直毛 ヘアアレンジ 簡単。 黒髪 ヘアアレンジ|14のスタイルを公開。

“直毛女子”に似合うヘアアレンジ!ストレートヘア・巻かないでできる簡単アレンジ♡

直毛 ヘアアレンジ 簡単

夏はアクティブに、機敏に動けるのですが、 この時期になると冬眠の熊のように外出も極端に減ります。 特に、日が落ちて寒さが増す夕方。 夕飯の買い物も億劫になります。 この季節は断然まとめ買い! 流山は今日も寒い! 髪の毛がサラサラしすぎてまとまらない! 大好評のLINE@サービス。 みなさんそれぞれ悩みを抱えていらっしゃるようですね! 今回はLINE@に寄せられた美容に関する相談をご紹介! 【髪の毛がサラサラしすぎて、時間が経つとすぐに ゴムがスルスルと落ちてきてしまいます。 自分でアレンジをしようと思っても手から髪が落ちてしまいます。 ツルツルする髪の毛を上手く束ねる方法、 ヘアアレンジをしやすくなる方法、 キープする方法はないでしょうか?】 と、ご質問をいただきました。 これも髪質の悩みの1つで、よくご相談を頂く内容になります。 今日は同じような髪質で悩んでいる方々へ 上手にアレンジする方法を伝授いたします! 髪がサラサラでうらやましい!? 髪の毛がサラサラしているというのは、とても羨ましい魅力的なことですよね。 しかし、こういった髪質の方の場合。 一般的に多いのが【直毛】の方。 ストレートに髪を下ろす分には問題ないのですが、コテで巻いたり、パーマをかけても すぐストンと落ちてしまう。 今流行りのゆるふわなアレンジやパーマスタイルもなかなか上手く出来ない髪質で、 巻いても時間が経つとまっすぐに。 パーマをかけても1日でとれちゃった。 クセをつけることが難しい髪質の1つなんです。 そうなると、やはり自分でなんとかアレンジしてみようと 朝、時間をかけて頑張っても、1日が終わる頃には元通り。 【あの朝の苦労した時間はなんだったの!?】 と泣きたくなりますよね。 直毛の方によくあるお悩みの1つでもあります。 サラサラすぎる髪質のタイプ サラサラしすぎるタイプとして【直毛】を挙げましたが実はもう1つあります。 髪が柔らかくて、細い。 いわゆる【猫っ毛】といわれるタイプ。 直毛以外でも、こういった髪質の方はまとめたり、アレンジしたりするのに一苦労。 やはりパーマもかかりにくい傾向がある髪質の1つです。 一番わかりやすい例で言えば、 【子供の髪の毛】 小さいお子様がいらっしゃるお母さんであればよくおわかりかと思いますが、 娘が幼稚園に行くときに結んであげる。 サラサラしていてすぐ崩れる。 うまくまとめるのが難しい! お子様の髪の毛はとても柔らかく、 そしてダメージもほぼなく、とってもサラサラしています。 もちろん大人でも猫っ毛の髪質の方たくさんいらっしゃいます。 きっとこういったタイプの方々もふわっとしたアレンジや、パーマがかかりにくく 悩んでいる方が多いのではないでしょうか? 髪の毛を上手く束ねる方法は下地作り! サラサラすぎてしまう髪の毛を上手くアレンジする方法は やはり下準備が重要です。 アレンジしやすい髪質の方も同様、 やはりしっかりコテで巻いてからまとめてあげる。 カールのついた髪というのは 髪の毛同士がほどよく絡まり、よりアップしやすい 状態になるからです。 しかし、直毛またはネコっ毛の方からすると そのカールでさえうまくクセ付けすることが出来ないのが悩み。 巻いても巻いてもすぐとれてしまいますよね? そこで必要なのが 【カールロー ション】です! オシャレ女子では定番。 聞いたことある方も多いのではないでしょうか? コテで巻く前にシュッと髪の毛に吹きかけてから 巻いてあげると、コテの熱に反応して しっかりとした巻き髪を作るサポートをしてくれます。 カールローションというのは水分ですから、毛先を中心にしっかりと吹きかけると 髪は濡れた状態になります。 その濡れた状態のままコテで巻こうとすると 髪の毛がジューッと焼けてしまいますので、 カールローションをつけてから一旦ドライヤーで乾かす。 そこからコテで巻いてあげる。 このひと手間がしっかりとしたウェーブをクセ付ける 一番の近道です。 アレンジがしやすくなる方法は? 