手術だからと言って誰でも良いわけではなく、医師の技術によって差がでるので、クリニック選びは慎重に行なったほうがいいでしょう。 二重の幅を広くしたい ハーフのような華やかな印象に見せられる幅の広い二重は、若者の間で流行しています。 そんな目元になれる手術法は「全切開法」「部分切開法」「目頭切開法」など、さまざま。 全切開法術法は、くっきりとした二重を作るのに適しており、部分切開法はダウンタイムが気になる方におすすめです。 目頭切開法は、手術方法によって幅の広い二重を作ることができます。 施術を受ける際は医師としっかりと相談して自分にピッタリの施術方法を選びましょう。 絶対に取れない二重にしたい 安全性が高く簡単に行なえる埋没法は、二重ラインを作っている糸が切れやすいため、永久的な二重を望んでいる方にはあまり向いていません。 永久的な二重を手に入れたい方には、全切開法や目頭切開がおすすめです。 全切開法は、二重にしたいラインを切開し余分な皮膚や組織を除去するため、絶対に取れない二重を作るのに最も適した方法と言われています。 目頭切開は、目頭を覆っている皮膚を切り取り、隠れていた二重の先端部分を露出させる方法です。 パッチリとした目を作ることができ、全切開法と組み合わせることで半永久的な二重にすることができます。 垂れたまぶたをスッキリ 垂れ下がったまぶたの施術には、「眼瞼下垂(がんけんかすい)」と「脱脂法」が行なわれます。 眼瞼下垂手術は、まぶたの緩んだ筋肉を短く縫い縮める手術のこと。 眠たげな眼をパッチリと開かせることができます。 脱脂法は上まぶたの余分な脂肪を取り除き、目元を整える手術です。 傷跡を目立たせず、治療できるのが魅力です。 目をもっと大きく見せたい タレントやモデルのような大きな目は、いつになっても女性にとっての憧れ。 目を大きく見せるための手術方法はまぶたの脂肪を除去する「切開法」や目頭の皮膚を切開する「目頭切開法」など、いろいろあります。 しかし、数ある手術の中からどの方法が適しているかは、素人ではなかなか判断しにくいもの。 自分に1番合う手術を受けるためには、担当医師としっかり相談することが大切です。 また、施術の良し悪しは医師の技術力によっても異なるので、クリニックを選ぶ際はしっかりと下調べをするようにしましょう。 目の下を若返らせたい 目の下のたるみは、顔を老けさせる原因となりますが、改善するだけで若く見せることができます。 たるみ改善にはさまざまな治療法があり、中には「下眼瞼脱脂術」「目の下のクマ治療」「下まぶたのたるみ取り」など、低リスクで受けられる手術もあります。 目の整形術となると、切る方法を思い浮かべてしまいがちですが、術法は豊富にあるのでいろいろ知っておくと役立ちますよ。 切れ長の目にしたい 切れ長の目を作るための手術方法には、「目頭切開Z法」「目尻切開術」「目尻挙上術」などがあります。 目頭切開Z法は、腫れや傷跡が少なく済むことが特徴で、目尻切開術は優しい雰囲気の目に仕上げたいという方におすすめの手術です。 目尻挙上術は、目尻を吊り上げ強くキリッとした印象の目に仕上げる方法で、クールな切れ長の目にすることができると言われています。

次の

二重まぶた・全切開法 : 二重まぶた(二重瞼)・目もと(目元) : 美容整形の高須クリニック

高須 クリニック 目頭 切開

蒙古襞 目頭切開とは、日本人をはじめとしたアジア人によく見られる蒙古襞(もうこひだ/目頭を覆っている部分)を切ることによって、隠れている目頭を見えるようにする手術です。 目頭に指をあてて、鼻の方向(真横)に引っ張ってみると想像がしやすいかもしれません。 どんな人に向いている? 目頭切開をすると、印象が大きく変わります。 両目の距離が近づくだけでなく、大きな目、切れ長の目を手に入れることができます。 平行型の二重まぶたを作る効果もあります。 左右の 目が離れている人• 顔全体の バランスを整えたい人• 平行型二重で目をパッチリ目にしたい人• 目の横幅を広くして 目を大きくしたい人• 切れ長の目にしたい人 目頭切開を受けた人の声• 末広の二重でまぶたが重い印象だったので、それを何とかメイクでカバーしよう、と頑張っていたのですが限界を感じ、思い切って目頭切開をお願いしようと考えました。 目頭切開をしてくれるクリニックの中でも、口コミ評判が特にいい所を選んで施術してもらいました。 