国立病院機構 ボーナス 2020。 国立病院編 〜看護師の給料事情〜

国立病院機構(医療センター)から転職したい! 「もう限界だから退職します!編」

国立病院機構 ボーナス 2020

回答者 3. 1 年収 基本給(月) 残業代(月) 賞与(年) その他(年) 500万円 25万円 3万円 100万円 50万円 給与制度: 給与には、概ねしっかりしていると思う。 給与規定として、おそらくしっかりと整っている。 昇給もある。 評価によって昇給額も異なるが、5000~10000円程度の昇給だったと思う。 昇給額は良かった。 ボーナスも公務員に準じるような形で支給されるので、普通の生活を送るなら、生活に困ることはまずないでしょう。 民間企業とは違い、安定している。 この点は大変良い。 実際に残業しても、時間通りにつけにくい風土はある。 20時間以上だと、上司から遠まわしに・・・。 といった感じもあった。 運営上仕方ないと思う面もありますが、実際に仕事を行う必要があるので、なんとかしてほしかった。 評価制度: 上司次第といったところ。 それなりに学術や部署内で良い取り組みをしていって活動が評価されたり、なおかつ上司ともうまく行うことができれば、評価されるでしょう。 ほぼ年功序列に昇進。 転勤のある部署によっては、転勤に伴って昇進するといったこともある。 理想や、弁が立つだけで、実務やマネジメントに関しては、ほとんど能力に欠けるといった人が、一緒に仕事をしていない他院の上の人から、良いように評価されてしまっているといったことが起こっていた。 職種にもよるが、所属している職種によって影響力がそれなりにあるんだと感じざるを得ない場面があった。 世渡り上手というか、弁が立つだけというか。。。 たとえ縁の下の力もちのような人であっても、そういった人が、実際にマネジメントもうまくできている人はいます。 もっとそういった人にも明かりが照らされるようになれば、と感じることがあった。

次の

2020年度(令和2年度) 看護師・助産師募集(常勤職員)

国立病院機構 ボーナス 2020

給与制度:公務員時代の給与体系に準じているので賞与、各種手当 通勤手当、住居手当、扶養手当等 に関しては恵まれているほうだと思う。 業績が優秀な病院によっては年度末賞与が出ることもある。 ベースとなる基本給は等級と号俸で決められている。 号俸に関しては年功序列で勤続年数があがるほど号俸もあがり基本給があがっていく。 号俸のあがり方に業績評価が反映される仕組みではあるが、事務の場合ほとんどの職員が同じような上がり方をしていた。 等級に関しては役職が昇進するとあがる。 評価制度:昇進は事務は基本的に上のポジションが不足しているので、条件を満たすとすぐに昇任試験を受けさせられる。 昇任試験自体はほとんど形だけで基本的に全員合格する。 よって勤続年数があがるにつれて役職もあがっていく年功序列である。 年に二回業績評価が行われ賞与と昇給に影響する。 業績評価は自身で目標を設定してそれがクリアできたか、業績評価マニュアルの項目をクリアできているかを上司に申告してそれを上司が判断するというものである。 口コミ投稿日:2020年06月 3日.

次の

薬剤師 | 国立病院機構関東信越グループ

国立病院機構 ボーナス 2020

回答者 3. 6 私は1か月後に退職を考えています。 大きな理由は2つで、聞いていた、思っていたキャリアプランを描けないと感じたことと気持ちが追いつかなくなり毎日の仕事が嫌で嫌でたまらなくなったからです。 就活の際に、機構のホームページに掲載されていたキャリアプランを見て、自分がこういう風にステップアップしていきたい!と大変魅力に感じたため試験を受け、晴れて正規職員として働き始めました。 しかし、実際、配属された病院に試験を受けに行ったわけではないため(職種によって異なるようです。 私は管理栄養士でその機構本部に試験を受けに行きましたが、看護師の友人は病院そのものに試験を受けに行ったようです。 )入ってみないとその病院の雰囲気等は分かりません。 入職した日に初めて、自分の部署の主任と顔を合わせるといった感じでした。 そこから仕事が始まったわけですが、聞いていた仕事とはまるで内容が異なり、また人手が足りていないためか日に日にどんどん仕事量が増え、頭では頑張らないと、と思っていても体が、心がついてこなくなりました。 部署内のスタッフも悪い人ではないものの、冷たい印象の方が多く、今後もここで頑張りたいという気持ちがなくなってしまいました。

次の