エラスチン 効果。 【おすすめのサプリメント】エラスチンサプリの効果はちゃんとある?美肌効果や肌の弾力UP効果を発揮するために摂取量など確認しておきたいことは?口コミ評判も暴露!【薬局やドラッグストアにも販売されている?】

美容成分エラスチンの効果とは?摂取できる食品と人気のエラスチンサプリを紹介!

エラスチン 効果

エラスチンとは? エラスチンはほとんどの脊椎動物が持つ線維状のタンパク質のことで、弾性線維とも呼ばれます。 肌は表面から表皮・真皮・皮下組織と成り立っていますが、エラスチンが含まれるのは、真皮の部分です。 しかし、 真皮の主要成分はコラーゲンで、真皮全体の7割を占めていて、エラスチンはわずか2%ほどです。 たった2%にも関わらず、エラスチンが重要な成分であるのは、 コラーゲン同士を結び付ける役割をしているからです。 さらに、エラスチンには次のような特徴があるので知っておきましょう。 伸縮性がある エラスチンは英語の「elastic:弾力・伸縮性のある、しなやかな」が語源となっていることからも分かるように、伸縮性があることが最も特徴的です。 この伸縮性があるからこそ、コラーゲンを束ねることができて、肌の弾力を維持するのに欠かせないものとなっているのです。 年齢によって含有量が違う 赤ちゃんの肌は弾力があるというよりは柔らかい、ということからも分かるように、赤ちゃんの時はエラスチンの量は少ないのです。 それが20代をピークに増えていき、その後は自然に生成されることはなくなり、 加齢とともに減少していきます。 ヒアルロン酸も同じように加齢とともに減少していくので、老化により肌にみずみずしさがなくなり、しわが増えてしまうのです。 エラスチンにはどのような効果が期待できるの? エラスチンは真皮にはわずかしか含まれていませんが、 じん帯には8割、動脈には5割程度含まれています。 これらの器官にエラスチンが存在することで、どのような効果が期待できるのかを次にみていきましょう。 肌にハリや弾力を与える 皮膚の真皮の部分は コラーゲンが網目状に張り巡らされているのをエラスチンが結んで支えていて、このコラーゲンとエラスチンの絶妙なバランスが、肌にハリや弾力をもたらしています。 そのため、エラスチンが減少すると、肌のバランスが崩れて、しわやたるみが現れてしまいます。 じん帯の伸縮性を保つ じん帯とは骨と骨を結合させて関節を形成しているもので、身体のさまざまな部分に存在します。 私たちが腕や足を曲げたり伸ばしたりできるのも、このじん帯のおかげであり、 じん帯の主要成分がエラスチンなのです。 エラスチンによってじん帯が伸びたり縮んだりすることができて、身体のあらゆる部分を曲げたり伸ばしたりすることができるようになっています。 エラスチンが不足すると、じん帯が伸縮しにくくなり、曲げ伸ばしの負荷に耐えられずにじん帯の一部や全体が切れるじん帯断裂などの怪我を引き起こすこともあります。 血管の弾力を維持する 血液は心臓から動脈を通って全身に行き渡り、静脈を通って心臓に戻ってくることから分かるように、動脈と静脈は特に重要な血管です。 さらにこれらの 血管壁にはエラスチンが多く含まれていて、血管の弾力を維持して血液がスムーズに流れるのを助けているのです。 逆に、エラスチンの量が減少して血管壁が硬くなってしまうと、動脈硬化や脳血栓、心筋梗塞を引き起こしてしまうため、注意が必要です。 エラスチンを増やすのにおすすめの方法は? エラスチンを増やすことは可能なのか、またエラスチンを増やしたい場合、どのような方法がおすすめなのかについて、とり入れる際のポイントや注意点と合わせてみていきましょう。 食品から摂取する エラスチンを含む食品を食べれば食べるほど、皮膚のエラスチン量も増えるのではないかと考えている人も多いでしょう。 