詳しく分かりやすいカウンセリングをしてもらい、納得して施術を決断。 術後数日は内出血も少しありましたが、2週間ほどたった今では、すっぴんでも術後の跡がほとんど目立たず、メイクをすればしっかり隠せる状態にまでなっています。 怖がりな性格なので、ちょっとビクビクしながらの施術だったのですが、思い切ってやってよかったと喜んでいます。 (年齢性別不明)• 目が少し離れ気味なのが気になっていたので、バランスの良い目幅を考えて、左右1ミリずつの切開をしました。 施術前の麻酔に関しては正直痛みを感じた部分もありますが、麻酔をしてからは痛みを感じることもなくスムーズに施術が終わりました。 術後少しあった腫れも今は落ち着いて経過良好ですが、鏡を見ると「もう1ミリずつやってもよかったかな」と、ついつい新たな欲が出てしまいます(笑)。 ですが本当にやってよかったです。 私のように目が離れ気味なことを気にしている人は、カウンセリングだけでも受けてみるといいと思います。 (年齢性別不明)• 二重にするために埋没法を受けていたのですが、その糸が取れてしまったのを機に、評判のいいドクターを探して目頭切開を受けました。 施術中は「皮膚を切られているな」という感覚はありましたが、麻酔のおかげで痛みは感じませんでした。 術後数日は腫れや不自然な感じもありましたが、1ヶ月もすればそうした違和感もなくなりました。 もう施術後から10年以上たちますが、今もキレイな二重を何の不都合もなく保てているので、やってよかったと思っています。 (年齢性別不明)• 私は6つの美容外科でカウンセリングを受けた上で、施術を受けるところを決めました。 選ぶ際の決め手となったのは「カウンセリングの段階で、デメリットについても一番丁寧に説明してくれた」というところです。 デメリットを詳しく聞いた上でも納得できる施術だと思ったのでお願いしました。 とはいえ、デメリットを聞かされただけに多少の不安もあったのは事実です。 ですが看護師さんに術中に体をさすってもらったり、手を握ってもらったりすることで励まされ、不安も和らげることができました。 術後3日目からは腫れがどんどん引いてきて、11日目にはもう、目頭切開の跡はよく見ないと分からない、というところまで落ち着いたので今は安心しています。 (年齢性別不明) どんな手術を行うの? 目頭から上まぶた部分を覆っている「蒙古(もうこ)ヒダ」と呼ばれる皮膚を切開または切除し、ピンク色の涙丘という部分を見えるようにします。 手術の術式などはクリニックによって様々です。 Z法 その名の通り、目頭部分を三日月形に切開し、余分な組織を除去して縫合する施術です。 古くから行なわれているシンプルな手法のため、所要時間が短いのが特徴。 しかし、シンプルな施術がゆえに、皮膚が元に戻ろうとする力に負けてしまうことも。 結果として、施術前の状態に戻ってしまったという声も報告されています。 蒙古襞の切開範囲が小さい人であれば、そういった心配は少ないようです。 その他の方法 目頭切開手術には、他にもミニZ法やImre法 Z形成術 、Stallard法 変形Z形成術 など種類が豊富にあります。 クリニックによってはオリジナルの目頭切開法を用意しているところも。 短時間で済む手軽なプチ整形や時間かかりますが大きく目元を改善できる再建治療などさまざまです。 目頭切開は一人ひとりの目元に合った施術を受けることが大切。 切開手術を成功させるためには、メジャーな施術だけでなく、マイナーな施術を検討するのも手ですよ。 その他の方法を以下にまとめたので、参考にしてみてください。 ミニZ法 形成外科の一般的な施術である「Z-plasty」を蒙古ひだ用に改良したのが「ミニZ法」。 皮膚を切除する「W型切開」とは違う観点から開発された施術法です。 蒙古ヒダを切除せず「Z型」に切り込み入れて皮膚を立体的に入れ替えます。 ミニZ法では切開線を小さめすることで切開部分を最小で済ませるとのこと。 切開部にかかる張力も小さくなるため、早い段階で傷跡が目立たたない自然な仕上がりになるのが特徴です。 Imre法 Z形成術 内眼角部のひだの位置を移動することで目元を大きくするZ形成術のひとつ。 Z形成術は傷が最小限で済むため腫れを抑えやすい施術です。 施術結果に納得できない場合は、修正しやすいのが大きなメリットだといえます。 