あべの ハルカス 催し。 花一会 あべのハルカス店 (HANA ICHIE)

阿倍野の近鉄百貨店でも催し「大北海道展」スタート

あべの ハルカス 催し

ムーミン展 THE ART AND THE STORY MOOMIN THE ART AND THE STORY 2020年7月4日(土)~ 8月30日(日) July 4 Saturday , 2020 to August 30 Sunday , 2020 トーベ・ヤンソン 《イースターカード 原画》 1950年代 グワッシュ、インク・紙 ムーミンキャラクターズ社蔵 Tove Jansson, Drawing for Easter card, 1950s, Moomin Characters 展覧会概要 Overview 愛らしい姿とユーモアあふれる言葉で世界中のファンを魅了するムーミンとそのなかまたち。 本展は、フィンランド・タンペレ市にある世界で唯一の「ムーミン美術館」所蔵の作品や、 作者であるトーベ・ヤンソン 1914-2001 が最後まで手元に残した貴重なコレクションなど約500点を展示し、その多彩なアートと奥深い物語の魅力を紐解きます。 The Moomin family and their friends fascinate fans around the world with their lovely figures and humorous words. *入館は閉館30分前まで Hours [Tues. - Fri. ] 10:00-20:00 [Mon. , Sat. , Sun. 休館日 Closed Date 2020年7月6日(月)、13日(月)、20日(月) July 6 Monday , 13 Monday , 20 Monday , 2020 入館料 当日 前売・団体 一般 1,500円 1,300円 大高生 1,100円 900円 中小生 500円 300円• 【チケット販売所】 あべのハルカス美術館ミュージアムショップ(美術館開館日のみ)、あべのハルカス美術館ホームページ(オンラインチケット)、近鉄駅営業所、チケットびあ Pコード:992-768 、ローソンチケット Lコード:53843 、イープラス、セプンチケット、CNプレイガイド、阪神プレイガイドなど。 (1枚につきお一人様1回限り有効、ほかの割引券との併用不可).

次の

あべのハルカスについて|あべのハルカス

あべの ハルカス 催し

[夜] ¥1,000~¥1,999 [昼] ¥1,000~¥1,999 支払い方法 カード可 (VISA、Master、JCB、AMEX、Diners) 席・設備 席数 31席 (カウンター3席、テーブル28席) 個室 無 貸切 不可 禁煙・喫煙 全席禁煙 ダイニングフロア内に喫煙室あり。 駐車場 有 近鉄百貨店のパーキング(近鉄パーキングビルor近鉄南駐車場)をご利用下さい。 空間・設備 オシャレな空間、落ち着いた空間、カウンター席あり、バリアフリー 携帯電話 docomo、au、SoftBank、Y! mobile 特徴・関連情報 利用シーン | | こんな時によく使われます。 お子様連れ 子供可 設置しております椅子にお子様用のクッションを装着致します。 底上げのみのタイプとお身体を固定するタイプの2種類ございます。 ご用命の際は、係員までお問い合わせ下さい。 ホームページ 公式アカウント 大阪の下町「阿倍野区昭和町」 古き良き伝統を引き継ぎながら 時代や場所・その地域の方々のニーズにお答えしようと 各店舗それぞれのカラー(メニュー・味付け・価格)で 日々、お客様に喜んで頂けるよう営業しております。 こちらは、6店舗目となる 【あべのハルカスダイニング店】 新たな大阪のシンボル「あべのハルカス」にて 同じ阿倍野区で60年以上続けさせて頂いた 感謝の気持ちを持ってオープンさせて頂きました。 牛肉100%のお肉を使用... 続きを読む し、 伝統を引き継ぎ続けている自家製デミグラスソースで味わって頂く ハンバーグが人気メニューです。 「BOSTONハンバーグ」をはじめ「煮込みハンバーグ」や 昭和町BOSTONでしか味わえない名物の「スープハンバーグ」と 計10種類のハンバーグをご用意しております。 「大阪」「あべの」へお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さい。 初投稿者 このHTMLタグをブログに貼り付けると、お店の地図や情報を掲載することができます。 昭和町BOSTON あべのハルカスダイニング店 関連ランキング:ハンバーグ 大阪阿部野橋駅、天王寺駅、天王寺駅前駅.

