ココナッツ オイル 歯磨き。 オイルプリングは歯磨きの後と前のどっち?歯周病にもよい習慣

オイルプリングは歯磨きの後と前のどっち?歯周病にもよい習慣

ココナッツ オイル 歯磨き

[ココナッツオイルの歯磨き粉]• 重曹: 大さじ2~3杯• ペパーミントオイル: 15〜30滴• ココナッツオイルを溶かし、他の材料と混ぜてガラス瓶に注ぎ冷まします。 市販の歯磨き粉と同じように使用します。 口腔内の細菌が減り口臭や歯肉炎にも効果 上記の方法で、口臭や歯肉炎、湿疹、にきびなど様々な症状を治すことができます。 ココナッツオイルは口や全身の毛穴を通って細菌を引き出し、痛みを取り除くために皮膚を柔らかくします。 ある研究では、ココナッツオイルの使用は、細菌や歯垢および歯石を、大幅に除去することが判明しました。 また、ココナッツオイルを消化酵素で処理すると、口の中で見つかった悪玉菌の大多数の増殖を、効果的に阻害することも分かりました。 デンタルフロスを使用すると、口腔で大量のバクテリアを消滅させ、癌リスクの低減も可能だそうです! その結果、より健康で美しい歯と、爽やかな息を手に入れることができます。 オイルはもちろんですが、定期的にフロスやブラシを使用してください。 このように、歯石取り能力や健康メリット満載ですが、ココナッツオイルなら何でも良いわけではありません。 それでは次に、良質なココナツオイルの選び方を紹介しましょう。 SPONSORED LINK ココナッツオイルの選び方 食べても塗っても良しのココナッツオイルですが、クオリティには違いがあります。 口に入れて吐き出すだけだから、関係ないのではと思うのは間違いです。 食べ物や飲み物にも使いますし、肌に塗ったりするのにも品質は重要です。 後々の結果に違いが表れますので、良いオイルを選びましょう。 選ぶ時のポイント 【オーガニック認証を受けているか】 天然オイルにある香りや色は、そのままでは使用しにくいのです。 それを加工するために、添加物や化学薬品を使うメーカーもあります。 安全性が保証された、オーガニック認証のものを選びましょう。 【ココナッツの産地】 東南アジアを中心に栽培されていますが、推奨されるのはフィリピン産です。 国を挙げてココナッツを製造しており、徹底した技術指導と品質管理が行われています。 もし手に入るなら、できればフィリピン産を選びましょう。 【低温圧搾による抽出】 低温圧搾 コードプレス は、熱を加えず圧力により原液を抽出する方法です。 エクスペラー圧搾と発酵分離法も、劣化しにくい質の良いオイルが抽出できます。 効率面から遠心分離によるオイルが多く、劣化しやすいのがデメリットです。 まとめ 歯石取りを自分で簡単にできる方法として、ココナッツオイルの使い方を紹介しました。 食べ物や飲み物での利用がブームにはなっていますが、歯石まで取れるのは驚きました。 味や香りが苦手な方もいるとは思いますが、ココナッツオイルの効果は素晴らしいです! 食べなくても色々と役立ちますし、ぜひ積極的に活用していきたいですね。

次の

驚きの効果!ココナッツオイル歯磨きのやり方と注意点とは?

ココナッツ オイル 歯磨き

オイルプリングと呼ばれ、プリング(pulling には「引きはがす、引っ張り出す、根こそぎ除去する」という意味があります。 わたしは知りませんでしたが、既に様々な有名人やモデルさんが実践して一時ブームになっていたようです!! オイルプリングに使用が勧められている油の種類は、 ココナッツオイル、オリーブオイル、白いごま油、ひまわり油、亜麻仁油。 わたしは、オーガニックエクストラバージンココナッツオイルを使用しています! 口は体の中でもっとも雑菌や有害物質がたまりやすい箇所。 清潔にしておくことで体内に細菌やウイルスが侵入するのを防ぐことができ、主に口臭・歯周病・虫歯などの予防、歯のホワイトニング効果が期待できるようです。 口元の筋肉を動かすため、ほうれい線が目立たなくなるなど美容効果も見込めるとのこと。 オイルを吐き出し、水ですすぎます。 唾液により、最初に含んだオイルの倍以上の量になるため、口に含むオイルは少量で始めることをオススメします。 唾液には、「風邪などの細菌が体に入らないように守る働き」「食べ物を消化する働き」「溶かされた歯を元に戻す再石灰化の働き」「虫歯菌が出す酸を中和する働き」「味を感じさせる働き」などがあります。 ラウリン酸は、有害な病原菌やウィルス、真菌(カビ)を殺す働きがあることが研究の結果判明してます。 黄色ブドウ球菌やカンジダ・アルビカンス、虫歯の原因となるミュータンス菌などに効果があるという研究結果が上げられています! 植物性オイルに含まれる分子の細かい脂肪酸。 口内に生息する大半の微生物は単細胞で、こうした細胞は脂質の膜で覆われています。 油(脂質)と水を混ぜようとしても分離しますが、油と油はお互い引きつけ合い、一体化するというのです。 しかし、このオイルプリングだけで虫歯菌、歯周病菌を除去することは出来ません。 なぜならこれらの細菌は、汚れの塊である歯垢やバイオフィルムに覆われた状態で存在したり、 歯の露出している部分だけでなく、歯と歯ぐきの境目の溝 歯周ポケット に存在するため、うがいだけで全てに作用して取り除くという事は難しいのです。 「マグカップに付いたコーヒーのステインが、ココナッツオイルで落ちる」 オイルプリングによって、歯についた汚れは落ちやすくなるので、虫歯や歯肉炎の予防にはなります。