1mm単位で切開位置を計り細部用のメスで切開を行なうことで、皮膚の繊維組織を最小限で切除。 また「吸収される糸」で中縫いを行ない、極細の糸でさらに細かく縫合していきます。 Stallard法 変形Z形成術 Z形成術を応用して開発されたのが、Stallard法 変形Z形成術。 蒙古ひだの表面 前葉 と裏面 後葉 にまたがって切開します。 V法 蒙古ひだの中心から水平に切開して、余分な皮膚を切除(トリミング)して縫合する施術。 傷跡がVの字に残りますが、蒙古ひだを完全に取り除いて目頭にある涙丘(るいきゅう)を露出させられます。 単純な施術で蒙古ひだを取り除けるのですが、希望に合わせた細かい調節ができません。 Park法 Z形成術と余剰皮膚切除を行なうのがPark法。 Z形成による皮膚の入れ替えと同時に余剰皮膚を切除することで、平行型の二重を作れます。 二重の内側の幅を広げたい場合やまつ毛側の余った皮膚を取り除きたい場合に最適な施術です。 また二重の仕上がりを平行型にしたい方にもおすすめします。 VY形成 丸みのある目頭を実現するためにV字に切開したあとにY字に縫合する施術。 手術直後は目頭が尖った状態になってしまうのですが、半年くらいかけて徐々に丸みを帯びてきます。 目頭切開で蒙古ひだを切りすぎてしまった方の修正で使われることの多い施術です。 平賀法 蒙古ひだを切り取ってV型またはY型に縫い合わせる施術。 切り取り量を加減することで手術の効果を変えられます。 目頭をきりっとしたシャープな印象に仕上げたい場合におすすめです。 渡辺法 伝統的な平賀法を改良した目頭切開が渡部法。 切開する角度を抑えてデザインを工夫できるようになっています。 平賀法変法 これまでに使われてきた平賀法に改良を加えた目頭切開が平賀法変法。 蒙古ひだを覆っている皮膚を切除して縫合します。 ひだのきつくない方におすすめできる施術です。 Mack法 Y-V形成術 蒙古ひだの表面をY字切開したうえで、内側を鼻のほうに向けて伸ばすのがMack法 Y-V形成術。 平賀法よりも柔らかい目元に仕上がるのが特徴です。 Mustarde Y-V形成Z形成複合法 美容整形手段であまり使用されず、形成外科にて再建治療の目的で行なわれることの多い施術です。 Y-V形成術とZ形成術とを組み合わせた施術で、効果が高く優れた方法。 しかし、広範囲に切開するため、離れた皮膚の色を合わせるのが難しいそうです。 高い技術力を要する施術だといえます。 これらは、従来の手術法と比べて傷跡が残りにくく、傷の治りも早いため、多くのクリニックが取り入れています。 これら以外にも、クリニック独自の術式など様々な施術法があります。 施術法の選択は、個人の状態に左右されます。 また、 ドクターの技術力次第で、同じ施術法でも仕上がりが大きく変わります。 まずは何よりも 適切なクリニック選びが最重要です。 目頭切開をしても変わらない人もいる 蒙古襞を切ることによって切れ長の目になれる目頭切開ですが、手術をしても変わらない人もいます。 もともと蒙古襞がない人や、あっても覆いかぶさっている部分が少ない人はせっかく手術をしても大きな変化は見られません。 まずは、自分の蒙古襞がどういった状態か確認してからクリニックに行くことをおすすめします。 もちろん、クリニックでのカウンセリングでも術後のイメージを見せてくれるので、ドクターに相談してみるのも良いでしょう。 目頭切開を受けるクリニックの選び方 昔と比べて美容整形自体が一般的となり、ファッションの一部のような感覚で捉えられている感がありますが、手術のひとつであることには変わりありません。 メスを用い、皮膚を切開・切除して縫合するという、 外科手術と違いのない方法ですから、その分リスクもあるのです。 そのリスクを少しでも減らすために、クリニック選びは慎重に行いましょう。 信頼のおける医師がいるクリニック選びのポイント• 医師の 経歴がしっかりしていて、確かな 経験を積んでいるか。 豊富な症例数をこなし常に 技術の向上を図っているか。 患者さんや 第3者からの評価が高いか。 一人のドクターがカウンセリングから手術まで行っているか 細かな事を言えば、手術費用、スタッフ・医師の対応力などチェックポイントはありますが、この4つのポイントをクリアしているクリニックであれば、安心して手術を任せることができると思います。 