次の

近鉄友の会

あべの ハルカス 催し

daihyo mainichi. jp 定員60人。 応募者多数の場合は抽選。 2020年1月7日(火)締切。 主催 毎日新聞 06-6346-8016 協賛 大阪芸術大学 概要 日本新聞協会の2019年度新聞協会賞で、優れた報道に贈られる編集部門に、2018年9月の関西国際空港の台風被害を撮影した毎日新聞大阪本社写真部、幾島健太郎記者(40)の「台風21号 関空大打撃」(2枚組み写真)が選ばれました。 台風21号によって滑走路が浸水し、連絡橋にタンカーが衝突するなど大きな被害を受けた関空を本社ヘリコプターから空撮し、2018年9月5日付朝刊1面で報じました。 「西日が差し込んだ一瞬のチャンスを逃がさず空港島の様子を捉えた技量と判断力は卓越」「自然災害が多発する中、台風被害の甚大さを伝え、読者に大きなインパクトを与えた」と高い評価を得ました。 コレクション展 没後50年 鍋井克之 会期 2019年12月18日(水)~2020年2月9日(日) 時間 月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日休館。 開催概要 鍋井克之(1888-1969)は小出楢重らとともに二科展で活躍した大阪市出身の洋画家です。 戦前から戦後にかけ長らく関西洋画壇をけん引し、また随筆家としても活躍しました。 重厚な作風で知られる風景画の代表作、これまで未紹介の関係資料など館蔵品によりその画業を振り返ります。 大阪芸術在職時には芸術学部長も務められました。 学生及び18歳未満は無料です。 予約不要、観覧料のみ必要です。 キャラクターアートの会とは、漫画家・バロン吉元のもとに集まった漫画家、イラストレーター、画家、デザイナー等様々な分野からのクリエイターが、年に1回開催される『キャラクターアート展』にて、各々の制作に向かう特性、すなわちアーティストとしてのキャラクターを発揮しながら、同空間内でクロスオーバーに作品を発表し合い、互いの創作意欲を高めていくことをモットーにする団体です。 内容 僕と科学バーの畠山さんで主催するイベント『神保町ヴンダーカンマー』もすでに5回を数え、それなりに定着し認知度も増えてきたと思う。 昨年冬には岩手県盛岡市でも開催し、徐々に活動範囲を広げている。 そして、今回は兵庫県神戸市である。 きっかけは、生物系展示即売イベント『いきもにあ』に落選したことではあるが、そのことを前向きに捉え新たなイベント会場を借り『KOBE神保町ヴンダーカンマー』を開催することとなった。 「神戸」なのに「神保町」と地名がつくのを不自然に感じるかもしれないが、「神保町ヴンダーカンマー」が一つのイベントを表す言葉なので、「神保町」と「ヴンダーカンマー」を切り離すことはできない。 会場は昨年、『うつくしい美術解剖図』出版記念イベントでお世話になった、神戸デザインセンター"storage"だ。 3階のギャラリーと、4階のオープンスペースがその会場となる。 『神保町ヴンダーカンマー』も大きなイベントではなく出展者も少数精鋭であることを基本にしているが、『KOBE神保町ヴンダーカンマー』はさらに出展メンバーを絞り込み充実したイベントになることを目指している。 普段の活動の場は、関東、北陸、関西と多様性に富み、その内容も彫刻、絵画、イラスト、アクセサリー、出版など様々である。 30日は23時と遅い時間まで会場をオープンし、2つのトークショーを開催。 大阪芸術在職時には芸術学部長も務められ、現在も卒業制作展で「鍋井賞」が設けられています。 「鍋井克之」がどのような人物だったのか。 本展では、彼の多彩な事情を、画や著作をとおしてご紹介します。 ぜひ、ご覧ください。 第22回 大阪芸術大学グループ 学生作品オークション 作品展示販売 会場 会期 2019年10月9日(水)~10月19日(土) (13日(日)~15日(火)は休館) 暴風警報発令時の開館時間について 大阪府下に暴風警報が発令された場合、開館時間を下表の通りとします。 午前7時までに解除になった場合 通常通り、午前11時から開館 午前10時までに解除された場合 午後1時から開館 午前10時を過ぎても解除されない場合 終日休館 開館中に暴風警報が発令された場合、その時点で中止(閉館)することがあります。 人と布との関りは太古の昔にまでさかのぼり、その歴史の中で布をつくる素材や技法は多様に発展してきました。 大阪芸術大学工芸学科テキスタイル ・染織コースの学生たちは、繊維に関するさまざまな技法を学び、 習得した技術を用いて作品づくりに取り組んでいます。 「ナニヌノ展」は、テキスタイル・染織コースの学生たちが毎年開催している作品展です。 今年は特別に博物館とテキスタイル ・ 染織コースのコラボレーションで内容を拡充してお届けいたします。 回廊ギャラリーでは、型染め、ろう染め、織りなどの多彩な技法を用いた作品を、そして会期後半の9月19日(木)からは展示ホールでオリジナリティあふれる自由な作品を、 さらにそれらの、 学生たちが学びの中で生み出した作品だけではなく、大学が所蔵する19世紀の織物など歴史的な資料もあわせて紹介いたします。 