次の

ココナッツオイルで【歯磨き】の効果とは?重曹を入れるとさらに白い歯に!?

ココナッツ オイル 歯磨き

オイルプリングの効果の一例• オイルプリン• 歯磨き この順番がオススメとなる。 歯を守るためのオイルプリングの時間帯 オイルプリングを行う時間帯は、 朝(寝起き)がダントツで良いとされている。 これは朝という時間帯は、寝ている間に毒素が出やすくなっているからだとされている。 また寝ている間は唾液の分泌が減るため、口内で歯垢が増えたり細菌が増えたりするというのも大きい。 でも歯の健康が目的の場合は、 寝る前にオイルプリングを行った方がいい。 なぜなら虫歯などは、唾液の分泌が減少する寝ている間に進行するから。 だから寝る前にオイルプリングを行い、歯垢や細菌を口の中から減らすようにした方が効果が高い。 オイルプリングをしても歯磨きは絶対に行う オイルプリングは、歯磨きの代用にはならない。 だから寝る前にオイルプリングを行った場合は、 絶対に後で歯磨きを行う必要がある。 オイルプリング~歯磨きまで• オイルを大さじ一杯口に入れる• 15分間クチュクチュする• ティッシュなどにオイルを吐き出す• 歯磨きを開始 15分間のクチュクチュが辛い場合 オイルプリングで大変なのが、 15分間のクチュクチュ。 15分間のクチュクチュを行えば、表情筋が凄く鍛えられる。 でも最初は辛いので、 5分ほどから始めるといい。 このとき5分のクチュクチュが終わったら、 10分間はオイルが口についたままにするのがオススメ。 そうすることで、表情筋への効果こそ通常よりも小さいけど、オイルが毒素をかなり吸い出してくれる。 この場合は、以下のような感じで行うことになる。 スポンサーリンク ココナッツオイルだけじゃない!オイルプリングに使われる油 このオイルプリングを行うとき、最も人気が高いのが ココナッツオイルの使用。 なぜココナッツオイルが人気なのかというと、甘い香りがするため続けやすいから。 また効果についても、中鎖脂肪酸が豊富で抗菌特性が高いため、最もオイルプリングに適していると考える人も多い。 でもオイルプリングに使うオイルは、 植物油であればなんでもいいとされている。 だからココナッツオイルにこだわる必要はない。 特に使われることの多いオイルは? オイルプリングに使われることが、最も多いのがココナッツオイル。 このココナッツオイルを含めて、 特にオイルプリングに使われることの多いオイルを、上位5つを並べると以下のような感じになる。 オイルプリングに使われることの多いオイル• ひまわり油• 亜麻仁油 上記のような油が使われることが多い。 でもオイルプリングは、 無精製、無添加、非加熱抽出などの油が好んで使われる傾向にある。 これは体に良い成分が壊れていないから。 高価なオイルである必要はない オイルには、 色々な価格帯の物がある。 高価な物ほど、オイルプリングで良い効果を発揮すると感じるかもしれない。 でも、そこまでこだわらなくても大丈夫。 特にオイルプリングを始めたばかりの頃は、油にこだわらない方がいい。 そこそこの品質のオイルを使って始めるようにしよう。 オイルプリングも、効果が出るまでに時間がかかるから、高価なオイルを使うと値段と見合っていないと感じて、すぐにヤメル原因になりかねない。 だから高価な油を使うのは、 オイルプリングの効果を実感してからにした方がいいと考えられる。 おわりに 歯の健康を守る場合は、オイルプリングは寝る前に行うのが基本 でもオイルプリングに体全体の健康効果を求める場合は、起床時に行うのが基本となる。 だから 歯の健康と体全体への効果のどちらを選ぶのか? この点を事前に決めてからオイルプリングは始めた方がいいかもしれない。

次の