実は、ヘアアレンジというのは 多少傷んでいる髪の毛のほうがやりやすかったりします。 傷みすぎもよくないのですが、若干ダメージのある髪の毛というのは 絡まりが生じ、髪をまとめるときに扱いやすくなるのです。 かといって、元々生まれながらにして サラサラな髪質をわざわざ傷ませるのももったいない! ヘアアレンジしたいがために、わざと髪をいじめる必要はないと思います。 ですが、やはりサラサラしすぎてまとまらない、 という原因を取り除く方法はスタイリング剤でカバーするのが一番! 何も髪に付けないでまとめようとすると 上手くいかない方がほとんどです。 ただし、そのスタイリング剤選びが重要!! ハードスプレーで固めすぎてしまえば、 まとめるのにも一苦労。 下処理として使えるスタイリング剤はワックスがオススメ。 そのワックスも、サラサラツヤツヤしてしまう方には キープ力の強いハード系のワックスを選んでください。 ロング、ミディアム、髪の長さに関わらず 髪がパラパラと落ちやすい人ほど しっかりとしたホールド力のあるスタイリング剤が 必要不可欠になります。 髪の毛をまとめるときには全体にワックスを揉み込んでからアレンジしてみてください。 何もつけなかったときよりも多少のベタつき、 若干のゴワつきが、より扱いやすくしてくれます。 髪の毛を固める、というよりも 擬似的に髪を傷める、汚す、という感覚です。 ワックスというのは手にとって、よく伸ばしてから髪の毛にのせていきますよね? ワックスを使い慣れない方からすると、ベタベタしてやりにくい・・・と思いがち。 今では様々なスタイリング剤があふれています。 スプレータイプのワックスや、直接髪につけられる固形タイプ。 ベタつきやすいワックスよりも泡ででてくるムースは 髪全体になじませやすいですよね! ですが、ネコっ毛の方には注意。 ムースというのは水分が多く含まれているセット剤です。 ネコっ毛は元々ペタンと潰れやすい性質が。 そこで水分の多いムースをつけるとさらに髪の毛が ウェット状態になり、潰れやすくなりますので、 ボリュームが出にくい方はムース以外をオススメします。 ピンにも様々な種類があり、使用用途によって使い分けるのが私たち美容師の仕事! ヤナギピンはピンの中央がしっかりと閉じた形状をしているのが特徴。 特に細くてネコっ毛の方にオススメで 髪がこぼれることなく、しっかりと留めることができるヘアピンです。 髪が短い。 どうしてもおくれ毛が出てくる。 ヘアアレンジまではしないまでも、ちょっとまとめて結びたいだけなのに 髪がサラサラとしすぎていてゴムがしっかり固定されない。 これはもう気になって仕方ありませんよね! この場合、つかっているゴムを見直してみましょう。 定番のヘアゴムというのは髪の毛が絡まったりしないように もともと滑りやすくできています。 そこで、髪質が滑りやすい方が使用した場合、 やはりゴムの強度としては弱く、 時間の経過とともにスルスルと下に落ちてきやすいです。 そこでオススメなのが、シリコン製のヘアゴム。 今では100円ショップでも売られていますし、 カラフルなものまであります。 小さいお子さんのほとんどはこのシリコンゴムを使っているのではないでしょうか?? サラサラした子供の髪でも落ちてきにくい。 ということは、大人の髪にだってもちろん使えます。 ただし、シリコンゴムは若干小さめ。 子供の毛量は少ないので、ゴムの直径が短くても 難なく結ぶことは可能ですが、 大人の髪の毛は、やはりボリュームも出てきますし 子供より太くなってしまう傾向があります。 そんな時は、そのシリコンゴムを2重にして使ってみてはいかがでしょう? より強度が増し、普通のヘアゴムよりも落ちてきにくくなります。 色も、子供と違ってカラフルなものよりも 黒や茶色。 シンプルなものまでバリエーション豊です。 普通のゴムも何度も何度も繰り返し使っていれば ゴムは伸びてきてしまいますよね? シリコンゴムも同様、一般的ヘアゴムよりも 若干劣化が早いため、ゴムが伸びてしまいやすいのが難点。 しかし、たくさんの量が入ってまとめて販売されていますので ゴムが伸びきる前に新しいものに取り替える。 ちょっとした工夫で、いつでもゴムがとれにくい状態になるはずです。