過去から未来へとつながるさまざまなテキスタイル作品から、「布(ヌノ)って何(ナニ)?」という思いを感じていただければ幸いです。 okunokaruta. 当初、録音・再生の道具として開発が進められましたが、音楽鑑賞の道具へと進化を重ね、人々の間に浸透して行きました。 今日に至るまで、音楽を楽しむ方法は多様な進化を遂げていますが、わたしたちが身近に音楽を楽しめるようになった原点には蓄音機がありました。 日本では明治中頃から蓄音機やレコードが輸入され、やがて国内での製造がはじまりました。 本展では、明治後期から昭和初期までの国産の蓄音機、レコードを中心に、蓄音機が娯楽の道具として定着していった様子をご紹介します。 明治、大正、昭和、平成を超え、新たに令和という時代を迎えた今、100年以上前の蓄音機時代に思いを馳せる機会にしていただければ幸いです。 525 表紙、P72~P73、P174 金属工芸展2019 出展者 大阪芸術大学工芸学科 金属工芸コース学生 会場 あべのハルカス展望台「ハルカス300」 60階天上回廊および58階天空庭園 (大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43) 期間 2018年11月16日(金)〜2019年3月31日(日) 時間 11月16日(金)-1月9日(水)17:30〜21:40 1月10日(木)-2月6日(水)18:00〜21:40 2月7日(木)-3月31日(日)18:30〜21:40 入場料 観覧無料。 展望台への入場料金のみでご覧いただけます。 本展覧会は、2017年大阪で中村佑介の活動15周年を記念して開催された「中村佑介展」(2017年7月15日(土)~9月18日(月・祝)。 2万7千人を動員。 )を起点として、全国のファンの方々に、より身近に作品に接してもらいたいとの想いから、最新の作品などを追加、内容をブラッシュアップして、新たに「中村佑介展 ALL AROUND YUSUKE NAKAMURA」として全国各地を巡回するものです。 入場無料となります。 【京都】 2018年12月15日 土 ~2019年1月12日 土 京都市美術館別館・京都市勧業館みやこめっせ・日図デザイン博物館 【名古屋】 2019年1月30日 水 ~2月17日 日 愛知県美術館ギャラリー 【富山】 2019年4月13日 土 ~5月6日 月 富山県民会館美術館 【大阪】 2019年6月1日 土 ~6月30日 日 大阪市立美術館 【岡山】 2019年7月6日 土 ~7月28日 日 岡山県立美術館・岡山県天神山文化プラザ 観覧時間 午前10時~午後6時(入場は午後5時30分まで) 入場料 一般:1,200円 高・大学生:700円 中学生以下:無料 主催 公益社団法人 日展 お問い合わせ 公益社団法人 日展事務局 〒110-0002 東京都台東区上野桜木2-4-1 TEL. 」 日時:2018年11月23日(金・祝) 13:30~15:00 (トーク終了後 サイン会開催) 会場:富士フイルムフォトサロン 大阪 地下1F 会議室 参加:先着130名、入場無料 申込:11月1日よりEメール、またはお電話でお申し込みください。 Eメール : iwamiya0104 gmail. 日時:2018年9月22日(土) 【終了】、9月29日(土) 【終了】、10月13日(土)、10月27日(土) いずれも15:00~16:00 会場:八王子市夢美術館展示室内 出演: 山賀 博之【映像学科客員教授】(株式会社ガイナックス代表取締役) 費用:無料(ただし観覧料が必要です。 日時:2018年10月27日(土)19:30~21:00 会場:八王子市夢美術館展示室内 出演: 山賀 博之【映像学科客員教授】(株式会社ガイナックス代表取締役)、大西 信之(画家) 費用:600円 定員:50名(抽選) 申込:往復はがき(1人1枚、応募1名まで)に住所、氏名、電話番号、対談講演会希望と明記のうえ返信面に応募者の宛名を書いて八王子市夢美術館へ送付。 自然と対峙し、感じた色の表現を試行錯誤の末、たどり着いたのが群青色でした。 幾重にも重ね描かれた群青色は、『藍銅鉱(らんどうこう)』という鉱物が砕かれたものを自ら加熱することで色の明暗を出した岩絵の具であり、描かれた作品は「青い墨絵」と高く評価されています。 会場一面を覆う群青色の作品から、無限に広がる静穏な世界を感じていただきたいです。 当時、その一端を支えていた大阪芸術大学の美術学科長をつとめていたのが、松井正と泉茂です。 世界各地の人々や風景を独特な筆遣いで表現し、二科会を舞台に活躍した松井正は、1955年には大阪芸術大学の前身である大阪美術学校の開設に参画しています。 以来ながく本学の美術教育にたずさわり、1968年から1988年まで美術学科長をつとめました。 その後を引き継いで1992年まで美術学科長をつとめた泉茂は、1951年に瑛九、森啓、早川良雄らと「デモクラート美術家協会」を結成。 関西の現代美術界で中心的役割を果たしていました。 