しかし、エラスチンを含む食品は限られているうえ、食品として摂取したエラスチンが皮膚にそのまま届くわけではないので、エラスチンを増やすことは容易ではありません。 そこで、エラスチンを食品から取り入れることはもちろん、下記のようなエラスチンの生成を助ける栄養素も合わせて摂取するようにしましょう。 ちなみに、 エラスチンを多く含む食品は、軟骨や手羽先、牛すじ、もつ、皮なども食べられる煮魚、丸ごと食べられる小魚などです。 ミネラルには、 エラスチンを生成する器官である線維芽細胞を増やす効果があると言われているので、エラスチンと合わせて摂取するのがおすすめです。 ミネラルには、ナトリウムやカルシウム、リン、鉄、亜鉛などがあり、決まったものばかり摂取するのではなく、違うものをバランスよく取り入れるようにしましょう。 それぞれの栄養素を多く含む食品は次のとおりです。 ナトリウム 梅干し、みそ、しょうゆ、イカの塩辛、干しアワビ、ちりめんじゃこなど。 カルシウム 桜えび、チーズ、しらす干し、いかなご、あゆなど。 リン しらす干し、チーズ、いくら、卵黄、いわし、すじこなど。 鉄 豚レバー、鶏レバー、青のり、ひじき、パセリ、はまぐりの佃煮など。 亜鉛 牡蠣、ビーフジャーキー、豚肉レバー、ほや、カニ缶、煮干しなど。 エラスチンは線維芽細胞によって生成されますが、 体内に活性酸素が増えることで、線維芽細胞が攻撃されて、上手く機能しなくなってしまいます。 活性酸素が増えるのを防ぐためには、 抗酸化作用のあるポリフェノールやビタミンCを多く含む次のような食品を、エラスチンと合わせて摂取すると良いでしょう ポリフェノール 緑茶、大豆、ブルーベリー、そば、赤ワイン、カカオ、ゴマなど。 ビタミンC 赤ピーマン、黄ピーマン、芽キャベツ、アセロラ、レモン、パセリ、ゆずなど。 ストレスや紫外線の影響、喫煙や飲酒などの生活習慣が原因で増えることがあるので注意しましょう。 サプリメントとして摂取する 食品からエラスチンを摂取することが難しい人には、サプリメントもおすすめです。 サプリメントから摂ったエラスチンも、そのまま皮膚に届くわけではありませんが、食品よりも持続しやすいことから、効果を実感できる場合もあります。 豚や牛の大動脈血管、カツオやマグロの動脈球など、食品として摂るのが難しいものからエラスチンのサプリメントは作られていますので、食品からエラスチンを取り入れつつ、並行してサプリメントも摂取していくといいでしょう。 さらに、食品よりも簡単に摂取できることから、肌が生まれ変わるターンオーバーの時間に合わせて摂取することができ、より効果が期待できます。 ターンオーバーは、夜10時から2時のシンデレラタイムにおこなわれるので、この時間に摂取することを心がけましょう。 化粧品として取り入れる エラスチンが配合されている化粧品はたくさんあるので、肌に直接エラスチンを染み込ませようと考えるのが一般的ですね。 たしかに、エラスチンを肌に取り入れることで、肌の細胞が含む水分の量を増加させて保湿させることは可能です。 しかし、老化して乾燥した肌に水分を入れても、時間が経つと水分が蒸発してしまうので、保湿効果は一時的なものとなるのです。 そこで、化粧品としてエラスチンを取り入れる際には、 保湿効果が一時的にならないように、肌に入った水分を保持する成分であるセラミドと併用することをおすすめします。 まとめ エラスチンは健康でハリのある肌を維持するために欠かせない成分であることが分かりましたが、それを増やすことは容易ではありません。 しかし、エラスチンを増やそうと心がけることは、結果的に自分の肌を労わり、食生活や生活習慣を見直すきっかけにもなります。 美しく健康な肌を手に入れるために、エラスチンを増やす方法をぜひ実践してみてください。