次の

猫っ毛や髪の毛がサラサラすぎる!そんなあなたの為のヘアアレンジ方法

直毛 ヘアアレンジ 簡単

ふわふわのヘアアレンジは女の子らしくてとてもかわいいですが、直毛の人は中々真似できませんよね。 直毛の人は髪の毛の形が正円系に近く、太くしっかりしているため癖がつきにくいのです。 しかし、最近のストリートモードスタイルの流行で、直毛の人でもおしゃれにアレンジできる幅が広がりました。 今回は、簡単で可愛い、直毛のためのアレンジをご紹介したいと思います。 巻く時はホットカーラーでしっかり 前髪をセットする時や、巻き髪をしたい時にカーラーを使うことも多いですよね。 ですが、直毛の人がそのまま使うと、すぐクセが取れたり、そもそも形が付かなかったりします。 そんな時には、ホットカーラーでじっくりクセ付けて、アレンジしやすい下地を作るのがオススメ。 そのあとコテで仕上げれば、しっかりとカールが付いて、髪型がキープできます。 スタイリングの前にカールウォーターを付けておくと、髪が固まらずにふんわりとニュアンスのあるスタイルが叶いますよ。 まとめるときはくるりんぱや編み込みがおすすめ 髪の毛をまとめるときには、ついひとつ結びになってしまいがちですが、ひと工夫するだけで直毛でもかわいいまとめ髪が出来ます。 もはや定番になったくるりんぱや逆りんぱ、ひとつ結びでもちょっと凝って華やかになるのでオフィスにも対応可です。 さらにおすすめなのが編み込みです。 直毛の人は髪の毛が太く艶がある人が多いので、まとめ髪をつくるときに大きめに編み込みするとクラシックなシルエットになります。 ワックスを揉み込んで置けばピョンピョンとした後れ毛が出にくいので、お出かけやデートの時でも安心です。 アクセントになるヘアアクセを利用しよう! 凝ったヘアアレンジが難しい場合は、インパクトのあるヘアアクセに頼ってしまいましょう。 なんて事のないポニーテールでも、一癖あるヘアクリップやマジェステなどを使うと何倍も華やかに仕上がります。 フェミニンなスタイルが好きな人には、華奢なヘアチェーンなどもあり、頑張らなくても可愛いスタイルが叶いますよ。