大切な顔の一部である目を手術するのですから、 絶対に後悔しないクリニック選びをしてください。 これらのチェックポイントを踏まえた上で、当サイトでは、いたしました。 目頭切開の手術を検討していらっしゃる方、迷いが捨てきれない方に、日本の最高峰の技術レベル・最新設備を整えたクリニックを知っていただき、最適なクリニック選びの参考になれたら幸いです。 目頭切開の名医 厳選5選 理想の目元を実現してくれる経験豊富な名医を6名ピックアップしました。 目頭切開の症例数が多いのはもちろん、オリジナルの手法を考案している医師もいます。 また、宣伝をしていないのに著名人や芸能人が口コミで来院するほど人気があるクリニックも。 確実に効果の出る施術してくれる証拠だといえるでしょう。 ほかにも失敗しない名医選びのポイントを4つに分けてご紹介。 名医が所属するクリニックの特徴や料金、口コミも載せています。 目頭切開が受けられる全国のクリニック ここでは、北海道から沖縄、さらに韓国にあるクリニックの情報をピックアップして載せているので、参考にしてみてください。 日本全国には目頭切開を受けられる美容形成外科クリニックが多くあります。 クリニックによって扱っている施術法が違いますし、症状に合わせた治療をする必要があるのです。 またアフターケアのことも考えると通いやすいクリニックを選ぶことも大切。 とはいえ、どのクリニックが目頭切開に対応しているのか調べるのは大変ですよね。 北海道・東北 BK美容外科は、美容大国の韓国でも有名な大手美容形成外科です。 100名以上の職員が働いており、ビル1棟丸ごと使って最新の美容医療設備を完備しています。 日本から整形手術を受けに行かれる方も増えているのだとか。 治療によっては日本の半額で施術が受けられるのが人気の理由です。 目頭切開には傷痕を残さない「マジック目頭切開」を採用しています。 術後の腫れやダウンタイム、傷跡など、手術をしたことがバレないかなど、術前に気になる心配ごと、疑問について解説をしています。 体験談もまとめてありますので、参考にしてみてください。 術後の腫れやダウンタイムはどのくらい? 手術の方法や個人によって程度に差はありますが、目頭切開の手術後に腫れは起こります。 術前に腫れの程度を予測するのは難しいため、ダウンタイム(腫れの期間)を意識して手術の日程を決めなければなりません。 手術直後2~3日は強い腫れが起こるケースが多く、術後2週間ほどで腫れが収まってくるのが一般的なようです。 傷跡は残らない? 腫れは時間とともに収まっていきますが、「傷跡」が残るのかどうかは一番気になるところだとお思います。 傷跡についても、個人の状況によって変わってきます。 正確に言えば、メスを入れる手術ですので、傷跡は大なり小なり残るようです。 術後に腫れや傷跡の程度は、医師の技量にもかかってきます。 最小限に抑えるためには、クリニック選びが重要なポイントになるでしょう。 修正は可能? もしも、術後の仕上がりが希望と大きく違っていたら…、目頭切開の手術を受ける前の心配事として、これも大きな問題だと思います。 結論から言うと、修正は不可能ではありません。 そもそも、 目頭切開の手術自体、高度な技術を要しますので、 腕が確かなうえに、美的センスも備えた医師のもとで行うことがトラブルを防ぐ第一条件となります。 修正となると、さらに高い技術を要します。 とくに皮膚の一部を取り除く術法の場合、修正には、かなりのテクニックが要求されるため、対応できる医師も当然限られてきます。 修正を行うためのクリニック選びはもちろんですが、満足のいく仕上がりにするためには、最初から、クリニック選びは慎重に行うようにしましょう。 目頭切開したことがバレない? 目は、顔の中でも一番目立つパーツ。 いくら理想の目元になれたといっても、できることなら、目頭切開を行ったことを周囲の方にバレたくないですよね。 同じ手術を行っても、いかにも「ザ・目頭切開」になってしまう場合と、そうでない場合があります。 より自然で美しく、 バレにくい仕上がりにするためには、やはり医師の技術やセンスが絶対条件。 費用が安いから、有名だから、アクセスがよいから…などという安易な理由に流されず、口コミ等を参考にして、評判の高いクリニックを選ぶことが賢明です。 