次の

エラスチンサプリおすすめ口コミランキング2019|メリットとハリ・弾力アップするホームケアの方法

エラスチン 効果

エラスチンとは 真皮に存在する「エラスチン」は、 たんぱく質の一種で繊維状になって、コラーゲンを結びつける役割を持っています。 肌に多く含まれるイメージがありますが、実は体内の組織内にあるエラスチンの量は、肌の真皮で2~5パーセント程度。 最も多く含まれるのが靭帯(じんたい)で、次いで動脈、肺となります。 コラーゲンと結びつき、ゴムのように伸びることで 体のしなやかさ、血管の柔らかさ、肌の弾力などをキープさせているのです。 エラスチンは 加齢に伴って減少すると言われており、エラスチンが不足すると体のしなやかさが失われたり、血管が老化するなどといった症状が現れます。 エラスチンの体内に含まれる量のピークは20代で、 40代を過ぎるとほとんど失われてしまうと考えられているのです。 健康な身体、美しいハリのある肌をキープするためには、エラスチンをできるだけ不足させないように努力する必要があります。 しかし、エラスチンはコラーゲン同様、分子のサイズが大きいため、 口から摂取しても吸収されない、という欠点があるのです。 そのため、エラスチンを摂取して不足分を補うのではなく、 エラスチンの減少をできるだけ抑えること が大切だと言われています。 エラスチンの減少を抑えるためには、 抗酸化作用のある栄養を積極的に摂取して、体内で発生する活性酸素の働きを抑えることが有効です。 血管とエラスチンの関係性 体内に含まれるエラスチンのうち、およそ50パーセントが動脈に含まれています。 エラスチンは、動脈に伸縮性を与え、中小の血管へ血液を送るサポートをしています。 しかし、エラスチンは加齢によって減少するため、加齢と共に血管の伸縮性が弱まり、血液循環がスムーズに行われなくなってしまうのです。 血液循環がスムーズに行われないと、脳や心臓、あらゆる内臓器官に影響を与え、老化が進んでしまいます。 エラスチンの効果や効能 エラスチンが肌に与える効果は、弾力性と保湿性の2つです。 コラーゲンと結びついたエラスチン、そしてヒアルロン酸は合わせて「繊維細胞」と呼ばれており、肌の真皮に存在します。 エラスチンの働きで肌の弾力性と柔らかさがキープされているのです。 エラスチンが不足すると、真皮の弾力が失われて、肌が下に向かってたるんでしまいます。 肌のたるみは、毛穴のたるみによる帯状毛穴というトラブルも引き起こすため、早い段階からエラスチン不足を遅らせるための対策が必要です。 エラスチンに副作用はあるの? エラスチンを含むサプリメントや化粧品が販売されていますが、現在副作用の報告はされていないようです。 しかし、サプリメントの場合はエラスチンがどの食品から抽出されたものかしっかりチェックした方が良いです。 それは、サプリメントに含まれるエラスチンは豚やカツオなど動物性由来のものがほとんどなので、 食品アレルギーを持っている場合はアレルギー作用を起こしてしまう可能性があるからです。 エラスチンは元々体内に存在する成分なので、肌なじみが良く、比較的安全な美容成分ですが、食品アレルギーを持っている方や敏感肌の方は使用の際に注意しましょう。 敏感肌や乾燥肌の方は、下の記事もおすすめです。 牛すじ• 鶏手羽先• 丸ごと食べられる小魚• 皮まで食べられる煮魚 しかし、 エラスチンは口から摂取をしても体内のエラスチンの増加には繋がらないのです。 分子のサイズが大きく、胃でアミノ酸やペプチドに分解されてしまいます。 そのため、エラスチンを豊富に含む食品を意識して摂取することよりも、 抗酸化作用のあるビタミンCをはじめ各種ビタミン、ミネラルを積極的に摂取し、体内の活性酸素の働きを抑えることが大切なのです。 ビタミン類やポリフェノール、コエンザイムQ10などが抗酸化作用がある、と言われていますが、日常の食生活で不足なく摂取するのは難しいと思います。 バランスよく摂取するためには、様々な食材を使ってバランスの良い食事を作らなければいけません。 