次の

ストレートヘアのアレンジ方法15選!直毛のまとめ髪や簡単くるりんぱも

直毛 ヘアアレンジ 簡単

2019年12月29日 「一般に黒髪は、ヘアアレンジをしても地味な印象になったり、垢抜けない仕上がりになる傾向が強い。 」 上記のように表現されたり認知されることが多いが、僕はこの表現に疑問を持つことが多い。 確かに「色彩」「光」の理論から考えれば「地味な印象」として感じることは一般的かもしれない。 しかし別の視点では「クールビューティ」「清楚」「モダン」という風に感じることができるのも一般的、ではないだろうか。 以上の例のように一点張りで物事を捉えるのではなく俯瞰した視点で考えることができれば、「黒髪」という状態だけが「地味」「垢抜けない」という印象にはならないと考えることもできる。 このように、黒という「色」だけではなく、黒という「デザイン」として自分の髪型やヘアアレンジを考えていこう。 そこで以下では「黒髪ヘアアレンジを14スタイル」紹介する前に「黒髪でもデザインの幅が広がる4つのポイント」にも触れてるので参考にしてみてほしい。 コンテンツ一覧• 黒髪でもデザインの幅が広がる4つのポイント 黒髪ヘアアレンジの最大の悩みは、アレンジした部分が目で見た際に黒という色に埋もれてしまい分かりにくい点にある。 この点についてはあるていど限度があるものの、黒髪でも編み込みの編み目を裏編みにしてみるなど少し工夫するだけで変化を感じることはできる。 髪の毛の色以外にも「直毛」「軟毛」「癖毛」「毛量」「髪の色素」によって、髪に対する悩みは人それぞれだ。 以下では黒髪ヘアアレンジをするにあたり必要なポイントに絞って紹介しているが、すべてをクリアしてなければいけないということではない。 髪の毛1本1本に対して艶を出すこと 髪の毛の形状によって「デザイン」や「印象」は大きく変わる。 同じ黒髪でも「直毛」と「くせ毛」で印象に違いが生じるのは「光の反射」、すなわち「艶」にある。 かなりの直毛でもない限りは、全体の髪に艶がでるようストレートアイロンやブローをして髪の毛のキューティクルを整えておこう。 黒髪であってもなくても髪の艶を意識することは、見た目の印象を良くする必須項目であると言っても過言ではない。 髪の毛に艶を与えることで光が反射し天使の輪ができ、黒髪であっても艷やかで潤いのある印象に仕上がる。 つまり、艶があれば地味な印象をカバーできるのは勿論、「クールビューティ」「清楚」「モダン」のように印象を転換できるということだ。 したがって髪の艶は、金髪よりも黒髪の方が光とのコントラストがハッキリするので、艶を出すことによる効果は増す。 とはいえ、すべての直毛に艶が備わっているわけではない。 あくまで直毛には、光が反射しやすい特性があるだけだ。 詳細については、別記事の下部にある項目『』を参考にしてみよう。 目的を明確にする ヘアアレンジには目的が伴う。 つまり、目的がなければ「ヘアアレンジをする」という行為には至らないということだ。 近くの公園を散歩したり、食品の買い出しに行くことが目的である場合、結婚式へ出席するようなヘアアレンジをすることはないだろう。 むしろ、寝ぐせ混じりの緩やかなウェーブを活かす、お団子アレンジの方が向いているかもしれない。 このように黒髪に限らず、目的を明確にしてから具体的なヘアアレンジのスタイルを考えていくと仕上がりの完成度を高めることができる。 毛質に合わせた準備 直毛でかなりのハリがあるタイプであれば、「ホットカーラー」や「ヘアアイロン」を使い、髪の形状を「直線」から「曲線」に変えるだけでデザインの幅は広がる。 くせ毛であれば、「1. 髪の毛1本1本に対して艶を出すこと」でお伝えしているように準備しておくことが大事。 「身支度にそんな時間が取れない」と言われてしまえばそれまでの話だ。 しかし、見た目の印象に気を使い、美しくしている人は皆、髪に必要な手間を掛けていることは事実である。 それが「美意識」というもの。 だからといって毎回、下準備を丁寧にしていなければいけないのか?というと、そんなことはない。 前述したように目的によって作り上げるアレンジスタイルは違うので、自分のなかでバランスを考え調整していくのもポイントだ。 朝の時間帯や身支度に余裕が持てなければ、就寝前の時間を上手く活用するなど、工夫して準備を済ませよう。 