ディズニー 乙女 ゲーム。 ディズニー公式の乙女ゲーム「ツイステッドワンダーランド」が最高の予感! ヴィランズたちが魔法士学校のイケメン生徒に…

乙女ゲームの人気おすすめランキング15選【2020年最新版】

ディズニー 乙女 ゲーム

Vitaは、私の中で最も【 ちょうどいい】 ゲーム機械です。 PSPより画面が大きくて、 Switchほど重くない。 そんな快適なVita作品…… おすすめの作品ばかりなのですが、 私の独断と偏見により チョイスさせていただきました! おすすめする上で、 私の中で基準をもうけました。 シナリオの良質さ• キャラクターが良い• グッと引き込まれる世界観• 個人的に 主人公が好き• 糖度あり! これらをしっかり満たして いるものを選びました。 「シナリオは普通だけど、 キャラ萌えが凄くて大好きな作品」 とか 「シナリオは良いけど そこまでキャラ萌えしなかった」 とか 「シナリオもキャラも良いけど 世界観はそこまでハマらなかった」 とか… すべてを満たさないけど好きな作品は いくらでもあるのですが、 今回はそうではなくて。 しっかり5項目満たすものを選択しました。 それほどに素晴らしい作品なのです!! 中国の三国志の世界 っぽい所 に 突如タイムスリップしてしまった主人公が、 思考して、学んで、時には苦しんで。 そんな中で恋を知るお話です。 直接的な糖度シーンは少ないのですが、 言動のひとつひとつに 「主人公のこと好きなんだなぁ」 と感じられるものが多く、 糖度への満足度が不思議とある作品です。 シナリオが良質な上、恋愛エンドだけでなく、ノーマルエンドまでもが面白い! シナリオを重視したい方には 絶対絶対おすすめな作品です。 もとが大人向けゲームなので 糖度がハチャメチャに高いです。 キャラもシナリオも主人公も糖度も良いけれど グっと引き込まれる世界観が なによりもイチオシです。 制作陣のみなさんが、 遊郭の世界をめちゃめちゃに勉強されて 作られてるのだろうなぁと 伝わってくるくらい、世界観が 臨場感たっぷりに描かれています。 めちゃくちゃリアル。 時代背景、 そして各キャラクターの境遇があわさって 切なさと恋愛の熱感に 胸がギューッと締め付けられること 間違いなしです。 やはり主人公が遊女という立場上、 好きな人と結ばれることが難しいです。 宮の杜財閥で使用人として働くお話です。 世界観といい、キャラクターといい、 シナリオと良い…… 完成度の高すぎるゲームです。 今でもまったく衰えを感じさせない このクオリティの作品が、 もともとは2010年にPSPで出ていた という事実がレベル高すぎて凄いですよね。 「使用人」と「財閥の息子たち」が 恋に落ちるって・・・ なんだかそれだけで もう激萌えじゃありませんか?! 身分の差が立ちはだかる恋物語が お好きな方におすすめです。 身分の差による切なさや、惹かれ合う様子は、プレイすると癖になります。 主人公は良い子なのですが、お転婆系?なので好き嫌いはちょっとわかれるかも。 主人公は自己投影とはちょっと違いますが 嫌な所がなく、かなり好感が持てます。 強さと優しさを兼ね揃えた女性です。 中東っぽい雰囲気の乙女ゲームは 珍しいですよね。 ある日敵国に連れ去られて・・・ という話なので、最初から攻略対象への イメージはまさにマイナスです。 そんなマイナスから入る恋愛なのですが、 少しずつ互いに惹かれ合う様子を描くのが とにかく上手いの一言です。 最初はマイナスイメージだったキャラが 主人公に惹かれていく様子は、 プレイ中 ニマニマせずにはいられません(笑) 時には、主人公に対して 強い執着を見せることも…!.