その後「第1回東京国際版画ビエンナーレ」での新人奨励賞受賞などをへてアメリカ、後にはフランスに活動拠点を移し、帰国後の1970年より本学の美術学科で後進の指導にあたっています。 二科会理事もつとめた具象の松井正と、海外での経験をへて挑戦的な制作を続けた抽象の泉茂の作品を、あわせてお楽しみください。 また、同じ会期に回廊ギャラリーでは、「早川良雄のイラストレーション」を開催いたします。 元デザイン学科教授の早川良雄は、松井正や泉茂と同じ時代に本学の教壇に立っており、泉茂とは「デモクラート美術家協会」の仲間でもありました。 毎日放送や関西テレビのロゴデザイン、百貨店の広告ポスターなど、デザイナーとして活躍した早川良雄は、芸術情報センターに掛かる大型タピストリーの原画も手掛けています。 早川良雄のイラストレーションをタピストリーとともにお楽しみください。 内容 このたび、私の初期から近年までの約50年間の制作の軌跡を、小規模ながら回顧する展覧会を開催して頂けることになりました。 まず、1966年発表の「襞の変質」1974年から人型の「立体造形」など、非絵画の作品を展示いたします。 そして、中期のバロック絵画の鬼才カラヴァッジョのリアリズムに触発され、その模写とそれに寓意化されたアレゴリカルな作品。 また、以前から"文明の終末"を暗示した制作を継続しており、近年は更に"古代ギリシャ文明"の過去と現代とが一体となった象徴的作品の展示をいたします。 com 第11回塊展「核」@大阪芸術大学スカイキャンパス 内容 塊展は、あべのハルカス大阪芸術大学スカイキャンパスで開催される大阪芸術大学通信教育部の有志によるグループ展です。 今年の塊展のテーマは「核」です。 あなたは、「核」という言葉からなにを連想されるでしょうか? 今回は、会場が24階にある立地を活かし、展示空間に展望室を設けております。 24階から見える景色と作品もお楽しみいただけると期待しております。 出展作家は、特別出展として大阪芸術大学教員2名を含めた、大阪芸術大学通信教育部に在籍・卒業した、プロ、アマチュアを問わない、幅広い世代57名のアーティストが、様々なジャンルの作品でその答えを探ります。 皆様が作品をお楽しみいただけるよう、運営スタッフ・出展アーティスト一同は最善をつくしますので、お誘いあわせの上、ご来場をお待ちしております。 内容 躍動感あふれる「茂本ヒデキチ」の墨絵アート展を開催。 ミュージシャン、アスリート、仏像など多ジャンルの中から、本展では「和」をテーマにした作品を中心に展示いたします。 田野町・高知県指定文化財 岡御殿の歴史ある建造物と共にごゆっくりお楽しみください。 申し込みフォーム にご記入ください。 申し込みフォーム にご記入ください。 この機会に、ぜひ多くの大学ミュージアムを訪ねてみてください。 イベントの告知ポスターやスタンプラリー台紙、各大学ミュージアムを紹介するパンフレットなどを、デザイン学科3 年生の古武優季さんと古宮里菜さんがデザインしました。 スタンプ ラリー 各大学ミュージアムでスタンプを押してください。 集めたスタンプの数に応じて、さまざまな大学ミュージアムグッズをプレゼントします。 シールが3枚集まったら、大学ミュージアムグッズ1点をプレゼントします。 応募作品規格 版権キャラクターを使用していない、オリジナル作品であること。 横幅、奥行き共に45cm以内であること。 重さについては、一人で搬入出が可能な範囲で作成ください。 作品の搬入出について 作品管理の観点などから、可能な限り手持ちでの搬入出をお願いします。 各種輸送サービスでの発送も受け付けますが、その場合、作品状態については一切責任を負えませんので、何卒ご理解をお願いします 自力での搬出が不可能な場合、運営にて梱包を行い、着払いにて返送致します。 こちらについてもご理解をお願いします。 ・直接搬入の場合は、下記の時間中に、会場まで作品をお持ちください 11月21日 火 12:00~17:00 11月22日 水 12:00~17:00 11月23日 木 11:00~12:00 ・発送の場合は、11月21日 火 午前中指定で、下記住所までお送りください。 〒545-6090 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 24階 大阪芸術大学スカイキャンパス TEL. 06-6654-5557 応募方法 下記の問い合わせ/エントリー先アドレスまで、各項目の情報をメールにてお送りください。 メールタイトルは「新世代造形大賞エントリー」でお願いします。 また、添付にて作品の画像をお送りください。 問い合わせ/エントリー先アドレス newgenemodeling2017 gmail. com 応募締め切り 11月21日 火 18:00までにメール願います。 中村佑介展 15 THE VERY BEST OF YUSUKE NAKAMURA 日時 7月15日(土)~9月18日(月) 11:00~19:00 入場は18:30まで 場所 あべのハルカス 大阪芸術大学スカイキャンパス 主会場 プログラム 1時~1時10分 学科長挨拶および登壇者紹介 1時10分~2時 笑福亭智丸 「落語家になる! その特色は幼稚園・保育園・保育所・認定こども園・小学校・中学校を一貫した幼少年の総合美術展であります。 