忙しくて中々料理ができない、という方はサプリメントを摂取して上手に調整してみましょう。 また、ヨーグルトには、 エラスチンの合成を助けると言われている乳酸を豊富に含むと言われています。 エラスチンの合成をサポートしながら、腸内環境を整える効果も期待できるので、積極的に摂取したいですね。 ヨーグルトを摂取するオススメの時間帯は、夜です。 エラスチンは、 睡眠後3時間のゴールデンタイムに合成されるので、夜にヨーグルトを摂取すると無駄なく作用します。 ビタミンCを豊富に含むキウイ、イチゴなどをトッピングして食べるのも効果的です。 ビタミンCは、抗酸化作用で活性酸素の働きを抑えるだけではなく、コラーゲンを作る酵素の働きをサポートします。 肌の弾力と柔らかさを保つコラーゲンとエラスチン、そして肌の潤いを保つヒアルロン酸。 これら三つが肌の美しさを保つ重要な存在となっています。 また、それぞれ水分を保持する作用があるため、乾燥肌の方はコラーゲン、エラスチン配合の化粧品を使うと良いでしょう。 エラスチン配合サプリメントも、 口から摂取して効果がある「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」入りのものがおすすめです。 エラスチンのサプリの効果 食品同様、サプリメントでも体内のエラスチンの量はあまり変わらないと言われています。 しかし、サプリメントにはエラスチン以外にも美容成分などが配合されているため、スキンケア効果が全くないというわけではありません。 また、 長くサプリメントを摂取し続けた人で肌のたるみが改善された、という報告もあるので長い目で見れば、肌のたるみへの効果があると言えるのかもしれません。 エラスチンと一緒に摂るなら、保湿力が期待できる「ヒアルロン酸」や肌の弾力やうるおいを保つ効果がある「コラーゲン」が配合されているサプリがおすすめです。 ヒアルロン酸やコラーゲンは、口から摂取すると効果があるとされています。 サプリメントの原材料の中に、アレルギーを持つ食品がないかどうか、国内で生産されたものかどうかなど、安全性をしっかりと見極めましょう。 高級美容成分「」「」をはじめ、16種類の美容成分を贅沢に配合。 出典: @コスメの美肌サプリメントランキングでもランクインの常連です。 美容成分が浸透するのは表皮までなので、エラスチンが存在する真皮には届かないからです。 しかし、エラスチンは 保水性が高いため、乾燥肌の方や乾燥しやすい季節に使うと効果的です。 エラスチンが配合された化粧品を選ぶ際は、合成界面活性剤の配合がすくないもの、肌への負担が少ない化粧水や美容液に注目しましょう。 おすすめのエラスチン配合美容液 エラスチンとコラーゲンが配合されている人気の美容液「リポコラージュ ラメラエッセンスC」をご紹介します。 乾燥小ジワ、目元、口元、ほうれい線周りのお悩みの方におすすめ。 世界初!驚きの保水力を持つが、約23兆個も配合された美容液。 エラスチンがハリをキープ、肌をうるおすヒアルロン酸も配合されています。 ナールスゲンとは、2012年に商品化された新しい化粧品成分で、保湿効果や抗酸化作用があるアミノ酸化合物です。 真皮の線維芽細胞(せんいがさいぼう)を活性化させて、コラーゲンやエラスチンを増やす効果があるんです。 最近は、化粧品をはじめシャンプーやハンドクリームに含まれた製品もあるんですよ。 まとめ 加齢に伴って減少するエラスチンですが、経口摂取や化粧品で直接肌に吸収させることはできません。 年齢を重ねるにつれて起こりやすくなる肌のたるみ、血管の老化を防ぐためには、抗酸化作用のある栄養を含む食品を積極的に摂取することが大切です。 しかし、エラスチンには保水性があるので乾燥肌対策に美容液や化粧水など、化粧品を使って肌に潤いを与えることはできます。 サプリを摂取する場合は、長く摂取できるような安全な原料で作られたものを選びましょう。 エラスチンの美容液やサプリが気になる方は、下の記事もチェックしてみて下さい!.

