忘年会 あいさつ。 忘年会での挨拶の例文・順番|乾杯/面白い/簡単な/社長/新人

忘年会の挨拶。始め、乾杯、締めで使える気の利いた一言文例集

忘年会 あいさつ

寒い冬の訪れとともに迫りくる年末の一大イベント忘年会! ただ、騒げばいいってもんじゃない! サラリーマンの忘年会は色々大変です。。。 そんな一大イベント忘年会で、 乾杯前の挨拶を・・・ 乾杯の音頭を・・・ ただでさえ気をつかう忘年会でそんな大役を。。。 いつも聞き流していた乾杯や挨拶… いったい何を言おうかと悩んでいるあなたに! サラリーマン歴23年! これまで行事ごとの司会を100回以上やってきた 自称司会名人が、今すぐに使える忘年会の挨拶、 乾杯の実例文を紹介いたします。 挨拶、乾杯の出番はいつ 一般的な忘年会の流れとしては、 ・司会者の開会の言葉 ・挨拶 ・乾杯 というのが、一般的な流れです。 これは忘年会に限らず、新年会や歓迎会など、 行事ごと全般でこの流れが一般的です。 挨拶、乾杯の出番は、忘年会がスタートしてすぐなのです! また、忘年会の途中で、 勢いやノリで一言お願いしま~す! な~んてこともありえます。 1.挨拶、乾杯には1つエピソードを入れる。 長くなりすぎに注意 これも、忘年会に限らず、 行事ごとでの挨拶や乾杯での共通注意事項です。 また、忘年会が他の行事ごとと違う点といえば、 忘年会とは、この1年間の仕事の慰労です。 自称「司会名人」の私。 司会者の立場、場所から全体の空気や雰囲気を感じてきました。 そこで、 もう1つ、さらに大事なポイントです! ねぎらいの言葉やメッセージは後半に入れること! です。 偉い方たちは業績がよくないと、 もっとがんばろうのメッセージが強くなりがち。。。 社員へのねぎらいの言葉が、 軽くなってしまう傾向があります。 すごく簡単に言うと、、、 みんな1年間よく頑張ったけど、業績はよくなかった。 業績はよくなかったけど、みんな1年間よく頑張った。 言っていることは同じでも、印象はだいぶ変わります。 1年間がんばった! これから飲むぞ~という場を考えると、 「みんな1年間よく頑張った!」で挨拶の言葉を締めた方が、 場のエンジンのかかりは断然早いのです。 「業績が良くなかった」 もっと気を引き締めたい!という気持ちもわかります。 ですが、それをやるのは忘年会ではありません。 1年間を慰労し、また明日から始まる新たな1年を頑張る! くれぐれも働く社員にとっての忘年会の意味をお忘れなく。 と、いうことで 忘年会の挨拶、乾杯の心得のまとめ。 1.挨拶、乾杯には1つエピソードを入れる。 2.長くなりすぎに注意 3.ねぎらいの言葉やメッセージは後半に スポンサーリンク 忘年会の挨拶 実例文 世の中の流れがどんどん早くなり、なかなか先が見通せないなか、 この1年も本当に色々なことがありました。 そんな中、会社を支えてくれた取引先(お客様)に感謝し、 また、皆さん1人1人の頑張りに支えられ、 今年1年もこうやって集まれたことを本当にうれしく思います。 エピソード 自社業界はまだまだ厳しいなか、 ・良い結果が出た案件のこと ・結果はまだだが、新たな取り組みのこと ・悪い結果だったが、それによって見えたこと ・社員が一丸となって取り組んだこと ・堅実に行っていること などを簡潔に。 これから先の5年、10年、 これらがきっと会社の財産、土台となってくれることと思います。 また、私たち1人1人も、会社を通じて 今以上にさらに大きく成長していかなければいけません。 ですが、この1年の皆さんの努力、頑張りがあったからこそ、 これからの成長があるのです。 今日1日は、まずこの1年間の自分の頑張り、 また、部署やチームの努力、頑張りを大いに讃え合ってください。 そして、次の1年、さらに大きな飛躍をしていきましょう! 今年1年、本当にお疲れさまでした。 今日は飲んで食べて、大いに盛り上がりましょう! 忘年会の乾杯 実例文 では、僭越ながら乾杯の音頭を取らせて頂きます。 世の中を見ても、まだまだ厳しい状況です。 ですが、私たち1人1人がしっかりとそれぞれの仕事をはたし、 これからも一丸となってがんばっていきましょう! この忘年会、大いに飲んで、食べて、この1年の労をねぎらい、 そして新しい1年にむけて、英気を養っていきましょう。 今日は、大いに盛り上がっていきましょう。 それでは、皆さんご唱和をお願いします。 今年1年の皆さんの頑張りと これから更なる会社の発展、また、皆さんのご健勝、ご発展を祈念致しまして、 乾杯! スポンサーリンク 忘年会の挨拶で使えるフレーズ 忘年会での挨拶と乾杯の例文は、いかがでしたか。 紹介した乾杯の例文は、 どんな会社の忘年会でも当てはまる基本的な例文を紹介しました。 ・とても誇らしく思っております。 ・思いっきり楽しみましょう ・とことん語り合いましょう! ・みなさまのご健勝とご多幸を祈念いたしまして、乾杯! ちなみにこちら参考までに。。。 以上が忘年会の挨拶、乾杯についての例文です。 また、こちらのサイトでも 忘年会挨拶の具体的な例文を紹介しています。 あわせてご参考に! 忘年会は、数ある会社行事、飲み会のなかでも 最もみんなが飲む気マンマンの宴会といえます。 多少のことは無礼講として流すことができますが、 挨拶や乾杯は、酔っぱらう前でもあり、1年を締めくくりを 極めて簡潔にまとめることが必要となります。 挨拶、乾杯は要点を簡潔に! これは、忘年会だけでなくあらゆる行事ごとの鉄則といえます。 乾杯や挨拶は誰にでもまわってくるわけではありません。