また学級別に全員の作品を出して頂いて、表現指導に関する新しい取り組みや、研究の意味をもつ優れた指導を奨励する美術展でもあります。 この展覧会は大阪における文化行事の一つとして多くの方々から注目を集めるようになりました。 先生方におかれましては、日々新しい生活のもと、子供の自主性・主体性を尊重し、個性豊かな表現を目指して指導にあたっておられます。 是非、ご鑑賞くださいますようお願いいたします。 imamiya-ebisu. アクセスのお問い合わせ スカイキャンパス事務室 (あべのハルカス24階) TEL:06-6654-5557 (開催内容等については、今宮戎神社HPをご覧ください) 第10回 塊展 大阪芸術大学通信教育部の有志によるグループ展 内容 この展覧会は大阪芸術大学通信教育部の在校生・卒業生の有志が集まり開催しています。 今回も大学のスカイキャンパスで開催できることは非常に光栄に思っています。 第一回は2008年に中央区のギャラリー『香』で開催し今回10回目を迎えました。 初回は25名のアーティストの絵画が中心でしたが、その後、徐々に作品の種類が増え全学科(美術・デザイン・工芸・写真・文芸・放送・映像・音楽・初等芸術教育)を巻き込んだアートイベントにまで成長しました。 また、昨年に続き里博文先生、戸塚弥夫先生、森和弘先生にも出展いただき、私たちの励みと更なる制作意欲を掻き立てられる想いです。 私たちの作品をご覧いただけましたら幸いです。 会期 平成29年3月17日(金)~3月26日(日) 開館時間 午前11時30分~午後7時(入場は閉館30分前迄。 最終日は午後4時迄。 ) 休館日 3月21日(火) 会場 大阪芸術大学スカイキャンパス セミナールーム1(あべのハルカス24階) 入場料 無料 塊展HP お問合せ スカイキャンパス事務室 (あべのハルカス24階) TEL:06-6654-5557 (開催内容等については、塊展HPをご参照ください) 平成28年度 大阪芸術大学グループ卒業制作選抜展 内容 大阪芸術大学グループ各校、大阪芸術大学、大阪芸術大学短期大学部、大阪美術専門学校より選抜された今年度卒業予定学生の秀逸な作品群を一同に展示いたします。 学生の集大成となる作品に込めた熱い想いを体感しにぜひご来場ください。 会期 平成29年2月24日(金)~3月5日(日) 開館時間 午前11時~午後6時 休館日 2月27日(月) 会場 大阪芸術大学スカイキャンパス セミナールーム1(あべのハルカス24階) 入場料 無料 主催 大阪芸術大学 お問合せ スカイキャンパス事務室 (あべのハルカス24階) TEL:06-6654-5557 平成28年度 大阪芸術大学 大学院修了制作展 内容 今年度修了予定である大阪芸術大学大学院 芸術研究科 博士課程(前期)芸術制作専攻大学院生の学位(修士)申請作品ならび芸術研究科 博士課程(後期)芸術専攻大学院生の学位(博士)申請作品を展示いたします。 絵画、デザイン、工芸の各研究領域の作品をぜひご覧ください。 会期 平成29年2月8日(水)~2月17日(金) 開館時間 午前11時~午後6時 休館日 2月13日(月) 会場 大阪芸術大学スカイキャンパス セミナールーム1(あべのハルカス24階) 入場料 無料 主催 大阪芸術大学 お問合せ スカイキャンパス事務室 (あべのハルカス24階) TEL:06-6654-5557 虚實皮膜の間 演目 錦影絵「狐魄奇譚(こんぱくあやしのかたり)」 錦影絵小品「花輪車」 上演日時 平成29年1月26日 木 12時45分~13時15分(12時30分開場) 上演会場 大阪芸術大学 芸術情報センターB1 地下 AVホール 〒585-8555 大阪府南河内郡河南町東山469 近鉄長野線喜志駅 阿倍野橋から準急で約30分 より 金剛バス「阪南ネオポリス」行き「東山 芸大前 」下車 無料のスクールバスもご利用いただけます 入場料 無料・一般の方のご観覧歓迎 企画 虚實皮膜の間プロジェクト お問い合わせ 大阪芸術大学芸術計画学科 池田研究室 Tel: 0721-93-3781 内線3658 昨年・平成28年の「錦影繪池田組」は、アメリカ・ニューオリンズMSL国際会議で最高賞を頂き、 日本では大阪狭山池博物館・重要文化財旧杉山家住宅で公演をおこないました。 皆様のおかげでこれまで錦影絵を続けることができたことに感謝しております。 今回は、その感謝の思いを込めて、「錦影繪池田組」の一番身近な場所、大阪芸術大学内で上演いたします。 一般の方のご観覧も歓迎いたします。 昼休みの短い時間ではありますが、学内外を問わず、少しでも多くの方に錦影絵の魅力を体験して頂きたく存じております。 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。 