次の

乙女ゲームの人気おすすめランキング15選【2020年最新版】

ディズニー 乙女 ゲーム

Vitaは、私の中で最も【 ちょうどいい】 ゲーム機械です。 PSPより画面が大きくて、 Switchほど重くない。 そんな快適なVita作品…… おすすめの作品ばかりなのですが、 私の独断と偏見により チョイスさせていただきました! おすすめする上で、 私の中で基準をもうけました。 シナリオの良質さ• キャラクターが良い• グッと引き込まれる世界観• 個人的に 主人公が好き• 糖度あり! これらをしっかり満たして いるものを選びました。 「シナリオは普通だけど、 キャラ萌えが凄くて大好きな作品」 とか 「シナリオは良いけど そこまでキャラ萌えしなかった」 とか 「シナリオもキャラも良いけど 世界観はそこまでハマらなかった」 とか… すべてを満たさないけど好きな作品は いくらでもあるのですが、 今回はそうではなくて。 しっかり5項目満たすものを選択しました。 それほどに素晴らしい作品なのです!! 中国の三国志の世界 っぽい所 に 突如タイムスリップしてしまった主人公が、 思考して、学んで、時には苦しんで。 そんな中で恋を知るお話です。 直接的な糖度シーンは少ないのですが、 言動のひとつひとつに 「主人公のこと好きなんだなぁ」 と感じられるものが多く、 糖度への満足度が不思議とある作品です。 シナリオが良質な上、恋愛エンドだけでなく、ノーマルエンドまでもが面白い! シナリオを重視したい方には 絶対絶対おすすめな作品です。 もとが大人向けゲームなので 糖度がハチャメチャに高いです。 キャラもシナリオも主人公も糖度も良いけれど グっと引き込まれる世界観が なによりもイチオシです。 制作陣のみなさんが、 遊郭の世界をめちゃめちゃに勉強されて 作られてるのだろうなぁと 伝わってくるくらい、世界観が 臨場感たっぷりに描かれています。 めちゃくちゃリアル。 時代背景、 そして各キャラクターの境遇があわさって 切なさと恋愛の熱感に 胸がギューッと締め付けられること 間違いなしです。 やはり主人公が遊女という立場上、 好きな人と結ばれることが難しいです。 宮の杜財閥で使用人として働くお話です。 世界観といい、キャラクターといい、 シナリオと良い…… 完成度の高すぎるゲームです。 今でもまったく衰えを感じさせない このクオリティの作品が、 もともとは2010年にPSPで出ていた という事実がレベル高すぎて凄いですよね。 「使用人」と「財閥の息子たち」が 恋に落ちるって・・・ なんだかそれだけで もう激萌えじゃありませんか?! 身分の差が立ちはだかる恋物語が お好きな方におすすめです。 身分の差による切なさや、惹かれ合う様子は、プレイすると癖になります。 主人公は良い子なのですが、お転婆系?なので好き嫌いはちょっとわかれるかも。 主人公は自己投影とはちょっと違いますが 嫌な所がなく、かなり好感が持てます。 強さと優しさを兼ね揃えた女性です。 中東っぽい雰囲気の乙女ゲームは 珍しいですよね。 ある日敵国に連れ去られて・・・ という話なので、最初から攻略対象への イメージはまさにマイナスです。 そんなマイナスから入る恋愛なのですが、 少しずつ互いに惹かれ合う様子を描くのが とにかく上手いの一言です。 最初はマイナスイメージだったキャラが 主人公に惹かれていく様子は、 プレイ中 ニマニマせずにはいられません(笑) 時には、主人公に対して 強い執着を見せることも…!.