次の

開会の挨拶の仕方・例文|運動会/忘年会/新年会/会議など

忘年会 あいさつ

忘年会のスピーチ例文 ここで言う忘年会とは、親しい仲間たちでする飲み会でもなければ、職場単位の小さな忘年会でもありません。 会社の行事として開催される忘年会のことです。 この種の忘年会は、本来、社員の慰安を目的とした福利厚生の一環とされ、会社の業務の内には含まれないケースが多いと思いますが、しかし、事実上半強制的に全員参加を前提としている企業も多くあり、経営者やその他の役員・幹部社員などによる挨拶のスピーチが付き物となっています。 忘年会での挨拶のスピーチは、冒頭の乾杯の前に行う場合もあれば、中締めと言って途中で行う場合、最後の締めに行う場合などがあり、会社によって異なります。 また、中締め・締めのときには、一般にスピーチの後で手締めをするのが慣例になっています。 そのスピーチの内容も会社によって異なり、社員会・親睦会などの決算報告をする場合もありますが、 社員への1年間の慰労の言葉だけというケースが多いようです。 【忘年会のスピーチ例文】総務部長による冒頭挨拶の場合 皆さん、今年もご苦労さまでした。 ご存知のように、海外取引きの依存度が低くない当社といたしましては、大変きびしい戦いを強いられています。 しかしながら、一昨年来、全社を挙げて取り組んでまいりました3D政策が功を奏し、赤字幅を最小限に圧縮することが叶いました。 もとより当社は、業務拡張よりも社員の生活保障、という会社方針を堅持しており、給与も賞与も前年並みを確保できていることは、皆さんご承知の通りであります。 明けることのない夜はない。 私たちが今後も一丸となって努力を重ねていく限り、必ずや業績が上昇に転じるときがやってくるものと確信いたします。 今夜は、仕事のことを忘れて、大いに飲んで、食べて、楽しんでください。 それでは、社長、乾杯の音頭をお願いいたします。 スポンサードリンク サイト内関連記事 退職のスピーチ例文 退職の際のスピーチは、送別会で、あるいは退職当日や直前の朝礼...... 新入社員のスピーチ例文 新入社員の配属が決まって各職場に着任する時期は、企業によ...... 就任のスピーチ例文 就任のスピーチは、企業の管理職の異動の場合、職場の社員全員の...... 自己紹介のスピーチ例文 ビジネスの現場で改まって自己紹介のスピーチをすることは、...... 送別会のスピーチ例文 職場を去る人を囲んで催す送別会。 定年退職、転勤、転職、結婚...... 歓迎会のスピーチ例文 新入社員の歓迎会におけるスピーチについては、「新入社員のス...... 3分スピーチの例文(朝礼) 朝礼の3分スピーチのテーマは、自分の得意分野から選ぶ...... 退職のスピーチ例文(自己都合) 自己都合による円満退職の場合は、送別会や職場の朝...... 転勤の挨拶スピーチ例文 転勤が決まり、送別会を開いてもらったときや、転勤当日また...... 退職挨拶のスピーチ例文(出産・結婚退職) 【退職挨拶のスピーチ例文・出産】 皆さ......