第8回 高円宮殿下記念 根付コンペティション記念展 会場 大阪芸術大学スカイキャンパス セミナールーム1 会期 平成28年12月8日 木 ~12月24日 土 月曜休館 午前11時30分~午後7時 入場は午後6時30分まで ただし、12月8日は午後2時開場 入場無料 出品内容 第8回応募作品:158点 特別出品 高円宮家根付コレクション:約150点 「旅する根付」写真パネル:約20点 問い合わせ 大阪芸術大学スカイキャンパス事務室 TEL 06-6654-5557 大阪芸術大学博物館事務室 TEL 0721-93-3781 代表 2016 大阪芸術大学 写真学科選抜展 NEXT 会場 ニコンサロンbis大阪 〒530-0001 大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエスト・オフィスタワー13階 期間 平成28年10月29日(土)~11月30日(水) 11時~19時(入館は18時30分まで)入場無料 休館日 10月31日 月 ・11月7日 月 ・21日 月 ・28日 月 出品者 秋永 邦洋 石田 元 一色 智登世 岩橋 耕希 内田 恭子 海老澤 菜美 岡田 俊彦 北村 章 窪 愛美 阪元 沙耶香 竹鼻 野菊 田代 翔太 巽 優子 玉山 弘季 江 洋一 中川 祥吾 橋本 典子 平井 康夫 平尾 絵美 本多 紀朗 丸尾 紘美 三木 陽子 宮地 佳代 山村 幸則 山本 創 湯川 将之 吉田 恵 渡邉 花苗 おおさかカンヴァス推進事業2016 日時 平成28年10月22日(土曜日)~10月30日(日曜日) スタンプ ラリー 各大学ミュージアムでスタンプを押してください。 スタンプが10種類集まったら、大学ミュージアムグッズの詰め合わせをプレゼントします。 ギャラリートーク 各大学ミュージアムで開催されるギャラリートーク参加者にオリジナルシールを配ります。 シールが3枚集まったら、大学ミュージアムグッズ1点をプレゼントします。 たくさんのご応募ありがとうございました。 お申し込みはこちらから または、TEL. その超高精細な映像はスーパーハイビジョンと呼ばれています。 しかしながらその実像は国際放送機器展などでの検証映像でしか一般には公開されていません。 主催 大阪芸術大学グループ 後援・協力 アストロデザイン株式会社、 一般社団法人 Over8k. com、 株式会社CreateLED Japan、株式会社JVCケンウッド、 凸版印刷株式会社、パナソニック株式会社(50音順) 生誕110年 松井正展 会期 2016年6月11日[土]~7月31日[日] 会場 京都文化博物館5階展示室 「福本繁樹展」 展示室2 「あやなす14人展」 展示室1 問い合わせ あやなす展実行委員会事務局 大阪芸術大学大学院染織研究室内 0721-93-3781(内線2684) 後援 塚本学院校友会(大阪芸術大学・大阪芸術大学短期大学部・大阪美術専門学校) 第52回 全大阪幼少年美術展 主催 全大阪幼少年美術振興会 後援 大阪府 大阪市 堺市 大阪府教育委員会 大阪市教育委員会 堺市教育委員会 大阪教育大学 大阪芸術大学 NHK大阪放送局 毎日新聞社 産経新聞社 読売新聞大阪本社 大阪商工会議所 日本国際連合協会関西本部 日本教育美術連盟 幼児造形教育連盟 大阪児童美術研究会 公益財団法人教育美術振興会 大阪ロータリークラブ 協賛 株式会社サクラクレパス 大阪芸術大学初等芸術教育学科 コクヨ株式会社 内容 全大阪幼少年美術展は、昭和39年に始まり今年で52回を迎えました。 その特色は幼稚園・保育園・保育所・認定こども園・小学校・中学校を一貫した幼少年の総合美術展であります。 また学級別に全員の作品を出して頂いて、表現指導に関する新しい取り組みや、研究の意味をもつ優れた指導を奨励する美術展でもあります。 この展覧会は大阪における文化行事の一つとして多くの方々から注目を集めるようになりました。 先生方におかれましては、日々新しい生活のもと、子供の自主性・主体性を尊重し、個性豊かな表現を目指して指導にあたっておられます。 是非、ご鑑賞くださいますようお願いいたします。 imamiya-ebisu. アクセスの お問い合わせ スカイキャンパス事務室 (あべのハルカス24階)TEL:06-6654-5557 (開催内容等については、今宮戎神社HPをご覧ください) 第9回 塊展 大阪芸術大学通信教育部の有志によるグループ展 会場 大阪芸術大学スカイキャンパス セミナールーム1 内容 この展覧会は大阪芸術大学通信教育部の在校生・卒業生の有志が集まり開催しています。 今回も大学のスカイキャンパスで開催できることは非常に光栄に思っています。 第一回は2008年に中央区のギャラリー『香』で開催し8回目を迎えました。 初回は25名のアーティストの絵画が中心でしたが、その後、徐々に作品の種類が増え全学科(美術・デザイン・工芸・写真・文芸・放送・映像・音楽・初等芸術教育)を巻き込んだアートイベントにまで成長しました。 また今回は里博文先生、戸塚弥夫先生、森和弘先生に出展いただき、私たちの励みと更なる制作意欲を掻き立てられる想いです。 私たちの作品をご覧いただけましたら幸いです。 会期 平成28年3月15日(火)~3月23日(水) 開館時間 午前11時30分~午後7時 (入場は閉館30分前迄。 