次の

【おすすめ乙女ゲーム紹介】PC(パソコン)でプレイできる、おすすめの乙女ゲーム10選

ディズニー 乙女 ゲーム

『 不思議の国のアリス』が モチーフになっています。 不思議の国のアリスの世界観って、 本当に可愛いですよね。 アリスっぽい雰囲気が ぎゅぎゅっと詰め込まれているので、 『不思議の国のアリス』という単語にピンと きた方には特におすすめしたい作品です。 主人公が2人いる このゲームの大きな特徴は、 主人公が2人いるところです。 そもそもこのゲームには、 「白の世界」と 「黒の世界」という 2つの舞台が存在します。 「白の世界」とは、わたしたちが 普段過ごしている現代社会です。 「黒の世界」とは、アリスっぽい ちょっと不思議なファンタジーの世界 となります。 この「白の世界」の主人公と、 「黒の世界」の主人公。 それぞれの世界に1人ずつ、 あわせて2人の主人公がいる ……というわけです。 どっちの主人公を選ぶ? ゲームを開始して プロローグが流れると早々に、 「白の世界」か「黒の世界」 どちらの主人公を選ぶか選択を迫られます。 選んだ主人公によって、 話がガラっと変わります。 そして、 選んだ主人公によって 攻略できるキャラクターも変わります。 「白の世界」の主人公で 攻略できるキャラクターと、 「黒の世界」の主人公で 攻略できるキャラクターとそれぞれいます。 そのため、もし 「このキャラクターから攻略したい!」 という意思があれば、 そのキャラクターを攻略可能な 主人公を選ぶ必要があります。 白サイドの主人公は、 ふんわり優しい穏やかな性格。 黒サイドの主人公は、 気高く誇り高き女王…という表現が合う 性格です。 そしてとても愛らしいです。 主人公自己投影型のわたしの意見ですが、 感情移入できるのは白サイド。 ただし、 読み物として面白いのは黒サイドでした。 王道ファンタジー!! 魔法が使えるキャラクター多数。 とにかく ザ・王道ファンタジーです。 絵柄含めて少女漫画っぽい キラキラした可愛い雰囲気があります。 けれどただの夢物語という感じではなく、 白の世界(現代)とファンタジーの世界を うまくリンクさせているので、 現実離れしすぎない臨場感があります。 そしてキャラクターの個別ルートも、 金太郎飴ではなく、それぞれ話が しっかりとしていて面白いです。 本当にキャラクターによって 展開が全然違うので飽きませんでした。 思わずウルっとくる展開から、 クスっと笑えるエピソードまで 盛りだくさんで、とっても楽しめました。 声優さんの演技にも注目 どのキャラクターも、一流の声優さんが 演じていらっしゃいます。 本当に皆さま素晴らしかったのですが、 あえて1人「 ミネット」という キャラクターについて語りたいです。 ミネットを演じていらっしゃるのは、 木村良平さんです。 ミネットの性格は、飄々としており、 自由で、親しみやすくて、 でも本心が読めそうで読めない…という 多彩な魅力溢れるキャラクターなのですが、 彼を演じているときの 木村良平さんの演技が凄いと思いました。 かーわい。 」 もともとのテキストだけでも もちろんミネットなのですが、 いまいち文章だけでは表現しきれない ミネットの性格が、木村さんの演技で 見事に表現されている気がしませんか…? わたしは、木村さんの音声で 一気にミネットというキャラクターが 確立されたように感じ、感動しました。 声優さんって本当に凄いですよね… 乙女ゲームに命を吹き込んでくれてありがとうございます、といつも思います…! ((ミネットについて熱く語りましたが、わたしの最萌はレインです……笑)) 【番外編】マニアックな楽しみ方!? 前述したように、選択する主人公によって 攻略キャラクターが変わります。 たとえば、 レインというキャラクターは、 白サイドの主人公と結ばれることのできるキャラクターとなります。 黒サイドの主人公とは 結ばれることができません。 そんなレイン…… やっぱり白サイドの主人公と接する時の態度と、黒サイドの主人公と接する時の態度が微妙に違うんですよね。 なんやかんやで白サイドの 主人公に優しいレインを見て、 あぁ…やっぱり白サイドの主人公は特別なんだなぁって思ってニヤニヤしたり、、、 その逆パターンもあり。

次の