次の

忘年会の挨拶と乾杯例文!すぐに使える乾杯の実例文!

忘年会 あいさつ

スポンサードリンク 忘年会のあいさつとは? 12月に入ると職場や友人と忘年会をする機会が多いかと思います。 幹事さんは場所決めから連絡係、司会進行まで仕事がたくさんあります。 「俺は幹事でもないしゆっくりできるな~。 思いっきり楽しもう。 挨拶ぐらい任せてくれよ! バシッと決めるさ! そう言って挨拶を引き受けた人の大半は つまらない挨拶で終わります。 本人としてはバッチリできたつもりでも周りからは冷たい視線が・・。 自分の体験上、気の利いた上手な挨拶ができる人は2割程度でした。 冒頭からズバズバと書いていますがまずはその現実を受け止めましょう。 たかだか挨拶とノープランで行くのと考えてやるのとでは大違いです。 そこでここからは場面ごとの気の利いた挨拶の文言を紹介していきます。 ぜひ役立ててみてください。 始めの挨拶編 まずは忘年会の始めの挨拶です。 今回ご紹介する3つの場面の中では最もハードルは低いと思います。 早速文例をご紹介します。 まずは皆様、今年1年間本当にお疲れ様でした。 今日の忘年会は「楽しさ」がメインテーマです。 豪華景品が出る全員参加ゲームもありますので頑張ってください。 楽しく1年を締めくくりましょう。 前半部分はよくあるパターンですが最初ですので無難に入ります。 1番大切なのは聞いている人が ワクワクしてくれるかどうかです。 そのためには具体例を出して自分の言葉で挨拶文を作るのがベストです。 乾杯の挨拶編 次に乾杯の挨拶編です。 職場でいうとよく2番目に偉い人が頼まれやすい傾向にあります。 ある程度の文量と内容が必要となるのでしっかりとした準備が必要です。 ~乾杯の挨拶・文例~ 乾杯の前に一言お礼を言わせてください。 1年間、皆さんの頑張りを見ていて私は胸が熱くなりました。 時には辛いこともあったと思いますが、皆さんは不断の努力と仲間同士支えあう事で乗り越えてくれました。 そんな皆さんは我が社の誇りであり財産です。 いつもありがとう! 今夜はこのような楽しい場ですので大いに飲んで食べて日頃の疲れを癒して下さい。 それでは、乾杯の音頭を取らせていただきますので、皆さんご唱和をお願いします。 乾杯の挨拶で1番よくないのはダラダラと話しすぎてしまうことです。 この場面では聞いている人が1年間を振り返れるように意識します。 そしてその頑張りに対して 感謝の意を示す事で一体感を出しましょう。 ~締めの挨拶・文例~ 皆さん、今日はありがとうございました。 また忙しい中で楽しい会を企画してくださった幹事さん、本当にご苦労様でした。 振り返ってみると、この一年はあっという間だったように思います。 皆さんと一緒に会社をさらに成長させていきたいので力を貸してください。 お正月はゆっくり休んで、新年にはぜひまた元気な顔を見せてください。 では、当社がますます繁栄するよう祈念いたしまして一本締めで締めたいと思います。 締めの挨拶では笑いを取りにいくのではなく聞かせる挨拶を目指します。 成否を分けるポイントは、聞き手がやる気を出してくれるかどうかです。 前向きで力強いメッセージを発信して心に響くような挨拶が理想です。 いかがでしたでしょうか? 場面ごとに成功のポイントは違うので状況に合わせて使い分けて下さい。 これを読んで下さった方がすばらしい挨拶ができることを願っています。

次の