最終日は午後4時迄。 ) 休館日 なし 会場 スカイキャンパス セミナールーム1 (あべのハルカス24階) 入場料 無料 塊展HP アクセスなどの お問い合わせ スカイキャンパス事務室 (あべのハルカス24階) TEL:06-6654-5557 (開催内容等については、塊展HPをご参照ください) 平成27年度 大阪芸術大学グループ卒業制作選抜展 内容 大阪芸術大学グループ各校、大阪芸術大学、大阪芸術大学短期大学部、大阪美術専門学校より選抜された今年度卒業予定学生の秀逸な作品群を一同に展示いたします。 学生の集大成となる作品に込めた熱い想いを感じにぜひご来場ください。 会期 平成28年2月26日(金)~3月9日(水) 開館時間 午前11時~午後6時 休館日 2月29日(月)、3月7日(月) 会場 大阪芸術大学スカイキャンパス セミナールーム1(あべのハルカス24階) 入場料 無料 主催 大阪芸術大学 お問合せ スカイキャンパス事務室 (あべのハルカス24階) TEL:06-6654-5557 平成27年度 大阪芸術大学 大学院修了制作展 内容 今年度修了予定である大阪芸術大学大学院 芸術研究科 博士課程(前期)芸術制作専攻大学院生の学位(修士)申請作品ならび芸術研究科 博士課程(後期)芸術専攻大学院生の学位(博士)申請作品を展示いたします。 絵画、デザイン、工芸の各研究領域の作品をぜひご覧ください。 11月3日(祝)・7日(土)・15日(日)・22日(日)、午後1時より 主催 大阪芸術大学 後援・協力 在駐日トルコ共和国大使館、和歌山県串本町、 和歌山県、東映、BOSAV、トルコ海洋考古学研究所、 テキサスA&M大学、トルコ航空、大阪マリオット都ホテル 学校法人塚本学院 大阪芸術大学グループ創立70周年記念 日韓中米国際交流作品展 内容 塚本学院創立70周年を記念し、本学の姉妹校である韓国・弘益大学校、中国・上海大学美術学院、米国・カリフォルニア美術大学とともに国際交流作品展を開催いたします。 会場 期間 平成27年10月10日(土)~ 10月25日(日) 11時 ~ 19時 入場無料 休館日 10月13日(火)・10月19日(月) 出品者 石川 裕敏 石田 元 岩田 朋恵 岩橋 耕希 海老澤 菜美 岡田 俊彦 垣内 真希子 加藤 美和 北村 章 京谷 汐里 小林 英次 酒井 稚恵 阪元 沙耶香 赤土 浩介 十鳥 美代子 杉田 都紀 田代 翔太 舘 正明 西尾 拓也 橋本 典子 平尾 絵美たけちゃん 松岡 里美 丸尾 紘美 宮地 佳代 山本 創 吉田 恵 渡邉 加奈 渡邉 花苗 大学ミュージアムをめぐるバスツアーとスタンプラリー 内容 本学博物館が参加している「かんさい・大学ミュージアムネットワーク」では、10~11月に関西にある17の大学ミュージアムをめぐるスタンプラリーとバスツアーを開催します。 イベントの告知ポスターや各大学ミュージアムに設置されるスタンプの多くを、本学デザイン学科の学生たちがデザインしました。 スタンプを10種類集めると、ミュージアムグッズの詰め合わせがプレゼントされます。 ぜひこの機会に色々な大学ミュージアムをお訪ねいただき、個性あふれるスタンプもご覧ください。 今回は大学院芸術研究科前期課程1回生 山下三佳 さんの作品が展示されました。 展示会場は、ショップ内の奥で、3つの絵画で1作品として展示されています。 お店の雰囲気とマッチした作品で店内が明るく感じる作品です。 お近くに寄られましたらご鑑賞ください。 しばらくの間展示していただきます。 入館料 一般 300円 大学生以下無料 65歳以上の方半額 * 7月7日は開館記念日のため、入館無料 開催者 主催 BBプラザ美術館・ 株式会社シマブンコーポレーション 協力 泉照子氏・大阪芸術大学短期大学部 後援 神戸市・神戸市教育委員会・朝日新聞神戸総局 神戸新聞社産経新聞社・日本経済新聞社神戸支社 毎日新聞神戸支局・読売新聞神戸総局 サンテレビジョン・ラジオ関西 関連プログラム・イベント 講演会『泉茂 人と作品』 2015年8月1日(土)14:00-15:30(開場13:30) 講師 三木 哲夫氏(兵庫陶芸美術館長) 会場 シマブンホール(BBプラザ4F) 定員 100名(先着順) 聴講無料 その他 ワークショップ『版画をつくろう。 』 2015年7月26日(日)13:30-16:00 講師 山本 修司氏(美術家 本学卒業生) 会場 美術館エントランス(BBプラザ2F) 定員 20名(対象:主に小学生) 参加料 500円 申込締切 2015年7月10日(金)(当日消印有効) ----申込方法---- 名前(ふりがな)、年齢(学年)、郵便番号、住所、電話番号を明記の上、往復はがきにて下記までご送付ください。 ここ十数年来の文芸シーンの変転には注視すべきものがあります。 ライトノベルの隆盛を看過することはできません。 本学科出身のライトノベル作家も多くその世界で活躍しております。 今回は本学出身の現役作家と関西を代表する作家である榊一郎氏、また集英社の現役編集者の方々を招いて、ライトノベルについて存分に語り合う機会を計画した次第です。 