次の

美肌作りや健康維持の味方!エラスチンの効果・効能とは?

エラスチン 効果

エラスチンは体内に存在する成分で積極的に摂取してほしい成分となっています。 そこで今回はエラスチンサプリの効果や、おすすめのサプリメントを紹介していきます! これを読めばあなたもきっと美肌になれますよ! ぜひ参考にしてくださいね。 そもそもエラスチンってなに?構造はどうなっているの? ではまずはエラスチンについて見ていきましょう! エラスチンは、私たちの体のなかで、コラーゲン同士をくっつけて、網目状に構成してくれる成分で、線維状のたんぱく質となっています。 皮膚やその奥の真皮や血管、靭帯に存在していて、肌にハリと弾力を与えてくれるんですよ。 エラスチンは動脈硬化や、しわやたるみの予防に欠かせない成分となっています。 体内のエラスチンは25歳をピークに年齢とともに、減少していき、40歳を過ぎると急激に減少していってしまうんです。 なので、減少することで、血管の老化が早まってしまい、動脈硬化や心筋梗塞、脳血栓などの生活週間病が進行するんです。 さらにエラスチンは一度壊されてしまうと、うまく再生してくれるという保証がないんです。 このエラスチンが減少してしまうと、血管の柔軟性がなくなってしまうため、 心筋梗塞や動脈硬化といった血液のトラブルが起こりやすくなります。 日頃から積極的にエラスチンを摂取することで、このような病気を未然に防ぐことができます。 なかでもエラスチンは、皮膚の真皮という場所に多く存在しています。 この真皮は、コラーゲンとエラスチン、ヒアルロン酸から構成されているんですよ。 そしてこのコラーゲンが網目のように張り巡っていて、この網目と網目を結びつけているのが、エラスチンなんです。 なのでこの エラスチンが減少すると、網目が崩れ、肌に弾力やハリが失われてしまうんです。 皮膚が垂れ下がり、老け顔になるんですよ・・・。 なので、積極的にとった方がいい成分になっていますよ。 なので、このエラスチンが減少してしまうと、靭帯断裂といった怪我をしやすくなってしまうんですよ。 この エラスチンを積極的に摂取することで怪我の予防になります。 またこの靭帯は実はバストにも関係しているんです! 私たちのバストにはクーパー靭帯というものがあり、コラーゲンとエラスチンでできているんです! このクーパー靭帯が伸びたり切れたりするとバストが下垂し、小さく見えてしまうんです! しかも、このクーパー靭帯は一度きれたり、伸びたりするともとには戻りません・・・。 しかし、エラスチンをぬることで、肌の水分を保持してくれるんですよ。 エラスチンは食べ物からも摂取が可能! エラスチンはサプリメントだけではなく、食べ物からも摂取が可能なんですよ!• 牛すじ• 鶏手羽先• 小魚 これらの食材に多く含まれているんですよ。 しかし、エラスチンは体内に入ると、体内でアミノ酸やペプチドに変化してさまざなな部分で使われてしまうので、肌のエラスチンになるのは本当にごくわずかなんです。 なのでサプリメントから摂取した方が、毎日長期間効率よくエラスチンを体内にいれることができるので、効果の実感も早いんですよ。 エラスチンとコラーゲンの関係は? エラスチンと検索をかけると必ずでてくる「コラーゲン」。 ではエラスチンとコラーゲンはどのような関係があるのでしょうか? 上で書きましたが、エラスチンは、コラーゲンが網目状になっていて、それをつないでいるものいいました。 そうなんです! エラスチンもコラーゲンも一緒に摂取することで網が強化され肌に弾力とハリが持続するんです。 この2つが減少してしまうと、しわやたるみの原因となり老け顔になるんですよ! なので、ぜひコラーゲンとエラスチンは一緒にとることをおすすめします! いつまでも若々しいハリのある肌になりますよ。 おすすめのエラスチンサプリメント3つ!! ではここではおすすめのエラスチンサプリメントを3つ紹介しておきます。 どれも人気なものなのでぜひチェックしてみてくださいね。 すっぽんにはアミノ酸が豊富に含まれていて、美容には欠かせない成分となっているんですよ! さらにすっぽんに含まれるアミノ酸はコラーゲンを生成する大切な働きがあるんですよ! そしてフィッシュコラーゲンという、水溶性の肌に浸透の良いコラーゲンが配合されているのと、ヒアルロン酸も配合しているので、肌の水分量が格段にアップします。 さらに、分子量の大きく吸収されにくいエラスチンを低分子海洋性エラスシンペプチドカプセルを使用していて、体への吸収率をアップさせました。 また、エラスチンの弾力をサポートしてくれる桜の花エキスやキレイをサポートする淡水真珠末も配合しているので、 ぷりぷりのハリのある肌に生まれ変わります。 楽天でも大人気の商品となっていて、今回は2ヶ月分を紹介しましたが1ヶ月分から購入することができますよ。 とにかく安いので毎日続けられるのが魅力です。 エラスチンの他に低分子化されたヒアルロン酸とコラーゲンが配合されています。 低分子化することで、体内の吸収率がアップするので、効果も確実に実感できますよ! さらにこのサプリメントには、豚プラセンタエキス、シルクぺプチドといった美肌成分も多く含まれているので、毎日摂取して美肌を手に入れましょう! ドラッグストアでも購入可能!DHCのエラスチンサプリメントは? では今すぐエラスチンを試したい!というかたに、ドラッグストアでも購入できるサプリメントを紹介しておきます! DHCのエラスチンサプリになります。 有名なので安心して毎日飲むことができますよ。 ソフトカプセルは、魚由来で作られていて、臭いもなく飲みやくなっています。 また、エラスチンのほかに相性のいいビタミンEとビタミンB2を配合しています。 ちなみにドラッグストアでも購入できるんですが、DHCの通販サイトから購入すると定期購入がありますよ! まとめ いかがでしたか? 今回はエラスチンサプリについてまとめてみました! 最後はこの記事のまとめを書いておきます。 エラスチンは体内の中に存在していて、肌や靭帯のハリや弾力を与えてくれる成分• 20代前半からどんどん減少していくので、摂取的にとることがおすすめ• エラスチンには動脈硬化や心筋梗塞を防ぐ効果もある• エラスチンサプリメントはドラッグストアや通販で気軽に購入できる 以上4点が今回のまとめとなります。 年々減少していく体内のエラスチンですが、積極的に摂取することで美肌だけではなく、生活習慣病の予防にもなります。 ぜひサプリメントから積極的に摂取してくださいね。

次の