服の「色」「明るさ」のバランスを意識する ウィッグのように首から上だけを切り離し宙に浮いたまま移動できるなら気にする必要はないが、衣服との関係を断ち切ることは難しいし、そこを楽しみたいというのが真意だろう。 デザインや演出によって様変わりするのが「色彩」「光」「デザイン」の世界だ。 衣服の「色」「明るさ」も意識してヘアスタイルとのバランスを考えてみてほしい。 このように以上4つの視点をもってヘアアレンジに取り組むことで、仕上がりの変化を感じることができるだろう。 黒髪 耳かけストレートヘアアレンジ 「ストレートヘア」や「外ハネ巻き」などのスタイルで片方だけ耳に髪をかける際のやり方を紹介。 黒髪で顔周りを覆ってしまうと地味さが増してしまうが、片方だけでも耳にかけたりして首筋や輪郭が見えるようにすることで印象は大きく変わる。 髪を耳にかける以外に、艶を出してあげることで「地味な印象」を「清楚な印象」に変えることも可能。 分ける際は、のちに被せる分を考えて取り分けるとアレンジしやすくなる。 分け目をつくる際は、斜めにするのがポイント。 ゴムの位置を耳上にしてしまうと邪魔に感じたり余計なボリュームが出てしまうので耳後ろにおさまるよう意識しよう。 両サイドにつくることで、奥行きが出て小顔効果も期待できる。 簡単かつ清楚に落ち着いた雰囲気を出したい際におすすめのヘアアレンジだ。 黒髪でつくる編み込みヘアアレンジ 黒髪で編み込みする際のポイントは、編み方を工夫して「裏編み込み」で仕上げることだ。 黒髪で表編みをしてしまうと編み目が馴染んでしまい、見た目の変化を感じにくい状態に仕上る。 この状態を防ぐには裏編み込みで仕上げるとある程度改善できる。 以下の動画では、「ハーフアップアレンジ」「ワンテールアレンジ」「アップヘア」の順番で編み込みを使った3つのスタイルを紹介している。 2-1. 編み込みのやり方は、三つ編みを作ったあとに編み目に通すやり方でも構わないし、従来のような編み方でも構わない。 自分にとってやりやすい方法で裏編み込みができれば大丈夫だ。 編み込みした両サイドの毛束は、ゴムを使い後ろで1つに結んでから内側へ一回転して根本を締めよう。 ヘアピンを留める際は、編み目に沿って挿すのがポイントだ。 【関連記事】 仮止めしておいたクリップを外し、上の髪を被せたら完成だ。 2-2. ゴムは緩くし過ぎてしまうとたるみやすくなり、締めすぎると作業が進行しにくくなるので程よい具合に調整しておくのがポイントだ。 両サイド終えたらゴム下の髪を左右に引いて根本を締めたら完成だ。 【関連記事】 2-3. 2段目では左側に寄せてゴムを結び根本を締めよう。 そうすることで結び目がかさばらないようにまとめることができる。 2-4. アップヘアの作り方 先の状態からアップヘアをつくる際は、毛束を内側へ折りたたむようにまとめたあと、左右のえり足にヘアピンを挿して固定すればアップヘアの完成だ。 黒髪を少しおしゃれに。 スカーフヘアアレンジ 生活環境の関係で、髪の毛を明るくできない人が休日のおしゃれを楽しみたいときにオススメしたいのがスカーフヘアアレンジだ。 スカーフの代わりにヘアバンドなどを使っても構わない。 頭に何か巻く際は、ヘアアレンジのことだけではなく全身のコーディネートを意識したバランスを整えるよう意識して取り組もう。 三つ編みした毛束にストレートアイロンで熱を加え、ウェーブ型の形状をつくろう。 熱を当てたあとは、最低でも5分以上は放置しよう。 ポニーテールにした毛束に動きを加えることが目的なので巻き方の指定は特にない。 自分のやりやすい巻き方を選ぼう。 スカーフの柄によって印象は変わり、難易度も上がるので初心者はシンプルなデザインを纏うことをオススメする。 結婚式の黒髪ヘアアレンジにも活用できる2つのスタイル クロスポニーテールは、ドレスワンピース向け。 アップヘアは、和装にも似合う。 黒髪ではないが、『』のカテゴリーでも結婚式のヘアアレンジを紹介しているので参考にしてみよう。 4-1. 最後に好みで表面の髪を引き出してアレンジを加えたら完成だ。 4-2. ヘアピンは左右1本ずつでも留められるが、毛量によっては2本ずつの方が安定するので確認しながら留めよう。 胸下以上の長さがあるロングヘアでは、アップヘアにするのではなく、三つ編みワンテールアレンジにするスタイルもおすすめだ。 