それが、後々の満足度にもつながりますし、結果的に費用面も抑えることにもつながるのです。 手術は痛くない? 目頭切開手術は、麻酔時や手術中に痛みを伴うことはほとんどありません。 口コミでは、「麻酔をするときに少しだけ痛かった」という声もありますが、最近は麻酔クリームと併用して痛みの少ない、細い針を使用しているクリニックもあるため、痛みはほとんどないと思って良いでしょう。 痛みが発生する可能性があるのは、「術後」。 目頭切開手術はメスを使用するため、麻酔が切れたときに痛みを伴うのが一般的です。 しかしそれも痛み止めを飲むほどではなく、我慢できるレベルだと言われています。 失敗例を知りたい これまでに挙がっている失敗例は、「効果が感じられない」「目頭が不自然」「傷跡が目立つ」などがあります。 手術を受ける以上は、少なからず失敗する可能性はあるため、リスクを把握しておくことが大切です。 また、目元は加齢とともに変化していくため、手術を受ける場合は、将来起こりうるリスクについても目を向けなければなりません。 目頭切開手術で失敗しないためには、カウンセリングをしっかり受けることや担当医師のスキルを見極めることも大切です。 手術を受けているのは女性だけではありません。 また、脱脂や二重手術などを併せて行う場合もあります。 そこで、女性と男性それぞれの目頭切開の体験談を集めました。 併せて行った施術も明記していますので、ぜひ参考にしてください。 一般的な費用目安 目頭切開にかかる費用は、両目でおおよそ20万円~30万円前後。 手術を行なっているクリニックの中には、相場よりもかなり安い金額で行なっているところもありますが、価格設定が低いところは手術をきちんと行なってくれない可能性があります。 クリニックを選ぶうえで料金をチェックするのはとても大切ですが、目頭切開手術は高い技術力を必要する手術です。 料金だけではなく医師のスキルや症例についても調べるようにしましょう。 モニター価格とは 「クリニック選びをしている際によく目にするモニター価格とは一体なんだろう?」と一度は疑問に思ったことがあるはず。 モニターのやるべきことは、実際に手術を体験して、症例写真としてデータに残ることです。 クリニックがネットにアップしたり、同じ手術を受ける患者に説明する際の参考資料として役立てたりしています。 クリニックによって割引幅は異なりますが、割引価格10~50%程度の料金で手術や治療を受けられます。 ただし、希望すれば誰でも受けられるわけではなく、モニターとして相応しいかどうかの審査を受けなければなりません。 また、手術後も何度か通院・撮影する必要があります。 自然な二重にしたい 自然な二重を希望する人はたくさんいますが、その定義は人それぞれ。 自然な二重にする手術と言えば「埋没法」。 施術が簡単で失敗しても修正できるのが魅力です。 また、手術時間も短く、両目合わせても10分程度で終了します。 しかし、簡単な手術だからと言って誰でも良いわけではなく、医師の技術によって差がでるので、クリニック選びは慎重に行なったほうがいいでしょう。 二重の幅を広くしたい ハーフのような華やかな印象に見せられる幅の広い二重は、若者の間で流行しています。 そんな目元になれる手術法は「全切開法」「部分切開法」「目頭切開法」など、さまざま。 全切開法術法は、くっきりとした二重を作るのに適しており、部分切開法はダウンタイムが気になる方におすすめです。 目頭切開法は、手術方法によって幅の広い二重を作ることができます。 施術を受ける際は医師としっかりと相談して自分にピッタリの施術方法を選びましょう。 絶対に取れない二重にしたい 安全性が高く簡単に行なえる埋没法は、二重ラインを作っている糸が切れやすいため、永久的な二重を望んでいる方にはあまり向いていません。 永久的な二重を手に入れたい方には、全切開法や目頭切開がおすすめです。 全切開法は、二重にしたいラインを切開し余分な皮膚や組織を除去するため、絶対に取れない二重を作るのに最も適した方法と言われています。 目頭切開は、目頭を覆っている皮膚を切り取り、隠れていた二重の先端部分を露出させる方法です。 パッチリとした目を作ることができ、全切開法と組み合わせることで半永久的な二重にすることができます。 垂れたまぶたをスッキリ 垂れ下がったまぶたの施術には、「眼瞼下垂(がんけんかすい)」と「脱脂法」が行なわれます。 