総合芸術大学に相応しく、キャラクター造形学科、映像学科、デザイン学科の教員・学生の協力を得ることができました。 イラストレーター志望の諸君にも楽しい午後となると存じます。 高校生ならびに大学生、高校の進路指導、国語科、デザイン科ご担当の先生がたにご参集いただきたくご案内申し上げます。 授業は遠く離れた大学同士をスカイプで結び、「revolution. 改革・革命の意」をテーマにプロジェクトを提案し、各国から制作希望者を募ります。 参加した学生たちは展覧会の展示と、バーチャルではないオフラインの出会いのためにそれぞれの国を訪れています。 今年4月22日の大阪芸術大学でのオープニングには参加した各国学生や担当教授を含め芸術大学の学長が来日する予定です。 本展はスカイプ授業参加者だけではなく、多くの学生にとっても多彩なグローバルな視点と解釈・価値観を学ぶ好機と考えております。 近畿地区在住の伝統工芸作家(陶芸・染織・漆芸・金工・木竹工・人形・諸工芸の7部門)の作品を公募にて実施。 厳正な審査を経て選ばれた伝統工芸近畿賞をはじめとする受賞作13点(新人奨励賞3点を含む)など入選した219点を会場で展示します。 (陳列作品の解説) 毎日会場にて午後2時から陳列作品の解説を7部門ごとに9回(陶芸・染織は2回)に分けて行います。 (受賞作を語る) 受賞作品(13点)について、期間中(5月3日~6日の4日間は2名)の午前11時半から会場にて受賞作家が自らの作品について構想・技法・着目点などを解説します。 (ワークショップ(体験講座)の実施) 小・中・高校生などの青少年をはじめとする一般の方々を対象にワークショップ(体験講座)を実施します。 日時:5月2日~5日、午後2時~5時頃。 10名。 会場:大阪芸術大学スカイキャンパス 対象:小学生以上(小学生は保護者同伴のこと)対象。 参加費:500円。 受付:各講座開催の当日午後1時より会場入り口にて受け付けます。 (開催日・内容) 5月2日(土)…金工(錫のペンダント作り) 5月3日(日)…木竹工(木のお箸づくり) 5月4日(月)…諸工芸(截金-きりかね-のキーホルダー作り。 nihonkogeikai. その特色は幼稚園・保育園・保育所・小学校・中学校を一貫した幼少年の総合美術展であります。 また学級別に全員の作品を出して頂いて、表現指導に関する新しい取り組みや、研究の意味をもつ優れた指導を奨励する美術展でもあります。 この展覧会は大阪における文化行事の一つとして多くの方々からの注目を集めるようになりました。 先生方におかれましては、日々新しい生活のもと、子供の自主性・主体性を尊重し、個性豊かな表現を目指して指導にあたっておられます。 是非、ご鑑賞くださいますようお願いいたします。 imamiya-ebisu. アクセスの お問い合わせ スカイキャンパス事務室 (あべのハルカス24階) (開催内容等については、今宮戎神社HPをご参照ください) 第8回 塊展 内容 8回目の開催となる塊展。 今年の会場は、2014年3月にオープンしたあべのハルカス『スカイキャンパス』を予定しています。 会場の規模が300㎡と広い事から、例年より作品の規定サイズを大幅にUPし、今まで以上に作品の自由度は増すかと思います。 また、規定サイズを越える場合についても、作品のコンセプト等を相談していただいた上で、実行委員が認める場合は規定サイズを超える作品も歓迎したいと考えています。 また、インスタレーションの作品も挑戦したいという作家さんが現れてほしい!と思っています。 どんな些細な事でも、実行委員に相談・質問していただければと思います。 年に一度の塊展、参加者の皆さんにとって、実りの多い機会にしたいと思っています。 2014年8月 第8回実行委員一同 (塊展HPより) 会期 平成27年3月17日(火)~3月23日(月) 開館時間 午前11時~午後7時(最終日は午後5時まで) 休館日 なし 会場 スカイキャンパス セミナールーム1 (あべのハルカス24階) 入場料 無料 塊展HP お問い合わせ スカイキャンパス事務室 (あべのハルカス24階) TEL:06-6654-5557 (開催内容等については、塊展HPをご参照ください) 平成26年度 大阪芸術大学グループ卒業制作選抜展 内容 大阪芸術大学グループの大阪芸術大学、大阪芸術大学短期大学部、大阪美術専門学校の今年度卒業予定学生の制作作品より選抜された秀逸な作品群を一同に展示いたします。 学生の集大成となる作品に込めた熱い想いを感じにぜひご来場ください。 会場 堺市立文化館(堺市堺区田出井町1-2-200) JR阪和線「堺市」駅下車徒歩約3分 内容 堺ゆかりの芸術家である山中嘉一(1928~2013)の回顧展を開催いたします。 山中嘉一は、大阪芸術大学美術学科および浪速短期大学(現・大阪芸術大学短期大学部)デザイン美術科で教鞭をとり、後進の指導にあたりました。 本展覧会では油彩画やリトグラフ、シルクスクリーンといった版画、ガラス絵などを年代を追って約120点展示し、色彩の「平面性」を追求し続けた山中の多彩な芸術を広く紹介します。 この機会に、是非ご覧ください。

次の