【関連記事】 5. くるりんぱ系 黒髪ワンテールアレンジ&アップヘア 街を歩いていれば一日に一度は必ず目に入ってくると言っても過言ではない「くるりんぱアレンジ」。 それくらい一般化されたくるりんぱアレンジだが、全体的な完成度は悪くないものの、くるりんぱした分け目が割れてしまっている女性を見かけることが少なくない。 以下の動画では、上部の髪でくるりんぱを使わずに、その他の髪を3段に分けてくるりんぱを使いヘアアレンジを完成させている。 5-1. 結んだあとは、毛束の内側の毛を少量手に取り、左右に引いて根本を締めて浮きをなくしておこう。 この作業が難しい際は、無理に引き出すアレンジを加える必要はないので、この作業はスキップしてもらって構わない。 5-2. 黒髪 セミロングでつくるポニーテールアレンジのやり方 黒髪ヘアアレンジで一番地味な印象になりがちなのが、「1つ結び」ではないだろうか。 ポニーテールと言えば聞こえは良いが、黒髪では特にただ髪を結ぶだけでは「可愛い」「おしゃれな」印象にすることは難しい。 また、セミロングのようにポニーテールするには微妙な髪の長さでは、少し貧相な印象に傾きやすい。 このような場合は巻き髪や根本にボリュームを加えるなどして完成度を高めよう。 6-1. 耳の高さを軸に上と下をゴムで結ぼう。 ぴょんぴょん出て来る短い毛をおさえる方法 動画内で解説したように、ヘアバームを少量手のひらに伸ばしてから指先に付け、おさえたい部分を指でなぞるように付ければ落ち着いてくれるばずだ。 それでもハネる場合は、ハードスプレーをつけて固定しよう。 細い毛質 ポニーテールのボリュームを出す方法 毛量が少なかったり、毛質が細い人は髪のボリュームを出すことに悩むことが多い。 このような場合は、巻き髪にしてからポニーテールをつくるようにしたり、根本に逆毛を立ててあげるとボリュームが出やすい。 ゴム隠しも簡単にできる黒髪 編み込みヘアアレンジ 以下のヘアアレンジは、表編みで仕上げるハーフアップアレンジとワンテールアレンジを紹介。 後ろの髪を編み込みする際は、表編みで仕上げた方が見栄えが良い。 7-1. 通したあとは毛先の髪を左右に引いて根本を締めよう。 7-2. 以上で完成。 黒髪ヘアアレンジを終えてみて感じたこと これまでにも黒髪を対象にしたヘアアレンジを紹介してほしいという声は、多数頂戴してきた。 しかし紹介するに至らなかったのは、手法そのものは髪の色や明るさには関係していないということを知っていたからだ。 だが人間の仕組み上、視覚から入ってくる情報が最も影響を受けやすく情報量が一番多いというのも事実。 目の前で観ている映像から無意識に自分に当てはめてしまうのは当然なことなので致し方ないのだが、手法そのものは過去に配信してきた動画と同じ手法を採用しているヘアアレンジもある。 紹介されているヘアアレンジの髪の毛の色が明るいから黒髪ではできないという決め付けや思い込みを持つのではなく、「もしかしたら、私の場合はこの部分をこのようにしたら良いのでは?」など発想を豊かにしてみるだけでも取り組む姿勢や楽しみ方を変えることはできる。 きっと、できなかったという現実を目の当たりにしたときに傷つきたくなかったり、ネガティブな感情を抱きたくないから挑戦しないのだろう。 その思考パターンは他の分野にも同じように適用されているはずだ。 日本人は、右に倣えの概念に縛られがちでスグに正解と安定を求めたがるが、傍から見た視点で正解を求めるのではなく、自分の視点で正しさを見出していくことを意識してみてほしい。 いつも同じことを言うが、ゴールが10だとしたら、ゼロからゴールを一気に目指すのではなく、ゼロから0. 1をまずは目指してみてはいかがだろう?1ではなく0. そのほうが感情に左右されず、コツコツと前向きに取り組んでいくことができる。 それから、いつも結果を期待し過ぎなところもガッカリしてしまう根本的な原因の1つだ。 傍から見て大きな結果を得ている人ほど、地味な作業を日々淡々と行っている。 ただ、その1つ1つの結果が、大きな結果として見えるだけなのだ。 このページで紹介したヘアアレンジが全てではないので、思い通りにいかないことのすべてを解決するには至らないがあなたの役に立ったようならとても嬉しい。

次の