眼瞼下垂手術は、まぶたの緩んだ筋肉を短く縫い縮める手術のこと。 眠たげな眼をパッチリと開かせることができます。 脱脂法は上まぶたの余分な脂肪を取り除き、目元を整える手術です。 傷跡を目立たせず、治療できるのが魅力です。 目をもっと大きく見せたい タレントやモデルのような大きな目は、いつになっても女性にとっての憧れ。 目を大きく見せるための手術方法はまぶたの脂肪を除去する「切開法」や目頭の皮膚を切開する「目頭切開法」など、いろいろあります。 しかし、数ある手術の中からどの方法が適しているかは、素人ではなかなか判断しにくいもの。 自分に1番合う手術を受けるためには、担当医師としっかり相談することが大切です。 また、施術の良し悪しは医師の技術力によっても異なるので、クリニックを選ぶ際はしっかりと下調べをするようにしましょう。 目の下を若返らせたい 目の下のたるみは、顔を老けさせる原因となりますが、改善するだけで若く見せることができます。 たるみ改善にはさまざまな治療法があり、中には「下眼瞼脱脂術」「目の下のクマ治療」「下まぶたのたるみ取り」など、低リスクで受けられる手術もあります。 目の整形術となると、切る方法を思い浮かべてしまいがちですが、術法は豊富にあるのでいろいろ知っておくと役立ちますよ。 切れ長の目にしたい 切れ長の目を作るための手術方法には、「目頭切開Z法」「目尻切開術」「目尻挙上術」などがあります。 目頭切開Z法は、腫れや傷跡が少なく済むことが特徴で、目尻切開術は優しい雰囲気の目に仕上げたいという方におすすめの手術です。 目尻挙上術は、目尻を吊り上げ強くキリッとした印象の目に仕上げる方法で、クールな切れ長の目にすることができると言われています。

次の

目尻切開 : 二重まぶた(二重瞼)・目もと(目元) : 美容整形の高須クリニック

高須 クリニック 目頭 切開

平行型二重と言うのは可愛いと言うよりどちらかと言えば派手系に見えてしまうかも、また目頭切開も必要に思わないのですが 蒙古襞が小さい 切開法をよく御相談されないと元の目頭が若干尖ってますのでキツく見えてしまう可能性ありますので、されたいなら切開法にも色々ありますのでよく御相談されて下さいね。 寄り目っぽくなってしまいますよ。 この画像は通常の状態でしょうか。 タレ目形成、目尻切開も加えて御提案頂いたと言う事ですが、黒目の下部分に白目が見えていますので下げるにも限度があると思います。 三白眼状になりますよ。 生まれ持っての三白眼はミステリアスで個性的だと思いますが、目つきが悪い等と言われてしまう場合もあります。 タレ目形成後に、三白眼状になるのは言わいる失敗例に近いですよ。 カラコンで誤魔化しますか? 白目部分を露出され過ぎると疲れた時など充血されたり毛細血管が浮いて来れば老けて見えやすくなります。 某医師に、目頭切開、タレ目形成、目尻切開を御提案されたと言う事ですが正直ちょっと驚きました。 デカ目目的御希望なら別ですが 個人的には、何もされなくてもメイクで十分どうにでもなると思います。 目頭切開されなくても切開ラインで十分ではと思いますよ。 美容整形の名医相談所 山口より、以下、回答です 手術後に理想のデザインと違ったとされるデザインの失敗例が多く報告されていますが、これを避けるため、最新式の3Dシュミレーションソフトでは立体的、多方面的なデザインの確認ができます。 変化等を踏まえて自分の顔立ちとの兼ね合いで決められるのがよろしいかと思いますので、最新式のシュミレーションを導入している病院で診察されることをオススメいたします。 それが最も正確にご希望を把握できるのではないでしょうか。 あらゆるケースを想定するためにも、高度な手術方法を網羅している名医がおすすめです。 技術が低いDrだと蒙古襞を切り取る系の目頭切開をしてしまうので、形がパンチでくりぬいたみたいになってしまいますので気を付けましょう。 目頭部分のピンクの粘膜の形によって手術方法を変えることができるドクターを選択しなければ、後戻り・鳥の嘴状態・粘膜の露出などで失敗することが想定されます。 単なる入れ替え系とPark形成とで使い分けられるドクターを選ばれることをおすすめいたします。 名医の選び方やカウンセリング・アフターケアのコツを手術前に知っておかなければ失敗リスクが上がります。

次の